子供の咳が長引く時は病院へに関する記事

【子供の咳が長引く】病院受診のタイミングと咳の原因15

【子供の咳が長引く】病院受診のタイミングと咳の原因15

子供の咳が長引く体験談を集めたところ、予想以上に悪い結果が…。「セキを侮れない」と親として身が引き締まるエピソードです!

マーミーTOP  >  子育て  >  【子供の咳が長引く】病院受診のタイミングと咳の原因15

【子供の咳が長引く】先輩ママの病院受診タイミングと対処法15

子供の咳が長引くと心配になりますよね。特に秋は一年で最も咳が増える季節ですし、冬はインフルエンザなども流行り、秋に流行するはずのマイコプラズマ肺炎は温暖化のためか春から夏にも見られるようになりました。さらに、「咳なんて…」と放置すると、命の危険がある場合も…。

こちらでは、熱ありでも熱なしでも侮れない子供の咳が長引くときに、15人のママ達がどのタイミングで何科の病院を受診し、その結果どのような治療をし、咳が治まるまでにどれくらいかかったか、また咳が治まらない間ご家庭でどのような対処をしていたかをご紹介します。ぜひ参考にして早めの対処を心がけましょう。

Q子供の咳が長引く様子や原因、対処法を教えて!

3姉弟ママ
29歳

A小児喘息だった長女

2歳頃から、風邪をひいては咳が長引く体質だった長女。体質だといわれていたこともあり、微熱や発熱がないような軽い風邪でも咳が2日以上続く場合にはまめに小児科へ行き、薬をもらっていました。長女が3歳になる前に次女が生まれたため、まだ小さい次女を連れて小児科へ行くのは気が進まず、市販薬でしのぐことが多くなりました。

3歳になってすぐの冬の初まりに風邪をひき、嫌な咳が出始めました。翌朝すぐに受診しましたが、かかりつけの先生には『大きな病院を紹介しましょう』と言われ、半信半疑で紹介された病院へ向かいました。小児喘息という診断に加え、長女の片方の肺は白く曇ってしまい、ほとんど息が吸い込めていないと言われ、そのまま1週間の入院。

本格的な喘息の発作はこのときが初めてで即入院、咳以外は悪いところがなさそうな長女の体がそんなことになっていたなんて、驚きと共に親として申し訳ない気持ちでいっぱいだったことを思い出します。

症状を出さないことが完治への近道、ということでその後約2年薬を飲み続けました。体質や環境、成長に伴うものなどあるかとは思いますが、長女の喘息の発作はその後ほとんどなくなり完治しました。

みみのみ
30代後半

A咳と鼻水にご注意

子供が1歳半くらいの時のことです。はじめは鼻水でした。白い色だったので油断していたら、咳が出てきました。熱はでないので1週間ほどそのまま様子を見ていたら、鼻が黄色くなってきて咳込みが激しくなってきました。なんとなく、ゼイゼイ言っているようにも感じ、小児科に行きました。

小児科医では「鼻風邪かね」ということで、鼻水の吸引、5日分の抗生物質、さらにムコダインとアスベリン、ポララミンを処方されました。薬を飲み始めて黄色い鼻水は収まり、咳込もだんだん落ち着いてきました。が、寝起きなどにせき込みます。耳をしきりに触るので耳鼻科に行ったところ、滲出性中耳炎にもなっていました。

のちに、アレルギー検査もしてハウスダストが陽性反応。抗アレルギー剤の服用と布団の掃除機掛けをこまめにするようにしたら、1週間ほどで咳が治まりました。

tomo
43歳

A子供の咳が治まらず小児科と耳鼻科の両方受診しました

我が家には幼稚園年長の娘がいるのですが、発熱はしていないのに咳が長引く事があり、とても心配した事があります。咳は3日ほど続き、咳止めの常備薬で様子を見ていたのですが、一向に良くならない為かかりつけの小児科に行きました。病院では風邪との診断を受け飲み薬を処方されました。

薬を飲むと病院に行く前よりは咳の回数は減っていきましたが、夜になると鼻が詰まる感じで、苦しそうに咳き込んだりしていたので一度耳鼻科の方も受診してみようと思い娘を連れて行きました。耳鼻科では鼻や喉を診察してもらい、痰を出やすくし鼻の通りを良くしてくれる薬を4日分ほど出してくれました。

先生には2~3日薬を飲んでも改善しないようならもう一度受診して下さいと言われましたが、処方された薬を飲みきる頃には咳も徐々に治まり、夜もぐっすり眠れるようになったので一安心しました。結果的に耳鼻科の薬が効いたのかなと思いますが、肺炎などの心配もあるので小児科も受診しておいて良かったと思っています。

たろまろ
40代前半

A部屋の乾燥対策は万全に

秋から冬時期は、息子がよく幼稚園や学校で風邪菌をもらってきていましたが、この冬は特に咳だけがなかなか止まりませんでした。風邪の症状だと思っていたのですが、幸い熱もなく、ただ喉がいがらっぽく、何かつっかえた感じになるのか咳をよくしていました。

1週間後ぐらいに別の病気なのではないかと思い病院を受診しましたが、特に問題もなくトローチをもらって帰りました。それでも咳が止まることもないので市販の風邪薬を試していましたが、咳をするときは市販ののど飴や、はちみつレモンを作って飲ませ、喉を潤すように心がけていました。

部屋の中の乾燥が原因の一つではと考えていたので、寝るときは塗れタオルを部屋にかけておいたり、加湿器を使うようにして部屋の湿度を一定に保つよう、湿度計を随時チェックしたりして2、3週間ぐらいでおさまってきました。冬場など使う部屋によっては湿度が違うので、子供部屋は特に注意するようになりました。

さくら
40代前半

A薬を服用しても治らない…別の病院で「咳喘息」と診断

まずは、咳と鼻水が出始め風邪の症状だと思いました。まだ病院は受診しなかったのですが、その後発熱したのでこのタイミングで病院に行きました。咳の出始めから3日くらい経過していました。そして一般的な風邪の薬を処方されたので5日間きっちり服用しましたが、咳が収まりませんでした。

日中は少なくなるものの朝晩(特に寝入るときと明け方)にひどくなり、本人も苦しそうだったので再度同じ病院を受診。そしてまた同じ咳止めを処方されました。

でもやはり収まらないので翌日に大きな病院を受診すると『咳喘息』と診断され、その場で吸引してもらい楽になったところでぜんそく用の薬を処方されました。それで治りました。

医者に診てもらう子供

あちこ
30代後半

A病院に行くタイミング

子供が4歳の頃、風邪気味だったのですが、様子を見ようと病院には行かず様子をみていました。夜になっても特に熱もなく、元気でもあったので様子みて早めに床につかせました。夜中に咳が出始めてまったく止まる様子がありませんでした。とりあえず座らせて背中をさすってみましたが一向に止まらず我々もびっくりしました。

以前に購入していた咳止めシロップを飲ませて、深呼吸させて少し収まりました。翌朝になったらかかりつけのお医者さんへと思っていましたが、翌朝になると特に咳も出ていなかったのですが病院へ。

結局咳止めをもらって事なきをえましたが、子供の場合実際ひどくなるのは夜中が多いためタイミングを逸す事が多いなぁと実感しました。

さこ
37歳

A季節の変わりめ

今年の5月頃、昼間は暑い日が続いたのですが朝晩は寒く、油断して扇風機をかけたまま寝てしまったのが原因でした。咳は大体2週間程続いたと思います。咳が出て2日目に病院に連れていって、喉に軽い炎症があるので風邪だろうとのことで咳止めをもらいました。

その晩に38度位の熱を出しましたが、次の日の朝には下がっており、本人はとても元気でした。咳は日中はそれ程ひどくなかったんですが、夜になるとひどくなり何度も咳こんでたので、常に空気清浄機をかけてました。後、寝る前にだけ咳止めを飲ませるようにもしていました。

まえまる
40代前半

A結核を疑われて登校を見合わせることに。

息子が小学校高学年の頃のことです。もともとには軽い喘息があり、季節の変わり目や台風の接近などになると咳の症状が出ていました。

ある日も咳が出始めたので、「今回も気候が落ち着けば」自然と治まるだろうと思って様子を見ていたのですが、10日過ぎても治まらず微熱が出てきたために「肺炎を起こしているかもしれない。」と、近所の医院(学校の校医さんでもありました。)受診しました。

すると、結核を疑われ痰の検査をするから結果がわかるまでは学校を休ませたほうがいいと言われてしまいました。結果は陰性で投薬治療で治まったのですが、子供が大きくなってきたから大丈夫と高を括ったことを反省する経験となりました。早い受診にこしたことはないですね。

ぴかりん
30代後半

A咳止めをのみました。

子供の咳は2週間ほど続きました。ただ、2週間続きましたが、ひどく咳き込むようなことはなく、夜中も咳き込んで眠れないというようなことはありませんでした。2週間咳が続いたら受診を、と何かで読んだので、2週間過ぎて小児科に行きました。熱は出ませんでした。

肺炎や呼吸器の病気を心配しましたがそのような診断ではなく、咳止めを処方されて「様子をみて」とのことでした。治療は、咳止めをきちんと飲むことでした。出されたお薬が飲み終わる頃には(3日分)咳は治まりました。

モモママ
32歳

A長引く咳き注意!うちの場合入院に…

2月中旬に我が家の生後5ケ月の娘が2~3日前から咳が続いてて、かかりつけの病院連れて行きました。「単なる風邪でしょう」と言われ、咳き止めシロップをもらいました。3日後、一向に治る気配はなく熱まで出だして(40度)咳がコンコンからゴホゴホにかわりました。

そこで再び病院へ行くと「風邪でしょう」と、今度は咳き止めシロップと座薬をもらいました。次の日、咳き込んで痰がからみゴホゴホからゲボゲボに変わったので、再び病院へ行くと医者から「手におえないから大きい病院へ行って下さい」といわれて、市民病院で検査をしたところRSでした。

即入院しましたが、RSにはとくに薬はなく吸入だけで熱が下がるのを待つこと5日。熱が下がらないのでレントゲン撮影をすると肺炎をおこしてました。熱がさがらない原因がわかりました。せきこんだときにウィルスが肺にいったようです。すぐ処置してお薬飲んで、結局2週間入院しました。

それでも咳はひかないで、コンコンたまにゲボゲボ・・が続き、その後も2ヶ月咳はとまりませんでした。その間ずっと喘息にならないように薬飲んでました。咳からはじまるRSは怖いです。

みゆみ
30代後半

A咳の原因はRSウイルスでした。

娘が1歳の時に、3日程咳が続いて熱が上がったので受診すると風邪と診断されました。次の日になっても全く熱が下がる様子もなく、咳はどんどん酷くなっていったので、再び受診するとRSウイルスの検査をされ陽性でした。総合病院に入院するように言われ、すぐに入院して吸引や点滴治療を受けました。

1週間入院した後もしばらくは咳が治まらず、通院しながら咳が完治するまでに1ヶ月くらいかかりました。家では加湿器を置いて空気を乾燥させないようにしたり、掃除もしっかり行うように心掛けました。

マスクをした子供

テラジ
30代後半

A咳の原因はクループ症候群だった息子

最近の出来事です。朝から元気でしたが少し咳をしていました。それでもたまにゴホゴホと咳をする程度で、部屋の中で元気に遊んでいましたので、私たち夫婦も様子をみて昼から子どもの好きな電車にでも乗りに行くか?などと話していたくらい軽い咳だったのですが、1時間2時間と経つうちに咳がどんどん悪化。

昼頃になるとついに咳き込みがひどく、急に咳の音もオットセイの声のような聴きなれない音になり、立て続けに咳が出るので呼吸も苦しいのか泣き出す息子。日曜日だったので慌てて大きい病院の救急窓口に連れて行きました。

すると、待合で待っている間に息子の咳を聞いた看護師さんが”この咳は”と思ったようで、すぐに診察へ。医師もこの咳は怪しいとレントゲン指示を出され。撮影すると気道に炎症が起きていて閉塞している部位があり、それで呼吸がしづらくなり変な音の咳をしていると言われ、すぐに点滴と吸入の処置。クループ症候群と教えられました。

放っておくと夜間などに急激に悪化し、呼吸困難で危なくなることもある咳だそうです。早めに受診したおかげで気づくことができ、処置室での処置でなかなか軽快しなかったので入院となりました。

閉塞部位の炎症がとれるまで酸素の値が低い日が3日ほど続き、夜間は呼吸状態が悪化するので酸素を足してもらっていましたが、おかげで4日目には元気になり退院できました。

ピーまま
33歳

A子供のようすをよくみる

幼稚園児二人のママです。うちの子供は咳喘息と診断されたこともあり、風邪で熱がなくても咳だけ出ることがよくあります。ハウスダスト、花粉、煙、気温等、様々な原因で咳がでてしまうことがあります。子供なのでマスクもずっとつけていることができず、もろに吸って症状がでてしまう感じです。

場所を離れて咳がおさまればいいのですが、違う環境の場所に移動しても咳が続いてなおらないようなことがあれば、かかりつけの小児科にいきます。薬は気管をひろげる張り薬と、アレルギー反応を弱める薬と、咳の薬をいつもだしてもらいます。

薬を飲んでから一、二日ぐらいで効いてきます。咳がとまらなくなってしまった場合は自力ではなおりにくいと思うので、心配ならすぐに病院で診察してもらった方がよいと思います。

たんぽぽ
32歳

A咳が1ヶ月以上続きました。

子供がコホコホと咳をしていたのですが、保育園に通っていて咳や鼻水位はよくあることだったので様子を見ていたのですが、一週間たっても咳だけをコホコホしていたので、病院を受診して風邪でしょうとのことでお薬を頂きました。

しかし、お薬をもらっても咳はよくならず、夜中に咳き込んで吐いてしまう程でした。同じ病院に3回程通ったのですが咳がよくならなったので、別の病院を受診しました。レントゲンなどもとられて、気管支炎だと言われました。

前の病院でもらっていたお薬をみせて、新しい病院では胸のところにはるシールみたいなものを頂きました。そのシールを張って寝ると、今まで夜中咳き込んで吐いていたのがせき込まなくなり徐々に良くなっていきました。

どんちゃん
30代後半

A子供のひどい咳で病院に行きました

我が家には二人の子供がいます。いずれも2歳位から小学校の低学年位までが咳の症状がひどく、お医者様には喘息の気があると判断されていました。そのためちょっと酷い咳が出ると、即日病院に連れて行きお薬の吸引で対応。

そして5日分程度の飲み薬とホクナリンテープで対応していました。大体それらの対処をすると5日ほどで咳が収まりますが、自宅でも加湿器使ったりマスクをさせたりして、極力のどが乾燥しないように気を付けていました。そんな症状も小学校の中学年に上がる頃から2人とも落ち着いて、今ではほとんどなくなりました。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事に関連した特集ページ