起立性調節障害の原因と対策に関する記事

起立性調節障害の原因は?周囲の理解で病気と不登校も防ごう

起立性調節障害の原因は?周囲の理解で病気と不登校も防ごう

起立性調節障害の原因は、「神経の成長」と「体の成長」のズレが生じて、自律神経のバランスが崩れること。その影響で、朝起きるのが苦手になってしまいます。

マーミーTOP  >  子育て  >  起立性調節障害の原因は?周囲の理解で病気と不登校も防ごう

起立性調節障害の原因とは?子供が朝起きられないのは病気かも

朝の時間が来て、何度も何度も起こしてもなかなか起きてくれない子ども、学校に行く時間が近づいてくるにつれて、ママはヒートアップしてしまった事があったかもしれませんね。そういった朝の時間が一回だけである場合は、「今日は体調が悪いのかな?」「学校で嫌なことがあって行きたくないのかな?」などと思ってしまいますが、そういった事が毎日のように続いてしまえば、その原因が知りたくなってしまうのが、親心ですよね。

今回は、そんな子どもと親を悩ませる朝になかなか起きられない、原因の一つでもある「起立性調節障害」を取り上げ、その原因や症状、などを紹介します。

起立性調節障害とは

春の学校

朝なかなか起きられないというと、その子供は一見すると「学校に行きたくない」「学校が嫌いなのかなあ…」と、当事者以外の人達からサボリ癖があるのかな?怠けているのかな?と偏見と誤解の目を向けられがちです。

社会人にだって、「会社には行きたくない…」という日があるように、子どもにだって「学校に行きたくない…」という日があります。そういった、心理的な側面だけではなくて、体の病気で朝起きられない子ども達が増え始めています

その原因の一つとされている病気が、起立性調節障害(OD:Orthostatic Dysregulation)であり、これは自律神経失調症の症状の一つです。自律神経は、私たちの生命を維持するために必要な働きをしています。自律神経系で制御されている体の機能は、自分の意志ではコントロールできない種類のものです。たとえば心臓の動き、呼吸や血圧、排泄などどれも、生きていくうえでは欠かすことのできないものばかりですよね。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類があって、起立性調節障害では交感神経の興奮と、副交感神経の働きの低下のバランスがうまくいかずに、血流や血行を維持できなくなって様々な症状を引き起こってしまいます。

体の血流や血行が悪くなってしまうと、体に熱を伝える役目も担っている血液の巡りが悪くなってしまって、
血液が体に巡らずに、体が温まりません。体が温まることと、睡眠には、深い関わり合いがあって、体温が上がるとともに、体がお目覚めモードになっていきます。

起立性調整障害を抱えている人は、自律神経が乱れてしまって、血行が悪くなり、朝に体が温まりにくいために、体がなかなかお目覚めモードにはならないために、朝に起きるのが苦手となってしまいます。

特に成長ホルモンなどの影響を受け自律神経が乱れやすい、思春期にあたる10~16歳がその症状が出やすいとされていて小学生の5%、中学生の10%ほどが、程度の違いこそあれ発症しているといわれています。

起立性調節障害の原因

ブランコで遊んでいる子供達

起立性調節障害は自律神経失調症、つまり自律神経機能のバランスを失うことによって起こってしまいます。

そもそも自律神経の乱れは年齢、日常生活、ストレス、人間関係、環境などいろいろなことが関与し、影響を受けやすいという特徴があります。特に思春期では身長が伸びる、第二次性徴が起きるなど体の変化が急激に起こります。その時に、骨や体はどんどんと成長していくのに比べて、神経の成長スピードは穏やかであり、それら成長に「ずれ」が生じてしまいます。

その体の中で引き起こる成長の「ずれ」や、思春期独特の「悩み」などが加わって、自律神経が乱れてしまって、血流が滞ってしまって、体に熱が伝わりにくくなってしまって、ヒトが寝たり起きたりする時に関わっている、体内時計にも乱れが生じてしまって、朝は活動モードになかなかなれずに、起立性調整障害になってしまう子ども達が多くいます。

起立性調節障害の主な症状

起立性調節障害は、血圧が低下して出る症状と、交感神経が反応しないことよってあらわれてしまう症状があります。

日本小児心身医学会によると、起立時の血圧や、起立後の血圧回復時間測定などの起立試験を行って

  • 起立直後に強い血圧低下が起こる
  • 起立による血圧低下はないが心拍が増加する
  • 血圧低下により意識低下や消失を起こす
  • 起立3~10分後に血圧が低下する

などのような項目を診断するさいの判断材料とし、その他にも日常生活での症状も合わせて総合的にみて、起立性調節障害であるかどうかを判断します。

引用元:日本小児心身医学会

起立性調節障害である場合に、日常生活であらわれやすい症状は、

  • 立ちくらみ・めまい
  • 気持ちが悪くなる
  • 倒れる
  • 動悸、息切れ
  • 朝起きられない
  • 顔色が悪い
  • 食欲がない
  • 腹痛がある
  • 疲れやすい

などがあります。また診断をする際には、血液検査やエコー検査などをして心臓病や貧血など、その他の異常がないことを確認して診断がつけられます。

子どもは学校に行くことが仕事だと言われますよね。本来朝起きて時間通りに学校に行き、規律を守るという集団行動を重視しているのが学校なので、「朝起きることが出来ない」「学校に行っても集中できず、ぼーっとしている」という行動が見受けられてしまうと、周囲からはやる気がない、怠けているからだと、誤解や偏見の目を向けられやすくなります。

授業中

それらの症状が起こった場合には、親であってもそういった誤解をしてしまうこともあるかもしれません。子ども自身も自分の体の不調をうまく伝えられない事もあったりします。より、早くその原因を突き止め、周囲の理解を得られる事が出来ればよいのですが、きちんと診断がつくまでには時間もかかる場合があります。

その時期までに「サボリ癖」「怠けているからだ」と注意を受ける回数が多くなると、今度は学校自体に行きたくなくなり…、そして不登校、引きこもりにつながってしまうという、不幸なケースもあったりします。

まずは上記の症状に加え、遅刻が多くなってしまう、ゴロゴロしてしまう時間が多くなった、などの子どもの様子がおかしいと感じた時には、まず小児科を受診しましょう。中学生や高校生では内科に通う年齢になりますが、病院に起立性調節障害かもしれないと問い合わせれば、中高生であっても受診できるところがほとんどです。そして診察をして必要があれば、循環器や内科、起立性調節障害専門医を紹介されます。

起立性調節障害の治療法

病院での診断の結果、朝になかなか起きられないなどの症状の原因が、起立性調節障害であることが、確定されたら次は、その治療を行います。その治療法は、「行動療法」と「薬物療法」です。

行動療法は、血圧を下げないために、血圧を保つために水分や塩分を多めに取る、交感神経を活発化させるために朝日を浴びさせる。また、日中に体を動かしたり、眠る前に長時間使用してしまうと、睡眠の質に影響を与えると言われているスマホ画面などの、ブルーライトの光を浴びる時間を減らす。などの、生活リズムを整えていく治療法です。

薬物療法は血圧を上げるための薬が処方されます。起立性調節障害になってしまうと、自律神経が乱れてしまって、その影響を受け、血圧が下がってしまいます。血圧が下がってしまうと、脳に流れていく血液の量が減ってしまって、脳内活動が制限されてしまいます。その影響を受けて、朝起きるメカニズムが乱れてしまうと、朝になかなか起きられなくなってしまいます。

薬物治療では、起立性調節障害によって下がってしまった血圧を、上げるための薬を処方します。しかし、薬の効果が中々現れない子供もいたりして、そのために症状を繰り返すこともあるので注意も必要です。

起立性調節障害と診断されたら

検診を受けている子供

きちんと診断がつくと、子供はどうにも言えなかった不調の原因が特定されたことで、その事実に対する向き合う気持ちなど芽生えてくるし、また親もそれを自覚して少し安心することが出来るのではないでしょうか?

また診断がついたら、その子を取り巻く周囲にいる人達は、誤解を持たずに理解を深めていきましょう
起立性調節障害はまだまだその症状やメカニズムが一般的に認識されていないことから、他者に理解をしてもらうためには、周りの人達に働きかけていくことが大切です。

学校関係者に病気についての理解を求める

お母さんは、学校の担任の先生などに子供が、起立性調節障害である事をきちんと伝えて理解を求めましょう!

そうすると、お子さんが学校を遅刻したり、休んでしまう理由が、「学校が嫌い」「怠けている」という精神的な理由ではなく、やむを得ない体の不調が原因であることを担任の先生などが理解してくれます。

また、そういった事実を伝えることで、学校側や周りの生徒が配慮してくれて、保健室通学や、2時間目からの登校などを認めてくれたり、クラスメートが受けられなかった授業のノートを貸してくれる事もあったりします。

無理な運動は控える

運動をすると心拍数が上がってしまって、その影響を受けて血圧も上がっていきます。特にスクワットやうさぎ跳びなどの運動は頭が激しく動いてしまう運動は、血圧の変動も激しく適しません。

運動をする時の一つの目安は、心拍数が120を超えない程度の軽い運動が望ましいと言われています。運動をするなら同じペースで取り組むことが出来る散歩や水泳がおススメです。適度な運動は、心理的にも爽快感を得ることが出来ます。運動することで体が疲れて、夜の眠りを誘い生活リズムを整えることにもつながります。

学校での体育の授業は、内容によっては血圧の変動は体の不調を招くので見学をさせるなどの学校側の配慮も必要となります。

炎天下で長時間過ごす際に注意する

炎天下で長時間過ごしてしまうと、沢山の汗をかいてしまいます。汗として体から沢山の水分が失われてしまうと、
血液の成分でもある水分が失われて、体の中の血液の量が少なくなってしまいます。そうなってしまうと、血圧は低くなってしまって、低血圧による体への影響をさらに受けやすくなってしまいます。

そのために夏場の気温の高い所、熱いお湯に入浴する時なども注意が必要となります。

大人になってからも症状が残ることも

運動会

起立性調節障害は、「体の成長」と「神経の成長」のバランスが取れてくると、その症状が改善してくることもありますし、きちんと治療をすれば症状が出なくなる場合が多くなります。しかし、思春期の時期に、起立性調節障害と診断された子供たちは、その症状が軽くなるとはいえ、全体の20~40%の人は完治しないこともあると言われています。

大人の起立性調節障害も自律神経のバランスが悪いことで、その症状が引き起こされます。この自律神経を整えるためには、規則正しい生活を心がける、バランスのとれた食生活をする、そして適度な運動をするという自己管理が大切です。また時には、趣味に打ち込むなどの楽しい事をしてストレスを発散させましょう!

自律神経の乱れは少しのきっかけでも起こります。そのため常に自分の生活をうまく管理することが大切であり、起立性調節障害の原因を知ることで、その症状を抑えることができます。

万が一病院を受診する場合には、体の不調で起こる症状なので心療内科ではなく、内科や循環器を受診するようにしましよう!

家族が一番に「誤解」をなくし、温かい眼差しを向けよう!

お子さんが朝になかなか起きられなかったたりしたら、ご家族の方も最初は「誤解」の目を向けてしまうかもしれません。そういった、誤解や偏見のストレスで、お子さんの悩みはさらに膨らんでしまいます「どうしてわかってくれないんだ…この辛さを…」。

お子さんが起立性調節障害と診断されたら、その時には温かい眼差しをいっぱい向けて、サポートしてあげましよう。先ずは、学校にその事実を伝えること、そうすると、家族や学校のサポート体制が整っていき、起立性調節障害の症状が悪化してしまうことや、心のダメージが少なくなります。

そうした、子どもを取り巻く、周りの人々の支えの中で、お子さんの体の成長に神経の成長が追い付いてきたら、自律神経のバランスが整ってくるので、その症状は自然と改善される事があります。子どもの心が折れそうになったら、いつか改善する時が来ると子供に寄り添い、明るい希望の声をかけてあげましょう!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ