よだれつわりの原因と対策に関する記事

よだれつわりがツライ!いつまで?夜は?原因と8つの対策

よだれつわりがツライ!いつまで?夜は?原因と8つの対策

よだれつわりは、レアで過酷なつわり!理解してもらえず孤独を感じこともありますが、しっかり対策をして乗り切りましょう。

マーミーTOP  >  出産  >  よだれつわりがツライ!いつまで?夜は?原因と8つの対策

よだれつわりの原因とつらい症状を乗り越えるための8つの対策

妊娠中のつわりは、症状の重さや期間など妊婦さんにより様々です。また、つわりと言っても症状は色々あり、吐きつわり・食べつわりなど多くの妊婦さんにみられる症状から、あまりみられない珍しいつわりもあります。

今回は、出産を経験した方でも知らない人の多い「よだれつわり」について、その原因と症状・対策について、詳しくご紹介します。
よだれつわりは、周りに経験者が居なくて相談できないということが多いようです。よだれつわりを経験した先輩ママの貴重な体験談も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

よだれつわりの症状

口元を手で塞ぐ女性

世間ではあまり知られていない「よだれつわり」ですが、具体的にどのような症状がみられるのでしょうか。

よだれつわりって何?いつまで続くの?

「よだれつわり」は、通常よりも多くの唾液が出続け、口に唾液が溜まる症状のことで「唾液過多症」とも言われています。唾液の量には個人差があり、飲み込める程度の量でおさまる方もいれば、飲み込むことのできない程の唾液が出て頻繁に吐き出さざるを得ないという方もいるようです。

妊婦さんによっては、よだれつわり単独の症状だけでなく、吐きつわりなどの症状が併せておこることもあります、また、一般的によだれつわりは他のつわりより症状が長く続く傾向があり、出産前後まで終わらない場合もあるようです。

よだれつわりの主な症状

・唾液が多量に分泌される
・口の中に唾液が溜まり飲み込みきれない
・唾液の質がネバネバしたものに変わった
・口の中で唾液が溜まって話しづらい
・唾液を呑みこみ過ぎて気持ちが悪い(嘔吐した)

医者も知らないレアなつわり

よだれつわりは、あまり認知されていないつわり症状で、産婦人科医ですら、あまり知らない方もいるようです。そのため、産婦人科で相談しても有効な対策を教えてもらえなかったり、妊娠と関連して考えてもらえなかったりすることもあり、非常につらい思いをされる妊婦さんが多いという問題点があります。

よだれつわりの原因

つわりそのものが医学的に解明されていないため、よだれづわりの原因についても、はっきりとわかっている訳ではありません。ただし、次のような要因が考えられると言われています。

水毒

水毒とは、「体の中の水分の代謝障害が起こっている状態」のことを表す中国漢方医学の言葉です。水毒により唾液の分泌過多以外にも、発汗や排尿にも影響が及ぼされることもあるようです。

現代の女性の多くは、水毒の状態にあると言われています。さらに妊娠中は消化機能が低下するため、水分の代謝も上手く行われず体の中にドロドロした水が溜まり、これが唾液として多量に分泌されるのではないかとも言われています。

ストレスホルモンの異常

胸に手を当てて苦しそうな女性

妊娠中はホルモンバランスも乱れ、精神的にも妊娠前に比べて不安も多くなり、妊娠前よりもストレスを感じると感じる方が多いようです。そのため、ストレスを感じることによりストレスホルモンのコルチゾールが分泌され、唾液の分泌に異常をおこしているのではないかとも言われています。

ビタミンB6不足

幸せを感じさせるホルモンであるセロトニンの生成にはビタミンB6 が必要です。ところがビタミンB6の摂取量が不足すると、唾液の分泌に異常をきたす可能性があると言われています。つわりで食べられないためにビタミンB6 の摂取量が不足すると、よだれつわりを併発する可能性がありますので気をつけましょう。

よだれつわり8つの対策

つらいよだれつわりの症状を少しでも楽に、あふれる唾液を処理する方法をご紹介します。

飴やガム・タブレットをなめる

つわりでムカムカする時によだれを飲み込むのはつらいですよね。そんな時に効果的な対策として、飴やタブレットをなめていると唾液を飲み込みやすくなると言われています。ただし、飲み込める程度の量しかよだれが出ていない、症状の軽い場合のみ効果があるようです。

空のペットボトルを持ち歩く

唾液の量が多く外出中などに吐き出す必要がある場合は、空のペットボトルや缶を持ち歩き、唾液を吐きだすようにしているママも少なくありません。一見、飲み物を飲んでいるように見えますから、周囲にわからないようによだれを出せます。
カバーをかけたり外側にタオルを巻いておいたりすると、中身が隠れますし、吐き出す際に唾液が容器から漏れた際も、吸収してくれます。

自宅にいる時には首からペットボトルをぶら下げる先輩ママも多いようです。臭いや衛生面が気になる場合には、頻繁にペットボトルを交換しましょう。

夜は枕元にタオルや洗面器を置く

洗面器とタオル

夜寝る時は、枕元にタオルや洗面器を置いておくと、夜中に唾液が出てきた時もすぐに対応できます。もちろん、唾液の量によってペットボトルなどで対応してもよいでしょう。ティッシュで肌を刺激して、かぶれてしまう人もいますので注意して下さいね。

妊婦さんにとって睡眠不足は赤ちゃんと母体の健康に大敵です。出来るだけベッドから体を起こさず睡眠を妨げない対処ができる工夫が大切です。

漢方薬を飲む

効果には個人差がありますが、漢方を飲むことで症状が改善される妊婦さんもいます。吐き気や唾液を抑えたり、消化を促進させたりする効果のある以下のような漢方を処方される場合が多いようです。

漢方薬は生薬なので安全と思う人も多いのですが、体質によっては効果が高く副作用もありますので、必ず病院を受診し医師に処方してもらいましょう。

よだれつわりに有効とされる漢方

  • 益智(やくち)
  • 小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりゅうとう)
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

ビタミンB6を多く摂取する

食生活を見直し、ビタミンB6の摂取を心がけるとよいでしょう。できるだけ食品での摂取が望ましいのですが、よだれつわり以外のつわりの症状が重く食欲がない妊婦さんには、サプリメントで摂取する方法もあります。妊娠初期は葉酸のサプリメントを摂取する妊婦さんも多いですよね。

ただし、市販のサプリメントの中には妊娠中の母体と胎児に適していないものもあるため、妊娠中の安全なサプリメント服用には、医師からの紹介をおすすめします。

ビタミンB6を多く含む食品

  • にんにく
  • 牛レバー
  • かつお
  • まぐろ
  • 鶏ひき肉

ツボを刺激する

中泉のつぼ場所

手首にある中泉(ちゅうせん)という名前のツボが、よだれを止めるのに効果があるようです。この中泉と言うツボは、人さし指と中指の骨をたどり手首のしわと交わる位置にあります。

セルフケア以外にも、東洋医学の鍼灸院に行って、鍼灸治療や恩給治療を受けることで症状を改善する人もいます。この場合、妊娠中であることを必ず施術前に伝えましょう。

酸っぱいものは控える

梅干しや柑橘系の食べ物を見たり想像したりするだけで、よだれの量が増えませんか?実はこれらの食べ物や飲み物には、唾液の分泌を促す効果があります。よだれつわり中は、飲食はもちろん、見たり臭いを嗅いだり、想像するのを控えた方がいいですよ。

水分の代謝を促す

熱いと手で顔をあおぐ女性

体を温めると、血行が良くなり、水分の代謝が良くなります。汗をかくことや尿の回数を増やすこと・便秘の改善はよだれの分泌量を減らすのにとても重要です。体調の良い時は、近所をゆっくり歩いてみるだけでも、便秘の改善に効果的です。

冷たい飲み物やアイスクリームなどをつわりの時は求めがちですが、体を冷やしてしまいますので摂り過ぎに注意しましょう。

よだれつわりの脱水症状に注意

唾液が多量に分泌されるよだれつわりは、体内から水分がどんどん出て行ってしまいます。脱水症状を起こす危険性がありますので、意識して水分補給をするようにしてください。

吐きつわりの症状もある場合は、特に注意が必要です。体重が減少や尿の量の少なくなると危険ですので、十分な水分補給が難しい場合は、点滴などが必要なことがあります。我慢せず、かかりつけの産婦人科に相談しましょう。

先輩ママのよだれつわり体験談

つわりの中でも、特に辛いといわれるよだれつわり。珍しい症状であるため周囲に理解されない場合も多く、大変な思いをされる妊婦さんも多いようです。先輩ママ達は、つらいよだれつわりをどのように乗り切ったのでしょうか?貴重な体験談をご紹介します。

りんごあめ
20代後半

A出産と共に去る

長男を出産した際によだれつわりになりました。妊娠に気付くと同時に吐きつわりになり、15週頃から吐きつわりも加わりました。よだれきつわりの事を知らなかったので、初めはどうしてよいかわからずという感じでした。

吐きつわりは、25週くらいでおさまりましたが、よだれつわりは、臨月になってもおさまらず諦めていたら出産したと同時に症状が無くなりました。

私の場合は、貧血もあったので産婦人科で鉄剤を処方してもらい、市販の葉酸サプリと併せて飲んでいました。貧血が軽くなり吐きつわりが治まると共に、よだれの量も少なくなってきました。

つわりと気づくまでは、なにかの病気かと不安でしたが、つわりの一つであるとしってからペットボトルを持ち歩くなど対策を万全にして乗り切りました。

レインボー
30代前半

Aお弁当作りが大変・・・

次男を妊娠中によだれつわりになりました。妊娠中期に2ケ月ほどと期間は短かったですが、唾液の量はすごかったです。長男が幼稚園に通っていて昼間はひとりだったので、ペットボトル片手にソファーに横になり過ごしていました。

苦労したのが料理をする時です。特に毎朝の主人と長男のお弁当作りは、時間もない中で作らなければいけなかったので大変でした。首にスポーツタオルを巻きつけ、ガーゼタオルを敷いたマスクをして料理していました。暑い季節だったので汗とよだれまみれでした。

期間も短かったため特に改善対策をしなかったのですが、安定期に入ってからは妊娠中も変わらず長男の公園遊びに付き合い適度な運動をしていたので、徐々に代謝が良くなり早く終わったのかもしれません。

ひろいうみ
29歳

A色々トライしました

3人目を妊娠中によだれつわりで苦しみました。上2人の時のような吐きつわりが無く楽だなぁと思っていたら、10週目ごろからよだれつわりの症状がでました。

産婦人科で相談したら、代謝をよくしてと言われたので、無理の無い範囲でヨガをしたりウォーキングをしたりしていました。

ただ、元々症状がそれほど重くなかったせいかあまり改善されることなく30週を過ぎたあたりから自然に少なくなったように記憶しています。というか、上2人の世話で毎日バタバタしていて、いつ終わったのか覚えていません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク