低身長症の原因と治療に関する記事

低身長症とは?基準と原因と治療/成長曲線や遺伝との関係

低身長症とは?基準と原因と治療/成長曲線や遺伝との関係

子供の低身長症ってどんな病気?年齢別の判断基準を紹介しながら、原因となる病気や気になる治療費などについて解説します。

マーミーTOP  >  子育て  >  低身長症とは?基準と原因と治療/成長曲線や遺伝との関係

低身長症とは?子供の身長が伸びない原因は遺伝?基準と治療

子供の成長はパパやママにとって何よりの楽しみですが、なかなか背が伸びない他の子よりも明らかに身長が小さい場合には、「体に何か問題があるのかしら…」と不安になってしまいますね。

子供の身長の発達には個人差が大きく、発育のパターンもそれぞれなので見極めるのはなかなか難しいのですが、なかには低身長症のように何らかの原因で成長が遅れているケースもあります。検診などで低身長症であることがわかり、その後の治療の方針を医師から求められて慌ててしまう親御さんも多いので、低身長症の判断基準や原因、治療方法などについて正しく理解しておきましょう。

低身長症とは?

父親に頭を撫でられている小さい子供

低身長症とは子供の身長がなかなか伸びず、同じ性別や同年齢のお友達と比べて身長が著しく低い症例を、まとめて指す傷病名です。一般的に子供の身長や体重などの発達のトラブルは、平均身長との分布幅を示した標準偏差値(SD値)で比較して判断されます。

子供の身長の伸びを母子手帳に掲載されている成長曲線にポイントしてみて、伸びが-2.0SDから+2.0SDの正常範囲内に入っていれば基本的に問題はないとされております。プラスマイナス2SDとは、成長曲線のグラフに表示されている帯部分のことを言いまして、帯の中に入っていれば平均的な身長であると判断することができます。そのため、子供の身長がグラフの帯の下に大きく外れている場合には低身長症が疑われます。

医学的に低身長症には次の2つのケースがあります。

  • 平均身長よりも著しく身長が低い
    子供のポイントが-2.0SD以下で、平均身長から大きく離れている。
  • 1年間の身長の伸びが著しく悪い
    子供のポイントをつなげた曲線が横ばい状態であるか、-1.5SD以下の状態が2年間続いている。

低身長症の場合は早期に治療を始めることで、身長の伸びを平均的に改善することもできます。定期的に子供の身長の発育状態を成長曲線に書き込んでチェックをしながら、心配な場合は早めに小児科で相談をすることを心掛けましょう。

低身長症の年齢別男の子の基準

子供の身長の発達を把握するのは、成長曲線に子供の身長をポイントして記録するのが一目瞭然なのですが、2000年の調査で公表された、男子の各年齢別の平均身長及び標準偏差を表にまとめてみました。低身長かどうかを見分ける参考にしてみて下さい。

年齢 低身長基準(cm)
M-2SD
治療対象となりうる基準(cm)
M-2.5SD
満1歳 69.8 68.5
満2歳 79.4 77.9
満3歳 86.3 84.6
満4歳 92.4 90.5
満5歳 98.1 96.0
満6歳 103.7 101.3
満7歳 109.4 106.9
満8歳 114.7 112.1
満9歳 119.7 116.9
満10歳 124.6 121.7
満11歳 129.0 125.7
満12歳 133.9 130.1
満13歳 140.7 136.8
満14歳 148.6 145.1
満15歳 154.7 151.6

低身長症の年齢別女の子の基準

2000年の調査で公表された、女子の各年齢別の平均身長及び標準偏差は次の表のとおりです。男の子の数値と比べると女の子の方が若干小柄であることがわかりますが、月齢が小さい時にはそれほど身長差は無く、年齢が上がるほど身長差が大きくなっていく傾向があります。

年齢 低身長基準(cm)
M-2SD
治療対象となりうる基準(cm)
M-2.5SD
満1歳 68.4 67.2
満2歳 78.5 77.1
満3歳 75.4 73.7
満4歳 91.9 90.0
満5歳 97.8 95.7
満6歳 103.5 101.2
満7歳 108.8 106.3
満8歳 113.8 111.1
満9歳 118.7 115.8
満10歳 123.9 120.7
満11歳 130.0 127.0
満12歳 137.0 133.9
満13歳 142.2 139.4
満14歳 145.2 142.5
満15歳 146.5 143.9

低身長症を引き起こす病気の種類と治療方法

低身長症を引き起こす病気はいくつか種類があり、それぞれ症状や原因が違います。病気を治療して低身長を改善するためには、それぞれの症状に適した治療を行っていく必要がありますので、病気に対する基本的な知識を持っておきましょう。

成長ホルモン分泌不全性低身長症

成長ホルモン分泌不全性低身長症は、脳の下垂体から分泌される成長ホルモンの量が何らかの原因で減少して引き起こされる発達のトラブルです。この病気は脳の外傷や脳腫瘍によって下垂体の働きが悪くなる場合のほか、これといった原因がないまま分泌量が不足してしまうケースもあります。

成長ホルモンは、子供の骨の成長を促して、身長を伸ばすために必要不可欠な物質です。成長ホルモンが減少すると身長の伸びが悪くなるだけでなく、体の修復機能も低下してしまうので、不足しているホルモンを補うことで症状を改善する治療を進めていきます。

ターナー症候群

母親と喋っている女の子

ターナー症候群は女性に見られる染色体異常で、X染色体の欠損から卵巣の発育が悪くなり、身長が伸びなくなるなどの症状が現れ、心臓や難聴などの合併症も起こりやすい傾向があります。

ターナー症候群は2000人に1人程度の割合で見られる症例で、決して珍しい病気ではありません。ターナー症候群の場合は成長ホルモンや女性ホルモンの分泌量が他の人よりも少なく、思春期の第二次性徴が起こりにくくなってしまうので、成長ホルモンや女性ホルモンを補って治療をしていきます。

軟骨無形成症/軟骨低形成症

軟骨無形成症や軟骨低形成症は先天的に骨・軟骨の形成に異常がみられる軟骨異栄養症を原因とする病気で、骨の軟骨細胞がうまく増えていくことができないことから、子供の骨の伸びが悪くなり低身長になります。

この病気は成長軟骨がよく働いている時期に症状が強くあらわれやすいので、背だけでなく手や足の長さも短くなる傾向があります。中枢神経や末梢神経の障害、水頭症や呼吸中枢の障害などの合併症もおこしやすいので、成長ホルモンを投与して治療をすすめ、症状によって整形外科による骨延長術を行うこともあります。
す。

プラダーウィリ症候群

プラダーウィリ症候群もターナー症候群と同様の染色体異常によって起きる病気で、低身長や性腺の発育不全、生後間もなくの筋肉の力の低下などのほか、肥満や発達障害などの症状が見られることもあります。

ターナー症候群が女性だけに発症する遺伝子異常であるのに対し、プラダーウィリ症候群は15番染色体の欠損による病気で、男女を問わず発症します。プラダー・ウィリー症候群の発症率は16,000人に1人程度と、あまり高くはありませんが、成長ホルモンを投与しながら発育を促して治療していきます。

ヌーナン症候群

ヌーナン症候群は12番染色体の欠損による遺伝子疾患で、体の様々な発育が抑制されて、低身長や心臓の異常、聴力の異常などの症状が現れます。ヌーナン症候群は男女とも発症する確率がある病気で、発症率は1000~2500人に1人程度の割合と比較的高く、両親の遺伝だけでなく、遺伝子異常のない両親の子供に突然変異によって自然発症することも多くあります。

ヌーナン症候群の治療では、睾丸の発育不全や卵巣の機能低下などの不妊症も起きやすいのですが、成長ホルモンを投与して発育を促進させて改善していきます。ある程度成長した段階であればテストステロンやエストロゲンを投与する治療も効果的です。

慢性腎不全

身長と体の内部にある内臓は一見無関係にも思えますが、心臓や肝臓、消化器などの臓器に何らかの疾患があると全身の栄養状態が悪くなり、体の成長を妨げてしまいます。特に何らかの原因で腎臓機能が低下する慢性腎不全になると成長ホルモンの活動が抑制されて、身長が伸びないなどの発育不良が起こりがちになります。

慢性腎不全による低身長の場合は、まず元となっている内臓疾患を治療することを優先させて機能を通常の状態に戻していきますが、状況によっては遺伝子組み換え型ヒト成長ホルモン注射を投与して成長を促していきます。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンの分泌が不足して全身の活動性が低下する病気です。甲状腺ホルモンは全身の代謝を維持し、骨を成長させる働きのあるモルモンなので、低下すると背が伸びなくなり、全身の倦怠感や記憶力の低下などを引き起こします。

甲状腺機能低下症は、圧倒的に女性に多くみられる病気で、甲状腺ホルモンを投与して改善を図って治療をしていきます。外傷や脳腫瘍などによって脳の下垂体が損傷した場合や、慢性甲状腺炎によって起こる原発性甲状腺機能低下症や先天的なクレチン症などが原因で起こります。

SGA性低身長症

赤ちゃんを抱っこしているママ

SGAとはsmall for gestational ageの略で、ママの子宮の中での発育が悪く、標準よりも小さい身長や体重で生まれた症状を指します。多くの場合は3歳頃までには標準身長に追いつくのですが、追い付かないまま身長の伸びが停滞して、そのまま低身長に成長してしまうこともあります。

SGA性低身長症の子供は成長しても背が低いことが多く、成人してから肥満や高血圧、糖尿病などの生活習慣病になるリスクや、自分に自信がもてずに何事にも消極的になる傾向があります。年齢が3歳を過ぎていて身長の成長率を示すSD値が一定の条件にあえば成長ホルモンによる治療をして成長を促していきます。

低身長症は遺伝なの?病気以外で身長が伸びない10の原因

病院で十分な検査をしても体に異常が見つからないのに、身長が伸び悩むこともあります。実は低身長症の子の約70%は病気が原因ではなく、はっきりと原因のわからない特発性低身長症なのです。病気が原因となっている低身長症は病気の治療をすることで低身長を改善していきますが、原因が病気ではない場合には原因を取り除く努力をして、子供の背を順調に伸ばす頃ができるように心掛けましょう。

男の子の身長は声変りの時期、女の子の身長は月経が始まる時期までがよく伸びる期間です。子供の成長する時期を逃さないよう、早めに子供の成長をサポートしてあげるといいですね。

遺伝や体質のため

並んで立っている3世代家族

よく「ママが小さいから子供も背が小さい」とか、「パパが大柄だから将来背が伸びる」といわれるように、子供の背の高さには良心からの遺伝や子供自身の体質が影響しています。ただし、身長に対する遺伝の影響は20~30%前後といわれていてその他の要因の方が大きいので、遺伝のせいにして背の高さをあきらめる必要はありません。

両親の背が低くても子供の背が平均以上に伸びることはよくありますし、日本人の平均身長は遺伝と無関係に50年前と比べて10cm伸びているという事実もありますので、生活を見直して身長の発達を妨げる他の原因を取り除いて、子供の成長を促していきましょう。
両親の身長から子供の身長を予想計算することもできますが、あくまで目安程度に見ておくようにしましょう。

栄養状態が悪いため

身長に限らず子供の身体を成長させるためには、沢山の栄養が必要です。子供によっては食が細く、ミルクの飲みが悪い、離乳食が進まないという子が多いのですが、小さい頃に小食で小柄だった子は大きくなっても栄養不足が続いて低身長になることも多いようです。

小さな頃は消化器官が未熟で、一度にたくさんの量を食べることはできません。おやつで適度に量を補給しながら、一日3食、バランスのよい食事をきちんと食べさせて子供の成長を健やかに伸ばしていきましょう。

睡眠が十分とれていないため

「寝る子は育つ」といいますが、睡眠は子供の成長にとってとても重要な要素です。子供達の身体の骨は成長ホルモンの影響で伸びていきますが、背を伸ばす働きを持つ成長ホルモンは夜寝ている間に多く分泌されるので、夜間しっかり睡眠がとれていないと背がなかなか伸びていきません。

遅い時間に夕食をとると内臓の活動のために寝つきが悪くなりますし、寝る前のゲームは脳を活性化せて眠りから遠ざけてしまいます。成長ホルモンの分泌が盛んになる午後10時にはしっかり熟睡ができるよう、早寝早起きをして生活環境をしっかり整えていきましょう。

運動不足のため

外で走っている男の子

子供の骨の成長を促すためには、適度な運動をすることが不可欠です。子供の身体の骨は骨の先端にある軟骨と骨の境目の骨端線から伸びていきますが、身体を動かして骨端線に適度な刺激を与えないと、骨端線の活動が低下して低身長を招くことがあります。

運動をして筋肉を使うことは成長ホルモンの分泌を促す作用もありますし、日の光の下で伸び伸びと運動することは骨の形成を助ける効果があります。体をたくさん動かすことで食欲もアップし、程よく疲れることで睡眠時間も伸びますので、子供の背を伸ばしたい場合は子供を適度な運動や遊びに誘って、楽しく体の成長を促していきましょう。

ストレスのため

ストレスは万病の素と言われますが、子供にとって強いストレスは体の自律神経の働きを乱し、成長ホルモンの分泌を低下させて発達を妨げてしまいます。特に子供が影響を受けやすいのは人間関係、愛情に関するストレスです。進学や引っ越しなどの環境の変化からのストレスも受けやすいので、身近な大人がケアをしてあげましょう。

いじめや虐待などはもってのほかですが、パパとママが喧嘩をしてばかりいると、子供は不安や緊張が長引くことで睡眠や食事をとれなくなり、そのぶん成長ホルモンの分泌量も低下してしまいます。家族がいつもニコニしている環境は子供の背を伸ばす最適な環境ですので、良好な家族関係を築いていきましょう。

低身長症の治療費は?

子供の背が標準的にのびない低身長症の治療は、成長ホルモンを補ってすすめていきますが、この治療は何年にもわたって継続的に行う必要があります。成長ホルモン療法には健康保険が適用されますが、適用されるのは

  • 成長ホルモン分泌不全性低身長症
  • SGA性低身長症
  • ターナー症候群やプラダー・ウィリー症候群、プラダー・ウィリー症候群による低身長症
  • 骨無形成症や軟骨低形成症による低身長症
  • 小児慢性腎不全による低身長症

などが原因となることが明らかで、3歳をすぎて骨の成長が止まる思春期前であることが適用の条件となります。

健康保険が適用される場合には家庭の自己負担は治療費の3割で済みますが、子供のためとはいえ長期間の治療は家計をひっ迫します。低身長症の治療は長引くことを理解して、公的な支援を積極的に活用して治療を進めていきましょう。

低身長症の治療に活用できる公的支援

低身長症を治療できる病院の選び方

病院で看護師と一緒にいる男の子

子供の低身長症を治療できる専門医は限られていていますが、何科を訪れるかとなると基本的には小児内分泌科か内分泌内科が担当になります。小児科の医師であれが成長障害に精通していますし、必要に応じて専門医を紹介してくれますので、子供の低身長症が疑わしい場合にはかかりつけの小児科医か、地域にある総合病院の小児科で相談をするといいでしょう。

病院に行く時期については、子供の年齢ではなく、平均身長との差があまり大きくならないうちに受診を検討することがポイントです。早い時期に原因を突き止めておけば、早めの治療でスムーズに成長を促進することができますし、ママの心の負担も軽くなるはずです。

子供の身長がただ伸び悩んでいるだけなのか、もしくは「何らかの病気が原因にあるのか」は、たとえ医師であっても子供の外見だけでは判断ができず、血中のホルモン量や内臓などの詳細な検査をしてからの判断になります。医師が正しい判断を行うためにも重要視されるのが、今までの成長記録を家庭で記した成長曲線ですので、子供が生まれたら定期的に母子手帳を開いて、成長記録をつけていくことを心がけましょう。

うちの子低身長症です!先輩ママの体験談

もし自分の子が低身長症と診断された場合、ママ達はどのように乗り越えていけばいいのでしょうか。子供の身長が低いことで悩んだ先輩ママの体験談をご紹介します。

カッちゃんのママ
45歳

気になる場合は病院へ!

32歳で出産して初めて男の子を出産しました。1歳ごろまでは特に違和感はなかったのですが、だんだんと線が細いというか、背があまり伸びないことが気になって、将来に不安を感じていました。
お友達のママにも相談しましたが、「身長は個人差が大きいよ」といわれて安心して、病気かどうかを考える事から目を向けていたのですが、最終的に3歳児検診で低身長症の可能性があるとお医者さんに指摘されて、小児内分泌科を紹介されました。検査したら成長ホルモン分泌不全性の低身長症だと診断をされたのですが、はっきりとした原因があることがわかって、私としてはホッとしました。原因がわかれば、身長のための対策がたてられるという事ですから。
息子の場合はホルモン療法をしていますが、ペースは遅いものの、元気に育っています。昔の私がそうだったのですが、低身長症だから体や知能の発達が遅れるとかは考えなくてもいいと思います。とにかく早めの治療開始が大事です。自分の不安や周りの言葉に流されずに、気になる場合にはまずお医者さんに相談する勇気を持ってくださいね。

加奈子
29歳

うちの子はターナー症候群です

いま10歳になるウチの次女は、ターナー症候群で背が小さいです。幸い早いうちにわかって成長ホルモンを補給する治療ができたから、今はちょっと小柄といった感じです。
お医者さんからは治療をしなきゃ成長しても130㎝位までしか背が伸びないと言われ、すぐに治療を始めてもらいました。薬の量は子供の体重によっても違いますが、ターナー症候群は公費補助が出たので、活用させてもらっています。娘の場合は1本の注射で1000円前後の自己負担額で済んでいますが、症状によっても治療費はまちまちのようですね。
娘がターナー症候群だとわかった時には正直ショックで、将来を悲観してしまいました。でも数年成長を見守ってきましたが、病院に通わなくては行けないけど娘はとっても元気で、今では低身長症も娘の個性の一つだと考えています。

子供の可能性を信じて低身長と向き合いましょう

誰もが自分の子供に低身長症などの発育不全は起こらないと考えたいとは思いますが、低身長症は誰にでも起こり得る病気です。原因をしっかり突き止めたら、パパやママがそれぞれの病気や症状を理解して、受け入れていくことが必要です。
子供の身長について、病気の可能性があることから、親が一切気にしないということはダメですが、常に「大きい」「小さい」と一喜一憂してると、子供に変なプレッシャーを与えてしまうかもしれません。遺伝や食事、運動や睡眠など、普段の生活を健康的に送ることで、自然と子供は成長することができます。

ご存知の方も多いとは思いますが、世界的に活躍するプロのサッカー選手のメッシも、低身長症で、成長ホルモンで治療しながら活躍しています。パパやママが前向きな治療で子供を支えて、お子さんの可能性を伸ばしてあげることができるといいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク