2歳の虫歯治療・歯磨き方法に関する記事

2歳で虫歯は意外に多い!はじめての虫歯治療はどうする?

2歳で虫歯は意外に多い!はじめての虫歯治療はどうする?

2歳で虫歯発見!?歯が生えそろい、色々なおやつが食べられる2歳の頃は、はじめて虫歯が見つかる子も増えてきます。ただ、幼児は、大人と同じような歯の治療が難しいことも。前歯や奥歯に怪しい点を見つけたママに向けて、はじめての虫歯治療を解説します。

マーミーTOP  >  子育て  >  2歳で虫歯は意外に多い!はじめての虫歯治療はどうする?

2歳で虫歯になっちゃった!?はじめての虫歯治療はどうする?

2歳になると、歯もほぼ生えそろい、食事も大人と同じようなものを食べたり、お菓子を食べる機会が増えるでしょう。そうなると、歯磨きをきちんとしないと、虫歯になる可能性も高くなります。ですが、2歳といえば、イヤイヤ期で、何をするにもてこずってしまう頃。毎日、歯磨きをさせるのも、一苦労というママも多いですよね。

そんな日々を続けていたら、仕上げ磨きの最中に、何から怪しい影が…。磨いてもとれないということは、まさか虫歯!?もし虫歯だった場合、これからの治療はどうなるのでしょうか?

乳歯特有の虫歯の特徴~白い虫歯・進行が早い

まずは、乳歯の虫歯の特徴をご紹介します。
子どもの虫歯は、独特の特徴がありますので、「まさか虫歯!?」とビクビクしているママは、よくチェックしてみてください。

虫歯ができやすい場所~要注意は奥歯と上の前歯

哺乳瓶でミルクを飲んでいる赤ちゃんのイラスト

まず、虫歯ができやすい場所といったら奥歯ですよね。これは子供も大人も違いありません。ものをかみ砕くのに大活躍する奥歯ですが、歯磨きをするときはどうしても磨き残しになりがちです。また、乳歯の奥歯は、ガタガタと細かな溝があり、汚れが取りづらいので厄介です。

もう1つ、これは乳歯特有の虫歯になりやすい場所が上の前歯です。特に哺乳瓶を1歳過ぎまで使用しつつ、ミルクやジュースを飲んでいた子は要注意です。口内は、通常は唾液によって、虫歯菌が増えない環境に整えられています。しかし、上の歯は唾液が届きにくいため、虫歯ができやすいのです。

乳歯の虫歯は白い&進行が速い

虫歯は、黒かったり、茶色かったりするのをイメージしているママさんが多いのではないでしょうか?でも、実は乳歯の虫歯は、白い場合も多いのです。しかも、この白い虫歯は気づきにくいだけでなく、進行も速いのがなお厄介です。

歯科検診で「虫歯なし」だったとしても、数カ月後には虫歯になっているケースもあります。毎日の仕上げ磨きの時に、口内の様子をよく確認しましょう!

2歳児が虫歯になる理由

歯が生えそろった子供

子どもの歯は、2~3歳頃に生えそろいます。しかし、見た目にはしっかりした歯に見えますが、この頃の乳歯はエナメル質が薄く、虫歯になりやすい状態です。進行も速く、あっという間に神経まで到達してしまうことも珍しくありません。「いずれ生え変わる乳歯だから」と気を抜くと、気づいたら虫歯だらけという事態になりかねません。

また、2歳頃になると、お菓子やケーキなど、乳幼児も大人と同じような食べ物を口にする機会が増え、赤ちゃんの頃に比べて大きく口内環境が変化します。そのうえ、歯磨きを嫌う子は多く、ママはあの手この手を尽くし、大慌てで磨く日々。こうなると、いつ虫歯になってもおかしくありませんね。

2歳は虫歯の治療しない!?幼児の虫歯治療事情

仕事中の歯医者さん

2歳の子どもの虫歯の治療は、歯医者さんによって治療方針が異なることが多いようです。「大人しくしてね!あーんだよ」と言っても、2歳だとなかなかそうはいきません。歯の治療中の音は、大人でも恐怖を感じる方が多いので、幼児だと尚更、どのような行動に出るか予想がつきませんよね。

治療に危険をや不安感じるなら、ごく初期の虫歯の場合は、削ったりせず、進行を遅くする処置を施し、経過観察する場合もあります。一方で、歯の状態によっては、子供を押さえつけて治療にあたらなければいけない可能性もあります。

リトルリリー
30代

今は進行止めを選びました

2歳半の時に、奥歯に虫歯を発見しました。気を付けていたのに、ショックでした。歯医者さんへ行くと、治療となると、暴れるのを抑えるために、抑制(タオル等でぐるぐる巻き)にすると聞き、怖くなりました。暴れると、危険が増えるので、そのことには納得できますが、他に方法がないか相談すると、見た目が悪いから嫌がる人も多いけど、奥歯で初期の虫歯だからサホライドを塗る方法もあると提案されました。

サホライドだと、虫歯の進行が、完璧に止まるわけではないので、その後も何度か通院しています。ひどくならないように、食生活や仕上げ磨きを見直し、3歳を過ぎたら、治療をしたいと考えています。おやつも控えめにして、子供にも、今から言い聞かせています。

mayu
20代

正しい虫歯予防を実践するきっかけに

子供に治療をしている歯医者さんのイラスト

2歳半を過ぎた頃、前歯に虫歯ができたのですが、見つけた時には進行がすすんでいました。初めての子だったのですが、1歳半健診では問題なく、「歯磨きはこんな感じでいいのかな」と、我流で続けたのが悪かったんです。保育園にも通わせていなかったので、歯科検診もなく、当時は歯科検診を受けたり、フッ素を塗るという発想もありませんでした。
私は別室待機、夫と助手の方が子どを抑えて治療をしました。本当に申し訳なく、可哀相なことをしたなと思います。

治療をしてからは、定期的に歯医者さんに検診に行くようになりました。初めは嫌がり、「このまま歯医者嫌いが続いたらどうしよう」と悩みましたが、年齢が上がるにつれて慣れたのか、今では一人で診察室に入れるようになり、成長を感じます。

とりあえずは、アメなどの甘いものに気を付けて、虫歯が出来にくい習慣にしていこうと思います。

サラミ
30代

卒乳と虫歯の関係

2歳になる前ですが、前歯に虫歯になりそうな歯があると言われました。まだ、卒乳をしていなくて、それが原因かなと思い、歯科医に相談しましたが、母乳は関係なく、お菓子やジュースをすぐにやめるように言われ、定期的にフッ素塗布をすることになりました。

また、これを機に卒乳もしました。母乳は、虫歯の原因ではないと、その先生には言われましたが、独自に調べると、「絶対に母乳が原因ではない」とは言い切れないようだったので、不安になったからです。卒乳はさみしかったですが、寝る前に授乳しながら、「虫歯になるかも」と思うのも嫌だったので…。
卒乳してからは、水分補給には基本的にお茶を飲ませるようにしています。

おすすめは小児歯科!歯のかかりつけ医をみつけよう

2歳で虫歯ができてしまったのはママにとってもショックですが、これを機に信頼できる歯医者さん、子供の歯のかかりつけ医を見つけましょう。幼児の歯のケアや治療は、病院によって対処の仕方が大きく変わってきますので、信頼できる先生を見つけることが大切です。やはり、子供の治療にも慣れている、小児歯科がおすすめですよ。

ですが、小児歯科といっても、単に看板を掲げているだけの場合もありますので、ママ友との情報交換やホームページの雰囲気、ネットでの口コミ、地域の情報誌を駆使しましょう。できるなら虫歯になる前に、歯の定期検診やフッ素塗布などで、その歯科医院の様子が分かっていると安心ですよね。

「歯医者に連れてくよ!」と脅すのはやめよう

歯磨きが嫌な子供とママのイラスト

普段から、子供が歯磨きをしないと、ついイライラして、「歯医者に連れていくよ!」と脅してしまうこともありますよね。1度、歯医者での虫歯治療を終えた子供も、喉元過ぎれば熱さ忘れて、歯磨きイヤイヤに戻ると、「また先生にウィーンしてもらう?」と言いたくなるママの気持ちも理解できます。

でも、「歯医者さん=怖いところ。嫌な場所」というイメージをつけてしまうと、これから先、子供はずっと苦労します。そもそも、歯医者とは虫歯治療だけでなく、予防のためにも積極的に通っていいところです。脅すような言い方はやめておいた方が良いでしょう。

子供の虫歯は親のせい?イヤイヤ期の歯磨き対処法

虫歯予防法~子供の虫歯は親のせい?

おやつを食べている子供

2歳の子が虫歯になると、ママは「私の仕上げ磨きが悪かったのかな」「おやつをあげすぎたのかな」と自分を責める方も多いでしょう。中には、私は気を付けていたのに、「祖父母がジュースやチョコレートをあげたから!」「口移しはやめてって言ったのに!」と憤っている方もいるかもしれませんね。

確かに、2歳の子が虫歯になった場合、周りの大人の責任はあるでしょう。しかし、虫歯になりやすい子、なりにくい子がいるのもまた事実です。同じように過ごしている兄弟でも、体質によって、差が出てきます。もちろん、食生活や生活習慣の見直しは必須です。前向きに、色々工夫しながら、虫歯予防に取り組みましょう。

イヤイヤ期の歯磨き対処法

歯磨きをしている子供

2歳児のイヤイヤ期は、本当に大変ですよね。ママもあの手、この手を尽くしていることでしょう。
基本的には、脅したり、怒鳴ったりすると、子供はまずます歯磨きが嫌いになります。歯磨きを、遊びに変換してあげたると、お子さんの気が変わるかもしれません。少しでも磨けたら、たくさん褒める。仕上げ磨きができたら、またたくさん褒める。これを繰り返しましょう。

歯磨きのお歌を歌ったり、同じ年くらいの子が歯磨きしている動画を見せたり、絵本を読み聞かせたりは、昔からありますが、効果的な方法です。歯磨きが終わったら、シールを貼って、○個以上たまったら、小さなおもちゃと交換などご褒美作戦もいいでしょう。大人からすると、「歯磨きはするのが常識」で、甘やかしのように感じる方いるかもしれませんが、2歳の子の場合は、まずなによりも歯磨きを習慣化させることが大切です。日頃のおやつを控えめにする代わりに、歯磨き後に、キシリトール配合のタブレットを与えるのも良いと思いますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク