ブルーライトの影響についてに関する記事

【ブルーライトの子供への影響】視力低下と睡眠障害を防ぐ

『【ブルーライトの子供への影響】視力低下と睡眠障害を防ぐ』

ブルーライトが子供に与える影響について知り、子供のテレビやゲーム、スマホなどとの関わり方をいっしょに考えていきましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  【ブルーライトの子供への影響】視力低下と睡眠障害を防ぐ

ブルーライトが子供に与える影響とその理由/子供を守る方法

現代の私たちの生活は大変豊かになり、明かり・光の技術も発達しました。これにより日常生活にはさまざまな光が溢れ、中でもブルーライトは、テレビやパソコン、ゲーム機器、スマホなどに使われており、1日の生活の中で必ず目にする為に、視力への影響が心配されます。

このブルーライトが、身体に良くないことを何となく知っている人もいますが、何が悪いのか、悪影響があっても生活に欠かせない電子機器に使われているブルーライトを、どのようにして避ければ良いのか、詳しく知っている人は少ないでしょう。生まれたときからブルーライトと共に生活している現代の子供の健康を守るために、ママはブルーライトについて正しく知っておく必要がります。

ブルーライトとは?

プリズムレンズを通る光

太陽の光は、一見白色か透明のように感じますが、実は赤、橙、黄、緑、青、藍、紫色などのさまざまな色の光が合わさることで、私たちが見ている太陽の光の色になっているのです。室内の照明も同じ原理であり、人工的に青、緑、赤色の光を重ね合わせることで白色光を作り出しています。

これらの中でも青の光をブルーライトといい、近年増えつつあるLEDライトにも青と黄色の光が掛け合わされており、ブルーライトが多く発せられているのです。また、エコを推進する時代なのでエネルギー効率の良いLEDライトはテレビやパソコン、スマホなどの液晶モニターに使われており、ブルーライトが発せられる機器は現代生活に欠かせないものとも言えます。

スポンサーリンク

ブルーライトが悪いって嘘?本当?悪影響の根拠

太陽の光の中でも、「紫外線」は日焼けなど私たちの身体にとって強い刺激を与え、悪影響を及ぼすということは、多くのママに周知されていることだと思います。ブルーライトはこの紫外線に近い色なので、同じように刺激が強く、目や脳だけじゃなく様々な悪影響を及ぼすのです。

ブルーライトの子供への影響

ブルーライトはもはや日常生活で欠かせなくなっていて、特に子供はテレビを見たりゲームもしますし、小さいこどもでの親のスマホで動画を見たりすることが好きで、ブルーライトを浴びることは避けられません。しかし、子供は大人よりも目への刺激を受けやすいので、光も通しやすく、ブルーライトの影響も受けやすいのです。

ブルーライトは、子供の視力や睡眠にさまざまな影響を及ぼし、子供の健康を害することにもなりかねません。子供が元気に生活するためにも、ママはブルーライトが子供に与える影響について正しく理解し、対策していくべきなのです。

ブルーライトの視力への影響

タブレットを見て楽しそうな子供

パソコンの画面を見ていて、目がしょぼしょぼしたりピントが合わせづらくなったりする経験があるママも多いと思います。これは、光の波が小さくて細かい(波長が短い)ブルーライトが、空気中の塵やほこりによって散乱し、画面のブレやちらつきの原因になるからなのです。

このブレたりちらついたりする画面にピントを合わせようとして、目が一生懸命に働こうとすることで目の筋肉や視覚を認識する脳が疲れてしまい、眼精疲労につながります。眼精疲労の状態は視力低下の原因となり、ブルーライトの刺激を受け過ぎることは、大人以上に子供の視力に大きく影響するのです。

ブルーライトの睡眠への影響

私たちの身体は、明るくなると目が覚めて、暗くなると眠たくなるというふうにリズムができています。これを「概日リズム」といい一般的には体内時計で知られています。正しい概日リズムをつくるために、太陽に含まれているブルーライト欠かせないものでもあります。
太陽に含まれるブルーライトを浴びることで、脳内の眠気を導くメラトニンが減少し、脳が活性化し目が覚めて行動できるようになります。
時差ボケなどで概日リズムが狂ってしまっても、朝にブルーライトを浴びることで体内時計がリセットされ、日中は脳や身体が活動状態になり、夜になると自然に眠たくなるのです。

しかし、一方でブルーライトのこの効果が良質の睡眠を妨げてしまうことにもなりうるのです。
それは、夜にゲームをしたり、テレビを見たり、強い照明を浴びることでブルーライトの刺激を受け、夜なのに朝目覚めるときのように、メラトニンの分泌が抑制され脳が活動状態になってしまい、体内時計や自律神経が乱れなかなか寝付けなくなったり、眠りが浅くなったりといった睡眠障害になってしまう可能性があります。

テレビのブルーライトの影響

居間に置かれた液晶TV

昔のブラウン管テレビからはブルーライトはあまり出ていなかったとされますが、2000年頃からブルーライトが出るLEDライトが液晶に内蔵されるようになりました。現代のほとんどの子供たちは、生まれたときからこのブルーライトを発するテレビが当たり前になっています。

家事をしている間、子供にテレビを見させているママも少なくないように、子供は毎日多くの時間テレビを見ています。「テレビを見すぎると目が悪くなる」とは昔からよく言われることですが、「テレビによってブルーライトの影響を受ける」と認識している人はあまりいないかもしれませんね。

ブルーライトを発するテレビを見続けることにより視力の低下はもちろん、就寝前に見ることでなかなか眠れなくなったり、目が冴えてしまうことが原因で、夜更かししてしまったりする子もいます。こうなると健康にも悪影響を及ぼすので、テレビと上手に付き合っていく必要があります。

ブルーライトの悪影響から子供を守る方法5つ

ブルーライトには子供にさまざまな悪影響があることがわかりましたが、現代の日常生活ではブルーライトを完全に無くした生活をすることは難しいですよね。そこで、ブルーライトの悪影響から子供の睡眠、目、脳などを守る方法を具体的に紹介していきましょう。

時間を決める

ゲームをするときややテレビを見るときは、1回に30分や1時間などの時間を決めるようにしましょう。大人でも、パソコンを使った集中的な入力作業などは1時間を超えないようにと、厚生労働省のガイドラインに掲載されています。
特にテレビはだらだらと付けっぱなしにしてしまうもの。好きな番組が終わったら電源を切るようにしたり、食事中はテレビを見ないようにしたりするようにしましょう。就寝2時間前もゲームやテレビを控えるようにした方が良いと、厚生労働省からも案内されています。

距離を離す

テレビの前で番組を見る子供

テレビを見るときの環境は、子供の睡眠や目、脳を守るためにもとても重要なことです。テレビを見るときは、明るい場所でテレビと一定の距離をとるように心がけましょう。また、ゲームをするときにも、画面に顔を近づけ過ぎないように、正しい姿勢でするように注意しましょう。
携帯ゲームやスマートフォンを利用する時に、猫背で下を向いた状態を長時間続けていると、子供でも腰痛や肩こりなどが増えているという報告もあります。

ブルーライトをカットするメガネやフィルムを使う

ゲームをしたりパソコンの画面やテレビを見るときに、日本PTA全国協議会も薦めているブルーライトをカットするメガネをかけたり、ゲーム機やママのスマートフォンにブルーライトをカットするフィルムを貼ったりすることで、ブルーライトが目に与える影響を軽減できます。また、パソコンの場合は、モニター画面の明るさを変えることでブルーライトを減らすこともできますよ。

10.1型まで対応フリーカットタイプブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム

10.1型まで対応フリーカットタイプブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム

サンワサプライ株式会社

価格:2980 円 + 税

ブルーライトカットフィルムには「反射方式」と「吸収方式」がありますが、この製品はパソコン用メガネと同じ吸収方式を採用したフィルムで、より効果がアップしています。フィルム貼っていてもタッチパネル操作に問題はなく、お好みのサイズにカットできます。不器用なのでフィルムを上手に貼れないという人も安心!フィルム画面側の特殊なシリコン層で、貼るときに気泡が入っても時間が経つにつれ分散してくれるので、きれいに貼れますよ。

エクリア キッズ用ブルーライト対策メガネ(低学年サイズ)

エクリア キッズ用ブルーライト対策メガネ(低学年サイズ)

エレコム

価格:4500円 + 税

この製品ならブルーライトを約65%カットし、網膜へ到達するブルーライトの量を軽減してくれます。また、子供用なので、成長に合わせてサイズ調整ができたり、衝撃に強くて壊れにくいポリカーボネートレンズを採用していたりなど考慮してくれているので安心です。

目にいい食べ物を食べる

緑黄野菜

ブルーライトによってダメージを受けるのは目の黄斑部や網膜であり、これらを保護するような成分を含む食べ物を意識して食べることで、ブルーライトからの強い刺激によるダメージを軽減させることができるのです。目のためにぜひとも摂取したい成分は次のとおりで、その成分を多く含む食べ物も合わせてみていきましょう。
もちろん、「バランスの良い食事と共に」という前提はありますが、普段の食事に少し意識してみるのはいかがでしょうか。

  • βカロテン、ビタミンA

人参、ブロッコリー、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く、柑橘系果物やにも含まれているβカロチンは、体内にてビタミンAとなり、網膜の細胞を保護する役割に使われます。
ビタミンAが体内で欠乏し、網膜が保護されてない状態が続くと、暗いところで物が見えづらくなる夜盲症という病気を発症する可能性があります。

  • ルテイン、ゼアキサンチン

ルテインやゼアキサンチンには、目の黄斑部に到達するブルーライトを吸収したり遮断したりする働きがあります。ルテインは、ほうれん草やブロッコリーなど緑色の野菜に多く含まれ、ゼアキサンチンは、パプリカやパパイヤ、柿などの橙色の野菜や果物に多く含まれます。

  • アスタキサンチン

紅鮭やイクラ、カニやエビ等の甲殻類に多く含まれるアスタキサンチンは、抗酸化作用が強く、水晶体を動かす筋肉の負担を減らすなどの眼精疲労を改善することで、近視の悪化を防ぐことが期待できます。

  • ポリフェノール

ポリフェノールにはアントシアニン、レスベラトロール、プロアントシアニジンなどが含まれ、高い抗酸化作用を持ちます。この抗酸化作用によりブルーライトが発生させる活性酸素を抑えることで、網膜や黄斑部のダメージを軽減する効果があります。ポリフェノールは、ビルベリーやサンタベリーに多く含まれています

  • メラトニン

メラトニンには体内時計を整え、自然な睡眠を導くサポートをする効果があります。ブルーライトを浴びることでこのメラトニンが脳から正常に分泌されなくなったり分泌量が減ったりするため、体内のメラトニン濃度を上げることが必要になってくるのです。多くのメラトニンが含まれる食べ物は、トマトやタルトチェリーです。

5規則正しい生活をおくる

もしテレビやゲームで夜ふかししてしまっても、朝は同じ時間に起きるようにして規則正しい生活を心がけましょう。なかなか起きられない場合は、朝起きて太陽の光を浴びたり室内照明を点灯させたりすることで、体内時計がリセットされ、夜になると自然に眠たくなり、早く寝ることができますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪