前駆陣痛の痛みと本陣痛の違いに関する記事

【前駆陣痛の痛み】いつから?どんな特徴?臨月前も要注意

【前駆陣痛の痛み】いつから?どんな特徴?臨月前も要注意

前駆陣痛の痛みは本陣痛とココが違う!間違えないために、前駆陣痛の時期や痛みの特徴など詳しく知っておきましょう。

マーミーTOP  >  出産  >  【前駆陣痛の痛み】いつから?どんな特徴?臨月前も要注意

    前駆陣痛の痛みの特徴と本陣痛との違い/受診目安/体験談

    「前駆陣痛(ぜんくじんつう)の痛みと本陣痛の痛みを間違えないか心配!」と思っている妊婦は、決して少なくありません。「前駆陣痛かと思ったら本陣痛で、病院に間に合わずに途中で出産した」「何度も本陣痛と間違えて産婦人科に行った」など、臨月になると妊婦さんは前駆陣痛に振り回されます

    臨月になると、いつどこで何をしていても「陣痛がくるかも!」と不安になるものです。特に初産だと陣痛の痛みがどのようなものかわからない分、想像ばかりが膨らんでしまいますよね。けれど、本陣痛との痛み方の違いが分かっていれば、いざというときに慌てず落ち着いて対処できます。

    「前駆陣痛って何?」「本陣痛との痛み方の違いは?」「病院に行くべき?」などの疑問について、一緒に考えていきましょう。

    前駆陣痛ってなに?

    お互いの状態を確認する妊婦二人

    前駆陣痛とは、出産に向けての母体の変化の過程で、子宮が収縮するときの痛みのことです。本陣痛と違い、不規則に起こるもので、痛みの強弱も不安定です。中には前駆陣痛から本陣痛につながる妊婦さんもいますが、基本的にはそのまま痛みが治まってしまうケースが多いと言われています。

    一般的には、「前駆陣痛→おしるし→本陣痛」という流れでお産が始まる妊婦さんが多いのですが、これも個人差があり、前駆陣痛がない妊婦さんや、おしるしがない妊婦さんもいます。

    前駆陣痛は次第に治まるので、普通に過ごしていても問題ありません。本陣痛の予行演習だと思って心構えができると良いですね。

    前駆陣痛はいつから?痛みがくる時期

    前駆陣痛のくる時期については通常は妊娠36週~40週の間に起こる人が多いのですが、個人差がひじょうに大きく、妊婦さんの中には様々な前駆陣痛体験をもつ人達がいます。

    • 「臨月に入る前から軽い前駆陣痛があった」
    • 「本陣痛の前日まで全くなかった」
    • 「41週になって、前駆陣痛からそのまま本陣痛になった」
    • 「前駆陣痛なんて、ちっともこなかった」など

    臨月前の前駆陣痛であっても、稀に本陣痛に繋がることがあるため、妊娠33週までには出産のための簡単な入院準備を行うと安心ですよ。遅くとも妊娠36週までには、入院準備を行っておきましょう。

    ただし、入院準備をしたからといって、前述したように前駆陣痛がこない人もいますし、前駆陣痛がきたからといって、おしるしが必ずあるわけでもありません。おおらかな気持ちで、あまり気にし過ぎないようにしましょう。

    前駆陣痛ってどんな感じ?痛みの特徴

    前駆陣痛の痛みの特徴も、痛みの強さも個人差が大きく、とさまざまです。予測がつかない痛みや間隔のため、夜遅くに前駆陣痛が起こり、寝不足になったというママも…。

    • 「軽い月経痛みたいな痛み」
    • 「月経痛を最強にしたような痛み」
    • 「下痢の何倍もの痛み」
    • 「お腹を下したときのような痛み」
    • 「赤ちゃんがお腹を蹴っているみたいな痛み」
    • 「薄ら下腹部が張るような痛み」
    • 「前駆陣痛だけど腰が痛くなった」
    • 「脇腹やみぞおちが不定期に痛くなった」
    • 「お腹が張ってきて、その後子宮を握られたように痛くなった」
    • 「不定期なチクチクした軽い痛み」
    • 「痛みの間隔はバラバラだけど、腰や骨盤まで痛くなった」

    また、前駆陣痛は、気づかない人もいるくらいの弱い痛みのときもあります。一般的にはその痛みが時間が経つごとに強くなることはないので、慌てず穏やかな気持ちで出産の日を待ちましょう。

    前駆陣痛の痛み方とどんな風に違う?本陣痛の痛み

    女医の診察を受ける妊婦

    前駆陣痛の痛みと本陣痛の痛みはどんなふうに違うのか、はっきりとわかっていればかなり安心ですよね。色々調べても「個人差がある」と書かれていると、ハッキリとは分からず、不安が膨らんでしまうばかりです。前駆陣痛と本陣痛の決定的な痛み方の違いとは、何なのでしょう?

    本陣痛の痛み

    • 一定の間隔で痛みを感じるようになり、その間隔が次第に短くなる
    • 急に痛みや回数が増すのではなく、徐々に痛みや回数が増す
    • 前駆陣痛がお腹の下腹部や前など一部だけ痛くなるのに対して、本陣痛は、下腹部の痛みが徐々に腰全体に広がります

    ただし、本陣痛が微弱陣痛の場合、途中まで一定間隔で痛みがきていたのに、夜だったのでそのまま眠ってしまったら、痛みがなくなっていたというケースもあります。また、前駆陣痛でも稀に腰全体が痛くなる人もいます。
    また、一応前駆陣痛以外におしるしもあって病院に行ったけれど「前駆陣痛」と言われ、家に帰ったけれども痛みが強く、再度病院に行ったらすぐに分娩台へ上がったなどケースもあり、油断は禁物なのです。

    前駆陣痛と本陣痛を間違えて病院を受診しても、病院側に迷惑に思われることはなく、むしろ「心配な時は受診して下さいね」と言われることがほとんどです。本陣痛ではなくても、分娩監視装置で子宮の収縮や赤ちゃんの心拍を調べたり、内診で子宮口の開きを調べたりして、「今2cm開いてますね」なんて言われて、家に帰されることもあります。

    陣痛の痛み方は人それぞれです。出産前に「どんな痛みなんだろう…」と、不安になってしまいますよね。多くの人が、生理痛や下痢などの痛みと比べたりしていますが、殆どの人が今までに味わったことが無い強い痛みと言います。そのために呼吸法など陣痛の痛みを和らげる方法をチェックしておいて、出産に向けての準備を進めましょう。

    前駆陣痛の痛みを感じたら行うべき5つのこと

    入院準備をする

    夫とタブレットを見る妊婦

    前駆陣痛が起きたということは、いよいよ本陣痛がくる!という証拠なので、まだ入院準備をしていない人は、準備を行いましょう。入院準備をすることで、出産に向けての心構えもでき、安心して出産のときを待つことができます。

    痛みがくる間隔を計る

    本陣痛と区別するために、痛みがくる間隔を計りましょう。間隔が不規則であれば前駆陣痛で、規則的なら本陣痛です。おすすめはスマホアプリの「陣痛間隔チェッカー」。痛みが始まったときにクリックし、治まったときにもう一度クリックするだけで、痛みの間隔を計ることができます。

    陣痛時計(iphone、Androido対応)

    Sleepy Sound

    いざ陣痛が来ると、痛みもあるし慌てているしで、簡単に操作できることが陣痛間隔チェッカーには必須です。このアプリはボタンをタップするだけで陣痛間隔が計れるだけでなく、病院に電話するタイミングも教えてくれるので安心です。

    お腹まわりを温める

    痛みがつらいときは、お腹のまわりを温めましょう。温めることで血行が良くなり、痛みが緩和されます。背中や腰などは温めにくいので、カイロやシャワーであたためると良いでしょう。本陣痛のときも同じようにすると痛みが緩和されるので、リハーサルと思ってあたためる練習をしても良いですね。

    シャンプーを済ませ、装飾品を外す

    たとえ前駆陣痛であっても、「始まったらシャンプーを済ませて、マニキュアや化粧を落とし、指輪などの装飾品を外すように」と指導する産婦人科もあります。「これは大丈夫!」と自分で感じる場合は慌てる必要はありませんが、「もしかして本陣痛かも?」と心配な場合は、済ませておくと安心ですね。

    連絡先の確認

    前駆陣痛の痛みが始まったということは、出産が近くなったということです。病院の連絡先や、緊急時の実家、義実家、パパの職場などをもう一度きちんと確認しておきましょう。また、携帯やスマホに連絡先をきちんと登録しておきましょう。連絡する順に表に書いて目立つところに貼っておくと、いざというときに焦らなくてすみますよ。

    前駆陣痛の痛みじゃない!?緊急受診のタイミング5つ

    前駆陣痛があったからといってすぐに出産にはならないので、大抵の場合は急いで受診する必要はありませんが、以下のような症状の場合は緊急を要します。

    痛みやお腹の張りが治まらない

    横になってお腹を押さえる妊婦

    陣痛は、前駆陣痛でも本陣痛でも、痛みがずっと続くわけでなく、一時は治まるものです。それなのに、痛みが持続的で、お腹がカチカチに張っているようであれば、何かしらのトラブルが起こっている可能性があります。特に、常位胎盤早期剥離や破裂の危険性があるため、すぐに受診するようにしましょう。
    胎動の痛みと前駆陣痛の痛みは間違えやすいので注意しましょう。

    先に破水やおしるしがあった

    先に破水やおしるしがあった場合は、前駆陣痛でなく本陣痛の可能性が高いです。また、破水した場合は、感染症を引き起こす可能性があるため、自己判断はせずに、すぐにかかりつけの産科医に連絡をして指示を仰ぎましょう。

    破水か尿漏れか分からない時は、臭いを嗅ぎ、ナプキンをひいて止まるか止まらないか確認しましょう。アンモニア臭がなく出続けていれば破水の可能性が高いです。

    痛みが規則的で徐々に強くなってきた

    痛みが15分おき、10分おき…と規則的で、徐々に強くなっているようならば、前駆陣痛でなく、本陣痛である可能性が高いです。痛みの間隔を計り、一定であるようなら、かかりつけの産科医に連絡しましょう。間隔が短いようなら、すぐに病院に向かった方が良いでしょう。

    胎動を感じなくなった

    胎児のエコー画像を見る医師

    個人差もありますが、一般的にはお産の直前まで胎動は感じられます。「昨日までよく動いていたのに、今日はまったく動いている感じがしない」というような、急に胎動が感じられなくなったときは、赤ちゃんが危険に晒されている可能性があるので、すぐにかかりつけの産科を受診しましょう。

    たくさんの出血をともなう場合

    お産が近づくと、子宮口が開くときに血液の混じったおりもの(おしるし)が出ることがあります。このようなおしるしのような出血なら心配ありませんが、たくさん出血しているような場合は、常位胎盤早期剥離などの可能性があります。すぐにかかりつけの産科医に診てもらいましょう。

    前駆陣痛の痛みだった…勘違い体験談

    前駆陣痛の痛みは気づかない人もいれば、前駆陣痛を本陣痛の痛みと勘違い、または本陣痛を前駆陣痛の痛みと勘違いなど、慌ててしまった人もたくさんいるようです。そんな先輩ママたちの体験談をみていきましょう。

    ハローず
    32歳

    Aお腹が冷えたのかと思いました

    9月初旬が出産予定日だったので、暑い8月は毎晩エアコンをつけて寝ていました。エアコンのタイマーをし忘れて、明け方少し身体が冷え、「なんかお腹が痛いなぁ」と思っていたのですが、少しお腹が張るような感じもあって。
    下痢もしていたし、「お腹をくだしたんだ」とばかり思っていましたが、その次の日にはおしるしがあったから、きっとそのときが前駆陣痛の痛みだったのでしょう。

    こもも
    29歳

    A前駆陣痛は必ずくるものだと思っていました

    1人目出産のときは、前駆陣痛があって、おしるしがあって、2日後くらいに陣痛がきたという、本で読んだとおりに出産がすすみました。だから、2人目のときも前駆陣痛を待ち侘びていたのだけど、出産予定日になっても一向に来ず。
    予定日が一日経過したときに、やっと「きた!」と思ったのですが、そこは経産婦。前駆陣痛の痛みだからと慌てずのんびりと過ごしていました。
    でも、あまりに痛みが続くうえ、痛みの間隔が規則的なような気がして、時間を計ってみると、なんと7分間隔!本陣痛でした!そしてバタバタと急いで病院に行く羽目に。
    経産婦だから余裕があるはずなのに…。
    前駆陣痛は必ずしも来るものじゃないんですね。

    みーなママ
    27歳

    A絶対陣痛だと思ったのに…

    予定日より2週間くらい早い日の朝、腰やお腹まわりが重くだるい生理痛のような痛みを感じました。
    「痛んでは消え、また痛む」の繰り返しで、「これが陣痛!?」と思い、かかりつけの産科も外来時間内だったので受診することに。
    産科の待合室で座っている間も、やっぱり痛くなったり消えたり。入院セットも持ってきていたし、準備はOKの状態でしたが、結局前駆陣痛の痛みで、子宮口も開いていないし痛みの間隔も規則的ではなかったので、そのまま家に帰されました。
    本当の陣痛が始まったのは、それから9日後です。勘違い陣痛とは比べものにならないくらい痛かったです。

    スポンサーリンク

    おすすめコンテンツ