口呼吸の治し方に関する記事

口呼吸の治し方~口呼吸を治すための改善法で鼻呼吸に矯正

口呼吸の治し方~口呼吸を治すための改善法で鼻呼吸に矯正

口呼吸の治し方が分からない方、お口ポカンは見た目の問題だけじゃなくて、成長するにつれて悪影響を及ぼすことがありますよ。

マーミーTOP  >  子育て  >  口呼吸の治し方~口呼吸を治すための改善法で鼻呼吸に矯正

口呼吸の治し方とは?鼻呼吸でお口ポカンを改善!

口呼吸する子供のイラスト

口呼吸とは、鼻から息を吸うのではなく、口で吸ったり吐いたりすることを言いますが、人間は、本来鼻で呼吸するものなのに、何らかの理由で呼吸がしにくくなると、口呼吸をする子が増えていると言われています。口呼吸の子は、無意識に口を開けて呼吸するため、我が子が常に「お口ポカン」状態だとママも気になりますよね。

それに、口呼吸は早めに矯正しなければ、その後の成長にも悪影響を及ぼしかねないので、ママは早期発見に努めなければなりません。そこで、今回は、口呼吸する子供の特徴や、口呼吸しているかどうかのチェックリスト、鼻呼吸が必要な理由と口呼吸を治す方法、鼻呼吸を促すトレーニングについてみていきましょう。

口呼吸する子供の特徴

人間は、本来鼻呼吸であるはずなのに、なぜ口呼吸をする子がいるのでしょうか。口呼吸をする子には、身体上の特質や疾患などにより、鼻呼吸することが困難になっていて、口呼吸にならざるをえない理由があるのです。そこで、子供の口呼吸の特徴について、詳しく知っておきましょう。

鼻呼吸ができない

風邪やアレルギー性鼻炎などによって、ウイルスや細菌、アレルゲンが鼻の中に侵入することで、鼻の中が炎症を起こして粘膜が腫れてしまうと、鼻づまりの状態になってしまいます。子供が鼻づまりの状態では、鼻で呼吸ができなくなるため、口呼吸せざるをえなくなってしまうのです。
子供の鼻詰まりが長引く場合には何らかの病気の可能性があるので、一度病院で診てもらいましょう。

口が閉まりにくい

歯並びのイラスト

歯並びが悪い子供や、口を閉じる筋肉の働きが弱い子供は、口を閉じようとしても意識しないと、しっかり閉じることができないため、自然と口が開いた状態になってしまいます。さらに、口が開きっぱなしだと、下あごが常に下がっている状態になるので、歯並びが悪くなったり口のまわりの筋肉が発達しなかったりと悪循環になるのです。

口呼吸の習慣化

口呼吸する新生児

新生児の頃は、おっぱいを吸うために、本能で鼻呼吸をしているものなのですが、言葉の発達などとともに、口で呼吸することを覚えていきます。鼻づまりなどが原因で長期間、鼻呼吸ができなくなることで、口で呼吸することが楽になり癖になってしまうと、口呼吸が習慣化してしまうことになるのです。

舌癖(ぜつへき)がある

舌癖とは、舌を歯にずっと押し付けている状態のことをいいます。本来なら、舌先が上の前歯の裏側で、前方部分が上顎の口蓋部分に軽く触れているのが、正しい舌の状態なのですが、何らかの理由で舌先が下の前歯の裏側に位置する「低舌位(ていぜつい)」という状態になると、鼻呼吸がしにくいため、口呼吸になりやすいと言われています。

子供の口呼吸チェックリスト

呼吸とは、自然におこなうものなので、普段から子供の口呼吸を見慣れていると、それが普通だと思って、子供が口呼吸していることに、なかなか気づくことができないかもしれません。そこで、口呼吸をしているかどうかを見分けるチェックリストを下記に参照します。一つでも当てはまるものがあるなら、口呼吸をしている可能性が高いと言えます。

あなたのYesの数は0個です。

鼻呼吸が必要な理由

口でも鼻でもどちらでも呼吸ができるのに、なぜ鼻呼吸でなければならないのか、と疑問に思う人も少なくないでしょう。しかし、口呼吸をすることで、身体にさまざまな不調をもたらすことが分かっており、子供の健康のためにも、鼻呼吸を促していかなければならないのです。ここでは、鼻呼吸が必要な理由をみていきましょう。

身体に入る空気の温度の調整

寝ながら口呼吸している子供のイラスト

鼻呼吸をすることで、鼻から入った空気を一定の温度に調節してくれるので、冷たい空気や熱い空気が、直接体内に入るのを防いでくれます。のどには温度を調節する機能がないため、口呼吸になると、直接冷たい空気や熱い空気がのどを直撃し、リンパ組織に損傷を起こしてしまうことがあるのです。

身体に入る空気の湿度の調整

鼻呼吸では、乾いた空気も鼻腔で湿気を含んで、のどまで到達するようになっているのですが、口呼吸をすると、乾いた空気によって口の中が乾燥し、唾液が少なくなるので自浄作用が低下しやすくなってしまいます。こうなると、口の中で雑菌が繁殖しやすいため、歯周病や口内炎などが起こりやすいのです。

ホコリやウイルスの侵入防止

鼻とウイルスのイラスト

鼻呼吸をすると、鼻の粘膜がフィルターの役割を果たし、ほとんどの病原菌を処理してくれるのですが、口呼吸になると、乾燥した空気が直接体の中に入るうえに、乾燥に強いウイルスも直接肺に入るので、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすいと言われています。

口呼吸を治すためにすべきこと

口呼吸をすることにはデメリットがあり、さまざまな病気を引き起こすことがあることが分かりましたが、かといって簡単に口呼吸が治るわけではありません。口呼吸の原因に応じた対処をして、鼻呼吸をするように促していく必要があるのです。そこで、口呼吸を治すためにすべきことを知っておきましょう。

鼻炎などの鼻づまりの治療

水と薬

鼻づまりによって、口呼吸をせざるをえない状態の場合は、鼻の疾患を治療することが先決です。耳鼻科を受診して、鼻づまりの原因を突き止め、薬の服用などで治療していきましょう。慢性的な鼻づまりの場合は、鼻がつまっている状態が普通と思っているため、鼻づまりの自覚がないこともあるので、ママは注意深くみてあげるようにしましょう。

歯並びや噛みあわせの矯正

歯並びの矯正のイラスト

出っ歯や受け口などの歯並びや、噛み合わせに問題があって、うまく口を閉じることができないこともあります。また、自分では難なく口を閉じていると思っていても、口を閉じた時に下唇の周りの筋肉が固まって、しわができている様子が見られるなら、口が閉じづらい状態であると言えます。

いずれにせよ、歯並びが原因で口呼吸をしている可能性があるなら、早い段階で、歯科医院で相談するようにしましょう。歯の状態や成長に応じて、マウスピースやブランケットによる矯正治療を受けることができます。

口輪筋のトレーニング

歯並びに問題がないのに口がうまく閉じられない場合は、口輪筋が弱いために、口を閉じる力がないこともあります。唇の周りを取り囲むような形をしている口輪筋は、口を閉じるほか、唇をとがらせる働きをしていますが、この口輪筋を鍛えるトレーニングをすることで、楽に口を閉じることができるようになるのです。

鼻呼吸のためのトレーニング法

口をうまく閉じるためには、口輪筋や舌筋の力が必要だということが分かりましたが、口呼吸をやめて鼻呼吸を促すためには、この口周りの筋肉を鍛えなければならないのです。そこで、家で気軽にできるトレーニングや、なかなか改善されない口呼吸のための対処をみていきましょう。

風船を膨らませる

風船を膨らませる子供

風船を膨らませることは、口を閉じる働きがある口輪筋のトレーニングにつながります。風船を限界まで膨らませて離して空気を抜き、再度膨らませることを繰り返しましょう。これを1日3分以上おこなうことが効果的ですが、嫌がるときは無理強いさせないようにして、遊び感覚でできるようにするといいですよ。

シャボン玉や吹き出し(ピロピロ笛)

シャボン玉を吹き出している子供

口輪筋が弱すぎると、風船を膨らませること自体できない子供もいるのですが、そのような場合には、風船を膨らませるトレーニングに替わって、シャボン玉やピロピロ笛を吹くことがおすすめです。吹くという行為が口輪筋の発達につながり、自然と口輪筋が鍛えられるのです。昔ながらのおもちゃで、ママもいっしょに遊び感覚で挑戦してみては?

あいうべ体操

「あいうべ体操」とは、「あ」「い」「う」で口輪筋、「べ」で舌筋のトレーニングができる顔の体操のことで、福岡市のみらいクリニックの今井院長が考案した、口呼吸を治して鼻呼吸をするためのトレーニングです。どこでも誰でも簡単におこなうことができるので、ぜひ試してみてください。

あいうべ体操の方法

  1. 声に出しても出さなくてもいいので、「あー」と口を大きく開けます
  2. 次に、「いー」と口を精一杯横に広げます
  3. 次いで、「うー」と口を尖らすように前に突き出します
  4. 最後に、「べー」とあっかんべーをするように舌を出します
  5. 1~4を1セット4秒前後で、一日30セットを目安におこなうようにしましょう

専用器具を使った口腔筋機能の改善

病院で医者に口の検査をしてもらっている女の子

しっかり口呼吸を治したい場合は、専用器具を使った口呼吸の治療がおすすめですので、医療機関を受診するのが望ましいです。最近では、口呼吸の子供が増えていることから、その治療を行っている歯科医院も増加しています。小児歯科のほか、口腔外科や矯正歯科などを受診してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク