ロタウイルスの症状/ミルクや食事に関する記事

ロタウイルス5大症状&赤ちゃん子供の便の色/期間/食事

ロタウイルス5大症状&赤ちゃん子供の便の色/期間/食事

ロタウイルスの症状は突然起こり、すぐに重症化することもあり!日頃から、赤ちゃんや子供の便の色や様子への注意が必要です。

マーミーTOP  >  子育て  >  ロタウイルス5大症状&赤ちゃん子供の便の色/期間/食事

【ロタウイルスの症状】赤ちゃん/子供の便の色とミルクや食事

ロタウイルスは、秋から冬にかけてニュースや新聞でよく耳にするノロウイルスと同じ「お腹の風邪」。特に赤ちゃんや子供の場合、ノロウイルスよりも感染しやすく重症しやすいため、パパやママは気をつけなければなりません。

こちらでは、赤ちゃんや子供がロタウイルスに感染したときの5大症状と便の色、感染期間、感染中の食事、病院を受診するときの注意点などについて詳しくご紹介します。

ロタウイルスとは

ベッドに横になる子供

ロタウイルスとは、感染すると嘔吐や下痢症状が出る胃腸炎を引き起こすウイルスのことです。子供の嘔吐や下痢症状は、ほとんどの場合ウイルスが原因となる胃腸炎ですが、ロタウイルスはそれらのウイルスの中でも感染力が強く、少しのウイルスが体内に入るだけでも感染してしまうと言われています。

0歳~6歳までの乳幼児が感染しやすく「生後6ヶ月~2歳がピークで、5歳までにはほとんどの子供がロタウイルスに感染する」と言われているほどです。乳幼児がロタウイルスに感染すると重症化しやすく、特に初めて感染した時は、下痢や嘔吐などの症状が最も強く出るため、入院を余儀なくされることもあり注意が必要です。

ロタウイルスと便の色

ロタウイルスに感染した子供の症状で最も特徴的なのが、便の色です。ロタウイルスの便の色と言えば「白痢」とも呼ばれ、便の色は白色やクリーム色と言われているため、「便が白くなければロタウイルスじゃないんだ」「微妙な色なんだけど、ロタウイルスなの?」と思うママが多いのですが、白くないこともあります。およそ半数が白やクリーム色の便で、残りの半数は白くない水便だと言われています。

比較的下痢症状が軽い場合に、淡い黄色や薄い茶色などにとどまる傾向があり、ロタウイルスに大人が感染したときはこのケースが多いようです。また、便の色だけでなく臭いにも特徴があり、乳製品が腐ったような鼻につく酸っぱい臭いです。

赤ちゃん/子供のロタウイルス5大症状

赤ちゃんや子供がロタウイルスに感染すると、様々な症状が表れます。年齢や症状の重さにより、至急病院を受診すべきものから、ただの風邪と間違える程度のものもあります。

吐き気や嘔吐

布団の中で泣く女の子

子供の吐き気や嘔吐症状から、ロタウイルスの感染に気づくママが多いようです。ロタウイルスは症状の重さによっては嘔吐症状がないこともありますが、特に小さい乳幼児の場合、一日に何度も吐いて水も飲めないこともあるため、脱水症状になりやすいので注意しましょう。

また、一日に何度も嘔吐を繰り返し、水分が摂れない場合、脱水症状になることもあります。ロタウイルスの場合、吐いた初日にいきなり脱水症状になり、ぐったりしてしまうことがありますので注意しましょう。脱水状態が重症化するとけいれんや脳症を起こすこともあり、非常に危険ですので注意しましょう。

吐いた直後に水分を飲ませるのはNG!吐き気が落ち着いているときに、少量ずつ、こまめに水分補給してあげることが大切です!口から水分が摂れない、おしっこの回数が少ない、唇が渇いていて顔が青白い、ぐったりしている等の状態の場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

下痢

赤ちゃんや子供のロタウイルスで最も代表的な症状が下痢です。嘔吐はない場合もあるのですが、下痢症状はほとんどの子に見られ、2~7日で治ると言われていますが、中には長引く子もいます。前述したような白色の下痢が特徴的ですので、乳幼児の場合は便の色に注意しておきましょう。

また、一人でトイレをする年齢の子供の場合は、「白いうんちが出たら教えてね」と日頃から伝えておくと良いでしょう。うんちの色は病気を見分けるバロメーターになりますので、子供に毎日チェックさせることはとても大切です。

腹痛

下痢症状の前に腹痛を訴える子もいます。まだ言葉で説明できない年齢の場合は、お腹を押さえて痛がっている素振りをみせていたら気をつけましょう。腹痛は初期症状だけであることが多く、下痢症状によりウイルスを体外に出していくことで、次第に治まっていくことが多いようです。

発熱

眠る子供を体温計を持って見つめる母親

ロタウイルス感染の初期段階で発熱する子供がよくいます。高熱の場合もあれば微熱の場合もあり、発熱には個人差があります。微熱の場合、「元気に遊んでいたのに突然嘔吐した」と、子供もママも熱が出ていることに気づかないことが多いようです。

鼻水や咳などの風邪症状

ロタウイルスに感染すると、胃腸だけでなく上気道に炎症を起こすことにより、鼻水や咳などの症状が出ることがあります。そのため、嘔吐や吐き気症状が軽い場合は、ただの風邪だと思ってしまうこともあるようです。周囲でロタウイルスが流行っている場合は、食事や水分補給に気をつけましょう。

赤ちゃん特有のロタウイルスの症状

赤ちゃんのロタウイルス症状も、基本的には子供と同じなのですが、赤ちゃんの場合はその特質から、重症化したり合併症を起こしたりすることがあるので、次のような症状にも注意しなければなりません。赤ちゃんは言葉で体調不良を訴えられない分、注意深く観察しましょう。

脱水症状

おしっこの回数が少ない場合は要注意!赤ちゃんの場合、あっという間に脱水症状を起こしやすいので、嘔吐や発熱、下痢症状がある場合には、ママが観察して早期発見することが大切です。元気がない、顔色が悪い、ミルクやおっぱいを飲まない、よだれが少ない、眠ってばかりいる場合は、すぐに病院を受診しましょう。

長引く下痢

通常2~7日くらいで治まるはずの下痢が、なかなか治まらない場合は、「乳糖不耐症」という合併症を起こしている可能性があります。これは、ロタウイルス胃腸炎により胃腸が弱り、ミルクやヨーグルトなどの乳製品に含まれる乳糖を分解できなくなることから下痢が続くようになるのです。

病院を再受診し「乳糖不耐症」と診断された場合は、「ガランター」や「ミルラクト」という乳糖の分解を補助する薬が処方されます。

おむつかぶれ

オムツの交換

ロタウイルスによる下痢は一日に何度も出るので、赤ちゃんがおむつかぶれを起こしやすくなってしまいます。下痢をしたらこまめに座浴し、すぐにおむつをあてず、乾かしてからおむつをするようにして、赤ちゃんのおしりがかぶれないように気をつけてあげましょう。

ロタウイルス症状が続く期間

ロタウイルスの症状は、たいてい2日~7日で落ち着くことが多いです。しかし、下痢症状は特乳幼児には長引くことがあり、2週間ほど続くこともあるようです。下痢以外の症状が落ち着いても、なるべく消化の良いものを食べさせたり、水分補給をしっかりしたりして気をつけてあげましょう。

小学生の症状は下痢のみ?軽い?

ロタウイルスは年齢に関係なく感染しますが、大抵の子が5歳までに感染し、ある程度の免疫を持っているため、小学生が感染した場合の症状は、下痢のみであるなど比較的軽いと言われています。しかし、免疫力が低下していたり、小さい頃に感染して以来10年くらい感染していなかったりする場合には、症状が強いこともあります。

赤ちゃんのロタウイルス感染中の食事

ロタウイルス感染中は、母乳はそのまま与えても構いませんが、ミルクや混合育児の場合、医師に相談して乳糖が含まれていない無乳糖ミルクや加水分解乳などに変え、様子を見るとよいでしょう。ただし、2週間程度で通常のミルクに戻しましょう。

ニューMA-1

ニューMA-1

森永

ミルクアレルギーの赤ちゃん用に作られた粉ミルクで、30年の実績があるので安心ですね。乳糖を含まないように配慮された粉ミルクで、不足しがちだったカルニチンやビオチンなどの栄養素なども配合されています。

離乳食が食べられる赤ちゃんであれば、嘔吐症状が治まれば離乳食を与えても構いませんが、胃腸の状態が回復するまでは、離乳食の段階を1段階遅らせたもの(中期の場合は初期の食事にする)が望ましいです。水分が多く消化に良いものを、少しずつ何回かに分けて食べさせるようにしましょう

幼児や小学生のロタウイルス感染中の食事

ロタウイルスは特効薬がないので、自宅で安静にして栄養を摂ることが回復につながります。そのため、ロタウイルス感染中の幼児や小学生の食事には、充分に気を配ってあげる必要があるのです。そこで、ロタウイルスに感染中の子供に、どのようなものをどのようにして与えたら良いのかをみてきましょう。

嘔吐症状がひどい場合

嘔吐症状がひどい場合には、吐き気が治まって数時間経ってから、スプーン1杯の水を飲ませることから始めましょう。胃がからっぽの状態なので、急に水などをたくさん飲んでしまうと吐き気を誘発して逆効果です。一度に飲ませるのではなく、少しずつ数回に分けて飲ませることがポイントです。

また、水が飲めるようになったら、嘔吐や下痢で電解質が失われている状態なので、ポカリスエットや「飲む点滴」と言われているOS-1などの経口補水液がおすすめです。また、吐くことで血糖値が下がり、水分を受け付けなくなることがあるため、整腸作用がある果汁100%のりんごジュースもおすすめです。

食事の与え方

ペースト状離乳食

ロタウイルス感染によって胃腸が弱っているため、食事も「水分→流動食→ペースト状→普通食」と段階を踏んで与えなければなりません。また、下痢が続いている場合には、消化に良く水分が多く含まれるものを食べさせるようにしましょう。すりおろしりんごや野菜スープだと子供も喜びますよ。

逆に、NGな食べ物は次のとおりです。子供が欲しがるものが多く、「病気だから食べたいものを食べさせたい」と思って、間違えて与えてしまうママもいるようです。胃腸炎は食事制限して療養しないことにはなかなか回復しないので、子供にも我慢してもらいましょうね。

<NGな食べ物>

  • 柑橘類

みかん、グレープフルーツなどの柑橘類は、ビタミンCが刺激となり、吐き気を誘発します

  • 食物繊維が豊富なもの

さつまいもやゴボウなど、消化しにくいためNG

  • チョコレート、お饅頭などの甘いもの

吐き気がひどくなります

  • ヨーグルトや牛乳

消化するのに胃腸に負担がかかります

  • 刺激物

カレーなどの刺激物は、弱った胃腸を痙攣させることがあります

ロタウイルス症状で病院に行くときの注意

「ロタウイルスかな」と思って病院を受診するときには、便のついたおむつを持って行くとスムーズに診察がすすみます。「百聞は一見に如かず」というように、口で説明するよりも見てもらった方が早いのです。使用済みのおむつを持って行くことに抵抗があるようなら、携帯電話のカメラで便の状態を撮影しておくと良いですよ。

また、病院の待合室でも吐いたり下痢をしたりすることも考えられますので、着替えやおむつ、ナイロン袋(汚物入れ)などを用意しておきましょう。受付であらかじめ症状を説明したら、吐しゃ物用の容器を貸してくれたり、車の中や別室で待ったりするなどの対処もしてくれます。受診前には何も飲ませたり食べさせたりしないことも大切です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ