子供の口内炎に関する記事

子供の口内炎の原因は?病院は何科?市販薬と改善する食事

子供の口内炎の原因は?病院は何科?市販薬と改善する食事

子供の口内炎の原因となる感染症やその他の原因、おすすめ市販薬と正しい塗り方、予防に効く食べ物などをご紹介します!

マーミーTOP  >  子育て  >  子供の口内炎の原因は?病院は何科?市販薬と改善する食事

子供の口内炎は熱に注意!病院は何科を受診?市販薬とステロイド

子供の時は口内炎になりやすいものですが、「口内炎でしょ。偏食だから…」とあなどっていたら、実は感染症だったというケースも少なくありません。特に幼児の場合、口内炎により食欲が落ち、水分を摂れなくなって脱水症状になりやすいため、注意が必要ですね。

今回はそんな子供の口内炎について、口内炎で熱が出る原因、何科を受診するべきか、おすすめの市販薬、口内炎用ステロイド、ぬり薬のつけ方、口内炎を繰り返す原因、子供の口内炎を防ぐ食べ物などをご紹介したいと思います!

子供の口内炎で熱が出る原因

子供の口内炎というと、ただ口の中に白っぽい潰瘍ができる「だけではなく、ウイルス性感染症が原因で熱が出るケースもあります。それぞれの原因と症状、回復までの注意点をおさえておきましょう!

手足口病

手足口病で湿疹が出ている子供の足

「エンテロウイルス属のコクサッキーウイルスA6型」「A16型」「エンテロウイルス71型(EV71)」というウイルスに感染することで発症する、子供には非常に多いウイルス性感染症です。5歳以下の乳幼児が夏にかかりやすく、幼稚園や保育園などで、子供同士の接触や会話をするときに飛沫する唾液、くしゃみなどを通じて、集団感染しやすいという特徴があります。

ウイルスに感染後、3~5日の潜伏期間を経て発症しますが、始めは口のなかの粘膜や歯肉、唇の内側に赤い小さな発疹や口内炎ができ、その後さらに手や足にも水疱が広がっていきます。口の中の発疹や口内炎は飲食時に痛みを伴うため飲んだり食べたりするのを嫌がりますので、痛みがひくまでの3~4日の間は水分補給をこまめにしてあげ、脱水症状にならないように気をつけてあげましょう。発疹は1週間ほどで消えていきますよ。

発熱を伴うことがありますが、高くても38度前後まででそれほど高熱ではないのが特徴です。直接効く抗ウイルス薬はないので、症状が重ければ解熱剤などを使いながら安静に過ごします。手足口病は感染力が強く、長い期間感染しやすい感染症ですので、しばらくの間は家庭でもタオルをわけたり、食器をしっかり洗って別々にしたりなどの感染予防策が必要になりますよ。

ヘルパンギーナ

「エンテロウイルス属のコクサッキーウイルスA群(CA)」に主に感染することで起きる病気です。とりわけ2歳~4歳の子供の間で夏に流行します。手足口病と同様、幼稚園や保育園などでの飛沫感染、接触感染を避けるのはなかなか難しいのですよね。

手足口病との違いは、ヘルパンギーナは発疹や口内炎が出る場所がのどだけであることや39度を超える高熱が出ることです。2~4日の潜伏期間のあと、急に発熱し、その後のどに水疱がぷつぷつと出てきます。水疱がつぶれると唾をのむだけでも激痛がはしるため、飲食するのが大変になります。

手足口病と同様に、少しずつ水分を摂らせてあげましょう。のどの水疱は1週間でなくなり、熱も2~3日で下がりますよ。こちらも直接効く抗ウイルス薬はないので、解熱剤やのどの痛みを和らげる鎮痛剤を使いながら回復を待つようになりますよ。

単純ヘルペスウイルス性口内炎

ヘルペスウイルスへの感染で起きる病気には色々あり、有名な水ぼうそうや帯状疱疹もその仲間ですが、同じくヘルペスウイルスの1種である、「単純ヘルペスウイルス1型」に感染することで起き、口内炎を中心にした症状が出るのが、この「単純ヘルペスウイルス性口内炎」です。

ウイルスに感染後、急に39度近い発熱から始まり、2~3日経つと口のなかに口内炎が現れます。歯茎が赤く腫れたようになることもありますよ。手足口病やヘルパンギーナと同様に、痛みがあるため飲食が辛くなります。こまめに水分補給をし、のどごしがソフトな食事にするように心がけてあげましょう。

病院を受診し、抗ヘルペス薬を使ってヘルペスをおさえる治療をすれば、しだいに症状がひいていきます。1週間~10日くらいで熱も水疱も完治するでしょう。

口内炎と熱で小児科を受診する時は…

似ているようですが、発疹の出る場所(口のなかだけか、他の場所にも出るか)や、熱の出方などが診断に大切な情報となりますので、症状を時系列で詳しく説明できるようにしておきましょう。

子供の口内炎で病院に行くときは何科を受診?

子供に口内炎ができたとき、何科を受診するべきか迷いますよね。実は、「口内炎なら絶対この科にすべし!」と言い切るのはなかなか難しかったりします。というのは、一口に口内炎といっても、口のなかの傷やかみあわせ不良などが原因で炎症が起きているといった場合もあれば、先ほどご紹介したようなウイルス感染症の場合もあるからです。

ここでは症状ごとに受診すべき科をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

衝撃が原因の口内炎

口をぶつけて泣いている女の子

子供は遊んでいる時に口の中をひっかいたりぶつけたり、歯のかみあわせが悪くて口内を傷つけたり、矯正装置や針金が頬の内側や唇の内側の肉に刺さって傷ができたりなど、口内に傷をつくりやすく、その傷から細菌が入ってしまい、膿んだように口内炎になってしまうことがよくあります。このような口内炎を「アフタ性口内炎」と言います。

かみ合わせが問題とはっきりしているケースは小児歯科や口腔外科などを受診すれば診てもらえますが、小児科でも薬を処方してもらえますよ。

発熱などウイルス感染の疑いが強い口内炎

口内炎以外に、発熱や体の他の場所への発疹、喉の痛みなどを伴う場合には、ウイルス性感染症にかかった疑いがありますね。特に、園や学校で流行している場合は、感染した可能性が高くなりますので、小児科を受診するとよいでしょう。

耳鼻咽喉科でも診てもらえることが多いですが、小児の感染症を対象としているかあらかじめ聞いてから出向くと確実です。手足口病のような感染力の強い病気にかかった疑いがある場合には、診察が始まるまで他の患者さんとの接触を避けるように案内されることもありますので、受付時には感染の疑いがあることを伝えてくださいね!

長引く口内炎

下唇に口内炎ができいる子供

「口の中のトラブルでもなさそうだし、感染症でもなさそうだけど、なぜだか原因不明の口内炎が続いている…」というような場合には、耳鼻科を受診しましょう。「耳鼻科?」と思う方もいるかもしれませんが、耳鼻科では鼻の奥から食道までの部分に位置する咽頭も専門的に診ていますので、癌や自己免疫病などで長引く口内炎にも対応してくれます。

ただし、お住まいの地域によっては耳鼻咽喉科でも幼児を診察しないこともありますし、小児科と耳鼻咽喉科を兼ねている病院もあります。初めて受診する場合には、「○歳の子供でこんな症状だが診てもらえるでしょうか?」と事前に電話して聞くことをおすすめします!

子供の口内炎におすすめの市販薬

感染症の疑いがなく、口の中の外傷が原因の場合などは、お医者さんにかからずにホームケアで乗り切りたいというご家庭も多いですよね。そんなときに使える、お子さんの口内炎におすすめの市販薬をいくつかご紹介します!年齢制限があるものや、使用する際には薬剤師との相談が必要なものもありますので、使用上の注意をよく読んでから使用するようにしてくださいね!

口内炎パッチ大正A

口内炎パッチ大正A

大正製薬

口内炎の患部に貼るパッチタイプの薬です。貼っている不快感がなく、唾液ではがれにくいですよ。ムラサキの根から採取した紫根エキスとグリチルレチン酸を配合した非ステロイド性の抗炎症薬なので安心です。5歳以上の幼児からしか使用できません。

http://www.catalog-taisho.com/01951.php

口内炎軟膏 大正A

口内炎軟膏 大正A

大正製薬

口内炎、口角炎や口唇のひびわれなどに使える軟膏で、塗ると患部に密着し、舌や唾液、食べ物の刺激から守ります。患部に1日2~4回塗る。ステロイドは不使用です。ただし、ただれのひどい部位には使用できず、幼児の場合は医師や薬剤師への相談が必要です。

http://www.catalog-taisho.com/01949.php

コウナキッズ スプレータイプ

コウナキッズ スプレータイプ

タンペイ製薬

口内炎の患部に1日数回スプレーするタイプですので、ママにとっても衛生的に使えますね。子供が好きなぶどう味で、口内炎以外にものどの痛みや荒れにも使用できます。ミスト状でしみにくいので、子供も嫌がらないのが嬉しいですね。3歳頃から使用可能。

https://www.tampei.co.jp/products/IM/

子供の口内炎で市販薬を使う時の注意点

一度医師や薬剤師と相談をしてから購入しましょう!また、使用方法や使用量を守り、親がつけてあげて様子をしっかり見守るのが原則です。使用してから逆に患部の状態が悪くなったり、効果がなかったりした場合には、使用をやめて病院を必ず受診してくださいね。

子供の口内炎にステロイドはOK?

病院では口内炎の症状に応じて、医師からステロイドを含んだ治療薬を処方される場合があります。でも、まだ小さい幼児の場合、ステロイド薬に抵抗があるママもいますよね。使用しないで済むのなら避けたいところですが、ステロイドを使用した薬のほうがよく効くため回復も早く、薬の使用期間が短くなりますし、食事や水分補給への悪影響の心配も減ります。

「ケナログ」は、幼児の口内炎でよく処方されるステロイドを含んだ薬ですが、どうしてもステロイドの使用に不安がある場合には、医師に相談してみましょう。むやみにステロイドを拒否することで、他の弊害がないか医師が説明してくれるはずです。

また、一度口内炎で処方されたケナログを、次に口内炎ができた時に自己判断で子供に使用することはやめましょう。市販のケナログを購入して使用するのも、同様におすすめできません。ケナログは、感染症による口内炎への使用により、症状を悪化させて副作用を起こす恐れがあります

子供に口内炎のぬり薬をつける方法

子供の口の中の口内炎患部に、ぬり薬をつける場合、患部に別のバイ菌が入ってしまわないように注意することが必要です。こちらでは、正しい手順をご紹介しますので、少し面倒に思うかもしれませんが、余計な2次感染を防ぐために大切な手順ですので、ぜひ実践してくださいね!

子供はぬり薬が気になって、舌で患部を触ってしまいやすいので、寝る前につけるのがおすすめです。

口内炎の軟膏の正しい塗り方

  • ママは指先を中心に、念入りに手を洗う
  • 子供にうがいをさせ、口の中を清潔にする
  • 患部周辺をガーゼやティッシュでおさえ、唾液などの水分をとる
  • 指先に適量のぬり薬をとる
  • 患部のまわりから覆うように軟膏を塗る
  • しばらく飲食をひかえ、口の中をむやみに触ったり、舌を動かしたりしないように気をつける。
  • 軟膏のチューブの先やふたをティッシュやガーゼでふき取る

子供が何度も口内炎を繰り返す原因

野菜スープを食べている女の子

子供の口内炎は、治ったと思ったらまたすぐに再発し繰り返すことも多いのですよね。実は、口内炎を繰り返す原因は、栄養不足やストレスが大きく関わっていると言われているんです。

栄養の中でもビタミンが不足すると、口の粘膜を保護する働きが弱まってしまうので、侵入する細菌やウイルスに勝てなくなってしまいますので、好き嫌いの多い子供でもビタミンが摂れるように、食事に気をつけてあげることが大切です。また、適度な睡眠や息抜きで、ストレスや疲れを溜めないように気をつけてあげましょうね。

ボーロ
42歳

大会の前になると口内炎を繰り返す長女

バレーボール少年団のキャプテンをつとめる長女。本当はキャプテンっていう柄じゃなくてとても繊細な子なんです。なぜか推薦されてキャプテンになっちゃったみたいでして…。キャプテンになってからは、大事な大会が近づくと必ず舌に口内炎ができてしまうみたいです。

先日病院で診てもらったところ、舌にできるアフタ性口内炎はストレスからくる場合も多いって言われました。きっとキャプテンとしてのプレッシャーが知らず知らずに体にストレスをためこんでしまっているんでしょうね。知り合いに口内炎の予防にはビタミンが良いと聞いてからは、できるだけビタミンをとらせてあげるようにしています。

キツィ
34歳

口内炎は私のせいかも…

私は子供が赤ちゃんの時から正社員として働いていますが、店舗が終わる夜9:00頃仕事が終わって帰宅することもあるため、その間は旦那が一人で子供の世話をしています。そのため、夫婦で忙しい毎日で、どうしても子供が寝る時間が夜11時頃になってしまいます。

口内炎で何度か病院に連れて行くうちに、「夜何時に寝かせてる?」と聞かれて時間を言うと、「口内炎は疲れてるとなりやすいんだよ」と注意されてしまいました。それからは、夫婦で相談し、早めに寝かせるように頑張っています。

子供の口内炎を防ぐ食べ物

子供の口内炎を防ぐには、ビタミンの中でも特にビタミンB2が効果的です。できるだけ多くとるように工夫しましょう。ビタミンB2には成長を促進し、体の粘膜や皮膚を保護する役割があり、不足すると口内炎になりやすくなりますので、日頃から意識して食べさせることが大切です。

ビタミンB2を多く含む食べ物

  • 納豆
  • 小麦胚芽
  • 牛・豚・鳥レバー
  • 干し椎茸
  • 鶏卵
  • 海苔
  • うなぎ

また、ビタミンB2以外にも、野菜に含まれるビタミンB6やビタミンC、βカロテンなども皮膚の生成に大切な栄養素ですので、野菜嫌いのお子さんには、野菜や果物をたっぷり入れて作るグリーンスムージなどを飲ませてあげるのも、お手軽な方法ですよ。ママの美肌にも効果的ですので、忙しいママにおすすめです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク