家族でできる目が良くなる方法に関する記事

小学生の目が良くなる方法!目薬/無料アプリ/食べ物15

小学生の目が良くなる方法!目薬/無料アプリ/食べ物15

視力が低下したお子さんの目が良くなる方法ご紹介します!毎日の食べ物や1日5分からのトレーニング、グッズや目薬も!?

マーミーTOP  >  子育て  >  小学生の目が良くなる方法!目薬/無料アプリ/食べ物15

小学生の目が良くなる方法!食べ物15種や目薬/本で視力アップ

眼鏡を掛けた小学生

就学前検診や、小学校の定期健康診断結果で「子供の視力が悪かった」「落ちた」と心配するママは、子供を眼科に連れて行き、「近視」と診断されメガネを勧められたら、がっかりしてしまいますよね。そのため眼科受診や眼鏡の使用を躊躇してしまい、さらに近視が進み、見えにくいことで注意力が散漫に…と悪循環を生んでしまうことがあります。ですから、お子さんのためには医師の診断に従い、まずはちゃんと見える状態にするのが先決です。

ですが、親心としては「なんとか視力を回復させたい」「何かできることはないの?」と思いますよね。そこでこちらでは、手術を行わず、食べ物、トレーニンググッズ、目薬、有名なトレーニング方法、アプリなどを使ってできる「目が良くなる方法」をご紹介します!ただし、効果には個人差もあり、どれも必ず良くなると言う保証はありません。あくまで補助的な方法として行い、基本は眼科医の指導に従いましょう

子供の目が良くなる食べ物15

まずは、目にいいとされている食べ物をお子さんの食生活に摂り入れてみませんか?栄養バランスのとれた食生活が一番なのは言うまでもありませんが、以下の食べ物は特に目に効くとされています。日々の食事に少しずつ取り入れるといいですね。

ブルーベリー、カシス

ブルーベリー

ブルーベリー、カシスに含まれるアントシアニンという成分は、CMでお馴染みの方も多いように、目の働きを良くして暗いところで良く見えるようにする、眼病を予防するなどの効果があります。ブルーベリーのアントシアニンには安定した抗酸化作用があり、目の老化を防ぐとともに、コラーゲンを安定させる作用もあるため、目の角膜や水晶体のコラーゲン合成も促進し、傷の回復も早めるそうです。

なお、摂取後4時間後に効果があり、24時間で消失すると言われているので、少量でも毎日摂取するほうが良いでしょう。

うなぎ、レバー

うなぎに含まれるビタミンAには、角膜(目をおおう透明な膜)や網膜(目の奥にある薄い膜)の働きを助け夜間の視力維持を助け、目や皮膚の粘膜の乾燥を防ぐ働きがあります。不足すると目がダメージを受けて視力が落ちてしまい、場合によっては失明することもある目にとっては非常に大切な栄養素です。

ただし、過剰に摂り過ぎることで、子供の場合は骨格の異常など、大人の場合は皮膚や骨、肝臓、中枢神経系への異常を引き起こすこともありますので、「ばっかり食べ」をしないように気をつけましょう。

にんじん、ほうれん草など緑黄色野菜

にんじん

にんじんやほうれん草などの緑黄色野菜には、βカロテンが豊富に含まれています。このβカロテンは必要に応じて体内で目に良いとされるビタミンAに変換されますが、油で炒めると吸収率が更にアップします。

また、高齢者に多い白内障や黄斑変性症を予防する抗酸化ルテインやゼアキサンチンという2種類のカロテノイド(天然色素)も含まれて、これらは網膜にも存在していて物をはっきりと見るには必要不可欠ですので、家族の目の健康のためにも是非、毎日たっぷりの緑黄色野菜を食卓のメニューに摂り入れましょう。

豚肉、たらこ

豚肉には、神経系の働きを活性化して、目の粘膜組織を作るのに必要なビタミンB1が豊富に含まれています。他にも、目の周りの疲れた筋肉を和らげる働きがありますので、「最近ゲームやテレビばかりで目が疲れている気がする」というお子さんには、ビタミンB1の豊富な豚肉料理で、眼精疲労を回復させてあげましょう。

ビタミンB1は豚肉の他にも、うなぎやゴマ、落花生にも豊富に含まれています。

サバ、サンマ、イワシ

イワシのフライ

お子さんの様子を見て「最近目が充血している…」と感じたら、ビタミンB2が不足している可能性があります。ビタミンB2が不足すると口内炎なども起こり易くなりますので、ビタミンB2が含まれるサバ、サンマ、イワシなどの食品を食卓に並べてみましょう。

サバ、サンマ、イワシになどの青魚には、ドライアイを予防し、視力改善や眼精疲労を予防するDHAも豊富に含まれています。特に秋が旬のさんまには、ビタミンAやビタミン12などの目に良い成分が豊富に含まれていますので、旬の時期にはぜひ美味しく食べさせてあげたいですね。

カリフラワー、いちご

これらの野菜や果物には、ビタミンCが多く含まれています。ビタミンCはお肌を美しくして風邪を引きにくくするだけでなく、抗酸化作用により目の老化を防ぐ効果があります。物を見るのに必要なピント調節に関わっている目の水晶体は、活性酸素により酸化するとドンドン固くなって調節機能が低下してしまいますが、ビタミンCの抗酸化力により老化(酸化)を防ぎ、調節機能を維持しやすくなります。

ビタミンCは水溶性の栄養素ですので、一度にドカッと摂っても、体外に流れ出してしまいます。毎日定期的に摂るように心掛けましょう。

納豆、山芋

ご飯にのった納豆

納豆や山芋などのネバネバ食品が体に大変よいことは、ご存知の方も多いのですが、これが目に良いことはあまり知られていないようですね。ところが、このネバネバ食品に含まれるムチンという成分は、粘膜を保護してドライアイを予防するのに大変効果的なのです。

ゲームやテレビ、パソコン、スマホと近年の子供達は目を酷使し、夢中になって画面を見続けることで瞬きの回数も減っています。こうしてドライアイになり、それが元で視力が低下している子供達も少なくありません。ネバネバ食品は粘り強い性格になる、納豆は頭が良くなるなどと言われる非常に優秀な食品ですので、毎日の食卓に一品加えてみてはいかがですか?

子供の目が良くなるグッズ

豚肉とブルーベリーはとりあえず食べさせてみたけど次はどうしたら・・・というママは、こんなグッズを試してみてはいかがでしょうか?

ピンホールアイマスク

カラフルなアイマスクの目の部分に小さな穴が5つ空いています。その穴から覗くと、自分で焦点を合わせることなく網膜にものや風景を映すことができ、メガネをかけたようにビントが合います。また、このアイマスクをつけた状態で目の体操を行うと、目の筋肉がほぐれて血流を促し、目の周りに酸素や栄養をいきわたらせることができます

子供の目の周りの筋肉はまだ柔らかく柔軟性があるので、ネミールを使ってピント調節のトレーニングを繰り返すことによって視力改善が期待できるそうです。

また、このアイマスクをつけても瞬間的な視力が上がらない人は、目の病気である可能性があり、病気の早期発見に役立つとも言われています。

ネミール®ピンホールアイマスク

ネミール®ピンホールアイマスク

株式会社 名和里商事

「どんどん目が良くなるマジカル・アイ」

市販の視力回復の本で、一日3分、目の焦点をずらして絵を見ると立体的に見ることのできる3D絵本です。少しコツが必要ですが、慣れてしまえば楽しんで遊びながら視力回復できるかもしれませんよ。

近視、乱視、老眼の改善に効果があると言われ、凝り固まった目の筋肉をほぐすことで本来の視力を取り戻せるという商品で、シリーズ累計550万部を突破しましたミリオンセラー商品です。価格も手ごろですが、何より家族で楽しめることが人気の秘密ですね。

「どんどん目が良くなるマジカル・アイ」

「どんどん目が良くなるマジカル・アイ」

宝島社

目が良くなる目薬?

手っ取り早く視力がアップする方法はないの?という方には、症状の程度によりますが、医療機関でこちらの目薬について聞いてみるといいかもしれません。

ミドリンM(参天製薬)、サンドール(日本点眼薬研究所)

目を使いすぎると毛様体(もうようたい)という目の中の筋肉が異常に緊張して、一時的に「近視」の状態になることがあります。こういった状態を「仮性近視(かせいきんし)」といい、一時的なものですが放置していると近視が進行する場合もあります。

そこで、緊張してしまった筋肉をリセットする効果のあるこの目薬を、仮性近視の治療薬として眼科で処方されることがあります。小児にも処方される場合もあるようです。詳しくは眼科を受診してください。

ジクアホソル(参天製薬)

視力が低下する原因のひとつにドライアイがあります。様々な理由で涙の量が減り、目の表面に傷が生じる病気です。これらを改善するために参天製薬から開発された目薬が「ジクアホソル(ジクアス点眼液3%)」です。NHK総合テレビの「ためしてガッテン」という番組で紹介されたので、ご存知のママも多いのではないでしょうか?

ただし、番組内では視力回復に効くとされていたようですが、本来はドライアイ治療が目的の目薬です。ドライアイで困っている、という方はもしかしたら視力アップも期待できるかもしれませんね。小児への使用の安全性は確立していません。詳しくは眼科を受診して相談してみましょう。

レバミピド(大塚製薬)

同じくドライアイの治療を目的に大塚製薬から開発された「レパミピド(ムコスタ点眼液UD2%)」という目薬もあります。目の炎症や角膜の修復効果があり、これもテレビで紹介されたため、一時期眼科にこれを求める患者が殺到したそうです。

この目薬で視力がアップしたという方もいるようですので、ドライアイのママは試す価値があるかも!?お子さんの場合は安全性が確立していませんので、眼科を受診して医師に確認してみましょう。

目薬での視力回復には賛否両論あり!

目薬

いずれの目薬も薬ですので、効果も期待できますが副作用もあります!また症状やお子さんの年齢によって処方されるかどうかは分かりませんし、医師の考えによっても賛否両論あるようですので、まずは眼科を受診して相談しましょう

実際に目薬を使って、小学生のお子さんの視力を良くしようとしたママの中には、こんな体験をした方もいます。ぜひ参考にしてみて下さいね。

ヒロコロ
40

視力回復目薬

小学2年生の娘が学校の検診でC判定をもらってきて、1年生の時はA判定だったのでその急激な視力の悪化に驚きました。
眼科に聞くと急激な悪化も珍しいことではないと言われ、最近では視力低下の年齢も下がってきているとのことでした。
視力回復の目薬を試しにさしてみようとのことで、しかしこの目薬はすべての人に効果があるというものではなく、数ヶ月続けてみて効果がなければ眼鏡にしようとのことでした。
また、この目薬は保険適用外の自己負担となり、毎日1回、就寝前にさすもので1本1700円程度(1ヶ月ほど使えます)かかりました。娘の場合、3ヶ月ほど試しましたが大きな効果は見られず、今は学校の授業中だけ眼鏡をかけるようにしています

子供の目が良くなるトレーニング法

子供の視力回復には、週末にお子さんと緑に囲まれた公園へ行って、サッカーやボール投げなど遠くや近くを見る遊びをするのが一番ですが、できるだけお金や時間をかけずに、自宅で簡単に遊び感覚でできる目のトレーニングもあります。

「視力回復トレーニング 緑の丸を目で追ってください」

画面上の緑の丸を目で追うだけ、という簡単なトレーニングです。ぼうっと見ていると画面全体を見てしまうので、できるだけ画面を大きくしてしっかり目を動かすほうが効果的ですね。
You Tubeの動画には「視力回復」という検索ワードを入れるとたくさんのコンテンツが出てきます。飽きないように色々試してみるのもおすすめです。

「たった5分でできるトレーニング」

テレビ番組などでも取り上げられているとても簡単ですので、ぜひためしてみましょう。この方法はゲームやパソコン画面ばかりを見ることで、衰えてしまった筋力を鍛えて視力をアップする方法です。

  • 顔は動かさず、目をぎゅっと強くつぶり、10秒間上を見る
  • 同じように目を強くつぶり、下、右、左と10秒間見るのを繰り返す
  • 自分の指の先で∞の字を書き、それを目で追うという事を3回繰り返す
  • 自分の指を奥から手前に動かしてそれを目で追うという事を3回繰り返す

視力がみるみる上がる3D視力回復アプリ

Sleepy Sound

「子供の目がよくなるグッズ」でもご紹介した「マジカル・アイ」のアプリ版といえます。様々な画像を、目を凝らしたり、目の焦点をずらしたりして見ると立体的画像が浮かび上がるというものです。小さなお子さんには少々やり方の説明が難しいかもしれませんが、一度見えてコツが分かるととても楽しめるアプリです。

視力回復ゲーム:こんぺいとう編~3D~

平行法という画面を立体的に見る方法でトレーニングするアプリです。慣れない人だと大人でも少し難しいかもしれません。2枚の横に並ぶ車の画像を、遠くをぼんやり見る感じで焦点をずらしてみると1枚の立体的な画像に見えるので、その車をこんぺいとうの形のハンマーを避けながら進めていくというものです。

Sleepy Sound

そもそも視力が悪いってどういうこと?

私たちは、以前よりも遠くのものが見えづらくなった時に「視力が落ちた」と感じますね。そのような、近くはよく見えるのに遠くのものが見えない状態を「近視」といいます。また、遠くも近くもよく見える状態を「遠視」といいます。

こう言われると「遠視はいいんじゃないの?」と思いがちですが、「近視」も「遠視」も実は目のピントが正しい位置であっていない状態なのです。

近視とは

虫眼鏡を覗く子供

「近視」とは、何らかの原因で眼球の前後の長さが延長し、近くにしか目のピントが合わせられず、遠くが見えにくい状態です。見えない状態であるにもかかわらず、なにもしないで放置すると目に負担がかかり、さらに「近視」が進んだり、近視が持つリスクを発見できず失明してしまったりする場合があります。

また、子供の場合は、黒板や周りが見えづらく授業に集中できない、眼精疲労で頭が痛くなるなどの悪影響が出てくることがあります。

遠視とは

「遠視」とは、何らかの原因で眼球の前後の長さが短く、ピントが合わず、実は遠くも近くもボンヤリして見えにくい状態です。子供の場合には、ピントを調整する力が強いので頑張ってピントを合わせようとする状態が続いてしまい、軽い「遠視」でも進行すると目と体が疲れやすく、勉強に集中しづらくなってしまいます。

また、生まれたときから遠視のお子さんの場合、それがあたりまえと思っているので見えにくい状態を認識できず、自分から親に「見えない」と言うことがないため、親が症状を把握できていない場合がよくあります。

乱視とは

視力が悪い状態には「乱視」というものもあります。「近視」や「遠視」ならどこかにピントがあいますが、乱視はピントが一つに定まらないのです。そのため見るものの一部が濃く見えたり、ぼやけて見えたりします。軽い場合には特に不都合がない場合もありますが、進行すると目が疲れやすく、頭痛を訴えるということもあります。

子供の様子がヘン!こんな時は眼科を受診

  • 黒板の字が見えにくい
  • 遠くを見るときに目を細める
  • いつも目が疲れている
  • 頭痛を訴える

子供の視力がストレスで低下する!?

ノートに書く眼鏡を掛けた小学生

近年はストレスが原因で視力低下する子供も増えているそうです。親子関係、友達関係、習い事、転校などの環境の変化など原因は様々ですが、一見、毎日元気に楽しく過ごしていると思えるお子さんでも親が気付かないうちにストレスを抱えているということがあります。

心因性視力障害になりやすいタイプ

  • 小学生
  • 女の子
  • 我慢強く、自分の意見がなかなか言えない子

そういった場合、学校の健康診断などで視力低下と言われて眼科を受診しても視力には問題なく、「心因性視力障害」などと診断されます。改善するにはお子さんのストレスのもとを取り除く、または緩和する必要があります。

これといって原因が見当たらない場合もあるのでママとしては困ってしまいますが、こまめに話を聞いてあげる、何かと気にかけてあげる、下のお子さんがいる場合には「お姉ちゃんでしょ」「お兄ちゃんでしょ」と叱ったりせず、下の子と同じように扱ってあげる、というケアが必要です。

視力が悪くなる原因は?

何が原因で視力が落ちるのでしょう?実は「近視」になる原因は現代医学でもはっきりとはわかっていません。親からの遺伝によるとする「遺伝説」と、食べ物の栄養バランスや目を酷使することなどの生活習慣が原因とする「環境説」との2つがあり、この2つが合わさって「近視」が進むと考えられています。

しかし近年、「近視」の子供たちが増え、子供達の遊びや生活環境が変わっていることを考えると、目が悪くなる原因は環境や生活習慣によるものが大きいと実感しているママも多いのではないでしょうか?

具体的に視力が落ちると言われている原因

  • 勉強、読書、テレビ、電子ゲームといった近くを見る作業を長く続ける
  • 暗い部屋でテレビを見たり、本を読んだりする
  • 横になってテレビを見るなど

つまり、長時間近くをみることで目の筋肉が疲れてしまい、それを回復しないままでいると「近視」が進んでしまう、という可能性があるのです。子供の近視はあっという間に進行してしまうことがあります。

放置せず、すぐに眼科を受診して、しばらく小さい画面を見るようなゲームは控えるなどの手を打たないままでいると、後悔するようなことになりかねませんので、親がしっかり見守ってあげましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪