手足口病の症状と発疹跡に関する記事

【手足口病の原因と症状】大人への感染は?どんな発疹?

【手足口病の原因と症状】大人への感染は?どんな発疹?

手足口病の症状について正しく知っておかないと、家族中に感染してしまうかも!?早期発見で大人も感染しないようにしましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  【手足口病の原因と症状】大人への感染は?どんな発疹?

【手足口病の症状】発疹痕/似た病気との違い/大人の症状

体温計を見て落ち込む女の子

「夏風邪」ってひとくくりにされがちでが、実はいろいろな種類があることを知っていますか?その夏風邪の中でも代表的な、一度耳にしたら忘れないくらいインパクトのある「手足口病」。いろいろなウイルスが蔓延する時期、しかも似たような症状の夏風邪が複数あり、間違えやすいので症状を詳しく知っておきたいですよね。

そこで、手足口病の症状やその後遺症、他の夏風邪とも比較しながらみていきましょう。また、大人がかかった場合にどうなるのかも詳しく解説します。

手足口病とは?

手足口病とは夏風邪の一種で、患者の多くは5歳以下の乳幼児です。特異なケースを除いて、命に関わるほどの病気ではありませんが、毎年夏になるとネットニュースなどで話題にのぼり、風邪よりも感染力が高く幼稚園や保育園などの集団生活の場で一人患者が出ると、あっという間に流行します。

また、手足口病はウイルス性の病気であるため、免疫や体力がない子どもがかかりやすいのです。コクサッキーウイルスA6、A10、A16、エンテロウイルス71(EV71)などが主な原因ウイルスだと言われています。

手足口病の主な症状

子供の足にできた発疹

感染してから2~5日の潜伏期間の後、発熱や喉、口の痛み、手足の水疱や発疹などの症状が現れます。熱が出ないケースもありますが、出たとしても高熱ではなく、発熱が続くこともあまりありません。軽ければ熱が出ないこともあり、ほとんどの場合は数日後には回復しますが、手足口病の症状が見られた場合は医療機関を受診しましょう。

喉や口の中が痛い場合、食欲が低下することもあります。口の中の発疹が治まるまでは食欲が戻らないことがありますので、なるべく喉ごしの良いもの、やわらかいもの、ぬるいものを食べさせてあげましょう。

また、まれに重症化し、髄膜炎や脳炎、心筋炎、中枢神経系の合併症を引き起こすこともあるので、注意深く経過を観察しましょう。特に、エンテロウイルス71(EV71)は、他のウイルスよりも中枢神経系の合併症を引き起こしやすいこともわかっています。

そして、コクサッキーウイルスA6に感染した場合のみ、症状が緩和した後、1ヶ月以内に手足の爪の脱落がありますが、自然治癒するので、気にとめておく程度で良いと思います。

知っておきたい!手足口病の主な症状

  • 発熱(ほとんどの場合38度以下)
  • 喉や口の中の痛み
  • 食欲低下
  • 2~3ミリの水疱性発疹(口の中、手のひら、足底、足背などに現れる)

間違えないで!手足口病と似た病気

手足口病と間違えやすいのが、同じ夏風邪の一種であるヘルパンギーナです。ヘルパンギーナも夏場、幼児を中心に流行し、発熱や口の中の痛みがあるので、ママがみても手足口病かヘルパンギーナか判断がつきにくいことがあるでしょう。

ヘルパンギーナは38℃~40℃の高熱が出て、口の中の水疱が口蓋弓(こうがいきゅう)や軟口蓋(なんこうがい)などの口の奥側に出たりすることが手足口病と違う点ですが、いずれにしても自己判断はせずに、医療機関を受診するようにしましょう。

手足口病の水疱の、ヘルパンギーナと異なる特徴としては、中央にくぼみのある大きな水疱で、手足が主体で広がっていること、口の中では臼歯よりも前の部分である口唇内側や頬粘膜などに出ること、などがわかっています

手足口病の発疹の痕は消える?

手足口病の症状は発疹がメインですが、「この発疹、元のようにきれいに治るの?」と心配になりますよね。発疹の出方や治り方にも個人差があるようなので、ここで体験談を紹介しましょう。

あいあいこ
36歳

A痒みがひどく、とびひになってしまいました

うちの子は、手のひらや足背にたくさん発疹ができていました。子どもは新陳代謝が良いので、発疹の痕はすぐに消えると言われていましたが、うちの子に限っては痒みもひどく、寝ている間に掻きむしっていたせいか、とびひになって広がり、完全にきれいに治るまでに、一カ月以上もかかってしまいました。

ゆうじんママ
34歳

A別のウイルスに感染!

最初の発疹は汗ものような感じで、あまりひどくなかったのですが、手足口病と診断されて10日後くらいに、腕や肘にさらに発疹が広がりました。下痢症状もあったことから、再び病院を受診すると、「別のウイルスに感染したのかも」と言われました。

夏風邪ウイルスが蔓延している中、手足口病にかかって免疫力が低下していたので、他のウイルスにも感染しやすくなっていたのですね。幸い一ヶ月ほどで発疹は消え、跡も残りませんでした。

大人にも感染する?大人の方が軽い?

子どもが病気になると、ママは看病で大忙し!手足口病は子どもがかかりやすいとは言っても、付きっきりで看病するママは感染しやすいのです。子供の風邪が大人に感染しても症状は軽い気がしますが、手足口病は…?

大人はどんな症状?

女医が注意

基本的に子どもと同じで、手や足、口の中に水疱ができます。子どもの場合は発熱しても38℃以下が大半ですが、大人の場合、3割くらいの人が40℃近い高熱を出します。また、頭痛や筋肉痛、悪寒など症状や、発疹が足裏にできると大人の場合は痛くて歩くのもつらく、子どもよりも重症化しやすいのです。

さらに、大人は新陳代謝が子どもほど良くないため、発疹の痕も消えにくく、目立つところに水疱ができると、女性としては、精神的なダメージも大きいですね。

発疹の痕が残らないようにするためには?

発疹の痕が残らないようにするために、発疹を掻き壊さないようにすること、肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促進することが大切です。肌を再生・修復する栄養素を積極的に摂取しましょう。

肌の再生や修復に関わってくるのは、周知のとおり、ビタミンですね。ビタミンのほとんどの種類がお肌に良いだけでなく、免疫力もアップされるので、新たなウイルスの予防と、発疹の痕をきれいに消すために、意識して摂るようにしましょう。

<美肌効果の高い栄養素>

  • ビタミンA

皮膚の修復を促す!緑黄色野菜、鶏レバー、豚レバーなどに多く含まれる。

  • ビタミンB群

皮膚や粘膜の再生を促進!豚肉、乳製品、大豆などに多く含まれる。

  • ビタミンC

肌の新陳代謝をアップ!キウイ、ブロッコリー、いちごなどに多く含まれる。

  • ビタミンE

抗酸化作用で老化を抑制!アボカド、ナッツ類などに多く含まれる。

  • 亜鉛

皮膚の再生を活性化!牛肉や牡蠣などの海産物に多く含まれる。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ