子供の薬の上手な飲ませ方に関する記事

子供の薬の飲ませ方/上手な与薬のポイントと注意点は?

子供の薬の飲ませ方/上手な与薬のポイントと注意点は?

子供の薬の飲ませ方を間違えると、薬嫌いの性格にもなりかねません。子供が嫌がる薬を、飲みやすく変える裏ワザを紹介します!

マーミーTOP  >  子育て  >  子供の薬の飲ませ方/上手な与薬のポイントと注意点は?

【子供の薬の飲ませ方】上手に飲み込ませるポイントは?

育児で避けて通れない子供の看病ですが、具合が悪くてご機嫌ナナメの子供に薬を飲ませるのは意外と大変です。
苦労して一口薬を飲ませてもすぐに吐き出されてしまい、がっくりするやら腹立たしいやらで、薬を飲ませることを諦めてしまうママも多いのではないでしょうか。

どんなに効果の高い薬であっても、飲ませることができなければ子供の病気は治りません。子供の身体のためには薬を使った適切な治療が一番ですから、諦めずに薬を飲ませる工夫をしていきましょう。
今回は子供が薬を嫌う原因に触れながら、子供の薬の飲ませ方についてご紹介していきたいと思います。

子供が薬を嫌がる理由

泣く女の子

子供は大人と違って薬は病気を治すために必要なものだと考えることはできず、「イヤ!」という感情のまま薬を拒否してしまいがちです。
子供は自分の考えを言葉で表現することが難しいので、子供の表情やしぐさから、薬の何が嫌なのかをしっかり読み取ることが大切です。

「口で説明してもわからないし…」と、子供を押さえつけて無理やり口をこじ開けて薬を飲ませることはおススメできません。「無理やり嫌なことをされた」という記憶が残ってしまうと、子供が薬全般を嫌いになってしまうケースも多いのです。
嫌がる子供に薬を飲ませる場合には、大人は子供がスムーズに薬を飲むことができるよう手助けをするつもりで、子供の心を理解することから始めましょう。

子供が薬を嫌がる主な理由

・苦味のある味が嫌い
・ザラザラした舌触りや喉の奥に張り付く食感が嫌い
・病気で飲み込むのがつらい
・薬を飲む理由がわからない
・親が必死になっているのが不審
・初めて口に入れるものは味がわからないので怖い
・無理やり飲まされたことがあるからとにかく嫌い

【薬の種類別】子供の薬の上手な飲ませ方

子供の薬といっても、その薬の種類によって飲ませ方は異なります。それぞれの種類に合った飲ませ方を事前に把握しておきましょう。

シロップ

スプーンに注がれるシロップ

いちごやバナナなど子供が好きな味付けをしてある甘いシロップ薬は、子供が比較的嫌がらない薬なのですが、独特な甘みやとろみを嫌がる子も多いようです。
シロップ薬はスプーンやスポイトなどで舌の奥に入れてあげると味を感じさせずに飲ませやすいのですが、薬杯から直接飲むことができるなら、水などで少し薄めてあげるといいですよ。

シロップ薬は変質しやすいので冷蔵庫に保管しますが、冷たい方が味を感じにくいので、飲む直前まで冷蔵庫で保管しておいて、ボトルをよく振って味を均一にしてから与えるのもおススメです。
多めに薬を飲んで具合が悪くなってしまった経験から薬嫌いになることもあるので、薬はキッチリを計量して、適量を与えるようにしてくださいね。

ドライシロップ

薬に甘みやフルーツの香りを付けて細粒・顆粒状に形成し、粉のまま飲むことも、水や食べ物に混ぜて飲ますこともできるドライシロップ。比較的子供に飲ませやすいタイプの薬で、小児用の抗菌剤の多くはこの種類です。
味に敏感な子供は苦味を感じて嫌がることも多いので、粉のままや舐めさせる場合には薬が口の中に残らないよう水を多めに飲ませてあげるといいですね。

水に溶いてシロップ状にする場合には、時間が経つと苦味が出てきますので早めに飲ませましょう。
薬嫌いの子供にはジュースやヨーグルトなどの食べ物に混ぜてごまかして飲ませるのがおススメですが、薬の種類によっては組み合わせると苦味が出る食材もあるので、事前にお医者さんに混ぜてもいいか確認をしておきましょう。

粉薬

粉状・顆粒状の粉薬は苦味のあるものが多く、ザラッとした食感を嫌がる子供は多いですね。
粉のままだと子供には飲み込みにくいですし、口の中で広がって味がいつまでも残ってしまうので、ごく少量のぬるま湯で練ってペースト状にして上顎や頬の内側に塗るか、オブラートや服薬用のゼリーに包んでまとめて飲ませるといいでしょう。

チョコレートシロップや練乳、ジャムなどの苦味を消せるような味の強い食材に混ぜるのも効果的ですが、子供が全量とれるように、混ぜ合わせる量は少なめにしておきましょう。
アイスクリームやシャーベットなどの冷たい食材も、薬の味を打ち消す効果がありますので、薬嫌いの子供に活用してみてもよいでしょう。

カプセル・錠剤

いろいろな薬

薬剤を固めた錠剤やカプセルコーティングしたカプセル状は粒が大きく、子供が飲み込みづらい薬です。こういった薬はとても苦いので、大きいからといって砕いたりしてはいけません
そのままゴックンできない場合には、多めの水で流し込んだり服薬用のゼリーをプラスしたりと、ツルンと飲み込めるような工夫をしてくださいね。

子供が薬を口に入れてなかなか飲み込まないと、コーティングが溶けて口の中に貼りついて強い苦みが出ますので、子供が薬を飲み込んだか確認をするようにしましょう。
薬によっては小さめに成形したものや、他の粉薬などで代用できる場合があるので、どうしても錠剤・カプセル剤は苦手な場合にはお医者さんに相談して薬を変えることも検討していきましょう。

漢方薬

作用が穏やかで、体質改善にも効果的な漢方薬を処方する病院が増えていますが、漢方薬の一番のネックは独特な苦みや薬臭さですね。
漢方薬は粉状のものが多いのですが、溶けにくいので少量のぬるま湯で溶きのばすか、レンジでチンして良く溶かしてから味の濃いチョコレートシロップやアイスなどに混ぜ込んで味や香りをごまかしましょう

味や香りがどうしてもダメな場合には、オブラートで漢方薬を小さく包んだものをコップに入れた水に沈ませてから、水ごと一気に飲み込むとツルンと飲み込めます。
量が多くて一度に飲み込むことができない場合は2~3回に分けて、無理なく飲み込めるように工夫をしてあげましょう。

子供に薬を飲ませる時の注意点は?

子供の薬の飲ませ方は様々ですが、飲ませる際に注意したいポイントをご紹介していきます。

主食などの嫌いになったら困る食材に混ぜない

子供は警戒心が強く、一度薬の苦味を感じてしまった食材を嫌いになってしまう可能性があります。薬は多くの食材に混ぜて使うことができますが、お米やうどんなどの主食や、嫌いになって困る栄養価の高い食材には混ぜない方が無難です。
子供の好物だからといって、主食などに薬を混ぜて使わないよう注意をしてくださいね。

事前に混ぜてはいけない食材の確認をしましょう

オレンジジュース

薬の種類によっては混ぜると苦味がでるものや、味が変質してしまう食材もあります。中には酸味の強いフルーツなど、組み合わせると薬の効果を打ち消してしまう食材もありますので注意が必要です。
子供が飲みやすくするために薬を食材に混ぜたい場合には、混ぜてもいいかどうかを医師に確認するか、処方箋にかかれた説明書をよく確認する習慣を身につけておきましょう。

薬を溶かす食材は量を控えめにしましょう

作った量が多くて子供が溶かしたものを食べ残してしまうと、必要な薬の量が摂取できない可能性があるので、薬を水や食材に溶き伸ばして使う場合には、水や食材を少なめにするようにしましょう。
子供に食欲がある場合でも、ヨーグルトやゼリーなどに薬を溶かす場合にはカップから少量を取り分けて、まず「薬を混ぜ込んだものが全部食べられたら、残ったものを与える」など、優先順位を守りましょう

水や食材に薬を溶かすのは直前に!

時間が経つと苦味がでたり、薬の効き目が落ちてしまうケースも少なくありません。粉薬などを水や食材に混ぜ込む場合には、子供に飲ませる直前に溶かしましょう。
溶けないお薬は無理につぶすと苦味が出る場合もあるので、その場合にはよく混ぜて、粒が沈殿しないうちに素早く子供に飲ませて下さいね。

いやがる時の無理じいは禁止!

具合が悪くて薬を飲み込むのがつらい時や、機嫌が悪くて泣いている時、薬を無理に飲ませてしまうと、子供にイヤなことをされたというトラウマが残り、今後、子供に薬を飲ませる際、更に苦労してしまうことになりかねません。
また、薬を嫌がって激しく泣いている時に無理に薬を飲ませると、気管に入ってしまう危険性もありますので、子供に薬を飲ませる時には焦らず、時間をおいて様子を見ながら再度チャレンジしてみましょう。

薬の準備を子供に見せないことも大事です

子供は警戒感が強いので、大人が薬を用意している様子を見ると「イヤなことをされる!」と不安になってしまいますので、薬の用意は子供に見えないところで準備しましょう。
薬に嫌悪感を持っている子供には「薬を飲もうね」よりも「病気を我慢していてえらいから〇〇あげようね」というように、モチベーションの上がる言葉をかけてあげるといいですね。

楽しい雰囲気を演出しましょう

子供にとって薬は美味しくもなく、苦く飲み込みづらい食べ物ですから、親が必死になって薬を飲まそうとするよりは、薬が飲めたらたくさん褒めてあげて、「薬」=「イヤな物」という苦手意識を取り除いてあげましょう。
薬に不信感を持っているようであれば、サプリか何かをつかって「ママも飲むよ」とお手本を示してあげて、薬が嫌なものではないことを楽しくアピールして子供の薬嫌いを防ぎましょう。

薬を飲む時間は厳密じゃないとダメ?

食後の薬

薬には「食後に飲むもの」「食間に飲むもの」などと飲み方が指定されていることが多いものですが、具合が悪くて食事がとれない場合や、眠っていて食事の時間がズレてしまうことも多いですよね。
時間が空きすぎたからといって、慌てて2回分を飲ませると薬の効き目や副作用が強くなってしまう場合もありますので、絶対にやめましょう。
薬の種類によって、飲み忘れた場合の対処法が異なることがありますので、薬を処方された時点で、薬剤師や医師に相談しておきましょう。

子供の薬、こんな飲ませ方してます!ママの知恵

夏海
31歳

A凍らせて味を感じさせないようにします

うちの子は粉薬が大の苦手。そのため、練乳に粉薬を混ぜてから、冷凍庫で凍らせてあげてます。凍ると甘みは残っても薬臭さは感じにくくなるようで、喜んでとは言いませんが、病気の時の甘いご褒美のつもりでいるようですよ。

練乳は製氷用のお皿を使ってもいいのですが、ウチではカップゼリーの殻を使います。カップゼリーの殻を洗ってとっておいて、そこに練乳と薬を入れて軽く混ぜて凍らせれば冷凍庫で邪魔になりませんし、容器から外すのが楽でおススメです。

トマトマ
28歳

Aお兄ちゃん効果で苦手を克服

ウチの5歳になる長男は、小さい頃からお薬が大っ嫌いでした。錠剤はもちろんドライシロップも嫌がることが多かったのですが、ある時、2歳になる妹がシロップを飲むのを嫌がっている時に「お兄ちゃんみたいに飲むんだよ!」と見本を見せてくれました。

あまりのお兄ちゃんぶりにビックリしてたくさん褒めてあげたのですが、それ以来、自分が病気の時に苦手な錠剤もスムーズに飲めるようになり、とても助かっています。
子供の成長する時期もあるのだと思いますが、褒めることってとても大事なのだと実感しましたね~。

いちじく
30歳

A専用のりんご味のゼリーで飲ませています

3歳の娘はとても用心深くて、初めて食べる食材にはうんと抵抗しますし、舌触りが悪い物が苦手なので、やっぱり粉薬を飲ますのは大変でした。
オブラートも味のないものが喉に張り付くのが嫌らしく吐き出してしまうので、薬局でススメられた「お薬上手拭くゼリーりんご」を使ってみたところ、スムーズに薬を飲んでくれるようになりました。甘すぎないりんごの味が爽やかですし、少量パックなので無駄なく使い切れるのもいいですね。

飲ませ方はまずスプーンにゼリーをとり、真ん中に薬を振りかけてからその上にゼリーをのせる、サンドイッチ式が一番いいですよ。ゼリーに薬を混ぜてしまうと味が変わって子供が嫌がるので、気を付けて下さいね。

お薬じょうず服用ゼリー りんご

お薬じょうず服用ゼリー    りんご 和光堂

上手な飲ませ方で子供の薬嫌いをなくしましょう

人間が生きていく以上、病気や怪我、それらの治療や薬の服用を切り離すことはできません。
幼児期はそういった一生の基礎を作る大事な時期であって、幼児期に医療や薬に対する嫌悪感を持ってしまうことはとても大変なことです。子供に無理強いはしないで、子供が自分から薬を飲むことができるように工夫をしてみましょう。

薬に対する好き嫌いは子供によってちがいますが、薬を飲まないことを悲観する必要はありません。子供はどんどん成長していきますので、理解が進んでくれは「薬」=「体に良い物」と見方が変わって、しぶしぶでも自分から飲むことができる日はきっと来ます。それまで諦めずに薬を飲むことをサポートしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ