おたふくかぜの症状と家庭での対処法に関する記事

おたふく風邪の症状・和らげる対処法・子供と大人の違い

『おたふく風邪の症状・和らげる対処法・子供と大人の違い』

おたふくかぜになったらどういう症状が出るの?ほっぺの痛みを軽くするにはどうしたらいいの?わが子がおたふくかぜになった時の家庭での対処法を中心に紹介させていただきます。

マーミーTOP  >  子育て  >  おたふく風邪の症状・和らげる対処法・子供と大人の違い

おたふく風邪の症状について

毎年春先になると、幼稚園や小学校で必ずと言っていいほど流行する「おたふく風邪」。予防接種は任意で行われていますが、かかってしまうお子さんも少なくないのが現状です。ほっぺたが腫れたりお熱が出たり、お母さんにはとても心配な症状も出ますので、おたふく風邪について正しく知識を身につけ、いざ罹った時には焦らずきちんと看病出来るようにしておきましょう。

またおたふくかぜだと思っても、実は違う病気が隠れていることもありますので、おたふく風邪とそれ以外の病気の違いもチェックしておきましょう。

おたふく風邪の初期症状って…ほほが膨れるの?

おたふく風邪と熱で寝て安静にしてる男の子のイラスト

おたふく風邪に罹って、症状が出るのは7割くらいと言われています。あとの3割は症状が出ずにおたふく風邪だと気づかずにいるタイプです。

ではおたふく風邪はどんな症状が出るのでしょうか。代表的なものは以下のとおりです。

  • 耳下腺の腫れと痛み
  • 発熱(38度を超える高熱になることもある)

耳下腺は、聞きなれない単語かもしれませんが、耳の後ろの方にある唾液を作りだしている部分です。おたふく風邪になってしまうと、そこが炎症を起こして熱を持った感じに腫れてしまいます。初期症状として、腫れる前耳の下の顎と首の付け根辺りが痛くなることもあります。腫れの程度には個人差があって、看護師でもある私が見た中で、一番腫れていた子はほっぺのラインから顎、首周りまで腫れてしまっていて、顔の輪郭が一回くらい大きくなり、首が極端に細く見えるような感じでした。

軽い腫れですとほとんど分からないようなものや、片側だけ極端に腫れるケースもあります。

スポンサーリンク

おたふく風邪ってどれくらい注意すればいいのかな…潜伏期間から考えよう

おたふく風邪にかかってから、その症状が現れるまでの期間(潜伏期間)は2~3週間と言われています。もしも、お子さんの通われている学校の教室で、隣の席の子どもが「おたふく風邪」で休んだとします。そうすると、おたふく風邪がうつっているか分かるのは大体2週間後という事になりますね。その間はなるべく注意してお子さんを見守り、お友達との身近なスキンシップなども控えた方が良くなります。

おたふく風邪は「飛沫感染」で移ります。飛沫感染とは「せき」や「くしゃみ」や「おしゃべり」などによって、感染した人の体内から飛び散る飛沫(ツバなどしぶきのようなもの)が、直接口に入ったり、飛沫がついた手で何かを食べたりして間接的に体内に入ることで、感染してしまう種類のものです。

もしも、ご自分が何かの感染症に罹っているかも…という時には、マスクをしたり他の人に飛沫を飛ばさないように注意しましょう。同様に「クラスで流行ってる」と聞いたら、いつもより注意して手洗いやうがいなどをさせるようにしましょう。

おたふく風邪にかかったら保育園や幼稚園などにはどれくらい通えないの?

だれも遊んでいない幼稚園の遊具

学校保健安全法という、感染症と出席停止について決められている法律には「耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が始まった後五日を経過し、かつ、全身状態が良好となるまで」とされています。

つまり、腫れ初めてから五日間経って、発熱や体調不良も無く万全な状態に戻ってからなら、登校できるという事ですね。おたふく風邪は、ムンプスというウイルスが感染源となって引き起こってしまう感染症です。もしも、ウイルス性の疾患にかかってしまうと、一時的に免疫力が低下しますので、色々な病気にかかりやすくなります。ですから、2週間は無理をせずにゆっくりとしたペースで過ごすことが大切です。

スポンサーリンク

おたふく風邪の正式名称ってあるのかな?

おたふく風邪の正式な病名は「流行性耳下腺炎」と言います。読んで字のごとく、春先から流行する耳下腺が炎症を起こす疾患ですね。耳下腺は耳から、ちょうど耳の下の顎部分までに存在する器官のため、おたふく風邪で耳下腺が炎症をおこすと、耳のあたりから頬が膨れたようになってしまいます。

おたふく風邪と間違えやすい似た症状の病気があるって本当?

おたふく風邪だと思っていたら、違う病気だったということも良くあります。小児科の先生に診断してもらえば分かることなんですが、お母さんも前もって知っていた方が「あれ?もしかしたら違う病気かも…」と疑いの目を持つことができるので、安心できますよね。

こちらではおたふく風邪と似た症状が出る病気を、いくつか紹介していきます。

急性化膿性耳下腺炎

耳下腺の痛みを我慢して布団に入ってる女の子の顔

急性化膿性耳下腺炎は、おたふく風邪とは違い細菌の感染によって、その症状が引き起こされます。その特徴は、耳下腺周辺が赤くはれてしまうという事です(おたふく風邪では赤くなりません)。
その痛みは、例えていうのなら傷が膿んで痛む時のような、ずきんずきんとした痛みです。

私は子供の頃、この病気に何度も罹ったことがあるのですがとても痛みました。耳下腺の部分に変な力がかからないように、酸っぱいものなどは、食べることを控えてたりしました。そして、腫れたところを押すと口の中に膿が出てきます。(気持ちが悪かったです…)

おたふく風邪のように、両方の頬が腫れる事はなく、片方が腫れることがほとんどです。

反復性耳下腺炎

反復性耳下腺炎は、耳下腺の開口部が広がってしまい、細菌がその部分に感染しやすくなるために起こってしまいます。おたふく風邪との判別がとても難しい病気とされています。反復性耳下腺炎は耳下腺のみ腫れますが、その区別の仕方は、発熱の症状が表れたり、顎の下まで腫れてきたらおたふく風邪だと診断するのが、目安とされています。

反復性耳下腺炎では、翌日には腫れが引く場合が多いのですが、おたふく風邪は3日位に掛けてピークになりという違いもあります。

また、以前におたふく風邪にかかっていたり、予防接種を受けていたら反復性耳下腺炎を疑いましょう。おたふく風邪の予防接種を受けた場合、病院がその事を母子手帳に記入しますが、かかった人の場合には自己記入になりますので忘れないように「いつ罹ったのか?」「その症状はどうだったか?」を母子手帳に記入しておきましょう。

記録として残しておくことで、お子さんが成長した時に「あれ?この子おたふくかぜに罹っていたかな?」と、うろ覚えになってしまう事を避けることができるのでオススメです。

おたふく風邪の症状が悪化してしまったら…どんな合併症になっちゃうのかな?

おたふく風邪になると、次に挙げるような合併症になる事があります。ほとんどが罹っても軽く済むものなので問題はありません。あまり心配しすぎず、こんなものがあるんだと知っておく程度に読んでみてくださいね。

1 無菌性髄膜炎(ウィルス性髄膜炎)

おたふく風邪になった人が、頭痛や吐き気などを訴えたら無菌性髄膜炎を疑います。おたふくかぜの合併症では一番多く見られ、大体は軽く済みます。治療は特になく安静にしていると1~2週間で治ります。難聴や顔面神経麻痺を起こすこともありますが、ほとんどの場合は完治します。

2 膵臓炎(すいぞうえん)

おたふくかぜの合併症では膵臓炎も多くなります。軽いものがほとんどで、腹痛や微熱が続きますが数日で治るケースが比較的多いようです。

3 睾丸炎・卵巣炎

思春期以降の男子がおたふくかぜになると、睾丸炎を起こす事があります。睾丸は精子を作ったり、ホルモンを出す役割があります。「そこに炎症が起きるので男性不妊になるのでは?」と思いがちですが、実際は片側だけ発症する場合が多く、不妊になったりホルモンに異常が出ることはほとんどありません。女子も卵巣炎を起こす事がありますが、同じく不妊やホルモン異常にはなることはまれです。

でも、おたふくかぜは成長するにつれ発症すると重症化しやすい傾向にあります。我が子の事ですから、万が一を考えると小さなうちに予防接種をしておけば安心ですね。

おたふく風邪の治療法 & 予防接種 & 家庭での対処法

痛みで食事がとれなくなったり、熱でうなされたり、顔の輪郭が変わるほど腫れてしまったり、おたふくかぜになると色々な症状が出て、お母さんも「どうしよう…どうしよう」と、不安に思うことも多いでしょう。

では、おたふく風邪になったらどんな治療法があるのか、また家庭でお母さんが出来る対処法を紹介していきますので確認しておいてください。お子さんがおたふく風邪になっても、あわてずに落ち着いて看病出来るようにしっかりと覚えましょうね。

特効薬ってないの?!対症療法による治療法

おたふく風邪は細菌性の病気ではなく、ウイルス性疾患なので抗生物質などの薬は効きません。特効薬というものが無いので、症状が出たらその症状に対処する対症療法をすることになります。また合併症を起こすこともありますので、必ず医師の診断も受けましょう。対症療法はご家庭でも出来る事なので参考にしてみてくださいね。

耳下腺の腫れ

女の子の耳

これは唾液が出る時にかなりの痛みを伴います。耳の後ろを冷やしたりすると、気持ちが良く痛みも軽くなります。また、口の中に入ってしまうと、唾液が沢山出る酸っぱいものや刺激がある辛いものは避けましょう。食べやすく味の薄いお豆腐や葛湯など、刺激が少なく飲み込みやすいものが良いでしょう。ゼリーも良いのですが、かんきつ系などのものが多く、刺激になり痛みが出ることもありますので少量から試しましょう。

発熱

あまり熱が高く、ぐったりしていたり水分もとれない場合には、病院の診断で解熱剤を使う事もあります。脱水があれば点滴で水分補給を行うことも。家庭では食欲が無ければ無理をせずに、水分を少しずつ、飲む回数を多くして飲ませるようにしましょう。一気に飲むと吐いてしまう事もありますので、こまめに少しずつ飲ませてあげるようにしてください。だんだん食欲が出てきたら、おかゆなどを試してみましょう。

3日以上高熱が続いたり、腫れが引かない場合は、合併症や他の病気の可能性もありますので、必ず病院で診察を受けるようにしましょう。

家庭での対処法 ~ お風呂とかどうすればいいの?

お風呂場

38度以下で、元気があればお風呂に入っても大丈夫です。耳下腺が腫れている時には、あまり温まってしまうと痛みが強くなる時もありますので、湯船には浸からずにさっと済ませましょう。

免疫力が低下しているのでとにかく安静が第一です。ゆっくり休んで体力をつければ治りも早くなりますよ!

おたふく風邪の予防接種って受けた方が良いの?

おたふくかぜの予防接種は、自分で「受けるか受けないかを選択できる」という任意接種です。その予防接種は、1歳から受ける事も出来ますが、生ワクチン(ウイルスを弱めてそれを体内に入れて免疫を作るワクチン)であるため、接種してから大体2週間後におたふくかぜの軽い症状が出る事があります。

これは軽い耳下腺炎の腫れであったり、本来のおたふく風邪と比べると軽い症状のものですから心配しなくて問題ありません。一度免疫がついてしまえば、ほとんどの場合は、免疫が有効ですのでおたふくかぜに罹る事はありません。

予防接種をせずにおたふくかぜにかかると、男子は睾丸炎、女子は卵巣炎を起こすこと可能性もあり、少なからず将来の不妊症の一因にもなり得ます。また、おたふく風邪は、子供特有の病気という訳ではなく大人でもかかり、成人してからおたふくかぜにかかると重症化しやすいという特徴があります。小さい頃におたふく風邪に罹ったことがない人は、子供の看病でうつる可能性などがありますので、必ず予防接種受けておくようにしましょう。おたふく風邪の予防接種料金は自治体や病院により違いますが、5000円から6000円が相場となりますので、重症化を防ぐためには受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク