突発性発疹と保育園への対応に関する記事

突発性発疹は保育園いつから良い?症状から登園日を見極めましょう

突発性発疹は保育園いつから良い?症状から登園日を見極めましょう

突発性発疹になったら保育園はお休みするべき?保育園に行っても大丈夫なタイミングや、家庭での対応を分かりやすく解説していきます。

マーミーTOP  >  子育て  >  突発性発疹は保育園いつから良い?症状から登園日を見極めましょう

子供が突発性発疹になったら保育園はどうする? 保育園登園について

最近は共働きや家庭の事情から、0歳児から保育園に預けているご家庭も多いですよね。突発性発疹は、一般的に母乳からの免疫が切れる生後6か月から1歳児に発症する赤ちゃんがほとんどで、まれに2歳前後になってもかかると言われています。突然、39~40度の高熱が3~4日続き、熱が下がるのと同時に背中やお腹を中心にポツポツと赤い発疹が現れてきます。
高熱が出ているにもかかわらず、赤ちゃんは普段通り機嫌が良く元気であることが多く、発疹も数日で治ることが多いのですが、治療法が特別ないために安静にして、自然治癒を待つのみですので、家庭療養が必要になってきます。

突発性発疹で保育園は休むべき?

熱のために頭を冷やしている赤ちゃんのイラスト

突発性発疹にかかった時に、「他の子供にうつるんじゃないかな?」と不安になって、保育園に普段通り通わせてよいか悩みますよね。厚生労働省が公表している保育所における感染症対策ガイドラインでは、突発性発疹になった場合の、医師の診断後に登園届けを書いてもらう際に、登園可能となる目安として「解熱後1日以上経過し、全身状態が良いこと」とされています。(注1)

突発性発疹の症状は、高熱とその後の発疹ですので、熱が下がっていれば発疹が出ていても、感染の可能性が低いことから、登園が可能とされているようです。
特別登園停止期間など定められていないため、感染による登園の見通しは専門医師と相談指示を仰いで決めることが良いですね。

突発性発疹の症状 進行のしかた

  1. 突然の高熱で、39度~40度くらい熱があがります。
    ウィルスに感染してからの発病するまでの潜伏期間は10日から14日程度とされています。
  2. 高熱は3~4日程度続きます。
    発熱の間、風邪のような重い症状には至らないことがほとんどで、熱が高くても意外と元気なことが多いというのが特徴です。
  3. 高熱が次第に下がると同時に、背中やお腹を中心に顔や手足を含め、全身に赤い発疹が出てきます。広範囲に広がることから、一見痒そうに見える発疹ですが、かゆみはありません。
    発疹は2~4日ほどで消えます。また発疹は跡も残らずにきれいに消えます。
  4. 感染者の1割ぐらいの子が合併症として熱性けいれんを発症するとされています。
    これはヒトヘルペスウィルスが中枢神経に感染することが原因でして、熱性けいれんの他に合併症として脳炎にかかる可能性もあります。

突発性発疹の原因

赤ちゃんに顔を近づける母親

突発性発疹の原因はウイルスへの感染で、そのウイルスはヒトヘルペスウィルス6型と、ヒトヘルペスウィルス7型です。感染経路としては、ヒトヘルペスウィルス6型またはヒトヘルペスウィルス7型の抗体を両親や家族が多く、抗体を持っていない赤ちゃんと接触(飛沫感染)することで感染します。主に唾液が赤ちゃんの口に入ることが原因となります。
また、感染力は強くないとされますが、保育園などで感染した園児の唾液のついた玩具などを触り、その手が口に入ることで間接的に感染する可能性もあります。
生後まもなくの赤ちゃんが突発性発疹を発症する理由としては、母親から生まれる際に引き継いだ免疫が、だいたい6カ月前後で無くなるために、ウィルスに感染しやすくなるためです。
一度感染すれば、免疫を得ることが出来るため突発性発疹は2度はかかりませんが、原因となるウイルスが2種類あることから、それぞれのウイルスが原因となる場合は、2回発症することもあります。

突発性発疹になったときの対応

食欲があれば、いつも通りに授乳や離乳食をあたえるようにしましょう。脂質やたんぱく質など消化に悪いものは熱がある時は控えるようにしましょう。また水分を多く含むものを摂るよう心掛け脱水症状を起こさないように注意が必要です。
発疹が出ている場合でも入浴は問題ありませんが、高熱の間は体力消耗も激しいので入浴は控えましょう。「お風呂に入ってうつらない?」。と心配になるかもしれませんが、突発性発疹がお風呂のお湯を介して感染するということはないので、熱がなく元気な場合はお風呂に入れてあげて下さい。
また、熱が下がれば外出可能ですが、熱のせいで体力を消耗している場合が多いので、外出も控えるようにしたほうが良いです。

家庭でのケアするときの注意点

哺乳瓶でミルクを飲んでいる赤ちゃん

家庭でのケアで一番注意しなければいけないことは、水分補給です。
突発性発疹に関わらず、熱が高い時には脱水症状が一番危険ですから、こまめに水分補給を心がけましょう。また、突発性発疹と同時に下痢を併発することが多いので、いつもより余計に水分補給する必要があります。先にも述べましたが、突発性発疹の発熱の場合、高熱のわりには元気なことがあり食欲もある場合がほとんどですから、そんなに急に脱水症状を訴えることはないはずですが、発熱でたくさんの水分が失われていますので、いつもよりも意識して水分を補給してあげるよう注意しましょう。

病院受診のタイミングは?

突発性発疹自体はそれほど心配のない病気ですが、高熱の原因はなかなか分かりずらいので、発熱が続くようなら専門の医療機関を受診しましょう。熱が出やすい赤ちゃんでも、発症月齢的に初めての高熱ということが多いので、安心するためにも一度病院での診察をオススメします。
一つだけ心配なこととして、高熱による熱性けいれんを発症する場合がありますので、慌てず冷静に対応しましょう。数分で治まる熱性けいれんはまず命にかかわることはありませんから心配いりません。ただし、念のために医療機関を受診しましょう。

病院での治療

病院で突発性発疹の診察を受けて泣きそうな赤ちゃん

突発性発疹は病気のなかでも軽度とされ、特別な治療方法は必要ありません。よって、専門医師による対処療法を行うことになります。熱による体力消耗が激しい場合などは、解熱剤が処方される場合もあります。
熱による脱水症状への対処や、発疹の苦痛を和らげるなどがありますが、基本的には自然治癒を待つのが一般的です。

突発性発疹に伴う合併症

熱性けいれん

急激な高熱によって引き起こすけいれんを熱性けいれんと言います。ほとんどのけいれんが5分以内に治まります。けいれんの症状自体に慌ててしまいますが、命の危険には至らないので冷静に対応する必要があります。
痙攣が10分以上続く場合や、短い時間でも痙攣を繰り返す場合などは、救急車をよぶことを検討しましょう。

脳炎

ヒトヘルペスウイルスに感染することによって、脳の中枢神経が障害を受け脳炎を発症する危険性があります。厚生労働省の検証結果から、小児期における脳炎の11パーセントが突発性発疹が原因となっていたと分かっております。
症状としては、長時間・繰り返す痙攣や嘔吐、不機嫌や嘔吐など様々で、特に意識障害なども現れるようです。

その他

決して多くはありませんが、劇症肝炎、血球貧食症候群、心筋炎、紫斑病など深刻な合併症を起こす可能性もあります。

保育園での対応

一般的に保育園からは、37.5度の熱が出ると保護者への連絡がきます。そしてそのまま熱が上がり38度以上になると、保育不可能になるために保護者に連絡、お迎えを依頼します。37.5度を目安に、登園を禁止している保育園もありますので、確認しておく必要があります。
突発性発疹にかかった後の保育園への登園は、基本的に解熱後1日を経過し食欲があって体調も良いことを目安にしましょう。熱が下がった直後ぐらいから発疹がでますので、発疹があっても保育所へ行くことは問題ありません。

家庭での対応

部屋の中で母親と遊んでいる子供

突発性発疹による発熱が、赤ちゃんにしてみると生まれて初めて高熱となることが多く、特に子育てが初めてのパパママの場合、どうしても慌ててしまいがちです。熱のせいで機嫌が悪かったり、激しく泣いたり、夜泣きが出る場合もあります。
突発性発疹による発熱のみでしたら、すぐ命に関わるということはありませんので、普段よりも体調の変化に気をつけてあげつつ、落ち着いて様子を見守ってあげて下さい。

突発性発疹の予防は?

突発性発疹にはワクチンがありません。よって予防接種もありません。熱性けいれんなどの併発に注意し、熱さえ下がれば経過が良好なことから、突発性発疹のための予防接種やワクチンはありません。水分補給と体を冷やしたりといった対処療法でケアしてあげましょう。
熱が出ている時には、飛沫感染の可能性が十分にありますので、家でおとなしく休ませてあげて、お友達と遊んだりといったことも、少しの間我慢させるようにしてください。

2歳以降はかかる?

生後6か月を過ぎた頃から1歳になるまでの間に発症する子がほとんどで、発症した赤ちゃんのうちに1歳未満の子が90%近いとも言われていますが、最近では発症する年齢が上がってきているという医師もおります。
1歳を過ぎて発症することもありますが、遅くても2歳前後までには発症します。まれに4歳での発症例もあります。
ヒトヘルペスウィルスは一度感染すると、体内で抗体がきることで、症状が出ない・治まったとしても、長期間体内に残り続けます。そのため、親や家族が赤ちゃんと接触することで、抗体を持っていない時期の赤ちゃんに感染し、突発性発疹を発病してしまいます。赤ちゃんに自然と抗体が付くのが2歳前後とされていることから、2歳までの発症数が多くなります。
ヒトヘルペスウィルスは6型と7型の2種類があるために、抗体ができる前に両方のウイルスに感染した場合には、突発性発疹を2回発病することもあります。

子供が突発性発疹になった時の保育園登園について

日本小児科学会では、突発性発疹の発症において「症状が回復したら登園可能である」としています。
ただし、登園開始に関しては保育園の方針によって基準が違います。熱が下がって元気であれば登園可能な園や、医師の診断の証明となる登園届けを必要としている園など様々ですから、園の方針に従って登園再開をする必要があります。
熱が下がっていても、発疹は出ていますし、体力も回復してなく元気が無い場合も多いので、可能であれば家庭の都合に合わせて、家でゆっくり休ませてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク