虫刺され跡を作らない/消すに関する記事

虫刺され跡が残る理由&消す方法3つ/子供かきむしり対策

虫刺され跡が残る理由&消す方法3つ/子供かきむしり対策

虫刺され跡はなぜ残る?理由を学び、傷を作らないための予防、既にできている跡を消す魔法のような方法を実践しませんか?

マーミーTOP  >  子育て  >  虫刺され跡が残る理由&消す方法3つ/子供かきむしり対策

虫刺され跡が残る理由&消す方法!掻きむしりによるとびひ予防

赤く腫れた虫刺され跡

素肌の露出が多くなる季節、ハッと目に付く虫刺され跡。夏休みにキャンプや山、川遊びなどで色々な自然体験をした子供の肌がぷっくり腫れ、黒っぽい虫刺され跡が残ってしまうこともありますね。きれいな子供の肌に幾つも虫刺され跡を発見したら「このまま大人になっても跡が残ってしまうのでは?」と心配されるママも少なくありません。実際、きちんと対処しないことで跡が残ることもあります。

将来の傷跡は今のママのケア次第!虫刺され跡を残さない効果的な方法を、ぜひお子さんのために試してみませんか?「でも、もう跡が残っちゃった…」というママもあきらめないで!虫刺され跡を消す方法もあるのです。こちらでは、虫刺され跡が残る理由、跡を残さない虫刺され直後のケア、子供にありがちな虫刺されからのとびひ、虫刺され跡を消す方法について解説していきます。

虫刺されで跡が残る理由

皮膚に止まった蚊

蚊やダニなどの虫に刺されたときの症状としては、かゆみ、痛み、腫れが一般的ですよね。この症状の段階で正しいケアをおこなえば、跡が残ることはほとんどありません。しかし、刺された部位を爪で引っ掻き、そこから細菌が入ることがあり、そうなってしまうと症状は悪化し、二次感染を起こします。

二次感染を起こしたまま放置していると、たとえ引っ掻き傷が治ったとしても、虫刺され跡が残ってしまうのです。つまり、虫刺され自体は跡が残らずに治るはずが、掻くことによって二次感染を起こし、それを放っておくことで跡が残るということです。

 

跡を残さないための虫刺されケア

虫刺され後、跡を残さないようにするためのケアとしては、かゆみを抑えて掻かないようにすることがポイントとなります。

患部を冷やす

まず流水で洗って清潔にしてから、冷やすようにします。そのまま流水をかけ続けるのも良いし、保冷剤を患部に当てタオルなどで固定するのも良いですね。患部を冷やすことで炎症が抑えられ、かゆみも治まることがあります。

虫刺され用の薬を塗る

冷やしてもかゆみが治まらないようなら、かゆみ止め成分配合の薬を塗りましょう。抗ヒスタミン成分やメントールなどの清涼化成分、クロタミトンなどの鎮痒成分(かゆみ止め)が、かゆみを抑えるのに効果的です。

クロタミトンはオイラックスには入っていますが、乳幼児、小児への広範囲の使用は避けましょう。大雑把にべったり塗らず、虫に刺された幹部のみを狙って使用しましょう。

患部の保護

掻くなといっても掻くのが子どもですよね。大人でも無意識に、寝ている間などに掻いてしまっている場合もあります。患部をガーゼで覆ったり、かゆみ止めパッチを貼ったりして、直接触らないようにしましょう。

とびひになりやすい?子どもの掻きむしり

とびひって?

皮膚科受診をすすめる医者

とびひとは、皮膚の表面にある黄色ブドウ球菌という細菌が、掻きむしりによってできた傷から膿んで、その膿が身体の他の部位に飛び火のように広がってしまう肌トラブルです。また、黄色ブドウ球菌は鼻の中にもある菌なので、鼻をほじる癖のある子は、鼻を触った手で、かゆい部分を掻くことによってとびひになることもあります。

とびひは、入浴やプール、触るだけでも他人に感染しますので、集団生活においても注意が必要!医療機関を受診して治療し、幹部を覆っていれば登園できますが、あちらこちらに感染してしまった場合は、全ての箇所を覆うのが難しくなります。そのような場合は保育園独自の判断で登園禁止にならないか、確認する必要があります。

ただの虫刺され思って油断するのはNG。とびひになると跡も残りやすくなるので、掻きむしりで傷をつくらないようにしなければなりません。また、とびひは本人もかゆくて辛いものです。「とびひかも!?」「かゆみが治まらず掻きむしってしまう…」と思ったら、早めに皮膚科を受診しましょう。

子どもの掻きむしりを防ぐには?

子供は「掻かないようにしようね」と親が教えても、掻くものです。そこで、もし掻いてしまった時に傷がつきにくくなるように、普段から爪の状態を整えておくことが大切です。爪を短く切りましょう。このとき、とがった部分がない丸みを帯びた切り方をすることが大切です。

また、普段から爪を噛まないように注意することも大切です。爪噛みの癖がある子は爪がギザギザしていて、掻きむしりの傷ができやすいのです。
さらに、虫に刺されたらすぐにかゆみ止め対策をするようにし、掻かないようにすることが大切です。

掻いてしまった後のケア

知らない間に子どもが患部を掻いてしまっていたら、皮膚の細菌を落とすために、まず洗い流しましょう。その後にかゆみ止めの薬を塗ったり、かゆみ止めパッチを貼ったりして、それ以上は掻かないように注意することが重要です。常に手を清潔にしておくことも大切ですね。

また、刺された虫の種類によってもケアの仕方は違います。毛虫やムカデなどに刺されてかゆみが治まらず、赤みや腫れがある場合、ステロイド配合の薬で炎症を抑えるのも効果的ですが、子供の場合は皮膚科で処方してもらい、用法用量を守ることが大切です。

蚊やブヨ、ダニに刺されたてこれ以上掻く危険性がある場合は、殺菌成分配合の薬でとびひの原因となる黄色ブドウ球菌の繁殖を抑えましょう。また、蚊やダニであっても腫れて、しこりになってしまった場合は、ステロイドを皮膚科で処方してもらいましょう。

虫刺され跡が残ったら…効果的に消す方法

虫刺され跡を消す市販薬の使用

虫刺され跡を消す、魔法のような市販薬もあるのです!ただ、継続して使用することで効果が得られるので、即効性を期待している人にはおすすめできません。気長に使い続けることが秘訣です。

アットノン

アットノン

小林製薬株式会社

価格:1,300円 + 税

「ヘパリン類似物質」が傷跡の奥にある皮膚組織の再生を促すことで、古い傷跡や虫刺されの跡を消す塗り薬です。ジェル状で白く残ることもなく使用感が良いので長く使い続けられます。

肌のターンオーバーを促進する

虫刺されの跡とは色素沈着したものがほとんどで、これは肌が炎症したときに生成されるメラニン色素のことです。通常、肌はターンオーバーで生まれ変わるときにこのメラニン色素を外側に追い出して、自然に消滅させることができますが、ターンオーバーが正常におこなわれなければ色素沈着として残ってしまうのです。

ターンオーバーを促進させるためには、角質ケアで古くなった角質を取り除くこと、プラセンタやビタミンC誘導体配合の美白ケア化粧品を使用してメラニンを生成しにくくすることなどがあります。また、ターンオーバーを促進するリペアオイルを使用することもおすすめです。

虫刺され跡におすすめリペアオイル

  • マカデミアナッツオイル
  • ローズヒップオイル
  • ヒマワリ種子油
  • バイオイル

バイオイル 60ml

バイオイル 60ml

株式会社ジャンパール

価格:1,600円 + 税

虫刺され跡だけでなく、完治した傷跡やママのストレッチマーク、ニキビ跡などにもおすすめです。保湿力が高く、皮膚を柔軟にするため傷跡がきれいに見えるようになる効果が期待できますよ♪

肌の乾燥を防ぐ

肌が乾燥していると、ターンオーバーを妨げてしまいます。それではメラニン色素が肌に沈着したままになってしまうし、なにより乾燥した肌の方が虫刺され跡が目立ってしまいます。乳液やクリームなどでしっかり保湿をしましょう。また、紫外線を浴びることで肌は乾燥しやすくなるので、UVケアも大切です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ