オキシトシンの効果とはに関する記事

オキシトシンの効果とは?陣痛や育児に役立つ幸せホルモン

オキシトシンの効果とは?陣痛や育児に役立つ幸せホルモン

オキシトシンの効果は、多岐に渡りますが、出産時に陣痛を促進させ、産後の授乳期には、体に母乳を作る指示を与えるなど、特に女性にとっては重要な役割を担っています。オキシトシンを上手に分泌させて、出産や産後の育児を楽しく過ごしましょう!

マーミーTOP  >  子育て  >  オキシトシンの効果とは?陣痛や育児に役立つ幸せホルモン

「オキシトシン」の効果がすごい!出産・子育てへの上手な活かし方

「愛情ホルモン」と称されるオキシトシンというホルモンを知っていますか?もしかすると、ネットで様々な情報を調べているうちに、どうやらすごいホルモンだぞ?と知ったママもいるかもしれませんね。

オキシトシンは、妊娠や出産・子育てと密接な関係があるホルモンで、上手に活用すれば、ママもお子さんもみんながハッピーになる鍵となりえます。

オキシトシンとは、一体何なのでしょうか?どんな効果があるのでしょうか?今回は、オキシトシンの様々な効果について探ってみたいと思います。

オキシトシンとは?研究・実験が進む「幸せホルモン」の効果

赤ちゃんを抱っこしている笑顔のママ

オキシトシンとは、脳の視床下部というところで分泌される、ホルモンの一種です。人間を含めた哺乳類が分泌することができ、特にネズミなどは、分娩後にこのオキシトシンが分泌されることで、親ネズミが子ネズミに対して保護的な母性行動を引き起こすことが知られています。

人間においても、オキシトシンが分泌されると人への信頼感・好感情などが増すなどの実験結果があり(注1)、「幸せホルモン」や「愛情ホルモン」などとも呼ばれています。

現在、考えられているオキシトシンがもたらす効果には次のようなものが挙げられます。

  • 家族や恋人間の愛情が深まる
  • 親しい人への信頼感が増す
  • 不安や恐怖心を減らす
  • 痛みを和らげる
  • ストレスを緩和する
  • 体温を上昇させる
  • 免疫力アップ

オキシトシンは自閉症の治療薬にもなりえる?

オキシトシンの作用を研究して、医療面で活用していこうという動きも盛んに出てきています。例えば、自閉症や広汎性発達障害には、他者とのコミュニケーションが苦手で、信頼関係を築くのに困難を伴うといった症状がよく見受けられますが、自閉症のお子さんは、わずかながらにオキシトシンの分泌が少ないと指摘されています。

オキシトシンを点鼻投与することによって、対人関係への障壁やストレスを軽減できないか、研究が進められており、東京大学が行った実験では有効性が示されています(注2)。

まだまだ解明されていない部分も多く、治療薬としての実用化には時間がかかるものの、今後研究が進み、ホルモンの投与によって症状が緩和できれば、本人や親御さんの選択肢も大きく広がっていくでしょう。

現在、市販中のオキシトシンスプレーには効果がある?

海外では、オキシトシンスプレー点鼻薬が販売されています。自閉症や発達障害の治療目的とは限らず、精神的なリラックスやストレス改善のために購入する人も多いようです。

オキシトシンは、将来は日本でも一般販売されるようになるかもしれませんが、副作用も含めて、まだまだ研究・臨床中段階で、解明されていないところも多いのが現状です。

現段階では、オキシトシンスプレーの点鼻薬は、日本では無認可のため、医療機関でも処方はされていません。海外からの輸入販売によって入手はできるようですが、使用はあくまで自己責任です

妊娠中のオキシトンの効果!出産がスムーズに進む?

おなかの胎児の動きを感じている妊婦さんのイラスト

オキシトシンは、女性とも深く関わりのあるホルモンでもあります。実は、出産時に、子宮を収縮させ、陣痛を促すのは、このオキシトシンだからです。

妊娠36週を越え、正産期を迎えると、本格的におっぱいマッサージや乳頭マッサージをはじめてもよくなります。おっぱいを刺激すると、キューっと子宮が収縮することも多くなりますが、これもオキシトシンの作用と考えられています。

子宮収縮剤や陣痛促進剤にも、オキシトシンが含まれています(注3)。

オキシトシンは授乳や母体の回復にも効果あり!

先ほど、オキシトシンはネズミなどの哺乳類の母性行動を引き起こすと紹介しましたが、もちろん人間も出産後にオキシトシンが分泌さています。オキシトシンは、母乳分泌の促進と、母体の回復という2つの役割を担っています。

人間の身体は、赤ちゃんに乳頭を吸われると、脳からオキシトシンが分泌されて、母乳が出る仕組みになっています。産後すぐは、常に授乳中以外にもおっぱいが溜まっていてよくわからないかもしれませんが、数ヶ月経つと、胸の張りも収まり、赤ちゃんが吸っている時に一気に母乳が生成されている感覚がわかるようになると思います。この現象を、オキシトシン反射や射乳反射と言います。

授乳をすると分泌されるオキシトシンのおかげで、子宮も収縮が促されます。赤ちゃんに母乳をあげることは、一見体力を奪われてしまうようにも見えますが、実は反対にママの身体を妊娠前の状態に早く戻そうとしているのです。

思わぬ副作用も!ガルガル期はオキシトシンのせい?

赤ちゃんを抱っこしているママに相手にされず困り顔のパパ

赤ちゃんを他人に触られるのがとっても嫌に感じた経験はありませんか?お見舞いに来てくれたお義母さんに赤ちゃんを抱っこされたくない!取られる感じがする!という声をしばしば耳にします。その気持ちが極めて強くなり、周囲に対してイライラしてしまう時期が、いわゆる「ガルガル期」です。

実はこれも、オキシトシンの働きが影響していると考えられます。産後は、妊娠中以上にホルモンバランスが乱れます。母乳促進や子宮回復のためにどんどん分泌されるオキシトシンは、赤ちゃんへの愛情を深めてくれますが、同時に「赤ちゃんを守りたい!」という強い気持ちを生み出し、他者への攻撃性を高めてしまうのです

赤ちゃんが可愛いと感じるのは良いこと。ガルガルしているのは徐々に落ち着いてきますので、パパには事情を説明しておきましょう。

オキシトシンを増やす方法

オキシトシンには、他者との信頼関係を築いたり、妊娠中や産後の女性に嬉しい効果があることがわかりました。では、どのようにしてオキシトシンを分泌したらいいのでしょうか?

スキンシップ

オキシトシンを分泌するために、1番有効な方法は、スキンシップです。パパやお子さんたちと、ぜひ毎日ハグをしたり、手を繋いでみましょう。幸せな気分になったり、ホッとしたりするのは、気のせいではありません。肌と肌とが触れ合い、安心感が得られると、脳からオキシトシンが分泌されます。

タッチケア

ベビーマッサージをしている母親

タッチケアとは、触れることでオキシトシンの分泌を促して、痛みや不安感などを軽減させるというもの。昔、怪我をしたところをママにさすってもらうと、不思議と痛みが消えていったことはありませんか?あれもタッチケアの部類ですね。

ストレスフルになっている時には、ご夫婦で是非マッサージ代わりにタッチケアをどうぞ。椅子の背などにもたれて、相手の手のひらでアイロンをかけるように、中心から外側に向かって、背中をゆっくりと撫でてもらいましょう。

育児ノイローゼ、産後うつを防止!オキシトシンを分泌させる育児のコツ

育児は、楽しいことばかりではありませんよね?慢性的な寝不足、予想しない事態にパニック、一つ一つがわからなくてネットで検索など、実際はかなりストレスの多い仕事です。

そんな育児疲れを少しでも楽にしてくれるのが、オキシトシンです。育児はたいへんだけど、赤ちゃんが可愛いと思えるからこそ頑張れます。逆にいうと、赤ちゃんを可愛いと思えないと、ママはどんどんしんどくなります。オキシトシンがうまく分泌することは、育児ノイローゼや産後鬱の予防という観点からも大切です。

産後のママは、赤ちゃんと積極的にスキンシップをとってみてください。赤ちゃんを抱っこしたり、赤ちゃんを抱きしめると、ママは愛情ホルモン「オキシトシン」が分泌されます。オムツ替えのついでに、お腹や足をなでなでするだけでも構いません。

イライラやストレスが溜まったときこそ、赤ちゃんをギューと抱きしめてみましょう。

パパのイクメン化にも効果を発揮!男性もオキシトシンは分泌される!

笑顔の赤ちゃんを高い高いして笑っている若い父親

オキシトシンの効果は、女性だけのものではありません。男性もオキシトシンは分泌されます。

赤ちゃんが生まれて、日頃からお世話をしていると、男性ホルモンの象徴であるテストステロンの分泌が低下し、代わりにオキシトシンの分泌が盛んになるという説もあります。良い意味で、優しいパパ化していくのでしょう。

オキシトシンをしっかり分泌してもらうには、積極的な育児参加が必要です。関わりが深くなるほどにオキシトシンも増えていくので、この機会にパパに育メンになってもらいましょう!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ