子供の日焼けのアフターケアに関する記事

子供の日焼けは早めに対処!ママができるアフターケア7つ

子供の日焼けは早めに対処!ママができるアフターケア7つ

子供の日焼け時に役立つアフターケアの方法をご紹介します。将来のためにも、子供のお肌を今から大切にしてあげましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  子供の日焼けは早めに対処!ママができるアフターケア7つ

子供の日焼けの放置は厳禁!アフターケアのポイントは?

海や旅行など、夏休みのレジャーやお出かけで子供がこんがり日焼けしてしまったという経験のあるママは多いのではないでしょうか。レジャーに限らず、ベビーカーやちょっとした外出でも、紫外線の強い時間帯は予想以上に子供が日焼けしていてビックリする…なんてケースも少なくありませんよね。

赤ちゃんの日光浴が推奨されていた昔と違い、人の肌に紫外線は大敵だという認識は今では一般的となっていますが、特に子供は紫外線の影響を大きく受けやすいようです。

今回は、紫外線が子供に与える影響と自宅でできる日焼けのアフターケア・病院を受診する目安について詳しくご紹介します。
子供の肌を守ってあげるのも親の大切な役目です。日焼けの正しいアフターケアをマスターしておきましょう。

子供の肌は紫外線の影響を受けやすい

人間が一生に浴びる紫外線のうち、約半分は18歳未満に浴びると言われています。また、子供の肌は成長段階にあり、未熟で薄いため、小さな子供ほど紫外線の影響を受けやすいようです。

単に日焼けして、色が黒くなってしまうだけであればさほど問題はありませんよね。しかし、紫外線を浴びることで子供の肌は大人が思っている以上にダメージを受けており、多く浴びるほど将来的に子供の健康に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

子供の日焼けはしっかりケアを

紫外線が与える子供の将来への悪影響

紫外線が子供の肌に与える影響として、以下の問題が挙げられます。

  • 皮膚がんを発症する可能性が高くなる
  • シミやソバカスの原因になる
  • 白内障を発症するリスクが高くなるなど、目へのダメージが大きい
  • 免疫系の機能低下を引き起こす

適度に日光を浴びることは健康づくりに役立ちますが、日焼けし過ぎるのは皮膚ガンやシミ・シワなど、将来の皮膚トラブルにつながりかねません。子供用の日焼け止めをこまめに塗ったり、帽子を被るなどの対策が重要となります。

子供の日焼けのアフターケアのポイント7つ

ママがどんなに気を付けていても、子供がうっかり紫外線を浴び過ぎて日焼けしてしまうケースもあるはずです。そこで、子供が日焼けした際のアフターケアのポイントについて解説していきます。

タオルや保冷剤で患部を冷やす

日焼けのアフターケアは、いかに早い段階で行ってあげるかがとても重要です。外出先でも、凍ったペットボトルや冷たい飲み物・保冷剤など冷やせるものがあれば、子供の日焼けした箇所にあてて冷やしてあげましょう。
冷やす際は、アイスノンなどを直接患部にあてるのではなく、ガーゼやタオルで包んでからあてるようにしてください。最低でも10分、出来れば30分程度冷やしてあげてください。

ぬるめのシャワーをゆるく浴びる

日焼けした当日は温かいお風呂に浸かるのは控え、シャワーで体を冷やしてあげましょう。
ただし、熱いお湯は熱を上昇させて体調を崩し、冷たすぎる水は日焼けの治りを悪くする可能性があります。シャワーを浴びさせる際は熱いお湯や水は避け、人肌程度の温度のぬるま湯にしましょう。また、水圧は子供の肌への刺激や負担を考慮し、ゆるめに設定するのがおすすめです。

日焼けした当日はぬるめのシャワーを浴びる

体は手で優しく洗う

シャワーの際に子供の体を洗ってあげる際は、タオルでゴシゴシとこするのではなく、日焼けした箇所を刺激しないよう、手で優しくなでるように洗ってあげてください。
日焼けの状態によっては、いつもは何気なく使用しているボディソープが刺激となる場合もあります。使ってみてトラブルが発生するようであれば、しばらくは使用をやめて、今後の肌の様子を見て対処するようにしましょう。

化粧水で肌を保湿する

日焼けにより、子供の肌の水分は失われています。シャワーなどで体をよく冷やした後は、化粧水をつけて肌の水分を補給してあげましょう。化粧水は、低刺激で保湿力に高いものがおすすめです。アレルギー体質や敏感肌の子供の場合には、パッチテストをしてから使用するようにしてください。
スプレータイプの化粧水なら直接子供の肌に触れないので、余計な刺激を与えずに保湿してあげることが出来るのでおすすめです。

アベンヌ ウォーター 300g

アベンヌ ウォーター 300g

アベンヌ

価格:2,200円 + 税

南フランスにあるアベンヌ村で湧き上がるアベンヌ温泉水。刺激が少なく、スプレータイプなので子供の日焼けのアフターケアにもピッタリのアイテムです。乾燥肌~オイリー肌まで、肌質を問わず使えます。

画像引用元:アベンヌ Eau Thermale Avène

軟膏やクリームを塗る

日焼けによる肌のダメージが大きくヒリヒリと痛むようなら、化粧水をつけることにより、さらに痛みがひどくなる可能性があります。そのような場合は、肌への刺激が少ないアロエなどの自然素材を使った軟膏クリームや馬油など、自宅に常備しておくといざという時に役立ちます。軟膏やクリームを塗る際は、薄く伸ばすようにしてあげましょう。
それでも皮膚の痛みやかゆみといった炎症が落ち着かないようであれば、病院で専用の薬を処方してもらうことをおすすめします。

ソンバーユNo.7 60ml

ソンバーユNo.7 60ml

(株)薬師堂

価格:3,000円 + 税

高い口コミで話題となっている薬師堂のソンバーユは、しっとりと肌になじみやすく、敏感な子供や赤ちゃんの肌にも使える低刺激なアイテム。日焼けのお手入れにはもちろん、乾燥が気になる冬場に重宝すること間違いなしです。

画像引用元:馬油と梅雲丹の薬師堂

肌に刺激が少ない衣類を着せてあげる

日焼けをしたあとのかゆみや痛みが悪化しないよう、子供の洋服は肌への刺激が少ない素材を選んで着せてあげましょう。小さい赤ちゃんの場合は、ガーゼ素材の洋服がおすすめです。また、寝る時の寝具の素材も肌への刺激が少ないものにするのも効果的です。

皮がむけてきたら無理に剥がさない

日焼けした後に皮が剥けてくるのは、皮膚が正しく再生している証拠です。皮を無理に剥がしてしまうと、デリケートな新しい皮膚が顔を出してしまい、将来まだらなシミができるリスクが高くなります。
特に、小さい子供の場合はかゆくて剥がしたがる可能性がありますので注意してあげてください。

内側からの水分補給も忘れずに

黒く焼けた子供の姿を見てしまうと、ついつい外側からのケアにばかり集中してしまいがちですが、忘れてはならないのが内側からの水分補給です。
過度に日焼けした後は脱水状態となるケースも少なくありません。水を飲むことで皮膚の新陳代謝が良くなり、日焼けの治りも早まるとされています。

日焼けのケアに水分補給も大切

日焼けの程度が重い場合はすぐ病院へ

重度の日焼けは火傷と同じ状態です。たかが日焼けと思わず、必要に応じて病院を受診しましょう。
また、日光を多く浴びることにより日光湿疹を発症するケースや、十分な体力がない子供であれば、日焼けと同時に熱中症などを起こしている場合も考えられます。日光湿疹はかゆみを伴いますので、子供が痒がるようでしたら、病院を受診して薬を処方してもらいましょう。

病院受診が必要な場合のおよその目安は?

・脱水症状を起こしている
・発熱している
・頭痛がある
・嘔吐した/吐き気がある
・水泡ができている
・かゆみがある

子供の日焼けの治りのスピードは、親の対処によって大きく左右されます。日焼けした直後は子供の様子を良く観察し、適切な処置方法を判断してくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪