子供の貧血と4大原因に関する記事

【子供の貧血チェック】4大原因とは?食べ物等による対策

【子供の貧血チェック】4大原因とは?食べ物等による対策

実は多い子供の貧血。「うちは食事に気をつけているから!」という家庭でも、成長期の子供が貧血になる可能性は十分にあるんです!要注意な症状をチェックし、貧血の原因、貧血改善に効果的な食べ物やサプリについて解説します。

マーミーTOP  >  子育て  >  【子供の貧血チェック】4大原因とは?食べ物等による対策

子供の貧血16症状にいくつ当てはまる?原因は?親がすべきケア

生まれたばかりの赤ちゃんを育てているときは、離乳食の栄養面に敏感だったママも、子供が成長するにしたがい、働き出して忙しいため栄養面が疎かになったり、頑張っているのに子供に好き嫌いがあったりと、なかなか上手くいかないのが子育てです。でも、成長期の子供は、ママが食事に気を使っていても貧血になりやすいってことは、皆さんご存知ですか?

女性は貧血になりやすく、自分の貧血は意外と「これぐらいなら…」と軽く見てしまう人が多いのですが、子供の貧血はそうはいきません。今回は子供に多い貧血症状、4大原因、食事やサプリメントによる貧血の改善と予防対策についてわかりやすく解説していきます。

子供の貧血16の症状

ゴロゴロをしている子供

「貧血」とは、私たちの体の中に流れる血液中の赤血球やヘモグロビンが不足し、充分な酸素を体中に運べなくなった状態をいいます。貧血には原因によっていくつかの種類があるのですが、子供に多いのは鉄欠乏性貧血。食事からの鉄分摂取不足や、出血など何らかの原因で鉄が流出することで起こるのです。

鉄分が含まれた食材は、独特な金属の臭いがして子供にとっては食べにくい食材のため、嫌いな子供も多いですよね。子供は自分の状態を客観的に把握して親に伝えることが難しいため、発見が遅れやすい傾向があり、ママ達が貧血症状に気付いて病院に連れていった時には、症状がかなり進行してしまっていることが多いので、周りの大人が気を配ってみていてあげることが重要ですよ。

【子供の貧血チェック】16の症状に要注意!

  • 息切れしやすい
  • 疲れやすい
  • 常に顔色や唇が青い・白い
  • 口の端がよく切れている
  • 髪の毛にツヤがなくキレ毛が多い
  • 髪の毛がよく抜けて地肌が見える
  • 舌がツルツル、むくむ、痛みがある
  • 爪が反り返っている
  • 爪が割れる・表面が凸凹している
  • 皮膚がカサカサしている
  • 疲れやすい
  • 食欲がでない
  • 「アッカンベー」をすると目の粘膜の色が薄い
  • 機嫌が悪い
  • 元気が出ない
  • すぐにゴロゴロしたがる

お子さんは、いくつの症状に該当しましたか?これらは、貧血症状の子供に見られる特徴的な症状です。「友だちと喧嘩したみたい」「夜ふかしする子だから…」といった理由で症状がみられる場合も、実は貧血が隠れていることがありますので油断大敵ですよ!

子供の危険な貧血症状!止まらない鼻血に注意

鼻血が出ている男の子

子供を育てていると、子供は大人よりも鼻血を出しやすいことに気がつきますよね。鼻血の多くは、左右の鼻の穴の前方に位置するキーゼルバッハ部位の血管が傷つくことで起こります。子供は大人よりも不注意なため転倒などで鼻をぶつけて怪我をしたり、鼻をほじっていて内部を傷つけたりすることが多く、鼻血を出すリスクが高いといえますね。

ただし、こういった通常の鼻血がたまに起きる分には問題はないのですが、次のようなケースでは貧血をはじめ、白血病突発性血小板減少性紫斑病などの、深刻な病気が隠れていることも多いので注意が必要です。

貧血や病気が原因?心配な鼻血

  • 頻繁にでる
  • なかなか止まらない
  • 刺激していないのに、突然出る

子供の鼻血や貧血は決して珍しいものではありませんが、血液は私たちの身体を支える大事な成分であるだけに、血液のトラブルを侮ってはいけません。子供が貧血気味で元気が無かったり、鼻血で布団や服が度々汚れていたりする場合には、一度病院で検査してもらいましょう。

子供の貧血は大人と違う!4大原因

健康でスクスクと育つはずの子供が、どうして貧血になってしまうのでしょう。そこには、成長期の身体だからこその理由があるんです。子供の貧血を引き起こす4つの要因とは、一体何なのでしょう?

体の急激な成長

子供の身長を計っているお父さんのイラスト

成長期で急激に身長が伸びたり体重が増えたりすると、その成長を支えるより多くの血液が必要になり、鉄分、葉酸、タンパク質、ビタミンB6、B12などが以前よりも多く必要となります。成長にあわせてバランスよく摂取できていれば問題はないのですが、急激に成長した場合などは食事から十分にとれないことも多く、元気が出なくなったり、疲れやすくなったりするといった貧血症状が起こり易くなります。

このような成長期特有の貧血症状は、子供の起立性調節障害と間違えられやすいのですが、起立性調節障害とは自律神経系の働きがみだれて引き起こされるので、貧血とは全く違う病気です。混同してしまうと適切な治療の開始が遅れて、病気を無駄に悪化させてしまうので、病院を受診して検査してもらい、しっかり区別して対処していきましょう。

過度の運動

野球をしている男の子

貧血にかかると顔色が悪くなるため、「貧血はもやしっ子のかかる病気」なんていうイメージを持っている人が多いのですが、実は、激しいスポーツをこなすアスリートにも起こりやすい病気です。ジャンプをしたり、足を激しく打ち付けたりするような激しいスポーツを長時間していると、衝撃で赤血球が壊れてしまい、貧血になってしまうことがあるのです。

これは、スポーツ貧血と呼ばれていますが、成長期の子供や親がスポーツ選手に憧れ、過剰にスポーツに打ち込むことで重症化しやすい傾向がありますので、少年団や部活などでスポーツに打ち込む子供のママは、子供の様子には常に目を配って、病気の早期発見や治療に努めましょう。

出血

出血などで血液が体から失われることも、貧血を引き起こす大きな要因です。大人であれば胃潰瘍や痔などの出血が貧血のきっかけとなりやすいのですが、子供だと腸内にメッケル憩室が出来たことによる出血や、思春期の女の子であれば月経の開始による出血が出血性貧血を引き起こすきっかけになります。最近は女の子の生理が早い傾向がありますので、小学生から注意が必要ですよ。

身体の中で起こっている出血は、生理や鼻血、ケガのように自覚できませんので、大人でもなかなか気が付きにくいものです。貧血の症状が長引いて病院を受診したところ、出血が原因で心不全に近い状況まで貧血が進行していたといったケースもありますので、貧血の症状を軽くみず、原因はしっかりと追究しておきましょうね。

食事

コンビニ弁当

子供の貧血の大半は、食事から十分な栄養を摂取していないことで起こります。親の共稼ぎなどで、ジャンクフードやコンビニ弁当などに頼ってしまい、食生活が乱れていると、どうしても鉄の摂取量が低下してしまいます。牛乳好きな子も要注意!

牛乳の飲み過ぎによる牛乳貧血に注意!

「不足しがちなカルシウムが摂れる」といって牛乳を飲み過ぎると、お腹がいっぱいで充分な食事が食べられなくなったり、牛乳に含まれるカルシウムやリンによって鉄分や亜鉛の吸収が阻害されたりして、牛乳貧血になることがあります。また、乳幼児の場合はアレルギーにより、腸管出血を起こして貧血になることもあります。

「牛乳は体にいいから食事の代わりになる」と信じているパパやママが多いのですが、牛乳だけで子供に必要な栄養を補うことはできません。鉄分に限っていえば、コップ1杯(200mL)にたった0.04㎎しか入っていません。ですから、牛乳をガブガブ飲む水やお茶がわりに飲む子供は、貧血になりやすいのです。

<一日に必要な鉄分の量>

  • 1~2歳…4.5㎎
  • 男の子12~14歳…11.5㎎
  • 女の子10~14歳(生理あり)…14.0㎎
  • 成人男性…7.0~7.5㎎
  • 成人女性(生理あり)…10.5㎎

思春期になると無理なダイエットで食事量が減るのも、鉄不足を起こしやすい要因ですね。子供は自ら「体のために鉄分を摂ろう」なんて考え方はできないので、大人が意識して食卓を整え、鉄分をたくさん摂らせてあげましょう。

子供の貧血と薬による弊害

お医者さんの診察を受けている子供

子供に貧血の症状が見られた時は、かかりつけの小児科医か、内科医を受診しましょう。貧血にはいくつかの種類があり、原因によって対処法が違いますし、身体のなかで何らかの病気による出血が起きていたり、血液の病気で異常を示したりして貧血症状が出ているケースもありますので、血液検査などでしっかり原因を特定しておくことが大事ですよ。

一般的な鉄欠乏性貧血であれば、子供の体重にあわせた量の鉄剤を服用して治療を勧めていきますが、鉄剤は過剰に摂取すると胃が荒れていまい、吐き気や食欲の低下を招くことがあります。病気からの早期回復に鉄剤はかかせませんが、鉄剤の過剰摂取は消化機能にダメージを与えて逆に栄養を摂取にくくしてしまうリスクもありますので、子供の場合はできるだけ食事から鉄分を摂取させ、貧血の改善を心掛けていきましょう。

子供の貧血改善に効果的な食べ物

貧血の改善には、鉄分の多く含まれている食材を食べればいいのですが、鉄分は体に吸収しにくい栄養素。そのため、ただ鉄分の多い食材を摂るだけではなく、効率よく吸収できるように工夫をしたり、吸収を妨げる要因を排除したりして、摂取効果をあげることが大切です。

子供の貧血改善に必要な栄養素&食べ物

鉄分は動物性食材や植物系食材といった、さまざまな食品から摂取することができます。

鉄を多く含む食材

大豆
  • レバー
  • かつおなどの赤身の魚
  • あさり、しじみなどの貝類
  • 牛肉(赤身肉)
  • 納豆や油揚げなどの大豆製品
  • ひじきなどの海藻類
  • 小松菜やほうれん草などの野菜
  • 切り干し大根などの乾物  など

鉄分には肉や魚など動物性食品に多く含まれるヘム鉄」と、野菜や大豆製品など植物性食品に多い「非ヘム鉄」の2種類があります。ヘム鉄の方が圧倒的に吸収率は良いので、貧血症状が強い時には赤身肉やカツオなどヘム鉄を多く含んだ食材を摂るのがおすすめ。

サツマイモ

ただし、鉄分の多い食材の代表格であるレバーは、過剰に摂取するとレチノール(ビタミンA)を摂り過ぎてしまいます。レチノールの過剰摂取は、脱毛、倦怠感、肌荒れ、食欲不振や嘔吐、下痢、睡眠障害、めまい、後頭部の激しい痛み、手足の痛みなどの症状を引き起こしますので、鉄分はレバーだけに頼らず、動物性と植物性両方の食材からまんべんなく摂るようにすることが大切です。

野菜や穀物などに含まれる非ヘム鉄は、ヘム鉄に比べて吸収率がおよそ1/5~1/6と低いのですが、ビタミンCを多く含む食材と同時にとることで、吸収率が大幅にアップします。特に、さつまいもなどの芋類は子供におすすめの食材。熱に弱いビタミンCがデンプンに守られるため、加熱しても壊れにくく鉄分の吸収率が高いのです。

鉄の吸収率を上げるビタミンCの多い食材

  • オレンジやレモンなどのかんきつ類
  • いちご
  • キウイ
  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • ジャガイモやサツマイモ  など

栄養の組み合わせだけでなく、フライパンや調理器具を鉄製品にかえれば、調理油や煮汁からも鉄分を吸収できますので、献立や調理方法を工夫し、意識して鉄分を摂っていきましょう。

鉄分の吸収を妨げる食べ物&飲み物

「頑張って鉄分たっぷりの食事を作っているのに、なぜか子供が貧血ぎみ…」ということもありますよね。この世には鉄分の吸収を良くする栄養素もあれば、鉄の吸収を妨げてしまう栄養素もあるのです。

鉄分の吸収を妨げる栄養素と食材

  • フィチン酸
    玄米、豆類の皮
  • シュウ酸
    ほうれん草、緑茶、ココア
  • 食物繊維
    海藻、きのこ、豆、果物、野菜
  • タンニン
    コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶
  • カルシウム
    牛乳、小魚
鉄分の多いほうれん草

ほうれん草は鉄分の多い食材ですが、鉄分の吸収を妨げるシュウ酸も多いという、相反する食材なのです。ほうれん草のシュウ酸は、茹でれば流れ出てしまうので、生サラダで食べるより、茹でた方が鉄をしっかりとれますよ。また、同じように鉄分の多い緑黄色野菜には小松菜がありますので、ほうれん草の替わりに小松菜を使うといった工夫をするのもよいでしょう。
タンニンは緑茶やコーヒーなどに多く含まれていますが、食後に緑茶を子供に飲ませることを習慣にしていると、子供の貧血が進む可能性が大きいです。緑茶は少なくとも食後30分は開けて飲むか、食事中は子供に水かほうじ茶などのタンニンが含まれない飲み物を飲ませて、鉄の摂取効率を少しでもアップさせましょう。

また、カルシウムや食物繊維は過剰摂取することで鉄分が吸収されにくくなりますが、子供にとっては大切な栄養素ですので、食べさせないようなことはせず、極端な「ばっかり食べ」をしないように気をつけて摂らせることが大切です。

私達の身体を作る栄養は、いくら体によい物でも、どれか一つだけを摂っていたのでは効率よく摂取できません。栄養は他の栄養と影響しあったり、助け合ったりして体の吸収力を高めることができますので、特に貧血などの栄養不足があるときはさまざまな食材からバランスよく、多くの栄養を摂取するように心掛けましょう。

子供の貧血とサプリメント

野菜スムージー

鉄剤と共に、貧血の改善に効果的だと期待してしまうのがサプリメントですね。確かにサプリメントは普段の食事にプラスするだけで、鉄などの不足しがちな栄養を手軽に摂ることができますが、2012年度のアメリカ小児科学会の報告によると、マルチビタミンを飲んでいる子供は飲んでいない子に比べ、鉄や葉酸、ビタミンAなどの過剰摂取のリスクが高かったそうです。

サプリメントはあくまでも栄養補助食品ですので、好き嫌いがあまりにも多かったり食が細かったりして、多くの栄養素を食事から摂れない子供には必要な場合がありますが、子供の栄養は基本的に食事で摂るのが安心安全です。子供の好き嫌いが激しく、食事から鉄分を摂れていないと心配な場合は、鉄もビタミンCも一度に摂れるスムージーを習慣にするなどして、できるだけ子供に美味しく鉄分たっぷりの食事を作ってあげて下さいね。

鉄分たっぷり!グリーンスムージーの作り方

  • バナナ1本は皮をむいて、冷凍庫で凍らせておきます
  • ホウレン草(又は小松菜)1/2~1株は軽く茹でて一旦水にさらし、固く水を絞っておきます
  • 1の凍ったバナナ、2のホウレン草、牛乳(又は豆乳)100㏄、蜂蜜をミキサーでよく混ぜたら出来上がり

※飲みにくい場合は、牛乳をパイナップルジュースとヨーグルト半々に変えると、酸味と甘みがでてほうれん草の臭いが気にならなくなり、子供にも飲みやすくなりますよ

生活を見直して家族で子供の貧血予防を!

貧血は怖い病気ではありますが、適切に治療をしていけば3~4ヶ月前後で回復する病気です。ただし、一度回復したからといって油断は禁物!同じような食生活などを続けていると、すぐに元の貧血状態に戻ってしまいますので、子供だけでなく家族全体の生活も一緒に見直し、家族で子供の貧血を予防していきましょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク