子供が熱を出した時のお風呂に関する記事

子供が発熱…お風呂はOK?見極めポイントと入浴時の注意点

子供が発熱…お風呂はOK?見極めポイントと入浴時の注意点

子供が熱を出したらお風呂はどうする?入浴NGの見極めポイントや入浴時の注意点を押さえておきましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  子供が発熱…お風呂はOK?見極めポイントと入浴時の注意点

子供に熱が…お風呂に入れても大丈夫?入浴時の注意点は?

子供は何日も高熱を出し、例え熱があっても元気なケースも少なくありませんよね。親としては、汗疹やおむつかぶれになる前にお風呂に入れてあげたくなりますが、「無理に入浴することで余計に体力が奪われてしまうのでは…?」と心配になってしまう方も多いはず。

子供の発熱時にお風呂に入れる基準入浴させるときの注意点をご紹介します。また、お風呂以外で子供の身体をスッキリさせる方法にも触れていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

熱がある時はお風呂を控えるべき?

目が虚ろな熱気味の赤ちゃん

親世代の方は子供の頃、「熱がある時はお風呂に入ってはダメ」と言われた経験のある方が多いかもしれませんね。昔は銭湯を利用していたり、シャワーがなかった時代であったため、湯冷めや高温のお風呂で体力を消耗する心配から、「熱がある時はお風呂を控えるように」と言われ、日本ではその習慣が根付いていました。

しかし、最近では熱があっても、子供の状態や入浴の仕方次第では短時間の入浴は可能とする医師も多い傾向にあるようです。

まずは子供の状態をチェック!

子供に熱があってもお風呂がOKかどうかを見極めるためには、まずはお子さんの状態をチェックすることが大切です。子供に熱がある時にお風呂に入れてもよいか、見分けるポイントをご紹介します。

熱が38度以下か

中には平熱が37度を超えている子がいたりと、体温には個人差がありますが、お風呂に入れる前に熱を計り、38度以上の高熱がある場合は、例え子供が元気な様子であっても入浴を控えましょう。
特に、発熱の症状が数日続いたり、息苦しい様子であったりする場合も注意が必要です。

元気で食欲があるか

体調が悪くぐったりしている子供

38度以下の発熱で元気があり、子供の機嫌がよい場合はお風呂に入っても問題ないようです。ただし、もし微熱であっても、いつもより元気や食欲がなく、ぐったりしているような場合は入浴を控えた方がよいでしょう。

悪寒はないか

悪寒があると、今後、熱が上がる可能性が高いです。温めるためにお風呂に入れてあげたくなりますが、熱が上がり過ぎて、入浴で体力を消耗してしまう可能性があるため、熱が上がりきるまでは微熱でも入浴を控えましょう。

解熱剤を利用していないか

芝生で匍匐前進する元気な子供

解熱剤の利用なしで熱が安定していれば大丈夫ですが、解熱剤を利用して一時的に熱が下がっている場合は、まだ熱が上がってくる可能性があります。そのため、解熱剤を服用している場合には、入浴は控えておくことをおすすめします。

湿疹や外傷はないか

発熱以外にも湿疹やとびひなどの外傷がある場合は、微熱であれば入浴してもOKですが、雑菌の侵入を防止するためにも、できれば一番風呂に入れてあげることをおすすめします。とびひは傷からうつる可能性があるのでも家族に同じような年齢の子供がいる場合は、湯船に浸かるのを控えることも考えて下さい。一番風呂に入るのが難しいのであれば、患部をこすらないように気をつけながら、シャワーでの短時間の入浴で済ませるようにしましょう。

子供に熱があるときの入浴の注意点

子供の発熱時は、免疫とウイルスが体の中で戦っている状態で、元気そうに見えてもいつもの状態と比べて体力が低下しています。子供が発熱したとき、お風呂に入る場合は細心の注意を払いましょう。

ぬるめのお風呂かシャワーにする

熱がある時に熱めのお風呂に長湯すると体温が上がりすぎてしまいます。37~38度くらいのぬるめのお風呂にするか、シャワーで短時間の入浴にしましょう。ぬるめのお風呂に入浴した場合は、寒くならないように水気をふきとったらすぐに服を着せてあげましょう。

脱衣所や浴室を事前に温めておく

脱衣所も風呂場も暖められている旅館

脱衣所と浴室に気温差があると、お風呂上がりの肌が外気に触れたとき、皮膚の表面から体温が奪われてしまいます。そのため、子供の身体が湯冷めしないよう、事前に脱衣所や浴室を温めておくことも大切です。また、気温が低い秋冬の時期は、昼間に入浴するのもひとつの方法です。

ほてりがある時は冷ましてから服を着せる

熱めのお湯に長湯してしまった時など、しっかり温まってほてった状態のままだと、すぐに服を着せると身体に熱がこもってしまいます。汗をかいて逆に湯冷めしてしまう原因にもつながってしまうので、暖かい場所で肌着を着せるかバスタオルを羽織らせて、ほてりを冷ましてから服を着せるようにしましょう。

しっかり髪を乾かす

素敵な笑顔で見つめる子供

お風呂に入れた後に髪が濡れたままの状態でいると、湯冷めして熱の症状を悪化させてしまう恐れがあります。洗髪しても大丈夫ですが、入浴後にすぐドライヤーでしっかり髪の毛を乾かすようにしましょう。

水分を大目に摂らせる

子供に熱がある時は汗をかきやすく、脱水症状になりやすい状態になっています。入浴後は意識してスポーツ飲料や経口補水液などを飲ませて、たっぷりと水分補給をさせるようにしましょう。

スッキリさせるだけならお風呂以外の方法も

熱が下がり公園で元気に走り回る子供

子供の高熱が続いてお風呂に入れない時、そのままの状態にしておくのはやっぱり可哀想ですよね。そんなときは、お風呂以外の方法で子供の体をさっぱりさせてあげるようにしましょう。

温かいタオルで体を拭く

温めた濡れタオルで体を拭いてあげるとさっぱりします。体の熱が奪われて寒くならないよう、素早く拭いて服を着替えさせてあげましょう。

足湯をする

全身はお風呂につかれなくても、バケツや桶にお湯を張って足湯をすると体の芯がぽかぽかします。お湯がさめないようにさし湯をしつつ、10分くらい足湯をするとよいでしょう。冷えやすい冬場におすすめです。

寝具・パジャマをこまめに交換する

パジャマや枕カバー、シーツなど連日汗をかいたままでは汚れが気になりますよね。お風呂に入れなくても、こまめにパジャマや寝具を清潔なものに交換するとスッキリします。

ショコラ
30代前半

A熱めのおしぼりで汗を拭く

うちの娘は心臓に疾患があり、何度か入院したことがあります。入院中は1週間くらいお風呂に入れないこともザラだったのですが、その時はいつも熱めのお湯を固く絞ったおしぼりで身体を拭き、水のいらないシャンプーを使って髪の毛をスッキリさせていました。

その経験から、熱が出たときも熱いおしぼりで体を拭き、水のいらないシャンプーで髪を洗ってふき取っています。その後、新しいパジャマに着替えさせています。発熱時は汗をたくさんかきますが、この2つの方法で子供もさっぱりするみたいです。あせもも気になるので、お風呂に入れなくても汗の始末はしっかりと行っています。

ぷっちょ
35歳

A足湯だけでもスッキリするようです

4歳の娘と6歳の息子のママです。二人とも、風邪を引いて熱が少しでもある場合は基本的にお風呂には入れません。その代わり、固く絞ったタオルで汗を拭いたり、足湯に浸からせるようにしています。(高熱やグッタリしている場合、無理はさせませんが…)

足湯に浸からせるときには暖かいお茶などを飲ませながら、上半身を暖かくして、お湯には普段から入浴剤として使っている温感効果のある粗塩を入れてあげています。足湯効果が出ているのか、微熱程度だと熱が下がるのも早いような気がします。子供たちもリラックスできるようで、浸かったあとは寝つきも良いですよ。

子供の様子を見て臨機応変な対応を

子供を入浴させられないことで、あせもや湿疹の悪化が気になるという方も多いですが、大切なのは子供の体調を悪化させないことです。「お風呂に入れても大丈夫かな…?」と、少しでも気にかかることがあれば、ひとまず安静にして入浴は避け、お風呂以外の方法でスッキリさせてあげましょう。
また、自分の判断では心配という場合には、病院を受診した際に医師の指示を仰ぎ、その上で適切なケアを行ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク