RSウイルスで入院した体験談に関する記事

RSウイルスで子供が入院した体験談!肺炎になるケースも

RSウイルスで子供が入院した体験談!肺炎になるケースも

RSウイルスで入院した子供の症状は、肺炎や喘息にまで発展する場合も多いようです。先輩ママの体験談をチェックしてみましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  RSウイルスで子供が入院した体験談!肺炎になるケースも

RSウイルスで入院/肺炎にかかった子供の体験談12

秋から冬にかけて流行し始めるRSウイルス感染症。
RSウイルスは国内外を問わず分布していて、厚生労働省のデータによると1歳までに半数以上、2歳までにはほぼ100%の子供が感染する、非常に感染力の強いウイルスとして恐れられています。

子供の年齢が低ければ低いほど感染しやすく、感染者は乳児~未就学児までの感染が多いとされ、悪化するとRSウイルスで入院する赤ちゃんも少なくありません。
中には肺炎や小児喘息を起こしてしまう子もいるため、パパやママはできる限りの感染予防に徹する必要があります。

今回は、子供がRSウイルスで入院を経験したときの体験談について、先輩ママのお話を伺いました。
「病院受診の目安は?」「RSウイルスで入院する場合、入院期間はいつまで?」など、詳細な情報も合わせてチェックしておきましょう。

QRSウイルスで入院したときの状況は?子供の入院期間はいつまで?

ゆみ
26歳

A2週間かかりました!

最初は鼻水程度で2歳の誕生日を迎える前くらいには熱が出だしました。
すぐに病院に行きましたが原因がわからずすぐには検査しても出ないとの事で二日後に受診しました。
熱が高いのもあり検査したらなんとRSウイルス。私が妊婦だった事もあり念のために入院する事になりました。
ゼイゼイしてる咳の為に24時間吸引と点滴をしながらの治療でした。
次の日には熱も下がりましたが、咳と鼻水が酷いので鼻水の吸入をしてもらい3日程で退院しましたが、鼻水が完全に治るまで二週間かかりました。
特効薬がないので手洗いうがいはこまめにして、除菌を心がけた方がいいと思いました。
入院中は甘えん坊でしたが、DVDを見ながら過ごしお利口にしていたのでよかったです。

ダッキー
30代後半

A咳き込みが酷くて脱水に

うちは子供が3歳の時に感染しました。喉の違和感と鼻水から始まり、解熱剤が効かない発熱があったので、受診しました。
その場では「風邪」として薬を処方されましたが、家に帰ってから咳き込む度に吐き戻すようになりました。
少量の水分でも吐き戻すようになり、おしっこが出なくなり、救急を受診。翌朝の検査でRSウイルスが検出され、水分も取れていないことから入院になりました。

マスクをして苦しそうな女の子

治療法としては、抗生物質と水分の点滴投与と吸入がメインでした。
入院期間は当初4日の予定でしたが、熱が下がらず。食事も全てミキサーにかけた流動食でしたが、ほとんど手をつけず、退院2日前までぐったりとしていました。
結局、退院できるまで1週間かかりました。退院後も登園禁止期間が4日程あり、完治するまで2週間程度かかりました。
同室になった他の子も咳き込んで吐き戻していたので、咳き込み方がひどい場合はボウルなどを常に側に置いておくと片付けが楽です。
また、手間は掛かりますが、水分はスプーンやペットボトルのキャップなどで、ごく微量ずつ補給させると良いと看護師さんがアドバイスしてくれました。

MMK
30代後半

A生後2か月弱で11日間入院しました

子どもが生後2か月足らずの時にRSウイルスに感染し入院しました。まず鼻づまりが数日間続いていましたが、鼻呼吸がうまくできないほどにひどくなり、病院を受診したところ、RSウイルスの感染が分かりそのまま入院となりました。
11日間入院した後、無事に退院できました。発症してから退院まではちょうど2週間で、入院中は、点滴と酸素マスクをしていた他、水分の出入りをチェックしていました。
ミルクを飲んだ時間帯と飲んだミルクの量、それにおむつを替えた時間帯とオムツの重さ(つまりおしっこの量)を記載していくという方法でした。
最初の3日くらいは子どもがしんどそうでしたが、その後だいぶ楽になったようで、時々笑顔も見せてくれるようになりました。
乳児で鼻づまりがひどいような時は「ただの風邪だから」と油断をせずに、早めに病院を受診した方が安心だと思います。
まだ自分では意思疎通ができない時期なので、子どもの様子にいつもと変わったところがないか、おうちの方がよく観察してあげるといいですね。

みゆみ
30代後半

A3日入院し完治まで2週間かかりました。

娘が1歳10ヶ月の時にRSウイルスに感染して入院しました。
熱が38度あったのと、普通の風邪とは違うゴホゴホという咳が気になりかかりつけの小児科を受信すると、レントゲンで肺が白くなっていて検査の結果RSウイルスだと分かりすぐに入院となりました。
入院中は点滴治療と1日2回の吸入をしましたが、熱もなかなか治まらずに3日間の入院となりました。
娘は狭い柵のベッドを嫌がり機嫌が悪くかなり大変でした。退院してからも咳が治まらず通院しながら内服で治療を続けました。その結果完治するまで2週間くらいかかりました。
RSウイルスは予防接種等もなく、かなり感染力が強いので手荒いとうがいをしっかりとして予防する必要があります。
大人にも感染するので外出時のマスクも必需品です。

ぶーちゃん
43歳

A思いがけず4日間入院となりました。

現在小学1年生の末娘がまだ2か月の赤ちゃんだったころです。
まだ免疫があるはずの時期なのに、熱を測ったら38℃以上ありました。これはおかしいと思い夜間の病院に電話をしたところ、すぐに受診してくださいと言われ病院に行きました。
診察をした先生にこの時期に熱が出る自体が良くないので即入院させましょう、と言われてしまいました。鼻水の検査の結果、RSウィルス陽性との事。

母親の胸で泣く赤ちゃん

入院とはいっても、特に特効薬になるような薬はなく、ひたすら水分補給の点滴をしながら対症療法で様子みるしかない、との事でした。
熱の計測と、聴診器で肺の音を聴いて様子をみました。
2日程で熱は下がりましたが、経過観察ということで、4日間ほどの入院となりました。その後1週間ほど安静にして、外来を受診し、完治となりました。
入院中は子供は特にぐずるでもなく、母乳を飲みつつひたすら眠っていました。
上の子にも手が掛かったし、3人目ということで、多少のことは大丈夫だろうと思ってしまい「赤ちゃんに対してケアがいい加減になってしまっていたのかな」と思います。
油断せずに変わった様子がないか気を付けてあげてください。

さつき
30歳

A9日間の入院になりました

子供が1歳2か月の時にRSウイルスにかかり、入院しました。
熱が出た翌日にかかりつけの小児科(個人医院)に行き、おそらくRSウイルス由来の風邪だと診断されるも、解熱剤のみの処方で様子見に。
本当にRSウイルスだとしても対症療法しかないことと、入院前提でないと検査対象にならないとのことで検査をしてもらえなかったです。
それから3日経っても一向に熱が下がらなかったので、地域の医療センターを受診しました。
そこでの診断は気管支炎を起こしかけているとの話で、入院希望を言ったところ、RSウイルス検査もしてもらえることとなり、陽性が出たのでそのまま入院。
入院期間中もなかなか熱が下がらず、入院8日目にようやく平熱に戻り9日目で退院。最初熱が出たときから約2週間程での完治でした。
入院中は投薬治療や点滴、吸入をやっていました。1歳の子供なので私が帰る度に大泣きし、退院後しばらくは今まで以上にべったりでした。
親としては入院させた方がきちんと治せるので安心ではありますが、子供の寂しさは想像以上だと思うので、入院中および退院後のアフターケアはしっかりした方がよいかと思います。

るなまま
27歳

A娘は1週間の入院でした。

娘が1歳の時に感染し、入院しました。RSは大抵冬に感染すると聞きますが、娘は真夏の時期に感染し、入院しました。38度程の発熱となりかかりつけの小児科を受診しました。
以前にも飲んだことのある薬を処方され飲んでいましたが、3日経っても熱が下がりませんでした。
お盆に入る前にもう1度診てもらおうと思ったのですが、かかりつけの小児科はお休みとなったため、大きな病院を受診することにしました。
血液検査をしてRSと診断され即日入院でした。
入院期間は1週間で発症してからだいたい2週間程で完治したかと思います。
入院中は朝晩に鼻水の吸引と朝昼晩の吸入を行っていました。

鼻水の吸入は娘にとって恐怖だったようで、毎回涙の吸引で、24時間の点滴もあり痛々しかったです…。

しかし、点滴の腕にはアンパンマンのシールを付けてもらって機嫌も良くなりました。
入院してからは体調もよく、病院にもかかわらず元気に過ごしていました。
保育園に通っていたので、様々な感染症をもらってくるのは当たり前で予防することはなかなか難しいですね。
体調が良くない時にママがどう優しく接してあげるか、入院という子供にとって怖いことを一緒に寄り添ってあげることが大事。ママがいれば子供もきっと安心できると思いますよ。

ひつじ
40代前半

A1週間、入院しました

1歳の時に子供が保育園で感染し、熱が出たのでかかりつけの病院で受診したところ、入院してくださいとのことでした。
朝から晩までずっと点滴をうけていたので、ベッドの上で動き回らないようにずっと見守っていました。
1週間ほどで完治しましたが、同室で仕事帰りに付き添いをしていた私が体調をくずし、それから1週間ほど40度近く熱が下がらず、3つ目の病院の薬でやっと完治しました。
熱があるときは子どももしんどいので寝ていますが、少し元気になると動くので、点滴の針が抜けないかヒヤヒヤしていましたね。
気分転換に廊下に連れ出すときは、抱っこしたまま点滴の下がった棒を移動させていました。
入院中は、親もマスクして手洗いうがいするなど、予防することは必要だったなと実感しました。

パンダ
35歳

A1週間入院しました

子供が3カ月になる直前のこと。まだ3ヶ月になってない子が熱を出すのは珍しいと聞いていたのですが、38度近い熱がありました。
咳込む感じもありゼーゼー言っていて、少しでも水分をとらせようと一生懸命ミルクをあげましたが、あげた分吐いていました。
大量に吐いた時はどうしてよいか分からずおどおど…。嘔吐した時は夜中だったので救急に行くべきか悩んだ結果、朝一でかかりつけにつれて行きました。
それまでに何日も通院していたので、病院側も症状が回復していないのを知っていました。
すぐに酸素数値を調べて、正常値ではあるけれども少し苦しい範囲の数値でした。
このまま通院しても良いレベルだけど、安心のために入院しても良いとも言われ、自宅で見るのが怖かったので、そのまますぐ紹介状を書いてもらい入院となりました。
一日に3回の吸入や酸素が薄いと酸素ボンベ、それを繰り返していました。
RSというのは対症療法しかないので、点滴で水分をとっていると、日に日にミルクの飲める量も増えていき、元気になってきました。
酸素が安定してミルクの量がある程度増えてくるまでは入院するという事で、結果1週間くらいの入院になりました。
赤ちゃんの嘔吐は特に恐怖で、見ていても凄くかわいそうです。
胸の下がポコポコへこんでいたら、少し酸素が薄くなっている証拠とのことですので、毎日赤ちゃんを見ているお母さんが体調の変化を感じ取ってあげてください。

RSウイルスから肺炎にまで悪化したケース

みいこ
38歳

A5日間入院しました

息子が4歳年少の時に感染し、肺炎になりました。最初は咳が強い風邪の症状、熱は39度台まで上がりました。ただの風邪だと思って、受診しませんでした。
咳が強いものの、食事もとれたし、日中遊んだりしたからです。4日ほどで微熱程度になり安心したのに、その次の日はまた38度台に。
高熱の期間が長いから明日受診しようと思っていたその日の夜中、子供が咳き込んで何度か目を覚ました様子を夫が見て、呼吸が苦しそうだからおかしいと、夜間救急を受診したところ、肺炎で血中酸素濃度が90なく(普通は100)呼吸が相当苦しい状態ということで即入院になりました。

外を駆け回る男の子

その時の検査でRSウィルスが原因とわかり、入院中は1日中酸素マスク、点滴、飲み薬による治療でした。
なかなか血中酸素濃度が上がらず心配しましたが、全体の状態がよくなったので4日で退院しました。
退院後は飲み薬で、1度受診して、飲み薬を飲みきって終了となりました。
発症してから3週間くらいかかったと思います。予防は難しいと思いますが、高熱が4日以上続く、咳がひどくて肩で息をして苦しそうだったら早めに受診してください。

すずとも
40代前半

A1週間の入院と酸素マスク((+_+))

うちの子は、1歳半のころにRSウイルスに感染しました。鼻水がすごくて、咳も酷かったので、熱が出る前から近所の小児科へ受診して様子を見ていましたが、経過が良くなく総合病院を紹介され入院することになりました。
酸素飽和度も80台、肺炎も発症していたのですぐに酸素マスクをされました。
その姿をみると痛々しく心配でたまりませんでしたが、本人は意外と元気で酸素マスクをすぐに取ってしまうので、取らないように見張っているのが大変でした。
うちの子は35週で生まれてしまったのと心臓に穴が開いていたため、しばらくシナジスというRSの予防接種を受けていましたが、やめたとたんに感染したのです。
入院中は抗生剤の点滴とステロイド剤の点滴もしました。吸入も一日2回していました。
1週間後、退院するころには胸の音もキレイになり、ホッとしました。シナジスの予防接種は病院からは勧めてもらえなかったので、ママが自分の子が接種できる要件(早産児などetc)を満たすか確認して受けさせてあげるといいと思います。

ららまま
28歳

Aうちの子は完治まで1か月かかりました

うちの息子は生後7か月の時にRSウィルスから肺炎にかかりました。最初は軽い咳と鼻水程度ですぐに小児科に連れて行きました。
そこでの診断結果がRSウィルス感染とのことでしたが、それから3日間対処療法で薬を飲んで様子を診ていました。
ところが4日目の夜、高熱を出して咳が悪化し、ゼーゼーして呼吸をするのも苦しそうな状態に陥ったので今度は夜間救急に連れて行くと、肺炎にかかっているとのことでそのまま入院となりました。
入院期間は約2週間。その間お薬と点滴で治療を続けて食事はほとんどできない状態でした。
退院後も症状が続いていたので、完治するまでには1か月ちょっとかかったと思います。
RSウィルスと診断され薬を飲んでも咳が良くならない時には、肺炎を疑って病院を再診するほうがよかったのかもしれません。
特に秋・冬、RSウィルスは保育園など子供が集まる施設で流行しますのでご注意くださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ