小児科は何歳まで?に関する記事

小児科は何歳まで受診OK?付き添いは?パパママ世代との違い

小児科は何歳まで受診OK?付き添いは?パパママ世代との違い

小児科では何歳まで子供を診てくれるのでしょう?また、親の付き添いは何歳まで必要?日本小児科学会の対象年齢見直しにより、思春期の子供達もこれまで通りかかりつけ医として見守ってくれるようになったんですよ。でも、独りで行かせるのは要注意!

マーミーTOP  >  子育て  >  小児科は何歳まで受診OK?付き添いは?パパママ世代との違い

小児科では何歳まで診察してもらえるの?付き添いはいくつまで?

子供は突然熱を出したり、怪我をしたりと何かと目が離せず、親になると1年に何度も子供を抱えて病院へ通わなくてはいけません。そういった子供の病気や怪我などでまずお世話になるのが「小児科」なのですが、小児科って何歳までかかることができるかって知っていますか?

パパママ世代が子供の頃は15歳以下の子供を対象にしていた小児科。今では、対象年齢が変わっているんです!子供を連れて病院を受診する際の「困った」を防止するためにも、小児科の対象年齢年齢引き上げの理由親の同伴付き添いの考え方などについて知っておきましょう。

成人するまでは小児科を受診できる!

小児科で診察を受けている女の子

「小児科」はその名前のとおり子供の病気に対応する診療科です。大雑把にわけると、子供の不調は小児科、大人は内科などという分け方になるのですが、実は小児科の患者の年齢に厳密な規定はなく、子供が内科を受診しても特に問題はありません。

ですが、子供には子供特有の感染症や病気があって、診療内容の幅広い内科医では対応しきれないといったケースも…。また、同じ薬を使っても大人と作用が異なるなど、子供の体は単純に大人のミニチュア版とはいえないため、子供の命と健康をより守るためには、小児科を受診することが望ましいとされているのです。いい小児科を選んで長く見てもらえれば、体質などもカルテに残り親も安心ですね。

パパママ世代の常識は中学生まで

パパママ世代では、小児科を受診する患者の年齢はおおむね15歳以下の中学生まで。ですから、思春期~成人するまでは、大人と同様に風邪やケガで内科や外科を受診してきていますよね。

こういった考え方は、子供の体の機能や働きが第二次性徴期にあたる15歳で完成し、大人と同じ量の薬を飲んでも大きな作用の違い起きなくなることから、妥当な考え方ではあります。

ですが、例えば小児糖尿病や心疾患など小さな頃から定期的に病院へ通っている子供の場合、15歳で転科を余儀なくされることで引継ぎの際にトラブルが起きてしまうこともあります。内科医や外科医は小児の繊細な心理状態に慣れていないため、手術の際など子供の心のケアが不十分になるなどの問題も…。そのため、改善の必要があると長い間指摘されてきました。

日本小児科学会では成人までに引き上げ

公益社団法人日本小児科学会のポスター引用

そこで日本小児科学会では、平成18年から見解を変えて小児科の対象年齢を「成人するまでの児童」に引き上げることとしました。これまでは小児科に通えなかった15~20歳の患者も、現在は積極的に小児科で受け入れるようになっているんですよ。(注1)

小児科の対象年齢が引き上げられたことで、長い期間病気の治療をする必要のある子供はストレスなく治療を継続できるというよい効果が出ています。なにより、継続して同じ医師が治療を担当することで、子供も病気の状況や病気に対する悩みを医師に打ち明けやすく、より決め細やかなケアが受けられるということは親にとっても安心なことですね。

大きな病院では独自の規定もあり

小児科の受付

小児科を受診する患者の年齢の引き上げは、全国的に取り組みをしているところではありますが、まだまだ総合病院などの大きな病院では、これまで一般的に考えられてきた小児科の対象年齢(中学生まで)を基準に、担当する科を決められることも多いです。

子供を連れて総合病院などの大きな病院を受診する場合には、受付でどの科を受診したらいいか相談するとよいでしょう。

小児科受診時は何歳まで親の付き添いが必要?

基本的に小さな子供を小児科に連れて行くとき、子供は自分で病状や状況を説明できませんので保護者同伴が必要ですね。ところが子供が成長して中高生あるいは大学生になると、軽い風邪やケガ、アトピーなど日常的に通っている病院で薬をもらう程度であれば、親の付き添いはいらない気がしますよね。けれど病院側としては、15歳以上の青年であっても親の同伴を求めるのが基本的なスタンスなのです。

なぜ中学生以上に親の付き添いが必要?

病院へ親が同伴する理由は、病状の説明だけではありません。未成年の場合、医師から提示された治療への同意を、保護者が行う必要があるのです。特に中学生までは学校への報告も親が行う必要があり、病院でも保護者同伴でないと受け付けてもらえません。病院によっては高校生や大学生でも受け付けてもらえませんよ。

ただし、高校生になれば病状の説明や会計処理は自分で行えます。また、大学生になると親元を離れる子供が多く、親がすぐに同伴できないこともありますね。そのため、15歳以上の子供の場合は基本的に保護者同伴ですが、初診のみ親が同伴して治療方針に同意し、経過観察の通院が必要だといわれても医師が子供だけで受診することを了承してくれた場合は、子供だけを通院さることができます。

子供が小児科を嫌がる場合は内科を受診?

小児科で成人まで診てくれるとはいえ、子供が何歳まで小児科を受診してくれるかによっては、柔軟な対応が求められます。子供が思春期を迎えると、「小さな子供と一緒に扱われるのはイヤだ」と感じて小児科の受診を拒むことも多いのです。「小児科に行く」と言っただけでお友達にからかわれたというケースもあり、対応が難しいところ。

15歳以下でも内科で診察してくれますが、小児特有の疾患の場合は対応を充分にしてもらえなかったり、近くの薬局に薬がなかったりするケースもあります。その点、小児科と内科の両方の看板を掲げている病院であれば、思春期以降に病院を変えずに済みますし、小児特有の感染症や薬の量の変更にも対応してくれますのでオススメですよ。

また、特に持病もなく15歳以上になっている場合は、無理をせずに内科などを大人と同じように受診させることをオススメします。15歳以上になれば大人同様の薬が使えますので、基本的に従来通り内科でも治療に問題はありません。20歳以下なら何でも小児科と考えず、柔軟に考えていくといいですね。

小児科専門の病気の場合は何歳まで?

基本的に中学生以上になっていれば子供の意思で小児科を受診するか内科に行くかを決めても問題はないのですが、てんかんや心疾患など小児から見られる特有の病気や、子供の頃に受けた手術に関する治療など、小児専門の病気やケガに関しては、大人になっても小児科を受診する人が多いです。

もちろん途中から成人の科に移ることになりますが、専門医が少ない疾患の場合は転科した途端にこれまでのような自分に合う治療を行ってもらえず、調子を崩してしまうことも…。そのため、子供が転科を希望した場合は、病状に応じて医師に相談してみましょう。

小児科への入院の付き添いは何歳まで?

検査のための短期間の入院や、子供の怪我やRSウィルスなど病気が重いことで長く小児科に入院をしないといけない場合には、当然親の付き添いなどの問題も出てきます。

親の付き添いに対する考え方や規定は各病院で違い、何歳までかは病院によって違います。未就学の幼児であっても夜間の親の付き添いは不要という病院もあれば、未就学児の親の付き添いは必須という小児科もあるんです。

子供の入院時の親の付き添いは、病院の方針にあわせていくしかないのですが、親は看護師さんたちの子供の世話を助けるだけでなく、入院で不安を感じている子供の心を支えるために必要不可欠な存在。子供が望み、病院も許してくれるのであれば、子供の年齢にかかわらず自分のできる範囲で入院の付き添いをしてあげるといいですね。

小児科を何歳まで受診させた?先輩ママの体験談

今までは中学生までと思っていたのに、突然引き上げられた小児科の受診年齢。ママ達はどのように対応しているのでしょう?先輩ママの体験談をいくつかご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

きょうこ
42歳

内科・小児科の個人医がおススメ

授業中の中学生

私は小さい頃に、「小学校を卒業したら、大人と一緒に内科に行く」と教えられてきたので、先日中学3年生の長男がインフルエンザにかかった時に総合病院を受診した際に、「小児科に行ってください」といわれてびっくりしました。

たまたまなのかもしれませんが、そのとき待合室は小さな子供ばかりで、170㎝近い中学生がいるのはちょっと肩身が狭くて…。そして、隣の内科の待合はガラガラだったのに、小児科は患者さんがとても多くて、何時間も待たされました。

もう総合病院はコリゴリだと思って、その後長男の具合が悪い時には、ちょっと遠いのですが個人で小児科・内科の看板を出しているお医者さんに行くようにしています。
小児科・内科であれば子供だけでなく年寄りの患者さんも多いので、中学生の子供と待合に居ても違和感はないですよ。おススメです。

あけみ
46歳

次は内科に行く

私は高校生1年生と小学生6年生の男の子2人の母親です。子供がいるとどうしても冬は同じタイミングで兄弟そろって熱を出したりするので、兄弟2人を一緒に小児科に連れて行けるので楽です。

小さい頃から予防接種などでお世話になっている小児科のお医者さんので、長男も高校生になって小児科を受診するのには抵抗はないみたいです。ただ、「弟がいなかったら、この年で小児科はヤダな」といっていたので、そろそろ長男は普通の内科に連れてった方がいいのかなと思っています。

モエママ
34歳

女の子は恥ずかしいらしい…

いま中学2年生になる女の子と男の子の双子のママです。うちは家の近くにあるお医者さんが小児科なので、中学生でも小児科にかかれるということは親として嬉しいのですが、長男はともかく、娘はイヤみたいです。

先日もインフルエンザの予防接種に双子を小児科に連れて行ったのですが、息子はサッサと雑誌コーナーで漫画を読みあさっていましたが、娘が「いつまでも小さな子供みたいで恥ずかしい」といってブツブツ言っていました。思春期の女の子は、本当に難しいです。

K・K
39歳

内科は落ち着く!?

病院の待合室

高校1年生の息子がいます。中学3年生までは小さな頃からのかかりつけの小児科のお世話になっていたのですが、少し前から内科に行きたいと言い出し、今は何かあったら内科に行くようにしています。

内科に変えた理由としては、「小児科は子供が多くて、落ち着かない」といういっぱしの理由で、今は内科の待合室で悠々と雑誌を読んだりしています。うちは一人っ子なので、小さい子どもの接する機会があまりないから、小さな子供と一緒だと落ち着かないのかもしれません。

でも、確かに内科なら「キャー!」とか甲高い子供の声は聞こえないので、本当に具合が悪い時には過ごしやすいかもしれませんね。

小児科に何歳までかかるかは柔軟に考えて!

小児科を受診できる患者の年齢層が引き上げられたことで便利になった反面、不便さを感じる人もいて、それぞれで受け止め方は違いますね。ですか、子供にとっては回復が一番ですから、病気や怪我に対する一番良い技術と知識を持っているお医者さんの選択肢が広がったことは、とてもありがたいことです。

子供も成長してくると、病院選びに何かと意見を出してきますが、将来自分の健康をしっかり守ることができるようになるためにも、「自分の病気の治療のために、一番良い医療機関を自分で選ぶ」ということはとても大事なこと。年齢にこだわるのではなく柔軟な病院選びができるように、お子さんとも病院の選択について日頃から話し合ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク