妊娠中に仕事を続けるにはに関する記事

妊娠中の仕事の続け方~妊娠初期の妊婦の立ち仕事は要注意

妊娠中の仕事の続け方~妊娠初期の妊婦の立ち仕事は要注意

妊娠中の仕事で避けるべきこととは?妊娠が分かったらすべきことや働く上での注意点、妊娠初期のつわり対策などもご紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠中の仕事の続け方~妊娠初期の妊婦の立ち仕事は要注意

妊娠中も仕事したい!働く妊婦さんが知っておくべき注意点

書類を持つ働く女性

最近では、妊娠中も仕事を続ける女性が増えていますよね。将来のことや自分のキャリアのことを考えると、妊娠中もしっかり働いて、出産後に仕事に復帰したい。でも、妊娠すると体調が変化しやすく、妊娠前のようにバリバリ仕事をするのは難しくなります。

仕事をしながら元気な赤ちゃんを産むためには、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。今回は、妊娠しても仕事を続けたい女性に向けて、働く妊婦さんが知っておきたい注意点や、つわりの対処法などについてご紹介します。

妊娠が分かったらすべきこと

妊娠中であってもスムーズに仕事を続けるためには、妊娠が分かったら、すぐにすべきことがいつくかあります。まず、何をすべきかここで確認しておきましょう。

職場の上司への報告

妊娠が分かったら、まず職場の上司へ報告しましょう。今後の仕事のことを考えると、報告する時期はできるだけ早めが良いですね。「妊娠の報告は、安定期に入ってからじゃないの?」と、思う方もいらっしゃるでしょう。芸能人の妊娠報告は、安定期に入った妊娠5ヵ月頃が多いですよね。

仕事中にお腹をおさえる女性

確かに、妊娠初期は不安定なので、ママの身体と赤ちゃんが安定した頃に報告したほうが良いという考え方もあります。しかし、妊娠したばかりの頃は、つわりによる体調不良が起こりやすく、急に仕事を休まなければならないケースが多い時期です。

妊娠を会社に報告せず、急に休むことになってしまったら、仕事の進行に影響が出て会社に迷惑をかけてしまいます。急な体調不良にも対処できるよう、妊娠が分かった時点で報告するのがベターです。

産休の手続きをする

妊娠が分かったら、この先取ることになる産休について、手続きを行いましょう。産休を取るためには、会社に申請を行わなければなりません。

産前休暇と産後休暇は何日もらえるの

産休には、産前休暇と産後休暇があります。産前休暇は、出産予定日の6週間前から取得可能で、個人の希望により出産日間近まで仕事を続けることが可能です。産後休暇は、出産翌日から産後8週間まで休める制度で、こちらは期間を短縮することができません。ただし、医師の許可があれば産後6週間後から復帰の手続きを行うことができます。

産前休暇は、会社に申請することで取得できますので、どのような方法で申請するのか、いつまでに申請するのかを調べておきましょう。

妊娠中は避けた方がいい仕事

妊娠中も仕事を続け、元気な赤ちゃんを産むためには、決して無理をしてはいけません。周りの協力を得て、妊娠に悪影響を与えそうな仕事を控える必要があります。妊娠中に避けた方がいい仕事には、どのようなものがあるのか、ご紹介します。

1日中立ちっぱなしの立ち仕事

妊娠中は、一日中立ちっぱなしで行うような仕事を避けましょう。特に、妊娠初期はつわりで体調が不安定なため、貧血を起こし転倒する恐れがあります。また、赤ちゃんの胎盤が未完成な時期なので、万が一のことが起こる可能性があります。

空港のチェックインカウンター

安定期以降であっても、立ちっぱなしの仕事はおすすめできません。一般的に、赤ちゃんの発育の遅れが生じることがあると言われているためです。また、赤ちゃんの重みにより、ママの腰や骨盤に負担がかかってしまい、出産後の腰痛に悩まされる恐れもあります。

長時間の立ち仕事は、ママや赤ちゃんに与えるリスクが非常に大きいと言えます。もし、立っている時間が長い仕事なら、上司に相談して、立っている時間を極力減らしてもらったり、座って行う他の仕事に変えてもらったりした方がいいですね。

勤務時間が長い仕事

スマホとキーボードとペン

勤務時間が長い仕事に就いている場合、ストレスや疲労などで妊娠に悪影響を及ぼす恐れがあります。妊娠前はバリバリ仕事をしてきた人でも、妊娠後は無理の利かない身体となっています。「これぐらい大丈夫」と思って長時間勤務を続けていたら、ある日突然、調子が悪くなり入院治療が必要となるケースがあるのです。

妊娠中は思うように仕事ができないかもしれませんが、これも無事に赤ちゃんを産むためです。出産後に復帰して活躍できるよう、妊娠中は残業を控えて、無理のないようにしましょう。

重い物を持つ仕事

スーパーマーケットのカート

重い物を持つのは、子宮や骨盤周りに負担がかかるため控えましょう。妊娠初期の安定していない時期に重い物を持つと、赤ちゃんに万が一のことが起こる恐れがあります。また、妊娠中期以降でも、お腹の張りや痛み、腰痛を引き起こす原因となり、赤ちゃんにとって悪影響を与えます。

「どのぐらいなら重さなら持ってもいいの?」と思う方もいるでしょう。妊娠中に持って良い重さは、10kg以下という話がありますが、個人の体調によって変わってきます。また、10kg以下の荷物を何度も運べば、当然負担が大きくなりますよね。ママや赤ちゃんにどんな影響を与えるか予測できないため、基本的に、重い物は人に頼むというスタンスを取った方が安心です。

身体が冷える仕事

「冷たい水に長時間触る」「寒い屋外で待機する」などの仕事は、血行が悪くなり、母体に悪影響ですので控えましょう。お腹の赤ちゃんは、ママの血液を介して栄養や酸素をもらっています。身体の冷えにより血行が悪くなったら、赤ちゃんに必要な栄養分が届きにくくなってしまいます。体を冷やさないようにするためにも、冷えを助長するような仕事は避けた方が無難です。

休暇が取りにくい仕事

休暇が取りにくい仕事の場合、妊娠中の働き方を、考え直した方が良いかもしれません。休みがとりにくい職場では、妊娠で体調が悪くても休みたいと言えないですよね。無理して働くことになると、母体や赤ちゃんに悪影響を与えかねません。赤ちゃんを守れるのは母親だけです。妊娠中は、サブ的な役割にしてもらうなど、休んでも対応してもらえるような環境を整えましょう。

妊娠初期のつわり対策

妊娠初期は、つわりでスッキリしない日が続きやすく、ちょっとしたことで具合が悪くなることがあります。仕事をしながらつわりを乗り切るには、どのようなことに気をつけたらよいでしょうか。ここでは、妊娠初期のつわり対策についてご紹介します。

こまめに休憩をとる

つわり中は、思ったよりも無理が利かない状態となっているため、こまめに休憩をとりながら仕事をしましょう。妊娠中も、今までと同じように仕事をしなければと予定を詰め込むと、急に具合が悪くなって休んだ時に、大きな迷惑をかけてしまいます。そのため、休憩を取る時間も予定に入れて、無理のない予定を立てることが大事です。

マスクで匂いつわりを予防する

マスクをする女性

色々な匂いが気持ち悪くなる匂いづわりを予防するため、通勤中や職場ではマスクを活用しましょう。匂いづわりになると、今まで気にも留めなかった匂いが気になるようになります。「ご飯の炊けた匂いがダメ」という話は良く聞きますが、満員電車の様々な人の匂いや、職場で感じる匂いなどで具合が悪くなることも多いです。匂いの元を完全に避けることは難しいですので、マスクをして嫌な臭いを軽減しましょう。

チョコやクッキーを常備しておく

ちょっとした空き時間につまめるように、一口サイズのチョコやクッキーを常備しておきましょう。空腹時に気持ち悪くなるのを防ぐ食べづわりの対処法の1つです。

食べづわりになると、空腹時に吐き気を感じるようになるため、食事の量を減らし、こまめに食べることが大事になります。食べるとしたら、小さなおにぎりなどがベストですが、仕事中に食べるのは難しい場合があるでしょう。一口で食べられるお菓子類なら、それほど目立たず食べられるので、デスクの中に常備しておくと安心ですよ。

勤務時間を短くする

つわりがひどい場合は、勤務時間を短くするのも一つの手です。残業をせずに定時で帰るなど、個人の工夫で勤務時間を短くすることができますし、会社によっては、つわりの間の勤務時間を短くしてもらうこともできるでしょう。つわりのつらさを言葉にして、訴えなければ分かってもらえない場合もあるので、職場に相談してみることをお勧めします。

体調が悪い時には無理をしない

つわりで体調が悪い時は、無理をせず休みましょう。つわりの時期は、妊娠による体の変化で集中力にかけやすい時期です。調子が悪い中仕事をしても、ミス続きで自信を失ってしまうかもしれません。それよりは、思い切って休養を取り、調子を整えてから仕事を行うと効率が上がりますよ。

必要に応じて母性健康管理指導事項連絡カードを提出しましょう

妊娠初期のつわりで体調が悪くても、そのことを職場に言いづらい場合がありますよね。そんな場合は、母性健康管理指導事項連絡カードの活用を考えてみると良いですよ。

「母性健康管理指導事項連絡カード」とは、かかりつけの医師から、休憩や通勤緩和などの指示を受けたことを、会社に伝える時に利用するカードです。会社は、カードに書かれている内容に従い、勤務開始時間をずらしたり勤務時間を変更したりする措置を講じます。

妊娠中の症状に対する会社の対応は、男女雇用機会均等で義務づけられており、妊婦が権利として申し出ることができます。母性健康管理指導事項連絡カードの書式は母子手帳に載っていますし、インターネットでもダウンロードすることができますよ。

妊娠を理由に解雇される可能性はある?

法律では、妊娠や出産を理由に、減給や解雇などの処分をすることを認めていません。もし、不当な扱いを受けた場合は、労働基準監督署などの相談窓口で相談してみましょう。

同僚への気遣いも忘れずに

お辞儀をする女性

妊娠したら、いつもお世話になっている同僚への気遣いを忘れず行いましょう。妊娠すると、自分と赤ちゃんのことで手いっぱいになりがちですが、あなたの仕事を手伝ってくれている同僚のことを忘れてはいけません。みんなが助けてくれるから、妊娠中でも仕事を続けられることを、何かの機会に感謝の言葉を口にするなど、心遣いを見せるようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク