アデノウイルス感染症の症状に関する記事

アデノウイルスの幼児の症状~知っておくべき潜伏期間とは

アデノウイルスの幼児の症状~知っておくべき潜伏期間とは

アデノウイルスが幼児に感染した時の対処法を知っていますか?気になる症状やママが注意すべき2次感染の予防策をご紹介します。

マーミーTOP  >  子育て  >  アデノウイルスの幼児の症状~知っておくべき潜伏期間とは

アデノウイルスの幼児感染に注意!主な症状と潜伏期間

「アデノウイルス」という言葉を知っていますか?アデノウイルスは、風邪の原因となるウイルスの一種です。感染する力が強いので、抵抗力がない幼児が感染すると、幼稚園や保育園であっという間に広まってしまいます。また、アデノウイルスは、重い症状を引き起こすケースがあるので、アデノウイルスを正しく理解し対処するための情報を知っておく必要があります。

ここでは、アデノウイルスが引き起こす症状や感染経路、潜伏期間、予防法について説明します。幼児の感染を防ぐには、ママの知識と気づきが早期発見の鍵。早めに気づいてあげることで、正しい処置を受けられ、悪化や2次感染を防ぐことができますよ。

アデノウイルスが引き起こす代表的な症状

母親におでこを触られてる熱がある子供

アデノウイルスの語源は、扁桃腺やリンパ節を意味する「アデノ」に由来します。アデノウイルスは、文字通り、扁桃腺やリンパ節に感染し、高熱・喉の腫れと痛み・目の充血や目やにといった3大症状を引き起こします。

アデノウイルスに何回も感染する理由は型の多さにあり、現在では51種類の型が見つかっています。一度アデノウイルスに感染しても、次に感染した型が違えば、一度目の型の免疫が役に立たないのです。そのため、感染するアデノウイルスの型によって、引き起こる病気も違ってきます。

それでは、アデノウイルスが原因となる症状をみていきましょう。

はやり目(流行性角結膜炎)

はやり目は、流行性結膜炎(りゅうこうせいけつまくえん)とも呼ばれ、アデノウイルスが付着した手や指が、目に触れることで起こります。片目だけに症状が出ることが多く、白目の部分が真っ赤になって目やにや涙が出るほか、まぶたが腫れることもあります。さらに、目の角膜が炎症すると、角膜が濁って見えにくくなることがあります。この濁りは、1年近く続くケースもあるので、はやり目だと軽く考えないで、早めに受診することが必要です。

プール熱(咽頭結膜熱)

プール熱は、咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)とも呼ばれ、アデノウイルスが引き起こす症状の中で最も多く発症します。また、コクサッキーA群のウイルスが原因となる手足口病ヘルパンギーナと同じ夏風邪の一種です。夏場にプールで感染することが多いので、それがそのまま名の由来になっています。口、鼻、喉、目の粘膜から感染し、喉の痛みや腫れ、目の充血、目やに、頭痛、腹痛、下痢、38~40度の高熱などの症状が現れます。

滲出性扁桃炎

滲出性扁桃腺炎(しんしゅつせいへんとうえん)に感染すると、扁桃腺に白い苔のようなものができます。この白い苔がある間は39度以上の高熱が出て、1週間くらい続くこともあるのですが、思いのほか元気なことが特徴です。プールの水、便などを介して感染し、抗生剤が効かないのが特徴です。

胃腸炎

アデノウイルスは、喉だけでなく、口から入って胃や腸に届くことで胃腸炎を引き起こすことがあります。症状は、腹痛や嘔吐、下痢、発熱。この胃腸炎は、3歳未満の乳幼児、特に0歳児の感染が多く、季節を問わず発症します。脱水症状にならないように、水分をしっかりとることが大切です。胃や腸に負担のかかる脂分や、乳製品の摂取は控えましょう。

肺炎

咳が止まらずにマスクをしてる男の子

アデノウイルスは、肺に感染するとウイルス性の肺炎を起こします。5歳以下の乳幼児に発症することが多く、重症化し、髄膜炎や脳炎などを引き起こすこともあるので注意が必要です。発熱や咳症状が長引くときには、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

その他の症状

アデノウイルスは、湿疹や出血性膀胱炎(しゅっけつせいぼうこうえん)など意外な症状が起こることがあります。湿疹は、全身に現れ、かゆみが少なくても引っ掻きすぎると炎症が悪化します。出血性膀胱炎は、排尿時に強い痛みを感じ、おしっこに血が混じります。

また、頻繁にトイレに行くようになり、さらに症状が進むと、急におしっこに行きたくなる膀胱萎縮(ぼうこういしゅく)になる可能性もあります。ママの気づきが病気の早期発見につながりますよ。早めに医療機関を受診するようにしましょう。

アデノウイルスの感染経路と潜伏期間

アデノウイルスの3つの感染経路

アデノウイルスの感染経路は、3つあります。アデノウイルスは、感染力がとても高く、簡単に広がっていくので注意が必要です。感染経路それぞれの特徴をまとめました。

1飛沫感染(ひまつかんせん)

アデノウイルスに感染した人が、咳やくしゃみをすることでウイルスが空気中に飛散し、そのウイルスを吸い込むことで感染します。

2接触感染(せっしょくかんせん)

アデノウイルスに感染した人の皮膚や粘膜に直接触れたり、ウイルスに汚染された物に触ったりすることで感染します。

3糞口感染(ふんこうかんせん)

アデノウイルスに汚染された食べ物を食べたり、アデノウイルス患者の便に触れた手を、よく消毒しないまま何かを食べたりして、ウイルスが口の中に入り感染します。

アデノウイルスの潜伏期間

熱が出てるために布団で寝て安静にしてる子供のイラスト

アデノウイルスが感染してから症状が現れるまでの潜伏期間は、一般的に5~7日と言われています。また、症状が現れる少し前から他の人への感染が始まります。症状が現れてから症状が続く3~5日の間は、他の人にアデノウイルスをうつさないよう外出を控えるなど、配慮が必要です。

いつから登園可能?

保育園や幼稚園は、症状がなくなってから2日間はお休みしましょう。特に、プール熱は、学校保健法で定められている出席停止措置が必要な感染症の一つなので、症状がなくなってから2日間は出席停止と決められています。

はやり目は、目やになどの目の症状が軽くなっても感染力が残る場合があるため、感染の恐れがないと医師が判断するまで出席することはできません。

いずれにしても、自己判断しないで、かかりつけ医の診断を受けてから登園するようにしましょう。

アデノウイルスの流行時期

アデノウイルスは、高温多湿を好むウイルスで、夏風邪の原因となるウイルスとして広く知られています。アデノウイルスは、プール熱で代表されるように、春から夏にかけて流行する一方、一年中活動するので、夏以外にも感染します
それに対して冬風邪は、気温と湿度が低い冬に流行する風邪のことで、空気が乾燥していると感染しやすくなります。

子供がアデノウイルスに感染したら

子供がアデノウイルスに感染したかもしれないと思ったら何をすればいいのか、前もって知っておくと慌てずに対処することができます。特に、5歳以下の幼児は重症化しやすいので、家族間で感染しないためにも、早めに正しく対処することが大切なのです。そこで、アデノウイルスに感染したときの対処法についてみていきましょう。

1かかりつけ医を受診する

かかりつけの医師に診察してもらってる子供のイラスト

ただの風邪かなと思っても、保育園や幼稚園でアデノウイルス感染者が出ている場合や、熱が高く症状が重い場合には、かかりつけの小児科を受診するようにしましょう。アデノウイルス感染症では、場合によって、出席停止の措置が取られることがあるので、医師の指示に従うようにします。

2水分をこまめに摂らせる

発熱や嘔吐、下痢症状があると、小さい子はすぐに脱水症状を起こしてしまいます。水分をこまめに摂らせることが大切です。特に喉の痛みがひどい場合は、喉を乾燥させないために水分を摂ることは良いことです。水分補給には常温のスポーツドリンク、イオン飲料、経口補水液などがおすすめです。

3子供に触れたらしっかり手を洗う

大人でもアデノウイルスに感染する可能性があるのですが、ママとしては、弱っている子供と密接に関わらないわけにはいきません。子供が感染した場合は、便に直接触れないよう手袋をはめておむつを交換しましょう。また、子供に触れた時、子供が触れたものに触れた時はしっかりと手を洗い、兄弟がいる場合は、感染した子供から遠ざけるなどの気をくばりが必要です。

4洗濯は家族と別にする

子供が着ていた衣服は、ウイルスが付着している可能性が充分に考えられます。家庭内感染を避けるためにも、洗濯は家族の分と別にするようにしましょう。特に、嘔吐や下痢症状があって吐しゃ物や便で汚れた物を洗った後は、水で流してから洗濯機に入れる、洗濯機の除菌をするなど徹底することも必要です。

5熱がひくまでは入浴を避ける

子供の熱が高いときは、入浴によって体力を消耗してしまうため、熱がひくまで入浴は我慢しましょう。シャワーだけでも…と思う気持ちもわかりますが、子供の体調を見ながら、体を拭いてあげるといいでしょう。また、熱が下がってもウイルスは体内にいるので、少しの間、お風呂の順番は最後にするようにしてください。

アデノウイルスの感染予防の注意点

アデノウイルスは、現在、ワクチンや特効薬がありません。もし、幼稚園や保育園で感染者が出たら、集団感染となる可能性が高いのです。また、簡単に空気感染するので、早期に2次感染を予防する必要があります。感染を予防するにはどのようなことに注意しなければならないのか、詳しくみていきましょう。

うがいや手洗いの徹底

手洗いしてる子供のイラスト

風邪の一番の予防策は、うがいと手洗いです。アデノウイルスも同じことで、流行期には特に徹底して行います。その際に使うタオルや、洗面器、食器などの共用はNG。おもちゃやドアノブなど、子供がよく触れるものは消毒するようにしましょう。

プールでのタオルの共用の禁止

アデノウイルスが引き起こすプール熱は、症状が出る2日前から体内にウイルスを持っています。接触感染を避けるためにも、日頃からタオルの共用は禁止するようにしましょう。

水泳前後のシャワーの励行

プールに行ったら、泳ぐ前と泳いだ後にシャワーを浴びて体の清潔を保つようにし、泳いだ後は、目をしっかりと洗うことが大切です。また、アデノウイルスに感染したときは、保育園や幼稚園に感染を報告し、医師から許可が出るまで水泳は控えましょう。

流行期のマスクの着用

飛沫感染の予防として、また、感染者がウイルスをまき散らさないためのエチケットとして、アデノウイルス流行期には、マスクを着用するようにしましょう。特に口を触る癖がある子供は、マスクをすることで糞口感染を防ぐことができます。マスクを嫌がる子もいますが、好きなキャラクターのマスクをするなどして言い聞かせるとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク