アナフィラキシーショックと対応に関する記事

【アナフィラキシーショックの対応】症状と対処法と予防法

【アナフィラキシーショックの対応】症状と対処法と予防法

市販のお菓子や外食でアナフィラキシー症状?食物アレルギーのお子さんをお持ちのママの知っておくべき症状と具体的な対応について

マーミーTOP  >  子育て  >  【アナフィラキシーショックの対応】症状と対処法と予防法

子供がアナフィラキシーショック症状!?ママが知っておくべき対応・対処法

アナフィラキシーは、食物アレルギーや何かにアレルギーを持つ人はもちろん、近年都市部で増加してきていると言われるスズメバチなどに刺されたりすることで誰でも起こす可能性があります。また食物アレルギーをもっていなくても、ある日突然食べ物によるアナフィラキシーを起こす人もいます。症状や対処法について一度学んでおきましょう。

アナフィラキシーって?

アナフィラキシーとは、原因となるものを食べたり、触ったり、または注入されたりして体内に入った時に、突然、複数のアレルギー症状が全身に起こることをいいます。複数とは具体的に、皮膚症状(じんましんなど)と呼吸器症状(呼吸が苦しくなるなど)、皮膚症状と循環器症状(血圧低下など)など、2つ以上の部位で同時に起こることです。主に食物アレルギー、虫刺され、薬剤アレルギー、ラテックス(ゴム)アレルギーなどが原因で起きます。
極端な血圧低下による意識の混濁などが症状として出た状態が、アナフィラキシーショックとされ命に関わる可能性が高くなります。
近年、食べ物の多様化などにより子供の食物アレルギー発症数が増えている、という報告がありますので、決して他人事ではないということを理解しておきましょう。

具体的にはどんな症状?

ひとつひとつは食物アレルギーの症状やそのほかのアレルギー反応などと同じような症状ですが、アナフィラキシーはこれらがいくつか組み合わさって進行していき、一旦発症すると短時間で急激に進んでいくので、すぐに医療機関を受診し、適切な処置が必要な場合があります。

  • 皮膚症状・・・じんましん、かゆみ、赤くなるなど
  • 消化器症状・・・腹痛、下痢、嘔吐など
  • 粘膜症状・・・目のかゆみ、舌・口の中の違和感、腫れ、まぶたのむくみなど
  • 呼吸器症状・・・くしゃみ、咳、ぜーぜーと息をしたり、息苦しさを訴えるなど
  • 全身症状・・・冷や汗、血圧低下、チアノーゼ※、けいれん、顔面蒼白、意識がもうろうとするなど

※チアノーゼ・・・酸素不足により口唇、爪が紫色になる状態

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

原因となる食物を食べてから運動するとそれがきっかけになり、じんましんや呼吸困難、血圧低下や意識消失などのアナフィラキシー症状が発生する病気です。日本では小麦関連製品が原因となることが多いのが特徴です。散歩などの軽い運動でも起きることがありますので、お子さんが食事後に運動して、少しでも異常を感じたり、症状が出た場合には、ただちに運動をやめて安静にし、状態によっては緊急医療を受ける必要があります。

アナフィラキシーショック状態!?どうする?

症状のうちでも、息苦しさやショック状態、意識がもうろうとしている場合には一刻も早く処置の必要があります。すぐに救急車を呼ぶか、緊急医療を受けましょう。また、一度症状が治まったように見えても、また変化して急激に状態が悪化する場合もあるので念のため、症状が治まっても早めに医療機関を受診することをおすすめします。

食物が原因でアナフィラキシーが起こった場合の対処法

食物アレルギーを起こす子供

安静にさせ、摂取した食べ物が口に残っている場合には自分で吐き出させるか、背中を強く叩き吐き出させます。意識がない場合には無理に吐かせる必要はありません。口をすすいで異物がないことを確認した後、仰向けに寝かせるなどします。その間、救急車等の手配を行います。
食物アレルギー自体に大人と子供では違いがあるので、自らがアレルギーの人でも、子供の症状を見極められるように、一度病院にて相談するようにしましょう。
詳しい対処法については日本小児アレルギー学会のマニュアルがありますので、お子さんが食物アレルギーであったりするママやパパは、一度目を通しておくといいかもしれません。

日本小児アレルギー学会

TEL:03-6806-0203

時間:特になし

住所:東京都台東区上野1-13-3 MYビル4階

蜂に刺されてアナフィラキシーが起こった場合の対処法

スズメバチなどの猛毒のハチに刺されて発症した場合、一刻も早く医師の処置を受けることが先決ですが、治療を受けるまでの間にできるのは患部から針を取り除き、毒を流すことです。その際、指でつまんで針を抜こうとすると、かえって毒を注入することになりますのでピンセットなどで取り除きます。ない場合はクレジットカードのような固いカードで横に払うようにするとよいようです。その後、流水で患部を洗い流します。詳しい対処法は以下を参照してみてください。

森林総合研究所

森林レクリエーションでのスズメバチ刺傷事故を防ぐために

TEL:029-829-8377

時間:平日9時30分~12時、13時~16時30分

住所:茨城県つくば市松の里1

重度のアレルギーを持つ人のための補助治療剤「エピペン」

食物アレルギーやその他のアレルギー症状がひどく、アナフィラキシーを起こす可能性のあるひとなどが医師から処方される薬が「エピペン」です。エピペンは、アナフィラキシーが起こった時に、医師の治療を受けるまでの間に症状を一時的に緩和するための補助治療剤(注射)です。
医師の処方が必要で、アレルギーの程度によっては学校などに常備することもあります。また、自分や周りの人が注射しなくてはならないので一通りの説明を受け、看護師などからトレーニングを受ける必要があります。高価ですが保険適用がありますので、お子さんにアレルギー症状があって気になる場合はアレルギー専門医を受診して聞いてみるといいでしょう。

エピペン

エピペン

ファイザー製薬

価格:保険適用なしで1万円~(保険適用可能)

エピペンはアナフィラキシー症状などが起きた時に、医師の治療を受けるまでの間に進行を一時的に緩和し、ショック症状を防ぐための補助治療剤(アドレナリン注射)です。詳しくは医療機関を受診し、医師の診断を受けましょう。

市販の加工品を食べたらアナフィラキシーに!!対応は?

買物袋の中の加工食料品

ご家庭での料理やおやつに気をつけていても、市販の加工品に誤ったアレルギー表示※がされていてアナフィラキシーを起こしてしまった・・・という事例もあります。加工品を出した店の方に責任がある場合、対応の一例をまとめました。必ず以下の方法をしなくてはならないというわけではありませんが参考にしてみてください。
※アレルギー表示・・・食べるとアレルギー症状を起こす可能性のある食品が、原材料に使われたかどうかが表示されたもの

食べたもの、食べている途中のものを保管する

加工品の原材料表にアレルギー食品が含まれないことを確認したのにアナフィラキシーのようなアレルギー症状を起こしてしまった場合には、その加工品にアレルギー食品が含まれていた可能性があります。食べかすや食べている途中のものを取っておきましょう。またデジカメやスマホなどでじんましんの状態や食品を撮影しておくと良いでしょう。

包装紙やレベル、購入した際のレシートを保管する

原因と思われる食品の包装紙や包装材料、ラベル、レシートなどは証拠となるので保管しておきましょう。

販売店や製造元会社に連絡する

状況が落ち着いたら、購入した加工品の販売店や製造会社などに内容物の確認のため、問い合わせをしましょう。購入した食品名、購入日、購入店、製造日などを伝え、それを食べてアレルギー症状を発症し、病院を受診したなどの説明をします。その際、可能であれば電話の会話を録音しておくと後々証拠が残り安心です。

販売店や製造元会社で原因をつきとめてもらう

アレルギー表示に誤りがなかったか、製造する過程で、アレルギー発症の原因となる食品の混入がなかったか、販売店などに原因を追究してもらいましょう。店側に落ち度がある場合には謝罪してもらい、病院受診料などの実費を請求できる場合もあります。

問題が解決できない場合

店側の対応が悪い、原因が判明できなかったなどの場合には独立行政法人国民生活センターや全国の消費生活センター等に相談するという方法もあります。消費生活センター等では、商品やサービスなどの消費生活に関する苦情などの相談を受け付けています。

独立行政法人 国民生活センター

消費者ホットライン188

TEL:188、03-3446-1623(消費者ホットライン)

時間:平  日 10時~12時、13時~16時
土日祝日 10時~16時

住所:神奈川県相模原市中央区弥栄3-1-1(042-758-3161)

外食中にアナフィラキシー症状!誰に責任が?

チャーハン&ラーメンセット

アレルギー表示はおおまかに言うと、販売用に容器包装された加工食品および添加物に義務付けられています。つまり、対面販売や店頭での量り売り、飲食店等で提供される食品には、アレルギー表示の義務はないのです。飲食店によってはアレルギー表示をしているところもありますが、調理器具からの混入や原材料を頻繁に変更したりするため、完全な除去は難しいのが現状です。
しかし、外食などで店員に食物アレルギーの有無を確認したにもかかわらずその場でアナフィラキシーなどの症状がでた場合などには、店に原因追及や責任を求めることができる場合もあります。アレルギー症状が落ち着いたら店に状況を説明し、対応を求めてみましょう。

食物アレルギーによるアナフィラキシーを防ぐ方法

食物アレルギーがあってもほとんどの人が外食する機会があります。大手外食チェーン店などはアレルギー表示をしている店もありますが、外食産業にアレルギーに対応する制度がない以上、自分たちでアナフィラキシーの発症を防がなければなりません。
外食する際にアナフィラキシーが起こってしまう理由としては、この料理だったら入っていないだろうという推測や、何度も訪れている店のこの料理だったら大丈夫という思い込みなどが原因と言われています。

事前に店にアレルギーがあることを伝える

飲食店では様々な食材を扱っており、予期せず混入する可能性があります。しかし、食事する前に一言、店員や店側に「子供に卵アレルギーがあり、アナフィラキシーを起こす可能性があります。」などと伝えることで店側が配慮してくれたり、料理を慎重に取り扱ってくれる可能性が高くなります。

面倒でも毎回アレルギー食品が含まれていない料理か確認する

例えば、ピザのマルゲリータならばマヨネーズ(卵)はかかっていないだろうと思っていても、店によってはマヨネーズを使っていることもあるかもしれませんね。生地にピーナツオイルを塗っている場合もあります。面倒でもひとつひとつの料理ごとに確認をとると、発症のリスクを下げることができます。

加工品のアレルギー表示をしっかり確認

加工食品の裏にはアレルギー表示や食品表示がありますが、分かりにくいものもたくさんあります。例えば、「カゼイン」や「ラクトグロブリン」は牛乳アレルギー発症の原因となるタンパク質のひとつですが、乳酸菌や乳糖などは牛乳アレルギーの方でもほとんどが摂取可能と言われています。このように一見わかりにくい表示もありますので、病院などで摂取可能な成分の一覧表などをもらうといいですね。

もし起こってしまった時のために常備薬などを携帯し、処置を学んでおく

どんなに注意していても外食で完全に混入を防ぐことは困難です。もしもの時のためにアレルギーの程度によって、かかりつけの病院に薬やエピペンを処方してもらうと安心です。またアナフィラキシーを起こした時、速やかに対応して緊急医療を受けることで危険を回避することができます。食物アレルギーのお子さんをお持ちのママやパパは正しい対応の方法をぜひ頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事に関連した特集ページ