歯並びの遺伝の可能性と予防法に関する記事

歯並びは遺伝する?しない?子供の矯正を予防する方法4つ

歯並びは遺伝する?しない?子供の矯正を予防する方法4つ

歯並びの遺伝は絶対ではありません。ただし、親の悪習慣や癖、体質が歯並びに影響することも…。

マーミーTOP  >  子育て  >  歯並びは遺伝する?しない?子供の矯正を予防する方法4つ

歯並びは遺伝する?しない?パパとママがすべき子供への予防法

笑顔の子供

歯並びがきれいなひとは、笑顔がとっても素敵ですね。逆に、歯並びが悪いとコンプレックスになり、人前で笑顔を見せることができなくなる場合もあります。

今回は、歯並びの親から子供への遺伝について解説します。「父親(母親)の歯並びが悪いために、子供の歯並びが悪くなるのでは…」と心配な方や、既に子供の歯並びが気になる状態の方は、毎日の生活習慣や食べ物を変えるなどして、子供の歯並びによい生活を心がけましょう。

歯並びは遺伝する?しない?

「自分の歯並びが悪いために、子供に遺伝したらかわいそう」と思っているパパやママは多いですね。親の歯並びは、子供に遺伝することもあります。ただし、子供の歯並びが親に似るのは、歯並び以外の要素の遺伝も関連していますので、歯並びの遺伝について詳しく見ていきましょう。

受け口は遺伝する確率が高い

受け口とは、本来上あごの歯が下あごの歯の上から噛むべきかみ合わせが逆になってしまい、下あごの歯が上あごの歯の前に出ている噛み合わせ状態のことです。受け口の人は、顔の形にも特徴があることが多く、顎がしゃくれたり、への字口になったりすることもあります。

受け口は遺伝する確率が高いと言われていますが、その傾向が見られ始める時期は人により異なりますが、幼児期に受け口の兆候があり矯正をしても、成長期に再び下あごが成長して元に戻ってしまうケースもあるため、早期矯正を勧める先生もいれば、成長期の変化を考えて様子をみることを勧める先生もいます。

顔の形にも影響がある受け口は、「治してあげたい」と考えるご両親が多い不正咬合の一つですが、小児歯科の先生によって小児矯正に対する考え方は異なりますので、親の考えにあった小児歯科で治療を進めるのが良いでしょう。

八重歯も遺伝することがある

子供を担いでる父親

昔は八重歯をチャームポイントと考えることも多かったのですが、最近では八重歯の矯正をする人が多くなっています。八重歯は、顎の大きさに対して歯の大きさが大きすぎるため、歯がきれいにならばずになるケースが多いです。八重歯自体が遺伝するというよりも、顎の小ささや歯大きさが父親や母親から遺伝したため、結果として八重歯になってしまうことが多いです。

両親のどちらかが八重歯の場合には、お子さんの歯の大きさや顎の小ささなどに気を配って、心配なことがあれば早めに小児歯科を受診しましょう。親の歯並びが良くても、生活習慣や癖、乳歯の虫歯などにより八重歯になることもありますので、歯並びがよい両親の子供でも安心はできません。

生活習慣が遺伝!?

「子は親を映す鏡」ということわざがありますが、父親や母親の悪癖が子供にうつり、結果として歯並びが悪くなるということがあります。たとえば、頬杖をつく習慣がある場合だと、常に片方の顎ばかり押されるため、顎の形が変形してしまい歯並びが悪くなります。

特に、母親は子供と過ごす時間が長いため、悪い習慣や癖が子供にうつらないように注意したいですね。今からでも遅くないので改めましょう。

父親の歯と母親の顎の遺伝で歯並びが悪くなるケースも…

子供の顎や歯の大きさは、父親と母親のどちらからどの部分が遺伝するか分かりません。たとえば、歯の大きな父親と顎の小さな母親の要素が子供に受け継がれた場合、顎の大きさに対して歯が大きすぎる状態になり、歯がきれいな一列には並ばず、凸凹の歯並びになってしまう可能性があります。

歯の大きさ自体は変えることができませんが、顎は早い時期にトレーニングを開始することで広げることができますので、小児歯科で相談してみてくださいね。

アレルギーの遺伝で歯並びが悪くなる

洟をかんでる鼻炎の子供

父親か母親のどちらかのアレルギー体質が子供に遺伝することにより、子供が慢性的なアレルギー性鼻炎になると、口呼吸が習慣になってしまい歯並びに悪影響を与えることがあります。

鼻呼吸の場合、口が閉じられている間は舌が上あごについていて、上あごを広げる働きをしてくれます。
ところが口呼吸の場合、舌が下を向いているため上あごが広げられません。そのため、上あごが小さすぎて前歯が一列に並ぶスペースが不足するため、出っ歯や凸凹の乱くい歯になってしまうことがあります。

アレルギー性鼻炎は遺伝することが多いので、口呼吸や鼻水をすする様子が見られたら、耳鼻科で早めに検査をして必要に応じて定期的に治療を受けさせ、できるだけ早く口呼吸を改善してあげましょう。口呼吸には歯並び以外にも様々な悪影響があります。

万が一、口呼吸の癖がついてしまった場合も、アレルギー性鼻炎の改善や口の周りの筋肉を鍛えることにより治すことができますので、耳鼻科の治療と併せて小児歯科での治療を受けさせるようにしましょうね。

遺伝以外で歯並びが悪くなる要因

歯並びは遺伝だけでなく、生活習慣や癖などが大きく影響します。お子さんの歯並びを悪くしないために、これらの要因が見られたら、早期にひとつひとつ取り除いてあげることが大切ですよ。

指しゃぶり

指しゃぶりをしていると指で前歯を押していることになるので、出っ歯になったり真ん中の前歯の間に隙間ができてしまう開咬になったりしてしまいます。また、指を吸う力が頻繁に上あごに加えられることより、上あごが狭くなり奥歯のかみ合わせが悪くなることもあります。

指しゃぶりは、乳歯から永久歯への生え替わりが始まる5歳以降は、やめさせたいですね。ただ、急に指しゃぶりをやめさせようとすると子供にストレスがかかってしまいますので、注意の仕方には気をつけてくださいね。

下唇を噛む

子供の唇

下唇を噛んでいると下の前歯が内側に倒されてしまいます。そうなると下の前歯の隙間が狭くなって歯並びが凸凹になったり、かみ合わせが悪くなったりします。一方で上の歯は前に押されるため、出っ歯すきっ歯になる可能性が高まります。

一度ついてしまった習慣をやめさせるのは難しいです。あまり口うるさく注意すると子供がストレスを感じてしまいますので、じっくりと治すつもりで根気よく子供の様子を見守ってあげてくださいね。

舌を前に出す

物を飲み込む時に、舌が上あごについているのが舌の正しいポジションです。物を飲み込む時に、舌が歯と歯の間に入り込み前に出ていると、前歯の隙間が空く開咬になってしまいます。

子供がどのような舌の動きで飲み込んでいるかは、よくわかりませんね。前歯の隙間が気になるようでしたら、子供が正しい舌の動きが出来ているか、鏡などをつかって子供と一緒に確認してみましょう。また、よくわからない時は小児歯科に相談してみるとチェックしてもらえますよ。

食べ物以外のもの噛む

子供が何かを噛む習慣がある場合は、要注意!幼児ならシーツタオルを噛む癖がある子供がいますね。小学生になると鉛筆を噛む癖がある子供も見かけます。

食べ物以外のものを噛んでいると、前歯が片方だけ飛び出たり、前歯の隙間が開いたりしてしまいます。小学生になり永久歯に生え変わってから癖が残っていると困りますので、早めに治してあげたいですね。

虫歯の放置

虫歯を治療している子供

乳歯の虫歯を「生え変わるから、虫歯になっても大丈夫」とそのまま放置していませんか?虫歯を放置しておくと、歯が抜けてしまうことがあるのですが、まだ永久歯が出てきていない時に乳歯が抜けてしまうと、左右の歯の歯並びが悪くなることがあります。

生え変わるからと油断せず、乳歯の歯磨きや虫歯の治療をきちんと行いましょう。また、虫歯の早期発見のためにも、小児歯科への定期健診は欠かさずにいきましょう。

赤ちゃんから注意!子供の歯並びを悪くさせない矯正予防法

子供の歯並びが悪いと将来矯正する必要が出てくるかもしれません。歯科矯正は、子供の負担も大きく、費用も高くなります。小さい時から子供の歯並びが悪くならないように親が気をつけて、矯正が必要ないようにしてあげたいですね。
親ができる矯正予防法をご紹介します。

親が悪いクセを見せない

子供は、親がすることをよく見ています。まずは、親が歯並びに悪影響を与える癖を子供に見せないように注意しましょう。特に以下のような癖には、気をつけてください。

  • 横向きに寝る
  • 頬杖をつく
  • 爪を噛む
  • 口を開けたまま物を食べる

食生活を見直す

良い歯並びにするためには、食事の時によく噛むメニューを食べさせて顎を広げてあげることが大切です。現代の子供は食生活の変化により、昔の子供より噛む回数が減ってきています。洋食や粉もの(パンなどの小麦粉を使った製品)の食事から、和食中心の食生活にすると噛む回数を増やすことができますよ。

たとえば、朝食にパンを食べている場合には、ご飯とお味噌汁に変えるだけで噛む回数を増やすことができます。子供の大好きなお料理も食べさせてあげたいですが、噛む回数も考えて献立を決めるようにしましょう。

食べる時は姿勢よく

良い姿勢でご飯を食べる子供達

食べる時の姿勢も歯並びに影響を与えます。椅子に座って食べている場合は、両足が地面や子供椅子の足掛けにきちんと着くように調節してあげましょう。足がブラブラしていると、噛む時に力を加えることができません。
また、幼児では食べながらウロウロ歩いてしまう子もいますね。食べ歩きは、ゆっくりと噛むことができませんので、食べる時は椅子に座るように習慣つけてあげましょう。

口を開けたまま食べない

お子さんが食べる時に、口を開けたまま食べ物をクチャクチャと噛んでいませんか。口を開けたまま食べることは、お行儀が良くないだけでなく歯並びにも影響を与えます。下あごばかり成長して、上あごが成長せず歯並びが凸凹になる可能性があります。

口を食べている子供の場合、親も同じように食べているケースがよく見られます。まずは自分の食べ方から一度見してみましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ