子供の熱中症の症状・対処に関する記事

子供の熱中症対策!夏に再確認すべき症状/応急処置/予防法

子供の熱中症対策!夏に再確認すべき症状/応急処置/予防法

子供の熱中症について、その症状や応急処置、対策について詳しく解説したいと思います。

マーミーTOP  >  子育て  >  子供の熱中症対策!夏に再確認すべき症状/応急処置/予防法

子供の熱中症について

ママ・パパたちが子供の頃は、「熱中症」なんて言葉はあまり聞かなかったと思います。
それもそのはず、どんなに暑くても気温が35℃を超えるなんてことはなかったのですから。

しかし、近年の夏では、気温が36℃や37℃の地域もあり、熱中症の為救急車で搬送、なんてニュースもよくありますよね!?
このような環境から熱中症患者は年々増加していますが、その患者の多くは、高齢者か、乳幼児を含む子供なのです。

ここでは、子供を熱中症から守るために、正しい知識を持って対処できるよう、いっしょに考えていきましょう。

子供が熱中症になりやすい理由

大人よりも子供の方が、その身体の特性から熱中症になりやすいと言われています。
パパ・ママは、子供の方が身体的に未発達であるということを踏まえ、暑さに注意しなければならないのです。

体温調節機能が未発達

海辺で遊ぶ子供

人間の身体は、脳にある体温調節中枢が「暑い」と判断したら、自律性体温調節機能が働き、汗をかいて熱を放出しようとします。
さらに、エアコンをつけたり涼しい場所に移動したりする行動性体温調節機能も伴い、本能的に体温の上昇を避けようとします。

しかし、子供は、汗腺能力も未発達であるため、自律性体温調節が上手くいかないばかりか、遊びに夢中になると行動性体温調節機能も役に立たないのです。

大人との体感気温の違い

気象情報などで発表される気温は、地面から150センチの位置で計測されます。しかし、子供の身長はそれよりも低く、地面からの照り返しによって、3℃ほど高くなっています
大人がそれほど暑いと感じない場合でも、子供にとっては、かなり暑いということもあるし、メディアなどで得る気温情報を鵜呑みにしてはいけないと言えるでしょう。

熱中症の症状 

熱中症の症状にも度合いがあり、軽度であれば、応急処置で回復しますが、重度になると救急車を要請しなければならないこともあります。
子供は、まだまだ自分の身体の不調に気づくことができないので、できればパパ・ママが熱中症のサインに気づいてあげられるようにしましょう。

軽度の熱中症

汗をかいて、めまいがする子供

前述したとおり、人間の身体は汗をかいて体温を調節しようとしますが、子供には、その発汗能力が不十分です。
内臓の温度が上昇すればするほど、外側から下げようとするため汗が出る仕組みになっています。
だから、汗が出過ぎるときは、内臓の温度が高いとき、すなわち熱中症のサインなのです。

また、その内臓と身体の外側の温度のアンバランスさから、筋肉痛のような症状やめまいや立ちくらみを感じる子もいるようです。

軽度の症状

  • 汗が止まらない。
  • めまいや立ちくらみを訴える。
  • 足や腕を痛がる。

中度の熱中症

頭を押さえる子供

子供は、その発汗能力の未発達さを補うために、熱を発散させようとして皮膚血流量を増加させます。
その機能は、気温が高いほど過度に働き、皮膚血管を拡張させたり血圧を上昇させたりするので、身体のさまざまなところに不調をきたすようになるのです。

その不調によるめまいや立ちくらみが、軽度から中度へ悪化することで、頭痛や吐き気、倦怠感となって表れます。

また、汗を全くかかなくなるのも、熱が体内に籠っている証拠なので、注意が必要です。

中度の症状

  • 頭を痛がる。
  • 吐き気を訴える。
  • 汗をかかなくなる。
  • 身体がだるそうでぐったりしている。(倦怠感)

重度の熱中症

倒れて意識がない子供

熱中症でも重度となると、意識障害になり、命の危険にさらされます。
早めの判断で、病院に連れて行くことが大切です。
意識がなく問いかけにも反応しない場合は、迷わず救急車を呼びましょう。

重度の症状

  • まっすぐ歩けない。
  • 体温が高い。
  • けいれんが起こっている。
  • 意識がなく、反応がない。

熱中症の応急処置

熱中症かもしれないと思ったら、まずは体内にこもった熱を放出させ、身体を冷やすことが大切です。
エアコンの効いた室内や日陰などの涼しい場所に移動させたり、衣服をゆるめて首まわりや脇の下を冷やしたりすると良いでしょう。

また、脱水症状が起きかけていることもあるので、水分補給も大切です。
汗を大量にかくと、水分だけでなく体内のナトリウムが不足しがちですから、塩分などを含む経口補水液が望ましいです。

熱中症の対策

ジャングルジムで遊ぶ子供

暑い場所に長時間いたとしても、ママの心がけ次第で、子供の熱中症は回避できます。

まず、子供には適切な衣類を身につけさせましょう。
適切な衣類とは、風通しの良い服、熱放散を促進する服などです。
さらに、外気温とエアコンなどで涼しい室内の気温に差がある場合は、衣服で温度調節ができると良いので、着脱しやすいものを選びましょう。

また、日頃から暑さに慣れさせ、温熱順化を促進しておくと、熱中症になりにくい身体づくりができます。
だから、熱中症を心配し過ぎて涼しい場所にばかりいることはおすすめできません。

寝不足や体調不良で暑い場所にさらされると、熱中症を引き起こしやすいため、規則正しい生活をして体調を整えておくことも大切です。水分補給はもちろんですが、夏バテを予防するためには食事が大切ですから、気温が高くなってきたら食べ物でも熱中症対策するようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ