とびひになったら保育園は?に関する記事

とびひは保育園に登園OK?登園停止なら許可はいつから?

とびひは保育園に登園OK?登園停止なら許可はいつから?

とびひになったら保育園はどうすれば良いの?感染力の強いとびひの症状や治療法、保育園での対処などをご紹介していきます。

マーミーTOP  >  子育て  >  とびひは保育園に登園OK?登園停止なら許可はいつから?

子供がとびひになったら保育園にいつから登園してもいいの?

ベッドの中にいる子供

とびひとは、未就学のお子さんが特にかかりやすい病気で、感染している人に接触することで感染する感染症の一種です。感染経路としては、皮膚の傷口などから菌が入り込むことによる接触感染によりうつってしまい、年齢に関係なく発症しますが、接触が増える幼少期に感染が広がる事が多く、特に保育園や幼稚園などで流行しやすい病気です。

とびひになると皮膚が炎症を起こし、膿をもってしまったり、水ぶくれになって患部が腫れてしまいます。この膿や水ぶくれが生じている部分が、他のお子さんと接触することで、他のお子さんも「とびひ」に感染する可能性があります。お子さんが、お外で転んだりして、擦り傷や掻き傷ができていた場合には、そこから感染する可能性が高いので、保育園などの同年代のお子様達と触れ合う機会のある場所では注意が必要です。とびひとなっている部分を掻いてしまうと、手に菌がついてしまい、その手で他の子供に触れることでも感染を広げてしまう可能性があります。

もしも、お子さんの傷口に水ぶくれができていて腫れている場合には、まずは「とびひ」を疑うべきでしょう。また、傷口に出来るかさぶたの中に水ぶくれがあるように見えるケースも「とびひ」の症状の一つです。さらに、症状が悪化してしまうと、そこからリンパ腺が腫れ、熱も出てしまうという場合もあります。

とびひは保育園や幼稚園など、沢山のお子さん達が集まる場所では、非常に感染力の高い病気です。特に、夏場は肌も露出しており、肌が直接触れ合う機会も多く感染のリスクが高まってしまいます。そのために、夏などの薄着になる季節には、特に注意が必要となります。

とびひに移らないように、他の誰かに移さないように、いくら気をつけても、潜伏期間などの関係もあって、目に見えないうちに移ってしまうこともしばしばあります。気をつけていてもなってしまった時には仕方がありませんよね。

もしも、お子さんがとびひになってしまったら「保育園に行っても大丈夫なの?」「いつから登園できるの?」など、さまざまな疑問を想像してしまうお母さんも多いはずです。

そこで今回はお子さんがとびひに感染してしまった時などに、役立つ情報をお届けしていきますね!

とびひになったら保育園はいつから通ってもOKなの?

公益社団法人日本皮膚科学会によると、とびひ(伝染性膿痂疹)は、学校保健安全法の指定よって、出席停止までの措置は求められていませんが、担当する医師が判断する場合によっては、保育園などへの出席を制限したほうがよいとの指示を受けてしまう事もあります。

引用元:日本皮膚科学会

病院で医師に診察してもらう子供とお母さんのイラスト

とびひになってしまっても、インフルエンザなどの感染症のように、登園禁止・登園停止などの義務まではありません。しかし、症状がひどい時には、自主的な判断や医師の指示に従って登園は控えるべきです。また、保育園や幼稚園の規定でお医者さんの登園許可が必要となってしまう場合もあります。もしもの時には、とびひになった旨を保育園に相談してみるようにしましょう。

菌は膿として皮膚から排出されますので、膿が出て皮膚がジュクジュクしている状態では、保育園や幼稚園などには登園しないようにしましょう。治療を始めて症状が落ち着くことで患部はかさぶたに覆われ、乾燥した状態になりますので、痒みなども治まっている場合には、しっかりとガーゼなどで患部を覆うことで、登園は可能となります。しかしながら、子供同士ですから必ずと言っていいほど接触はありますので、一度は園に症状を伝えて、登園の確認をとるようにすることがトラブルを避ける意味でも大切です。

とびひってどうやって感染してしまうの?

公益社団法人日本皮膚科学会によると、とびひ(伝染性膿痂疹)は、ブドウ球菌や溶連菌などが原因となり、感染している人との接触などによってうつってしまいます。虫刺されや、あせもを、ひっかいたりすることで、症状が悪化してしまうことがあります。

引用元:日本皮膚科学会

とびひは感染している人との接触によって起こります。「感染している時にプールは大丈夫なの?」という疑問がありますが、プールの水によって感染することはありません。しかし、プールの中では他のお子さんと接触する機会が多いため、感染してしまう可能性は高まってしまうため、感染が流行っている時のプールは控えた方が良いでしょう。

保育園や幼稚園、市民プールやスイミングスクールなどでは、とびひにかかったお子さんはプールに入ることはできないと言われるはずです。

たとえ患部をガーゼなどでぐるぐる巻きにしていても、水によって取れてしまったりお子さんが自分でとってしまったりすることがありますよね。もしも、他のお子さんが感染していた場合には、自分の子供を同じプールに入れるのは抵抗がありますよね。お子さんがプールを楽しみにしていて「どうしても入りたい!」と言うこともあるでしょうが、感染を防ぐためにもプールは控えるように徹底しましょう。

とびひの潜伏期間って何日くらいなの?

保育園

とびひの潜伏期間には個人差があります。潜伏期間とは、感染症を引き起こしてしまう原因菌の影響を受けてから、症状が現れるまでの期間を指します。とびひの場合潜伏期間はまちまちですが、厚生労働省の公表している資料である感染症対策ガイドラインによると、2~10日ほどだと言われています。そのため潜伏期間が長いお子さんの場合では、感染してから症状が出るまでの間には、自分がとびひに感染していることに気付かず、保育園へ行ってしまい接触感染させてしまう事が少なくありません。とびひの感染期間は症状が出た直後から、治療を開始して24時間まで、とされていますが、治療をしなければ感染してしまうため、タイミング的に病院に行けない場合は、保育園をお休みすることを検討するようにしましょう。

このような状況を考え、通っている保育園や住んでいる地域でとびひが流行していたら、他のお子さんと接触するような遊びを控えるように注意し、手についた菌が傷口などに触れないように、手洗いを徹底するようにしましょう。

アトピー性の皮膚炎をお持ちのお子さんはとびひの症状が悪化することも

アトピー性の皮膚炎のお子さんは、皮膚がデリケートなため、そうでない子どもと比べて、とびひにかかりやすくなってしまいます。アトピー性皮膚炎の場合、肌のバリア機能が低下しているので、傷もできやすく感染もしやすい肌状況といえます。さらに、アトピーの場合では、とびひが重症化してしまう危険性もあります。アトピー持ちのお子さんがとびひにかかったら、すぐに病院で治療することをオススメします。

とびひの治療法について

とびひは感染力が高いため、自然治癒はオススメしません。きちんと患部を隠しながら薬を使って治しましょう。通常治療期間は1週間程度だと言われていますが、適切な処置を行うことでこれを3〜5日程度に短縮することができたりします。

塗り薬

症状が軽い場合には、処置が早ければ「抗生物質」や「塗り薬」で簡単に治ってしまうことが多くあります。軟膏などの塗り薬を患部に塗って、その上にガーゼをかぶせて、数日経てば治ることがほとんどです。ガーゼは清潔に保つため、1日1〜2回は交換すると良いでしょう。これらの治療法で回復が見られたら、より早く医師からの登園許可をもらうことができるでしょう。

けれど、症状が重い場合にはそうもいきません。とびひは感染力が強いため、治療が長引けばその分登園許可も遅れてしまいます。とびひは他の人にうつりやすい病気ですが、症状が出ている部分が他の部位にも広がりやすいという特徴もあります。患部には痒みがあり掻くことで手に菌がついてしまい、その手で身体の他の部位を触ったり掻いたりすることで、とびひの症状が身体中に広がる可能性があります。特に触れやすいために顔に症状が出ることが多いのですが、掻き広げることで首や手足、背中と身体中に赤い湿疹が広がっていきます。患部をかいてしまうと余計に悪化するので、お子さんには痒くてもかかないように十分言い聞かせ、触れられないようにガーゼなどで十分に保護したり、爪を切って患部を掻き毟らないようにしてあげる、菌がついた服からの症状の広がりを防ぐために、着替えの回数を増やしたり、洗濯をこまめにすることが大切です。

基本的に抗生物質を処方してもらえば数日で治るはずです。しかし中には、抗生物質がうまく効かない耐性菌が存在していて、治療に手間取る場合もあります。これまで想定していなかった菌が存在しているため、とびひの治療期間には個人差があると考えてください。

保育園に登園を控えるように言われることも

安静にして寝ている子供のイラスト

保育園や幼稚園などに通っている場合には、登園を控えるように指示を受けることがあります。これは医師の判断によらず、園の規定で決まっていたりする処置です。とびひはお子さん同士での感染力が非常に強いため、1度広まると収拾がつかなくなる場合があります。

自分のお子さんが原因でとびひが広まった場合、他の園児にも迷惑がかかりますし、場合によっては園児のお母さんたちに文句を言われかねません。すでに症状が治まっている場合でも、園の指示に従い登園許可が下りるまでは安静にしておきましょう。

とびひは感染してからの素早い対処が肝心!

とびひは子供が集まる保育園や幼稚園に預けている場合、予防することは非常に難しいと言えます。そのため、症状が見られた場合には、すぐに病院へ行くなど素早い対処が肝心になってきます。お子さんが痒いからと掻きむしったり、安易に水ぶくれを潰してしまったりしては、症状が悪化してその分治療期間も長くなります。

お子さんの肌に異常を感じたら、できるだけ早く病院へ行き指示を仰ぐのが症状を長引かせないコツですよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ