赤ちゃんの目やにが黄色い理由に関する記事

赤ちゃんの目やにが黄色いのは結膜炎?症状/対処法

赤ちゃんの目やにが黄色いのは結膜炎?症状/対処法

赤ちゃんの目やにが黄色いのは病気のサインかも?結膜炎にかかった場合の種類別治療法と予防法を紹介します。

マーミーTOP  >  子育て  >  赤ちゃんの目やにが黄色いのは結膜炎?症状/対処法

赤ちゃんの目やにが黄色い…考えられる原因と対処法は?

可愛いらしい赤ちゃんのつぶらな瞳を眺めていて、ふと黄色い目やにが出ているのが気になることはありませんか?赤ちゃんの目やにが黄色や緑色になっている場合、何らかの目のトラブルが起こっている可能性があります。

今回は、赤ちゃんの目やにが黄色くなる大きな原因として、結膜炎をメインに取り上げていきます。結膜炎の種類によっても治療法は異なりますので、心当たりがある場合には、早めの病院受診で適切な治療を受けさせてあげましょう。

赤ちゃんの目やにが黄色や緑になるのはなぜ?

お母さんに抱えられる赤ちゃん

目やにが多くなる原因は、主に風邪を引いて鼻水が増えることや、逆さまつ毛鼻涙管閉塞という目と鼻の間にある管が詰まる症状、そして結膜炎などが挙げられます。

通常の目やには、目に入ったほこりやごみ、古くなった細胞などを追い払うために出るもので、基本的に色や量に変化はありません。赤ちゃんの寝起きに目やにがついている場合がありますが、これは睡眠中にまばたきの回数が減り、目やにの流れが滞っているだけなので心配はありません。

反対に、細菌やウイルスに感染した目やには、色がついたり大量に出たり、ねばねばしていたりという特徴があります。
赤ちゃんの目やにが黄色や緑色になっている場合は、目やにに細菌やウイルスが含まれている可能性が高く、目とまぶたの裏側を覆っている「結膜」という粘膜が炎症を起こすと結膜炎になります。

・細菌に感染した目やに…ねばねばした黄色や緑色の目やにになる
・ウイルスに感染した目やに…糸を引くようなねばねばした目やにになる

結膜炎には3種類ある

ミルクをあげつつ目やにチェックをする母親

結膜炎には3つの種類があり、それぞれ感染源や症状、治療法が異なります。どの種類の結膜炎でも赤ちゃんの白目が充血し、目やにが黄色くなるという症状が見られるため、専門医ではないと結膜炎の種類を判断することが難しいとされています。
自宅でケアを行うことで改善する場合もありますが、中には抗生物質を必要とするタイプの結膜炎もあるので、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

細菌性の結膜炎

黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌などの細菌に感染することで起こる結膜炎です。
黄色ブドウ球菌は健康体の方でも喉や鼻、毛髪、皮膚などに広く分布している原因菌で、汚れた手で目をこするなどして細菌が結膜に入ることで発症します。「白目が赤く充血し、ねばねばした黄色っぽい目やにがたくさん出る」「目の痛みがある」などの症状があります。 赤ちゃんが目をこする原因は結膜炎以外にもあるので、眠いだけなのか赤ちゃんの様子を見てあげる必要があります。

比較的、感染する可能性は低いとされており、感染しても比較的軽く済む場合が多いタイプの結膜炎で、2~3日で治るとされています。目に怪我をしている、抵抗力が弱っている人や赤ちゃんが発症することが多いようです。

ウイルス性の結膜炎

プール熱の原因とされるアデノウイルスや、手足口病、へルパンギーナを起こすエンテロウイルスなどのウイルスが、目をこする、プール遊びなどを通して結膜に感染することで発症します。「流行り目」とも言われ、プールの水を通して感染するケースが多いので、夏場に幼児や小学生が発症することが多くなります。

白目が充血し、まぶたが腫れあがって目がゴロゴロするといった違和感が出ることがほとんどとされていますが、目の症状以外にも発熱や喉の痛みといった風邪のような症状を伴うケースも多いようです。感染力も強いので注意が必要です。

アレルギー性の結膜炎

アレルギー体質のお子さんの場合、花粉やハウスダストなどのアレルゲンが目に付着することで、結膜炎を発症することがあります。目やにや充血だけでなく、目のかゆみが強く出ることが特徴で、鼻水やくしゃみを伴う場合も多いです。

代表的なアレルゲンとしては、花粉、ダニやカビといったハウスダスト、飼育しているペットの毛などが主に挙げられます。
生まれたばかりの赤ちゃんが発症することはあまりなく、3~4歳くらいから発症することが多いと言われています。アレルギー性の結膜炎の場合、人から人にうつることはありませんが、パパやママから遺伝している可能性もあるようです。

種類によって治療法も異なります

渋い表情で空を見上げる赤ちゃん

結膜炎の種類によって、治療法はそれぞれ異なります。「前回使った薬が今回は効かない…」というケースもあるため、自己判断ではなく、必ず医師の指示を受けてから点眼・服薬するようにしましょう。

細菌性結膜炎

インフルエンザ菌や肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などの原因菌を探ったのち、基本的には抗菌点眼薬での治療を行います。中には必要に応じて抗菌眼軟膏や抗菌内服薬を処方されるケースもあります。原因菌に対応した点眼薬を使って適切な治療を続けると、2~3日から長くても10日間ほどで完治することがほとんどです。

ウイルス性結膜炎

アデノウイルスへの有効な薬はないので、不快な症状を軽減する抗生物質入りの目薬のほか、ウイルスの増殖を抑えるために抗生物質の内服が必要となります。抵抗力が弱っている結膜の最近肝炎を防ぐために、予防措置として抗菌点眼薬が使用されることもあるようです。
細菌性の結膜炎よりも完治までに時間がかかり、完全にウイルスが排出されるまでには3週間から1ヶ月ほどかかります。

アレルギー性の結膜炎

重症なアレルギー性結膜炎の場合、長期間の継続治療が要されます。アレルギー点眼薬で対処療法を行い、重症の場合は免疫抑制点眼薬、ステロイド点眼薬を処方されるケースもあります。
しかし、それでは根本的な解決にはならないため、「外出する際に眼鏡やマスク、帽子を着用する」、「手洗いうがいを徹底する」、「こまめに掃除する」、「床をフローリングにする」など、アレルゲンの原因を特定した上で、できる限りアレルゲンに触れないよう自主的に工夫する必要があります。特に、花粉の飛散する時期には注意が必要です。

結膜炎を予防するには?

温かい毛布に包まれ眠る新生児

結膜炎を予防するためには、汚れた手で目を触らないことが一番ですが、赤ちゃんに気をつけるように言っても難しいですよね。「手が汚れている時は目を触らないように止める」「こまめに手を拭いて清潔な状態を保ってあげる」など、周りの大人が工夫して気をつけてあげるようにしましょう。
また、家族がウイルス性の結膜炎に感染している場合も、二次感染防止のためにも注意が必要になります。

結膜炎を予防する方法

・こまめに手洗いうがいをする
・手洗いの際、蛇口に触れた場合は蛇口まで洗うようにする
・目薬・タオルは共用せず、別々のものを使う
・目のケア・おむつ替えなど赤ちゃんのお世話をした後はしっかり手洗いする
・目やにを取ったガーゼは洗濯時に分ける(ティッシュや綿棒など使い捨てできるものだと処理が楽です)
・目のかゆみがある場合は早めに目薬を処方してもらい、目をかかないようにする
・ウイルス性と細菌性結膜炎に感染している人は、なるべくお風呂は最後に入る

目やにの色に異常があるなら早めの受診を

2人の子供を育てる頑張りやの母親

結膜炎を放っておくと、角膜まで炎症が広がってしまう危険性があります。また、結膜炎の種類によっては赤ちゃんから他人に感染してしまう恐れもあります。「たかが目やに」と甘く考えず、目やにの色や量にいつもと違う異常がみられたら、早めに医療機関を受診することをおすすめします。

赤ちゃんの目やにや目の状態を普段から観察しておくと、いざという時にすぐに異常に気付くことができます。大事な赤ちゃんの目をこまめなチェックで守ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク