子供用眼鏡のおすすめに関する記事

子供の眼鏡選びに欠かせないポイントとは?おすすめ6選

子供の眼鏡選びに欠かせないポイントとは?おすすめ6選

子供に眼鏡が必要になった時、いきなり近所のメガネ店を訪れて価格や見た目だけで選ぶのは、目にも体にもおすすめできません。子供ならではのフレームとレンズ、お店選びのポイントやおすすめ商品を要チェック。

マーミーTOP  >  子育て  >  子供の眼鏡選びに欠かせないポイントとは?おすすめ6選

子供の眼鏡選びはデザインに惑わされないで!おすすめフレームブランド

子供の視力低下は今や深刻な社会現象となっていて、小学校に上がる前後から眼鏡をかけ始める子が増えていますが、子供用の眼鏡を選ぶ際にはかけた時のフィット感や見た目のオシャレさなども重要ですが、子供だからこそ気を付けてあげたいポイントがあります。

子供の視力は頻繁に変わりますので定期的な作り替えが必要になりますが、子供だからこその眼鏡選びのポイントを押さえておかないと、予定より早くつくりかえなければならなくなることもよくありますし、無駄に元気な子供を怒る羽目になりますので注意しましょう。

「眼鏡をかけると視力が落ちる」は嘘!子供の視力が低下したら正しい検査を

眼科で検査を受ける女の子

就学時健診や学校の視力検査、日常生活などで子供の視力の低下を感じた時、主に親は次の3つの選択肢の中から対応します。

  1. 眼科を受診して、眼科指定メガネ店で子供の眼鏡を作る
  2. 検査の結果を持ってメガネ店に行き、その場で子供の眼鏡を作る
  3. 家庭での食事や生活習慣を見直し、視力矯正を行う

ですが子供の場合は特に、大人のように加齢による視力低下だけでなく病気が隠されている恐れもありますので、子供の眼鏡を検討する状況になった場合はまずは眼科へ行きましょう。

眼科では、ひらがなやマルの一カ所が虫食いになっているランドルト環と呼ばれる「視力表」による視力検査も行いますが、目の調整機能を一時的に麻痺させて瞳孔を開く点眼薬をさし、およそ1時間後に瞳孔が開き自力で焦点を絞れなくなってから正確な視力を測定し、近視や遠視、乱視なども確認します。

また眼鏡をかけると視力が落ちると噂する人もいますが、眼科医によると子供の近視の場合は頭の成長が関係していて焦点が変わるため、子供の成長に伴う視力低下は正しく作られた眼鏡が原因ではありません。

むしろピントが合わない状態のままでいると目に負荷がかかるため、目にはよくありません。また見えないまま放置することで、集中力が落ち、頭痛や吐き気などの体調不良を起こすこともありますので、子供の視力の低下を感じたらまずは眼科で正しい検査を受け、病気がないことを確認してから眼鏡の購入を検討しましょう。

ちなみにコンタクトは、子供が自分できちんと手洗いや装着、取り外し、コンタクトの洗浄や管理ができることが必須条件です。

ビジュアルを大切にしている場合、まだ子供自身が自分で管理を出来なくてもコンタクトにしたいと思うでしょうが、不衛生なコンタクトは病気の発症を招きます。自分でコンタクトの管理ができない子供の場合は、おしゃれな眼鏡を選んで子供の気持ちを納得させてあげましょう。

子供の眼鏡レンズ選びのポイント!子供の生活にマッチする加工を選ぼう

子供の眼鏡を選ぶとき、レンズの度数は処方箋通りです。初めての眼鏡が合わなくなって買い替える際も、富士メガネのように眼科医が学びに行くような高い視力検査技術を取得し、専門の眼鏡鑑定士がいるメガネ店で作り直せば、検査で必要なレンズの度を選んでもらえます。

ただしレンズの種類については、レンズには傷つきにくいレンズ、UV加工されているレンズ、ブルーカットされているレンズ、薄型レンズなど様々な種類があり、良いものほどお値段も高価になりますのでご予算に合わせて選ぶことになります。

子供の場合はメガネの取り扱いが雑になりがち。お友達とぶつかって落とすこともありますし、机にレンズを下にして置いてしまうこともあるため、レンズは大人より傷つけやすいです。そのため傷がつきにくい加工がされているレンズがおすすめ。

子供は外で遊ぶ機会が多いので、できればサングラス代わりになるUVカット加工がされているレンズがおすすめですし、ゲームやスマホ、テレビなどブルーライトの刺激を多く受ける子の場合は、ブルーカット加工がされているレンズもおすすめです。

またあまりにも視力が低い子供の場合、レンズが牛乳瓶の底のように熱くなります。その場合子供が見た目を気にするかもしれませんので、子供の様子を見て薄型にしてあげるとよいでしょう。

子供の眼鏡フレーム選びのポイント!のびのび生活できる壊れにくい商品がおすすめ

子供用のメガネ

子供用の眼鏡フレームには、メタルフレームやセルフレーム、ナイロールフレームやツーポイントなどさまざまな種類があります。フレームの重さや壊れやすさなどがそれぞれ異なりますが、重過ぎるなど眼鏡への違和感が強いと、折角の眼鏡を子供がかけてくれないことがあります

子供の眼鏡フレームはデザインばかりを重視せず、装着感の良さや壊れにくさに注意して選びましょう。

黒ぶちメガネのようなガッチリしたタイプやレンズ回りにフレームがない、あるいは部分フレームの眼鏡は壊れやすいので、高学年になると使いたがることがありますがあまりおすすめできません。柔軟性のあるフレームがおすすめです。

また子供用の眼鏡でも商品によってサイズが異なりますので、調整で子供の耳や鼻、目の位置に合わせられるピッタリサイズの眼鏡フレームを選びましょう。

弱視の子供の場合、弱視用の眼鏡フレームを選ぶ必要があります。眼科で紹介しているメガネ店で弱視用眼鏡フレームの取り扱いをしていますので、そちらで購入するとよいでしょう。

スポーツの時は子供に眼鏡を外させるべき?専用眼鏡フレームやレンズ曇り止め加工を利用して

運動や激しいスポーツをする子供の場合、眼鏡はどうするのが良いのでしょう?
一般的には普通の眼鏡でスポーツに対応できそうなものを選ぶか、スポーツ眼鏡(ゴーグルタイプ)を選ぶかのどちらか多いです。

ただしスポーツ用の眼鏡は、商品によって曇りやすいという欠点がありますので、その場合はレンズに曇り止め加工をしてもらったり、眼鏡用の曇り止めを塗ったりして対応するとよいでしょう。

少年団や習い事教室の方針、もちろんスポーツの種類にもよりますが、普通の眼鏡では接触などにより眼鏡によって目を傷つけてしまう可能性がある場合にはスポーツメガネを検討してあげましょう。

中学生になると自分でコンタクトの管理ができる子が増えますので、スポーツのために眼鏡からコンタクトに変える子供も多いです。

子供の眼鏡の価格は高い方がいい?安くても大丈夫?

壊れたメガネ

眼鏡は高くて良いものを買えば良いということはありません。お子さんによってはよく動いてすぐに壊してしまう子もいます。

子供が眼鏡をなくしたり壊したりすることも考えて、安い眼鏡を複数買って予備を用意しておくご家庭も少なくありません。眼鏡が壊れても可能な範囲で無料修理してくれる富士メガネのようなメガネ店もありますので、できればそうしたサービスのあるメガネ店で購入しましょう。

子供の治療用は条件に合えば保険対象!眼鏡代を申請すれば返金される

女の子の視力検査する眼科医師

子供の弱視、斜視及び先天白内障術後の治療用眼鏡とコンタクトレンズの製作費用は、健康保険の「療養費」の対象となるため、申請をすることで健康保険自己負担分を除いた額が全額返金されます。

ただし対象となる年齢は9歳未満です。対象となる子供の治療用眼鏡か治療用コンタクトレンズを購入した後に、加入する健康保険組合の窓口に下記の書類を提出しましょう。

  1. 加入する健康保険組合の窓口などにある「療養費支給申請書」
  2. 眼科医から処方された治療用眼鏡やコンタクトの作成指示書のコピー
  3. 子供の検査結果(2に含まれている場合は1と2のみ)

子供の眼鏡の買い替え頻度は?1年に1度を覚悟しておこう

子供の眼鏡は1年に1度以上の頻度で買い換えることを覚悟しておきましょう。骨格の成長と共に子供は眼鏡のサイズも視力もすぐに変わってしまいがち。視力があまりにも変化すれば、レンズを交換する必要があります。

また活発な子供の場合、すぐに壊してしまう可能性もあります。お友達とちょっとした喧嘩になり、はずみで誤って壊されてしまうことも。念のため修理や一年以上の交換補償をつけられるメガネ店での購入をおすすめします。

人気チェーンのオシャレなおすすめ眼鏡6選!子供のデビューを成功させよう

子供の眼鏡は定期的な調整が必要なため、フレームやレンズ保障だけでなく、長く付き合っていける信頼できるメガネ店で買うことが大切です。もしママやパパの行きつけがあるのならば子供をそこに連れて行ってみるのも良いでしょう。

子供用眼鏡は大人用に比べて数が少ないので、種類やカラーが豊富に揃っているお店を探すという手もあります。こちらでは子供眼鏡に力を入れているメガネ店と人気の子供用眼鏡フレームを6つご紹介します。

富士メガネ!北海道・青森・関東の子供の眼鏡づくりにおすすめのメガネ店

国内唯一の眼鏡の資格「認定眼鏡士」の資格を持つスタッフが、眼科医が研修に訪れるほど高い技術の視力検査や定期的なフィッティングを無料で行ってくれる、クオリティが自慢の安心できるメガネ店です。

富士メガネ社長の金井昭雄氏は、アメリカでオプトメトリスト・ドクターの資格を取得した視力保護のスペシャリスト。難民への長年の視力支援などにより、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)から日本人で初めて「ナンセン難民賞」を受賞し、富士メガネは長年UNHCRとパートナーシップを結んで募金活動を続けていることなどから、社会貢献度の高い企業としても知られています。

F’s flex(エフズルレックス) 単焦点レンズセット
F’s flex(エフズルレックス) 単焦点レンズセット

16,200円 + 税 ~

シンプルなデザインの子供用眼鏡フレームですが、NT合金を使用しているため歪みに強く、眼鏡デビューで扱いが上手くでいない子供でも壊れにくいためおすすめです。

http://www.fujimegane.co.jp

眼鏡市場!子供の眼鏡レンズを薄型にしても追加料金0円のメガネ店

眼鏡市場は業界最王手の眼鏡チェーン店です。レンズ付き眼鏡の一式価格を定額にしているのが特徴です。

ニコラコラボスクールメガネ レンズ付 眼鏡一式
ニコラコラボスクールメガネレンズ付眼鏡一式

眼鏡市場

16,200円(税込み)

小・中学生の女の子に大人気の雑誌「ニコラ」とコラボした眼鏡市場オリジナルのレンズ付き眼鏡です。フレームの内側に、さくらんぼやスイーツなどの可愛らしい柄が!外側のワンポイントも可愛い!女の子が絶対喜ぶ眼鏡です。

http://www.meganeichiba.jp

アンファン!関東・静岡・大阪の子供の眼鏡づくりにおすすめのメガネ店

アンファンは子供眼鏡の専門店です。お子さんにも安心して使っていただける高品質な眼鏡を提供しています。

J.F.Rey  HOLLY
アンファのJ.F.Rey HOLLY

アンファ(小倉眼鏡店)

23,000円(税別)

フランスのブランド「ジェイ・エフ・レイ」のキッズシリーズ。リボンのようなフォルムが斬新なオシャレさを醸し出しています。グレデーションしているカラーも他にはない個性的な色合いです。大人っぽいデザインかつポップな感じは、大人も欲しくなっちゃうデザインです。

http://www.ogura-megane.co.jp

Zoff(ゾフ)!安さと品質保証に定評のあるチェーンのメガネ店

Zoffは品質保証とサービスが充実しており、フレームの1年保証や無料の度数交換など新しい制度を作り上げてきました。

Zoff KIDS オーバル
Zoff KIDSオーバル

Zoff(ゾフ)

5,000円(税別)

誰にでも似合いそうで、目元を優しくしてくれるオーバルシェイプの子供用眼鏡。女の子に人気のチェック柄やドット柄が、可愛らしい雰囲気を演出しています。お子さんが違和感なく付けられるように、掛け心地の良さも追求しています。鼻パッドが自分で調節できるのも嬉しいですね。

http://www.zoff.co.jp

和真!子供商品券が使えるメガネ店

和真は、お客様一人一人に合わせた眼鏡をお届けします。眼鏡の使い方、普段の生活スタイルなどをカウンセリングで把握し、最適な眼鏡を診断してくれます。

FOREST JPAN FR2035J
和真のFOREST JPAN FR2035J

和真

15,120円

WOPフォレストのシンンプルなメンズ眼鏡です。シンプルながらもスタイリッシュさを感じるデザインで、永くお使いいただけます。ネジを一切使わないので重量を減らしつつ、緩みにくく、スムーズな開閉ができ、かけてる時の負担が少なくオススメです。

https://www.washin-optical.co.jp

JINS(ジンズ)!安さと軽さでお馴染みのメガネ店

JINSはレンズもケースも無料で、フレームをお選びいただくというスタイルが特徴です。返品保証などアフターサービスも充実しています。

デコレート エアフレーム&メタル(Junior)
デコレート エアフレーム&メタル

JINS(ジンズ)

6,372円

デコレート エアフレーム&メタルは、女の子らしい色を選べるキッズ眼鏡です。ピンクとパープルのフレームに、星柄がさりげなく刻まれています。サイドにあしらわれたリボンがチャームポイント!低価格なので、万が一壊しても安心なのはが嬉しいです。

http://www.jins.com

眼鏡を嫌がる子供への対処法!怒らずモチベーションをアップさせよう

メガネを掛けている子供のイラスト

付けている時の違和感などから、眼鏡を嫌がるお子さんも少なくありません。見た目に気を使う年頃のお子さんであれば、おしゃれでスタイリッシュな眼鏡を勧めてあげましょう。以下で人気の眼鏡を紹介しているので是非ご参考くださいね。また子供向けにキャラクターの眼鏡なども販売されているので、お子さんとフレームを選ぶなどして、楽しく眼鏡がかけられるようにしてあげてください。

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪