妊婦の体重管理はBMI値からに関する記事

【妊婦の体重管理】妊娠中の体重増加の目安となるBMIの出し方

【妊婦の体重管理】妊娠中の体重増加の目安となるBMIの出し方

妊娠中の体重管理は意外に難しく、苦戦する人もいるのでは?痩せも肥満も、実は赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼすので要注意です。

マーミーTOP  >  出産  >  【妊婦の体重管理】妊娠中の体重増加の目安となるBMIの出し方

妊婦の体重管理~知っておくべき体重増加の目安と出産リスク

妊娠すると、赤ちゃんが徐々に大きくなるにつれ、妊婦さんの体重も自然に増えてきます。妊娠10か月のころには、赤ちゃんの体重・胎盤・羊水と合わせると約4㎏。さらに、出産や産後育児のために、ママの体重は3~4㎏程度の増加が必要だと言われます。つまり、ざっと見積もっても7~8㎏くらいは体重増加の許容範囲なのです。

ところが、もともと痩せている人や太っている人は、その許容範囲に当てはまらないだけでなく、そのままの状態を続けていると、標準体重の妊婦さんには見られないトラブルが起こる可能性があります。妊婦健診で、お医者さんから「体重管理が必要!」と言われた妊婦さんは、どんな妊娠リスクが考えられるのでしょう。

ここでは、妊婦さんの身長と妊娠前の体重からBMIを算出し、体型別の妊娠リスクのほか、体重管理をするための注意点をご紹介します。

妊婦さんの体重管理が難しい理由

体重管理用の体重計

妊娠すると、妊婦さんの身体は皮下脂肪をつけて赤ちゃんを守ろうとするほか、出産に向けてエネルギーをため込んでおこうとします。また、体内では赤ちゃんの成長のために血液量が自然と増えるため、体の水分量も自然と増えるのです。さらに、安定期に入ると食欲が出てくるため、安静して過ごしていると、太りやすくなるのは当然ですよね。

反対に、産後の体型を気にするあまりに妊娠中にダイエットをしたり、ひどいつわりで食事が摂れないせいで、必要な増加量まで体重を増やすことができない妊婦さんも多いはず。

このように妊婦さんは、妊娠中に起こる体調の変化によって体重が増減しやすいことから、通常の状態よりも標準体型をキープするための体重管理が難しいのです。とはいえ妊婦さんは、太りすぎていても痩せすぎていても、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えてしまうことから、かかりつけ医と相談しながら上手に体重管理を行っていく必要があります。

妊婦さんの理想体重の目安となるBMIとは?

一般的に、妊婦さんの肥満度を知るためには、BMI (Body Mass Index)と呼ばれる体格指数が用いられます。体重と身長から求めるBMIは、最も病気になりにくい標準的な数値を22とし、それより少ない18.5未満は「痩せ」、反対に25以上になると「肥満」と診断されます。

妊婦さんの場合、見た目や体重で肥満度を判断することは難しいため、妊娠前の体重からBMIを算出し、その数字に基づいて妊娠中の体重管理を行う必要があります。

それでは、実際にBMIを算出してみましょう。
身長と妊娠前の体重を入力してみてください。

※小数点第1位まで入力

あなたのBMI値

算出したBMI値によって、妊娠中に増加してもよい体重の目安は次の3つに分けられます。

妊娠中の体重増加の目安

  • BMI18.5未満(痩せ体型)の妊婦さん:10~12㎏
  • BMI18.5以上25未満(標準体型)の妊婦さん:7~10㎏
  • BMI25以上(肥満体型)の妊婦さん:5㎏

【体型別】注意すべき妊娠トラブル

妊婦さんに体重管理が必要なのは、痩せていても太っていても、お腹の赤ちゃんに悪影響を与える恐れがあるからです。それでは、具体的にどのようなトラブルが考えられるのでしょう。痩せすぎ妊婦さんと太りすぎ妊婦さんに考えられる妊娠リスクについて、それぞれご紹介します。

痩せすぎ妊婦さんに起こりやすい3つのトラブル

赤ちゃんが低出生体重児で産まれる可能性が高い
痩せている赤ちゃん

年々、日本の出生率は下がってきているのに、低出生体重児は増加の傾向にあります。その背景には、痩せ体型の女性が増えているということがあります。必要な栄養素を摂取できず痩せすぎの妊婦さんの体内では、赤ちゃんの成長に必要な栄養素も不足しているので、出生時の体重が2500gに満たない低出生体重児になる可能性があります。

また、ママが痩せいていると通常の新生児よりも免疫力が弱くなったり、呼吸や臓器の発達が遅れてしまうというリスクもあります。最近の研究では、赤ちゃんの成長や発達以外にも、大人になってから生活習慣病の発症リスクが上がることが分かってきました。

子宮内胎児発育不全になりやすい

子宮内胎児発育不全とは、週数に比べて体重や身長、また臓器の機能の発育も遅れているという状態です。妊娠前や妊娠中のカロリー不足や栄養不足は、胎児も低栄養になるために子宮内胎児発育不全になりやすいといえます。また、カロリーが十分に足りていても、栄養バランスが乱れている場合も発育不全になることもあるので注意が必要です。

子宮内胎児発育不全は低出生体重児になること可能性が高いことから、予防のために妊娠中から食生活を見直す必要があります。赤ちゃんに栄養が供給できるように、高タンパク・高ビタミンのバランスの良いメニューを摂ることをおすすめします。

早産や切迫早産のリスクが高まる

痩せすぎの妊婦さんは、筋力が弱いために週数が増すほどに切迫早産や早産をしやすくなります。また、栄養不足やタンパク不足が胎盤の血流量に影響を及ぼすことも、早産になりやすい原因の一つです。特に、妊娠前のBMIが20未満の妊婦では早産率が高くなると言われていることから、体重増加だけでなく、体を動かして筋力をアップすることも必要なのです。

太りすぎ妊婦さんに起こりやすい5つトラブル

1妊娠高血圧症
ごはんを食べている女性

妊娠高血圧症とは、妊娠20週以降から産後12週までに起こる高血圧やむくみ、タンパク尿の症状をいいます。原因ははっきり分かっていませんが、赤ちゃんへ栄養や酸素を送るために、ママの身体に負担がかかることから高血圧になりやすいと考えられています。

妊娠高血圧症を発症すると、子宮や胎盤の血流量が減少するため、赤ちゃんの発育が悪くなるほか、低出生体重児や早産などのリスクが高くなります。妊娠前から肥満体型だった妊婦さんや、妊娠してから急激に体重が増加した妊婦さんは特に注意が必要です。

2妊娠糖尿病

妊娠すると糖の代謝異常が起こりやすいほか、肥満体型の妊婦さんはカロリーオーバーになっている可能性が高いため、妊娠糖尿病のリスクが高いといえます。ママが常に血糖の高い状態にあると、出産時の体重が4000g前後の巨大児になる傾向にあるため注意が必要です。

巨大児になると、分娩に時間がかかるため難産になることはもちろん、帝王切開になる確率も高くなります。妊娠糖尿病になると体重管理や食事療法のほか、場合によってはインシュリン注射によって糖のコントロールが必要になります。

3妊娠中の腰痛や膝痛

妊娠前は腰痛などには全く縁がなかった妊婦さんでも、妊娠によって体型が変化することで、腰が反り気味になって腰痛が出たり、骨盤が傾くことで股関節や恥骨痛が出たりする人は少なくありません。さらに、妊娠中の体重増加によって身体への負担が大きくなると、お腹の赤ちゃんを支えられずに膝痛が出る人も。

腰痛や膝痛を放っておくと、産後の赤ちゃんのお世話にも影響することから、妊娠中に無理をしないことが大切です。ただし、安静が大切だからといって体を動かさずにいると、さらなる体重増加につながるため、かかりつけ医と相談しながら無理のないよう運動をすることが大切です。

4難産になりやすい

過度に体重が増加すると、お腹や背中などの目に見える部分だけでなく、産道などの内側にまで脂肪がつくことになります。産道にお肉がつくと通常よりも狭くなることから、赤ちゃんが産道を通過するのに時間がかかるため難産になりやすくなるのです。

また、赤ちゃんが出てくるときに肩やひざが引っかかることで、産道を傷つけて出血を引き起こす恐れもあるため、赤ちゃんにも妊婦さんにも大きなリスクがあるといえます。

5微弱陣痛により出産に時間がかかる

肥満気味の妊婦さんは、陣痛が弱い「微弱陣痛」になりやすいため、通常よりも出産に時間がかかってしまう可能性があります。子宮の周りに脂肪がついていると筋肉の動きが悪いうえ、赤ちゃんが巨大児の場合は子宮筋が伸びているせいで微弱陣痛になりやすいのです。

出産が進まずにママや赤ちゃんへの負担が大きいと判断された場合は、陣痛促進剤やバルーンの使用のほか、最悪の場合は緊急帝王切開に切り替える可能性もあります。

妊婦さんの体重管理の注意点

肥満体型や痩せすぎ体型にならないためには、どのように体重管理を行うとよいのでしょう。次の4点を参考にして、体重の増減への注意が必要です。

1.1日1回は体重を測りましょう

毎日、体重を測ることで自分の体重をしっかりと自覚しましょう。体重の変化を知るには、毎日同じ時間に体重は測るのがベスト。日々の体重は、食べ物や水分量、運動量、排泄量などによって変わってくることから、1週間に500g以上の増加はしないように体重を管理することが大切です。

2.太りやすい時期の食べ過ぎに注意しましょう

おにぎりとスープ

つわりは、妊婦さんの体重増減に大きく影響するため注意が必要です。特に、食べないと気分が悪い状態が続く「食べづわり」の妊婦さんは妊娠初期に体重が増加しやすいほか、妊娠初期に「吐きつわり」や「匂いつわり」だった妊婦さんは妊娠中期に体重が増加しやすいので注意しましょう。

また、産休や臨月に入るタイミングや里帰りをすると、これまでの忙しかった日常を離れて、気が緩んで食べてしまうということもあるようです。このころの赤ちゃんは成長スピードが加速することから、どんどんお腹が大きくなるので運動量が減り太りやすくなります。

切迫早産の危険がある時や妊娠高血圧症などで、医師から安静を指示された妊婦さんも要注意。赤ちゃんのために安静が大切な治療になるのですが、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ると太りやすくなるので注意しましょう。

3.適度に体を動かしましょう

妊娠初期の不安定な時期の激しい運動は禁物ですが、妊娠初期の体調の良い日や、体調が安定する妊娠中期以降は、普段から行う家事に加え、少し家の周りを散歩するなど体を動かすことはおすすめです。体を動かすことは筋肉を使いますし、筋肉を使うと新陳代謝を高めることができるのです。

また、筋力がアップすることで出産時に必要な体力をつけることもできるので、安産のためにも体を動かすことは効果的だといえます。

4.バランスの取れた食事を摂りましょう

妊婦さんが摂取したエネルギーや栄養は、胎盤を通してすべて赤ちゃんに運ばれます。そのことを考えると、バランスの良い食事を心がけたいですね。塩分の多い食事は水分を体にため込むため、むくみの原因になるほか、脂っこい食事や糖分はカロリーの過剰摂取につながるため注意しましょう。

また、妊婦さんはビタミン・カルシウム・ミネラル・鉄分・葉酸などが必要なため、食事の際にはカロリーだけでなく、和食中心の食事で品数を多くとるようにして、多くの栄養素を摂ることが大切です。また、どうしても間食がやめられないという妊婦さんは、小腹がすいたらドライフルーツや生の果物を摂取するといいですね。

妊娠中の体重管理が安産へとつながる

妊婦さんの体重を正しく管理することは、お腹の赤ちゃんの健康や安全な出産につながります。「食べたい」「動きたくない」というママの気持ちも分かりますが、一番大切なのは産まれてくる赤ちゃんが丈夫で健康であることです。出産までの間、体重管理をしっかりと行って難産にならないよう心がけることが大切です。

また、出産するとほっとして体重管理をやめてしまうママが多いのですが、妊娠期間中に気を付けていたことは、産後の授乳中のママの体のケアにもつながります。そのため、体重管理に必要な生活習慣をしっかりと身につけて、快適な産後の生活につなげていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク