子供の歯の矯正についてに関する記事

子供の歯列矯正はいつから?ベストな年齢と治療法や費用

子供の歯列矯正はいつから?ベストな年齢と治療法や費用

子供の歯を矯正すべきか悩んだときにママが不安に思う、適応年齢や治療法、費用について詳しく説明します。

マーミーTOP  >  子育て  >  子供の歯列矯正はいつから?ベストな年齢と治療法や費用

子供の歯を矯正すべき症状と年齢や時期/治療の種類/かかる費用

現代の子は小顔であごがシャープなつくりになっていて羨ましいと思いきや、あごの発達が充分でないぶん、歯がきれいにおさまりきらずに歯並びがガタガタになっている子が増えています。それに、子供の歯並びが気になっても、ママ自身が矯正を経験していないと知識もなく、子供のうちから歯列矯正することに抵抗があるかもしれませんね。

しかし、症状によっては、あごが発達途中である子供のうちに矯正治療を開始した方が良いこともあるので、ママは矯正治療について知っておく必要があります。ここでは、「いつから治療を開始するのが良い?」「子供の歯列矯正の費用はどれくらい?」「矯正治療の種類は?」などの疑問にお答えします。

小児歯科矯正の時期

「矯正はいつから始めればいいの?」と考えているママもいると思います。小児矯正の治療は、あごの骨のバランスや大きさを整えて骨格を矯正する第1期治療と、歯の位置を整える歯列矯正が目的の第2期治療に分けて行われます。それぞれの治療に適した時期や年齢、なぜその時期に治療を開始することが良いのかについてみていきましょう。

第1期治療の時期

歯科医に歯を調べられる子供

第1期治療は、あごの骨が柔らかく発達途中である3歳から12歳くらいの子に適していて、永久歯が正しく生え揃うような土台をつくることができます。特に、永久歯が生え始める5歳くらいまでで矯正治療をスタートさせると、あごの成長やあごの奥で眠る永久歯に問題がある場合に早めに対処することができます。

それに、永久歯が生え揃ってから治療を開始すると、歯を動かすスペースを作るために、永久歯を抜歯しなければならないこともあり、遅くとも永久歯が生え揃う前である6~12歳までに、検査や治療を開始しておくと、スペース作りの準備ができるため、抜歯をしなくても済むことが多くなります

3歳時健診のタイミングで、同時に歯科健診をすることをオススメします。現在ではムーシールドというマウスピースの様な物を使い、受け口を少ない負担で矯正することが可能な場合もあるので、早めに歯科医院にて子供に健診を受けさせるようにしましょう。
姿勢や色々な癖、口呼吸など乳歯の歯並びが悪くなる原因に当てはまらないか確認してみてはいかがでしょうか。

第2期治療の時期

第2期治療は個人差がありますが、10歳前後の子から成人になるまでの、永久歯が生えそろった時期から治療を開始します。13歳~15歳前後であごの成長が終わり、永久歯も生え揃うので、本格的な歯列矯正がおこなわれます。第1期治療で、永久歯が正しく生えるように誘導できていれば、第2期では治療しなくてもすむケースはあります。逆にあごの発達に問題がなければ、第1期での矯正治療は行わず、第2期だけ治療をするケースもあります。

矯正が必要な症状の種類

矯正が必要な症状としては、あきらかに歯並びが悪くてママが気づく場合と、噛み合わせや受け口などあごの発達が問題でママが気づきにくい場合もあります。小児矯正は早期治療が大切なので、以下の症状に気づき、少しでも気になったら、小児歯科で相談してみましょう。相談と一緒にフッ素塗布をしてもらうと、虫歯も予防できて効率的ですよ。

  • 下顎が上顎よりも前に出ている反対咬合(受け口)
  • 上顎前歯が極端に前に出ている出っ歯(上あご前突)
  • 歯を噛みあわせた際に、奥歯は咬み合っていても前歯が噛み合わず隙間ができてしまう開咬
  • 八重歯や変な角度で生えてしまう乱杭歯
  • 上顎の前歯に多い歯と歯の間に隙間ができてしまう空隙歯列(すきっ歯)

年齢や治療を受けさせるタイミングはいつから?

子供のうちの方が成長に合わせて歯の位置を動かしやすかったりするため、成人した大人に比べると矯正期間が短く済む場合が多くなります。それに合わせて費用も安く済むことも多くなります。
現在では歯列矯正をしている小さな子供が多くおりますが、思春期になると見た目を気にして矯正装置自体を嫌がる子もいます。矯正はなるべく早い時期に始めるのが良いのですが、前歯の永久歯が揃う7歳くらいに、歯並びが悪いことに気づくママも多いと思いますので、7歳前後を目安に矯正歯科について歯科医院に相談してみましょう。

矯正治療の種類

前歯がない女の子

あごの環境を整える第1期治療と、歯並びを整える第2期治療とでは、治療法もまったく変わってきます。特に、症状によっては、第1期治療であごの環境が整ったら、第2期治療が必要なくなるケースや軽い矯正ですむケース、永久歯が生え揃った第2期から治療した方が良いケースもあります。ここで、矯正治療の種類についてみていきましょう。

第1期治療の種類

反対咬合や出っ歯など骨格が原因である症状に対しては、骨の柔らかい第1期治療から始めます。上下のあごのバランスを整える、「ムーシールド」や「フェイシャルマスク」という装置や、八重歯や乱杭歯の原因となる永久歯の生えるスペースが不足している場合にはあごを拡大する装置を使う治療が進められます。

ムーシールド

ムーシールドは乳歯が生え揃った時期から受け口を改善する装置です。就寝時に装着し、舌や口腔周りの筋肉を正しく整え、反対咬合を改善します。3ヶ月から8ヶ月くらいで効果が見られますが、装置の使用をやめると悪い筋機能に戻ってしまうため、改善後も1年くらいは正しい筋機能を覚えるために装置の使用を続けるようになります。

フェイシャルマスク

反対咬合の症状の中でも、上あごの成長が悪い場合や、上あごが後ろにある場合、下あごが大きいという原因である場合の治療に用いられる装置です。額とあごに付いた装置の間に上あごを前に引っ張るためのワイヤーが付いています。下あごが動くことで上あごが引っ張られるシステムになっており、上下のあごの成長バランスを調整します。
常に装着するのではなく、1日のうちに8~10時間程度装着し、上顎と下顎を正しい位置に矯正します。

あご拡大装置

永久歯が生えるスペースを確保するために、拡大装置を使った治療で、あごの幅を広げます。正中口蓋縫合(上あごの右側と左側の継ぎ目)がまだくっついていない小児時期では痛みをあまり感じずに治療できます。あごの幅が広がることで、永久歯がきれいに生え揃うだけでなく、鼻の中の気道が広がり、鼻づまりが緩和されることもあります。

第2期治療の種類

第2期治療では、歯並びを正しくするために、歯の矯正装置を使った治療が進められます。矯正装置によって、歯に力をかけ、歯の周りの骨を溶かして、溶けてできた隙間に新しい骨ができることで歯を移動させることが目的です。矯正装置にも、症状や使い勝手によってさまざまな種類があるのでみていきましょう。

ワイヤー矯正

一般的な矯正といえば思い出されるワイヤー矯正は、歯に「ブラケット」という装置を取り付けて、それにワイヤーを通すことで少しずつ歯を動かして歯列を矯正していく、もっとも基本的な歯列矯正治療です。ブラケットは金属製のものが多かったのですが、最近では、見た目が良い透明のプラスチックやセラミック製のものも多くなってきています。
ブラケットとワイヤーの隙間に通常の歯ブラシが入りづらいことから、歯列矯正中に虫歯になってしまう子供が多くおります。またシッカリと歯を磨けないことが子供の口臭の原因になる場合もあるので、最初のうちはママさんがちゃんと歯磨きできたかチェックしてあげる必要があります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、透明のマウスピースを使用することで、ワイヤー矯正に比べ矯正しているとはわかりにいのが特徴です。また、自分で取り外しが可能なので食事や歯を磨くときは外すことができるため人気です。一般的には大人向けの矯正治療ですが、最近では、永久歯が生え揃っていない10代の子供が対象の装置も準備されています。歯並びの状態によっては適用されない場合もありますので、歯科医院で費用と合わせて相談してみるのがオススメです。

舌側矯正

舌側矯正とは、ワイヤーとブラケットなどの矯正装置をすべて、歯の裏側に装着する矯正治療です。表側からは矯正装置をつけていることはほとんどわからず、目立たないというのが一番のメリットです。しかし、歯の裏側に装着するということで違和感が強く、治療期間も長くなってしまい、治療費も1.5倍ほど割高になる傾向があります。
歯磨きがしづらくなるので、通常の歯ブラシの他に、歯間ブラシやワンタフトブラシなどを利用したほうが良く、慣れるまでは親御さんが仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。もちろん歯間ブラシなどは、矯正をしていない状態でも虫歯を防ぐ効果が高いので、普段から使うようにするのもおすすめです。

リテーナー(保定装置)

歯並びや咬み合わせが整った後にする治療が、リテーナーというマウスピースやワイヤータイプの矯正装置を使った治療です。保定装置とも言われ、歯やあごの位置を動かすための矯正装置ではなく、歯が元の位置に戻ろうとするのを防ぐ、歯を動かさないための装置がリーテナーです。

歯は、矯正装置で正しく移動された場合でも、歯の周りの骨が不安定な状態になっていたり、歯と歯茎を結んでいる繊維の形が変わっていなかったりして、新しい歯の位置からもとの位置に引き戻す力を歯に加えることがあるため、リーテナーで歯をしっかり固定することが大切なのです。
せっかく歯の矯正をしても、矯正装置を外すことで元の悪い歯並びに戻ろうとする力が加わってしまうため、矯正装置を外した後の1年程度を目安に、リテーナーを装着されることが多いようです。

小児歯科矯正にかかる費用の相場

治療室の歯科医と歯科助手

小児歯科矯正で、第1期治療にかかる費用は、検査代、矯正費用、通院費などを含めたトータルで30~60万くらいになります。第1期治療だけで終わる場合もありますが、続けて、第2期治療を開始する場合、プラス25~65万となっており、医院によっては、成人矯正費用から第1期治療の費用を差し引いた金額に設定されていることもあります。

第1期治療をしないで第2期治療から開始する場合は、割高になっていて70~100万円が目安となっています。どちらも健康保険が適用されず、全額自己負担となるため高額になっていますが、矯正治療費は医療控除の対象となっていますので、確定申告により一部費用が戻ってくることもありますよ。
費用だけ聞くと割高と思ってしまいますが、歯並びは一生物と考えると決して高い値段とは言えません。デンタルローンを使用できる歯科医院も増えていますので、かかりつけの歯医者さんに相談するようにしましょう。

医療費控除とは

医療費が多くかかってしまったときに、その医療費の負担を軽くするため、かかった医療費の一部を税金から控除される制度のことです。上限は200万円で、下記の計算式で求められます。
(一年間に払った医療費合計)-(10万or年収200万未満の場合所得金額の5%)=(医療費控除額)

事故による怪我や、病気などによる影響などでない限り、歯列矯正は保険適用外となります。保険適用外のため、1月内の医療費が一定の金額を超えた場合に、申請することで払い戻しを受けられる高額療養費という制度を利用することができません。そのため矯正のような高額医療費を払った場合でも、基本的には全て自己負担となりますので、矯正を始める前には歯科選びから始まり、治療方法や費用、デンタルローンの有無など、しっかりと下調べをする必要があります。

歯並びが悪いことで起こる悪影響

歯並びが悪くても、「見た目を気にしなければ大丈夫!」と思っていませんか?歯並びが悪いことで、歯磨きが行き届かず、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。それに、歯並びが悪く不正咬合だと食べ物を噛むときに特定の歯ばかりに負担がかかり、歯が痛みやすくなってしまうこともあるのです。

また、咬み合わせとあごの関節の働きは、頭や顔、首の骨格や神経と密接な関係があるため、悪い咬み合わせや、あごのバランスの崩れが、身体全体に悪影響を及ぼすこともあるそうです。歯並びの悪さが歯ぎしりの原因となることもあるので、寝ている時に歯ぎしりをしている場合は、歯並びを確認してあげるようにしましょう。
小児矯正によって、子供が元気で健康に育ち、人前でも歯を見せて大口で笑えるようにしてあげたいですね。
歯並びは個人差が大きいため、上記でご紹介した年齢はあくまで参考とし、3歳時健診のタイミングぐらいで、かかりつけの歯科医院を決め、相談することが子供の将来のためにもなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク