インフルエンザの予防接種と乳児/幼児に関する記事

【インフルエンザ予防接種】乳児・幼児の回数/間隔/効果など

【インフルエンザ予防接種】乳児・幼児の回数/間隔/効果など

インフルエンザ予防接種は乳児も対象?乳幼児インフルエンザ予防接種の基礎知識と、接種しない赤ちゃんを感染から守る方法です!

マーミーTOP  >  子育て  >  【インフルエンザ予防接種】乳児・幼児の回数/間隔/効果など

【インフルエンザ予防接種】乳児はいつから?親が知るべき基本6

毎年流行するインフルエンザ。一度かかってもワンシーズンで違う型にまた罹ったり、毎年かかってしまったりすることもありますが、予防接種で予防&重症化を防ぐことができると安心できますよね。特に新型インフルエンザは、高齢者だけでなく乳幼児やパパママも重症化しやすく心配です。

だからといって生後間もない乳児は、月齢によってインフルエンザの予防接種が受けられないこともあります。今回はインフルエンザの予防接種について、いつから摂取可能か?親が知っておくべき6つの基礎知識(効果や摂取回数、時期、料金、副作用、アレルギー)や、親も摂取すべきかについて解かりやすく解説します。一度しっかりと確認しておきましょう。

インフルエンザの予防接種は乳児もOK?いつから?

眠るゼロ歳児

四種混合やBCGなど乳児が受ける予防接種は複数ありますが、特に毎年流行するインフルエンザの場合、予防接種を我が子に受けさせたいと思うパパやママは少なくありませんね。欧米では生後6ヶ月からインフルエンザの予防接種を受けられますが、残念ながら日本では1歳未満の乳児の接種を、厚生省が推奨していません

その理由は、ワクチンの効果が確認できていない(予防接種を受けても免疫を獲得できない可能性がある)、副反応がはっきりしていない、母親からの免疫が期待できるからです。

そのため、国内では基本的には1歳を過ぎてから受けることになります。ただし病院によっては、保育園に通っている、先天性の疾患がありインフルエンザにかかると重症化する危険性がある、などの様々な事情を考慮して、インフルエンザの予防接種を生後6ヶ月以上の乳児から受け付けているところもあります。

インフルエンザ予防接種は1歳から!ママが知っておくべき6つ

1歳を過ぎたらインフルエンザの予防接種を受けましょう。ママやパパが知っておくべき6つのインフルエンザ基礎知識についてご紹介します。

インフルエンザワクチンの効果

手で×印を出す看護師

「インフルエンザの予防接種を受ければ、100%インフルエンザにかからない!」と思っているパパやママも少なくありませんが、それは間違い!インフルエンザワクチンは、インフルエンザへの免疫をつけることで予防したり、かかっても重症化するのを防いだりすることができるものですが、100%予防できる万能薬ではありませんので注意しましょう。

また、インフルエンザには複数の型があり、インフルエンザワクチンはその年に流行する型を予想して用意されています。そのため、予想された型以外が流行した場合はインフルエンザにかかりますし、一年に二度違う型のインフルエンザにかかることもあります。

ワクチンの種類と乳児/幼児の接種回数

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンです。13歳未満は生後6ヶ月以上の乳児も含め、一度の接種では十分な免疫を獲得できない可能性があるため、4週間の間隔を受けて2回受けることが推奨されています。

インフルエンザ予防接種の時期

毎年インフルエンザは12月頃から流行し、1月~2月に流行のピークをむかえる傾向があります。免疫がつくには2週間ほどかかること、乳幼児のインフルエンザワクチンは2回の接種が必要なことなどから、10月中旬~11月上旬には1回目の予防接種を終えておきたい所です。

ただし、生後6ヶ月~1歳頃の乳幼児はまだ他の予防接種も多いため、流行の状況を確認しながら事前に優先順位を考えて、日程がかぶらないように気をつけましょう。

料金について

インフルエンザの予防接種は自由診療で保険がきかないため、病院で独自に予防接種の費用を決めることができます。ワクチン代に人件費や在庫ロス代などを加味した額が一般的ですが、病院によって料金に差があります。

13歳未満は2回接種する必要があるため、大人よりも1回の料金が安くなっていたり、同じ病院で2回とも接種することで2回目が安くなったり、自治体によってはインフルエンザワクチンに助成が出ることもあるようです。

副作用はあるの?

泣く幼児

他の予防接種と同じように、インフルエンザの予防接種でも副作用があります。接種した腕が赤くなったり、腫れたり、痛みがあるという症状が多く、発熱や倦怠感、頭痛といった全身の症状が出ることもあります。

ほとんどの副作用は2~3日で自然に治まることが多いのですが、稀にじんましんやギランバレー症候群、けいれんなどの重い症状が出ることもあります。

卵アレルギーとの関係

インフルエンザワクチンには鶏卵の一部が使われています。卵アレルギーを持っているお子さんはじんましんが出る、呼吸困難、血圧低下、意識障害などのアナフィラキシー症状を起こす可能性があり、場合によっては命にかかわる危険な状態になるアナフィラキシーショックを起こすことも考えられます。

そのため、卵アレルギーの診断を受けてアナフィラキシーがあることが分かっている場合、インフルエンザの予防接種は受けられません。

親や兄姉もインフルエンザの予防接種を受けるべき?

1歳未満で保育園など集団生活に入っていない場合、人ごみを避けていればインフルエンザウイルスと接触する確率は低くなるはすです。ところが、外に出る機会が多い親や兄姉などの同居する家族がウイルスを家庭内に持ち込んでしまえば、乳児が感染する確率は非常に高くなってしまいます。

乳幼児がインフルエンザにかからないためにも、まずは家族が積極的にインフルエンザの予防接種を受けるようにしましょう

予約はお早めに!

予約終了と、驚く女性

どうしてもインフルエンザの予防接種を乳児に受けさせたいママは、全国に大勢います!また、乳児以外にも幼児や児童、学生、社会人、高齢者…とワクチンのニーズは高く、秋になって「そろそろ予防接種に病院に行こう」と、のんびり構えていると、既に年内の予約がいっぱいであったり、予約を締め切っていたりすることがあります。

特に小児科でのインフルエンザワクチンのニーズは高く、ママも子供と一緒に接種できることが多いので、早い時期に予約を締め切ることが多いようです。

9月頃から予約を開始する病院が増えてきますので、早めにインフルエンザ予防接種の予約開始時期を確認しましょう!また、乳児の接種を希望する場合は、その病院で生後6ヶ月以上の予防接種を受け付けているかを早めに確認することも重要です!予約は早めに行いましょう

インフルエンザにかからないためには

予防接種以外で、インフルエンザウイルスへの感染を予防するためにできる対策があります。
インフルエンザの予防接種ができない月齢の乳児も、予防接種が可能な月齢の乳幼児も、お父さんもお母さんもまずは毎日の生活から気をつけて、インフルエンザの予防を意識してみましょう。

  • 外から帰ったら手洗いうがいをしましょう
  • 混雑した場に出かけるときはマスクを着用しましょう
  • 部屋の湿度は50%~60%に保つようにしましょう
  • 栄養・睡眠をしっかりとって免疫力が落ちないようにしましょう

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事と関連性の高い記事