高熱で救急車を呼ぶ基準に関する記事

【子供の高熱】救急車を呼ぶ判断基準は?体験談15

【子供の高熱】救急車を呼ぶ判断基準は?体験談15

子供の急な高熱には落ち着いて救急車を呼ぶべきかの判断が必要です。先輩ママさん達の体験談を参考にしましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  【子供の高熱】救急車を呼ぶ判断基準は?体験談15

子供の急な高熱!救急車を呼ぶ判断基準【体験談15】

急な子供の高熱はママも不安ですよね。小さい子供ほどインフルエンザや風邪が悪化して高熱が出やすいものです。解熱剤を使用してもなかなか下がらない時、病院に連れて行った方がいいのではと考えますが、親としては一刻も早く子供をお医者さんに診てもらいたいですよね。また、高熱は熱性けいれんを引き起こす可能性もあるため、油断は禁物です。

でも、どの程度なら救急車を呼ぶべきなのか分からないのが正直なところだと思います。そこで今回は子供が高熱を出した時のママさん達の対処の仕方を体験談でご紹介していきます。救急車を呼ぶ判断基準は何か?参考にしていただければと思います。

Q 救急車を呼ぶか呼ばないかはどう判断する?基準は?

koya
30代前半

A子供の意識レベルで判断

子供が6歳の時に救急車を呼んだことがあります。日中でしたら馴染みの病院に連れて行けるのですが、その39度を超える高熱に気付いたのは夜の9時過ぎのことでした。当然馴染みの病院は既に終わってしまっている時間でしたし、しかも夜間救急の指定病院を調べると自宅から車で40分程かかる不便な場所でした。それでもその病院に最初は連れて行こうかと慌てて準備をしていたのですが、高熱のためか突然けいれんが起きて、意識も朦朧の状態になってしまいました。

熱があっても意識がしっかりしていれば大丈夫と思えたのですが、明らかに緊急を要するような意識レベルであったために慌てて救急車を呼びました。救急車を呼んでいる最中にひきつけまで起こしてしまいその時は大変でした。救急車を呼び10分後に救急車到着。そのまま近隣の総合病院に運んでもらえて、迅速に対応していただいたおかげで翌朝には熱も下がってほっとしたのを思い出します。

ナカトシ
30代後半

Aインフルエンザで入院

当時1歳半の娘が熱を出していました。当時よく保育園から風邪をもらってきていたため、それほど気にしていなかったのですが、ふとおでこを触ってみるとものすごい高熱が。正直これはヤバイと思い体温計で図ってみるとみるみる熱が上がり、最終的には41度ありました。そこで慌ててしまい、自家用車でとも考えましたが、焦って交通事故にでもなったらと変なところは冷静になり救急車を呼びました。

高熱で救急車を呼ぶ目安

その後救急車に乗ったちょうどすぐぐらいにけいれんを起こしたため、応急処置をしてもらい、最寄りの病院へ連れて行ってもらいそのまま入院となりました。結果インフルエンザによるけいれんだったと診断されましたが、あの時もし自家用車で出かけている最中にけいれんでも起こしてたらと思うとぞっとしました。判断基準は色々とありますが、とにかく「子供のために」が私の判断基準です。

ルネ
34歳

A初めての熱性痙攣

子供が3歳10ヶ月の頃に熱性痙攣を初めて起こして救急車を呼びました。子供が夕方頃に顔が赤くなっていたので熱を測ると37度5分でした。特に風邪症状なく、幼稚園に入って3ヶ月、だんだん暑くなってきていた季節なので疲れがたまったかなと思いました。近所の病院も終わっていたので様子を見て寝かせていました。下の子供とお風呂に入り出てくると『ヒィーヒィー』と声がするので息子を見に行くと、顔が真っ青で目は白目で手足が痙攣していました。すぐに熱性痙攣だと思いましたが、初めて見る痙攣にパニック。

子供が赤ちゃんの頃に対処方法を本で読んだ事はありましたが、数年経ち、その情報も薄れていましたがなんとか記憶を辿り熱を測ると40度。痙攣の時間を測っていましたが長く、顔色も土色っぽくなり手足にチアノーゼも出てきて怖くなり母親に電話しました。その時にふと初めての熱性痙攣は救急車を呼んでもいいと何かで読んだ事があり母親と相談して対処方法が合ってるか確認も含め救急に電話しました。

初めての痙攣で時間も長いので来てくれましたが、救急車を呼んだのが正解かは分かりません。ただ119しか思い付かず電話してしまいましたが、119をする前に救急相談が出来る機関で相談するべきだったのではと今更思います。いざというときの為に相談機関の電話番号等見える所に控えておくことが大事だと思います。

ヘルシスト
30代

A明らかに異常だと感じたら呼びます

子供が高熱を出してぐったりしているのは見ているこちらも辛いですが、40℃前後の熱や、嘔吐・下痢で少しでも早く症状を軽くしてあげたほうが良い場合は自分たちで夜間救急へ連れて行きます。長く待たされることもあるでしょうが、もし、病状によって早めの処置が必要だと医師に判断されれば、夜間救急でも優先してもらえるのではないかと思います。

私が救急車を呼ぶ判断基準は症状や子供の様子に明らかな異常を感じた場合です。高熱で、こちらの呼びかけにも答えられないような意識障害が出た場合はただちに救急車を呼ぶでしょう。また、短時間で終わらない引きつけや痙攣も同じです。素人の私には対処法が分かりませんし、危険な状態にあることは間違いないので、早急に対応が必要だと思います。

マリ子
20代後半

A40度の高熱で救急車を呼びました。

娘が1歳半のときに、ひどい高熱を出し救急車を呼んだことがあります。前日から、ちょっと熱気味だったので、かかりつけ医に診察してもらい、熱冷ましの薬を処方してもらっていました。インフルエンザでもないし、薬ももらったし、熱も下がるだろうを思っていたのに、なかなか熱が下がりませんでした。普段なら、熱が出たときに子供に解熱剤を飲ませると一旦、熱が下がり、しばらくしたらまた熱がちょっと上がるというのを繰り返しながら、だんだん治っていくのですが、その時は熱が一向に下がる気配がありませんでした。夜になっても、苦しそうにしていて、寝ることが出来ない状態でした。

熱を測ってみると40度と高熱で、なんとか熱を下げないと大変だと必死の思いで、水に濡らして絞ったタオルで体を拭き、娘の体温を下げようと試みました。30分以上続けても状態は改善せず、救急車を呼びました。病院で点滴をしてもらい一晩病院に泊まり、熱も37.8度になり、翌朝には家に帰ることができました。救急車を呼んでよかったと思っています。

あるふぃん
30代前半

A急な高熱の時

救急車を呼んだ経験はありませんが判断に迷った時があります。子どもが2歳の時のことです。朝起きてきた子どもがお腹を押さえながら「ぽんぽいたいー」と言ってきました。平熱で顔色もそれほど悪くなくただの軽い腹痛かなと思い家で様子を見ることにしました。朝は平熱だったのに急に熱が42度ぐらいになっており、顔色も悪く、脂汗が出てくるほどでした。異常な事態にパニックになり救急車を呼ぼうかと思いましたが、平日で病院も開いていたことに気づき、かかりつけの小児科に電話連絡しました。救急車をよんだほうがいいのか、どのような対応したらいいのかを相談しました。

子供の様子が判断基準

結局救急車は呼ばず、小児科に連れていき対応してもらいました。結局はお腹からくる風邪が原因だったらので救急車を呼ばなくて問題なかったのですが、悩んだ時にはまずはかかりつけ医や#7119で相談してから救急車を呼ぶかどうかの判断をするのがいいかと思います。

ニコニコル
30歳

A子供の高熱で救急車を呼んだ事について

子供が10ヶ月くらいの時に40℃を超える高熱を出しました。それまで熱が出ても割と元気にしている子で、その時もいつもと変わらない感じで、2〜3日前から風邪のような症状があり、38℃くらいの熱が上がったり下がったりの状態でした。たまたま土曜日の夕方で掛かり付けの小児科が診察時間外になってしまい、夜間救急に連れて行きました。応急処置と言う事で解熱剤をもらい帰りました。その晩は何とか大丈夫でした。翌日、日曜日の当直の小児科で診てもらい、その時に突発性発疹の可能性もあるから様子を見てくださいと言われ、解熱剤をもらい帰りました。相変わらず熱は38℃台を上がったり下がったりの状態でした。

夜になり寝かせようとするとぐずりだし、いつもよりぐったりした感じになったかと思うと、急にピクンッと動いてけいれんをし始めたので、私はパニックになりました。見る見るうちに顔が真っ青になり、呼んでも全く反応がない状態の我が子を見て怖くなり、慌てて救急車を呼びました。泣きながら電話をかけ、救急隊員が到着するまで玄関先で震えながら待っていました。適切な処置と対応で子供は救急車に乗るなり顔色が戻りました。病院に着くと検査と診察をしてもらい、点滴を打ってもらいました。けいれんはしばらくすれば止まるからよく観察をして下さいとその時先生に言われました。でも、とっさの時は救急車を呼ぶのも大事な事だと思いました。

haruk
30代前半

A39度代の発熱で初めてのけいれんが起き、救急に電話しました。

上の子が幼稚園の年少の4歳の時でした。発熱があったので、氷枕や熱を冷ます冷たいシートなどを額に貼り、リビングの端のほうで寝かせていました。ちょうど祝日の前日の夜でした。様子を見ていた主人が慌てて、「けいれんが起きてる!」と叫びました。幼稚園に通う前に、児童館などで知り合ったママさんだったか、何かの講習会だったかで聞いた記憶があり、とにかくけいれんが起きたら救急車だ、という風に思っていました。119番に電話して、自分では一生懸命冷静に話したつもりでしたが、救急の方には動揺していたように聞こえたんだろうなと思います。

けいれんが起きたときは、話す言葉もよくわからない言葉で、目線も定まらずかなり慌てました。しばらくすると、目線も落ち着いてきて、話し方も治ってきました。救急車の中で受け入れ先を探していただいている間には、もうほとんど治っている状態でしたが、受け入れ交渉2件目の病院へ連れていって頂きました。病院では、けいれん止めの点滴をしてもらい、結果は新型インフルエンザでした。幸いにもほかの家族にも感染しなかったので、良かったですがとてもびっくりしました。うちは自家用車もなかったので、救急車の選択しかありませんでしたが、大変良く対応していただき、感謝しました。

mica
30代後半

A体温計ではなく状態で判断する

子供が6ヶ月のとき、予防接種を受けた日の夜に38.5度の熱が出ました。はじめての子供のはじめての発熱でかなり動転しました。抱くと体全体がホカホカと熱く、呼吸も苦しそうでした。まだ乳児のため、解熱剤は使えず、夜間だったので受診もできません。まず保冷剤をタオルでくるんで首の下に置き、おでこに冷えピタを貼りました。育児書には水分補給をしっかりとするとあったので、ミルクを与えると、若干苦しそうではありましたがいつも通りの量を飲むことが出来ました。

いつもは夜間授乳は行っていませんでしたが、一度起こしてミルクを与え寝かせたところ、翌朝には熱が下がりました。乳児の場合判断が難しいですが、高熱でも水分補給がしっかりできていて、熱性けいれんなどの危険な症状がなければ救急車は必要ないと思います。ただし、急激に悪化する場合もあるようなので、しっかり様子を見てケアをしてあげたいと思います。

めいちゃん
26歳

Aけいれんの判断

私は熱では救急車を呼んだことはないですが、娘が1歳で突発性発疹になり、熱性けいれんを起こしたときには、私も怖くて震えて救急車も考えました。ただ、育児書などで読んでいた通り、数分で収まり、かかりつけの小児科の診療時間内だったので、電話で相談してその夜はそのまま寝かせました。基準としては、痙攣の時間が長い、意識障害がある、熱が41度を超えた、けいれんが一回じゃない、などだったら、救急車を呼んだと思います。

救急車を呼ぶ目安はけいれんの有無や熱の程度による

事前に「熱では死なない」と何度も聞いていたので、乳幼児に高熱はつきものと自分に言い聞かせて過ごしました。解熱剤は、一度さげた熱が再度上がるときにまたけいれんを起こす可能性があると言われ、一度も使ったことはないですが、心配なときは夜間も電話で相談にのってくれる大きい病院にすぐ電話して確認します。救急車でも、電話で相談してから取りやめることもできるので、相談してもいいと思っています。

ぱいん
40代前半

Aひきつけた時です

こどもはよく熱を出します。本当にそれが心配です。熱が40度以上あるのは、年がら年中です。特に、小学校の時には頻繁です。けいれんを起こした時には、すぐに呼ばないといけません。ただし、救急車が来ても、まず、病院探しから始まりますから、あらかじめかかりつけの病院に連絡しておいたほうがいいでしょう。

子供が小さいと心配なことばかりです。少しずつ丈夫にはなりますが、丈夫な子供と弱い子供はどうしてもいます。弱い子供は心配です。病院の先生も対処療法なので、子供のことをずっとしっていて、考えてくれるという人は少ないです。親がしっかりしているかどうかにかかります。子育ては難しいです。おばあちゃんがいて、いろいろ教えてくれるといいです。

ぽんきち
36歳

A落ち着きましょう

4歳の息子の話になります。乳幼児の頃からちょくちょく高熱を出します。しかも何故か小児科の診療時間が終了してしまっている夜であったり、土日祝日だったりします。最初に初めて高熱を出した時はとても慌てました。でも、どうか慌てないで落ち着いてお子さんの様子を診てあげてください。慌てて救急車を呼ぶのはまずは止めましょう。ふうふう苦しそうにしていても、スプーン一杯の経口水やスポーツドリンクをちびちび飲ませてあげてください。脱水症状になる事が一番怖いので。飲めているうちは救急車は呼ばなくて大丈夫だと思います。痙攣は舌を噛まないように箸やハンカチで対応します。そして救急車呼ぶのがいいかもしれません。

一度だけ3歳の時、息子が全く水分を受け付けず、声かけに応じなくて明らかにぐったりしていた時がありました。39度でした。この時はさすがに自家用車で夜間救急に連れていきました。昨今救急車がきても受け入れ病院が見つからず待機させられることがあるので、日頃から夜間救急病院を見つけておき、自分でつれていく方が賢明だと思います。

ささ
30代前半

A熱以外の症状が気になったら救急車

子供が突然40度の高熱を出したことがあります。最初はただの熱だと思い暖かくして朝まで待ってそれから病院に連れて行こうと思っていたのですがだんだん子供の熱があがり痙攣をおこし、吐いてしまったのであわてて救急車を呼びました。自分で連れて行くこともできたのですが、救急車であれば少なくとも自分よりも知識のある救急隊員の方がいますし、最低限の設備はありますので、このような痙攣や嘔吐などの別の症状も出ている場合は万が一のことを考えて救急車が一番です。

病院に着いてからもすぐに診てもらうことができ、点滴の処置をしてもらって次の日の朝には熱は下がり症状も落ち着いていました。救急車を呼ばないで様子をみていたらもっとひどいことになっていたと思います。熱以外の症状が出ている場合は素人で判断するのは危険な場合がありますし、感染症の場合は嘔吐物などでうつる可能性もありますので、救急車をおすすめします。

ぴっこ
40歳

A熱の高さより子供の状態で判断します。

子供の高熱の為に、救急車を呼んだ経験はまだありません。救急車を呼ぶ判断基準は熱が高いか低いかの数値よりもその時の子供の状態で判断します。熱性けいれんをおこしたことがないので、実際にどのような状態になるのか想像がつかないのですが、けいれん発作がはじまったらすぐに救急車を呼ぶと思います(#7119には連絡せずに)。

高熱で救急車を呼ぶ判断基準

けいれんがなければ、40度を超す熱を出していてもあまりにも苦しそうだったら、救急車は呼ばず車で病院に連れて行きます。夜中なら夜間救急に。解熱剤は赤ちゃんの時は飲ますこともありましたが、発熱は、子供の体が病気と闘っているサインなので無理にさげないほうがいいと聞いたので、極力使わないようにしています。

沙織
30歳代前半

A熱性けいれんで救急車を呼んだ経験について

子供が2歳の頃、救急車を呼んだ経験があります。その数日前からひどい熱と咳で、かかりつけの小児科は受診していました。夜になり寝かせようとしたところ、少し挙動不審な様子を見せたので、初めは嘔吐しそうなのかと思い、洗面器を受けて背中をさすったりしていました。でもよく様子を見ると、目の焦点が合っておらず、呼びかけても反応が無かったので、もしかしてこれは熱性けいれんなのかと思い至りました。以前読んだ育児書に、けいれんが5分から10分以上続いた場合救急車を呼ぶべきだと書いてあったことを思い出し、5分経過した時点で救急車を呼びました。この判断は正解だったと思います。

子供は熱性けいれんの他に肺炎もおこしており、9日間の入院となりましたが、無事に回復しました。結論としては、熱だけでは救急車は呼ばないですが、けいれんをおこした場合は落ち着いて様子を観察し、5分以上けいれんが続いた場合はすみやかに救急車を呼ぶという判断基準でいます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク