虫刺されのかゆみの原因・対策に関する記事

【虫刺され】かゆみの原因と対処!ぶり返す/長引くのはなぜ?

【虫刺され】かゆみの原因と対処!ぶり返す/長引くのはなぜ?

虫刺されによるかゆみの原因と対策についてだけでなく、ぶり返したり長引いたりする症状の意外な理由について解説します。

マーミーTOP  >  子育て  >  【虫刺され】かゆみの原因と対処!ぶり返す/長引くのはなぜ?

虫刺されによるかゆみ/腫れ/ぶり返しの原因は何?対策は?

「虫刺され」と聞くと、真っ先に思い浮かぶのは「蚊」ではないでしょうか?蚊は人間の血を吸うことで知られていますが、なぜ蚊に刺されるとかゆみや腫れを引き起こすのか、知っている人は少ないかもしれません。

また、蚊に刺されてしまった後、かゆいのを我慢することは大人でもつらいですよね。特に子供はかゆい部分をかきこわして悪化させてしまうこともあります。
虫に刺されたら「薬を塗れば良い」と思っている人も多いです。でも、虫刺されのかゆみを抑えるための方法はそれだけではないのです。正しい知識を身に付けて、適切に対処することが大切でしょう。

虫刺されのかゆみや腫れの原因について

人間の皮膚に針を刺す蚊

かゆみや腫れの正体は、実は一種のアレルギー反応なのです。蚊が人間の血を吸うとき、刺された痛みを麻痺させるために、唾液を注入します。この唾液が抗原となって、抗原から体を守ろうと反応が起こります(アレルギー反応)。

アレルギー反応として現れる症状に、かゆみ・腫れといったものがありますが、これは虫刺されの2大症状と言える特に多い症状です。
しかし、その人の体質が虫の種類によっては、腫れやかゆみでは済まない場合もあります。刺された箇所が水ぶくれになったり、じんましんが出たりすることもありますし、ショック症状が起こることもあります。

どのような虫が原因になっているの?

蚊以外にも、虫刺されの原因となる虫はたくさんいます。いずれも、刺したり咬んだりしたときに注入される、唾液などの虫が持っている成分によってアレルギー反応が起こり、かゆみや腫れなどの症状が現れます。

  • ダニ

ダニの中でも日常生活の中で被害を受けやすいのは、ネズミに寄生しているイエダニです。布団に潜り込んでいる可能性があり、寝ている間に脇腹や下腹部、太ももの内側などの柔らかい部分から血を吸います。

  • ブヨ

地域によってはブユ・ブトと呼ばれることもあります。山間部や高原などに生息するため、日常生活ではあまり咬まれません。野外レジャーなどの際に注意しましょう。

  • ノミ

猫などの動物に寄生しています。咬まれたときにはほとんど気づかず、1~2日経ってからかゆみが出て赤く腫れてきます。足のスネが咬まれやすいです。

虫によって異なる腫れ方の違い

腕が腫れた子供

虫に刺された箇所の腫れ方、刺されてから症状が出るまでの時間など、虫刺されの症状の出方は虫の種類によって違いがあるようです。
もちろん、腫れ方は個人差もありますから、同じ虫に刺されたからと言って、症状が出るタイミングや腫れ方(赤みの有無など)に違いがあります。

かゆみが長引く/ぶり返すのはなぜ?

かゆみの原因となるアレルギー反応には、すぐに起こる「即時型反応」とゆっくりと起こる「遅延型反応」があります。

  • 即時型反応

虫の唾液注入からすぐに起こる反応。じんましんや紅斑、ショック症状など。数時間で快方に向かう。

  • 遅延型反応

虫の唾液注入から数日~一週間で起こる反応。紅斑、丘疹、水ぶくれなどの症状。治るのに一週間ほどかかる。

虫刺されを掻きむしるクマ

即時型反応・遅延型反応のどちらが出るのか、個人差が大きくあります。また、乳幼児では(蚊に刺された場合)、遅延型反応がおこりやすいとされているなど、年齢によっての違いもあるようです。

すぐにかゆみが出る即時型反応もあれば、症状が遅れて出る遅延型反応、そしてその両方の反応が出るケースもあります。すぐに治る虫刺されもあれば、かゆみが長引いたりぶり返したりする虫刺されもあるのは、この遅延型・即時型の反応の出方によるものなのです。

かゆみを効果的に抑える方法

虫刺されの薬がない!かゆみを抑える代用品とは?

保冷剤で虫さされを冷やす

即時型反応の場合、刺された直後にケアすると、引っ掻いたり悪化したりすることなく、かゆみはそのまま治まります。薬がない場合ですぐにケアしたいという場合には、次のようなものを使っても、かゆみを抑えることができます。

かゆみを抑える身近にあるもの

  • 保冷剤

かゆい箇所を冷やすとかゆみや腫れを緩和できます。

虫に刺された場所は弱酸性の状態。そこに、弱アルカリ性のものを塗ると中和されてかゆみが軽減できます。

市販薬でかゆみを抑える

虫刺されと市販の塗り薬

市販のかゆみ止めなどを使用すると良いでしょう。市販薬には、ステロイド剤が配合されているものと抗ヒスタミン剤が主体のものの主に2種類があります。ステロイドは副作用が気になるところかもしれませんが、虫刺されなどのかゆみ止めの場合、長期的に使用することは少ないと思いますので、それほど心配しなくても良いでしょう。

症状がひどい場合は皮膚科で相談を

虫刺されで病院を受診するなんて大げさなのではないか、と考える人もいるかもしれません。しかし、かゆみや腫れがひどい場合など、症状が強く出ている場合には、医師に相談すると良いでしょう。
先にもありましたが、虫刺されによって起こるアレルギー反応には個人差がありますから、症状も軽い場合もあれば、症状が重い場合もあるのです。「虫刺されなんかで」などと甘くみないことが大切でしょう。

虫刺されにステロイドは大げさ??

「虫刺されにステロイドなんて大げさ!」なんて思う人もいるかもしれませんね。でも、免疫機能が未発達な乳幼児や、大人でも免疫機能が低下している場合は、かゆい部分を引っ掻いて傷ができると、そこからバイ菌が入り、悪化させることにもなります。これを「とびひ(伝染性膿痂疹」といい、一度かかってしまうと身体のあちこちに広がり入浴や同じタオルを使用することで家族にも感染してしまいます。たかが虫刺されと侮ってはいけないのです。

セルフケアをしても改善しないとき

上記のようなセルフケアを一週間続けてもよくならないときは、虫刺され以外の皮膚炎の可能性もあるので、医療機関を受診しましょう。

また、虫がたくさんいそうな場所では長袖長ズボンで肌を覆ったり、虫よけスプレーを使用したりするなど、虫からの回避対策をすることも大切です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ