療育の意味や効果に関する記事

療育とは?子供に発達障害の疑いがあるときの相談先

療育とは?子供に発達障害の疑いがあるときの相談先

療育とはなにか、どんな意味や効果があるのか。発達障害や自閉症など、障害を持つ子供の自立を支援する「療育」。子供はもちろん、両親の精神的負担を軽減することから、早めに取り組むことが勧められている療育について詳しく解説します。

マーミーTOP  >  子育て  >  療育とは?子供に発達障害の疑いがあるときの相談先

療育とは?子供が発達障害と診断された&発達の遅れがあるときの相談先

言葉の遅れが目立つ、周りの子と仲良くできないなど、「わが子には何か障害があるかもしれない」と感じた時、どこに相談し、どのように子供と向き合えば良いのでしょうか?

今回は、障害を持つ子供の自立を支える「療育」について詳しくご紹介します。子供が発達障害と診断された。または、普段から子供の言動に違和感があるという理由から、療育を受けさせようか悩んでいるパパママへ。療育は、子供が抱える問題と向き合う、親にとっても大切なトレーニングです。療育がどのようなものであるかを理解し、子供の成長の足掛かりにしましょう。

療育の目的~療育とは何か知っておこう!

療育の目的

療育の施設の先生

療育とは、発達障害や自閉症など、何らかの障害を持つ子供たちに必要なトレーニングを施し、社会的な自立を支援する取り組みです。障害を持つ子供たちは、その特性から、日常生活の中に生きづらさや不自由さを感じています。自らの力で社会生活を送るためにも、そういった負担を軽減する治療や教育が不可欠です。

障害は生まれつきのもので、療育によって障害そのものを治せるわけではありません。しかし、生活のマナーやコミュニケーションを取る方法を、早い段階から身につけることにより、子供の精神的負担を軽減できるのはもちろん、社会生活にも適応しやすくなります。

療育の施設には、医師や保育士、作業療法士、言語聴覚士などの専門スタッフがおり、小規模クラスできめ細かなケアをしてくれます。その点が、養護と教育を意味する「保育」とは違うところです。

検診で療育を勧められた/子供の様子に違和感を覚える時

乳幼児健診の際に、発達の遅れなどを指摘された場合、どうすればいいのでしょう?まずは、自治体の保健センターや保健福祉の窓口に相談することから始めましょう。発達専門の小児科がある病院や、療育訓練を行っている発達支援センターなどを紹介してもらうことができます。

療育を始める前提として、日常生活の中で子供が何に困っているのか、保育園や幼稚園での周囲との関りはどうか、子供の現状と今後の課題を明確にしながら療育に取り組むことが求められます。「うちの子は何かおかしいから療育を受けさせなくては!」という気持ちでは、どのような療育を受けさせれば良いのか考えることもできません。

療育の内容や通う頻度は、子供の発達段階や特性によりさまざまです。療育自体が人との関わりであるため、療育を受ける施設やスタッフにより向き不向きも出てくるでしょう。口コミの情報や専門家の意見を参考に、色々な療育訓練を受けてみるのも良いかもしれません。

発達障害とは

「発達障害」とはどういったものなのでしょうか。発達障害と一口に言っても、実はさまざまなケースがあります。

発達障害の代表例

  • 広汎性発達障害(アスペルガー症候群, 自閉症スペクトラム障害など)
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)
  • 学習障害(LD)
  • トゥレット症候群
  • 吃音症
公園で遊ぶ幼児

聞きなれない言葉もあると思いますが、この全てが発達障害に入り、療育で受けるべきサポートも違ってきます。そのため、発達障害を持つ子供に見られる特徴も、一つではないというのがポイントです。

また、発達障害は成長と共に変化することもあり、幼児期にははっきりとした診断名が付かないことも多く、発達障害のグレーゾーンともいわれる子供たちもいます。そのことから、「発達障害にはこの療育」と、ひとくくりにするのではなく、それぞれに最適な療育を受けさせることが大切です。

また、発達障害とは、脳の発育が一般とは異なることを示し、脳が病気に侵されているわけではありません。極端に言ってしまえば、それぞれが持つ強い個性のようなもので、その個性に合わせたサポートをすれば、自らの力で社会生活を送ることもできるのです。

発達障害の原因は、しっかりと解明されていないのが現実で、それぞれの個性を完全に取り払うことは難しいとされています。しかし、どんな子供も成長し、知能は発達していくものです。健常な子供に個性があるように、発達障害を持つ子供の個性を尊重し、その子に合った療育をすることが大切です。また、多くの大人が発達障害を持つ子供の存在を理解し、適切な対応ができるようになることが理想です。

療育センターとは?療育を受けられる場所はどんな感じ?

自治体によって呼び名は多少異なりますが、療育を受けることができる、療育センター・自立センター・障害児支援センターといった自治体の療育施設があります。自治体が運営する療育施設は、費用の補助が受けられるなどのメリットがありますので、まずは、保健センターや保健福祉の窓口で相談してみましょう。

遊んでいる家族

一般的な療育は、食事や身支度といった日常生活の基本から、運動やリトミックなどの五感を使う活動が行われています。また、コミュニケーションを取る練習も盛んにおこなわれており、コミュニケーションツールに絵の描かれたカードなどを使い、欲求を相手に伝える方法などを学ぶような活動もあります。

どのような療育を受けさせるかは、いつも近くで子供に接している両親が検討することが大切です。そんなことを言われても、何をどうすればいいのかわからないという方には、親の悩みを真剣に聞き、親身にアドバイスしてくれる施設を選ぶのが良いでしょう。療育は両親の心のケアにもつながります。

いずれにしても、療育センターに任せれば全てうまくいくというわけではありません。日常の中で深く関わる家族とのコミュニケーションから学ぶことも多いのです。療育で得た知識を、普段の生活に取り入れていくことも大切です。

単独療育と親子療育

療育には、子供だけが単独で受ける場合と、親子療育といって、親が同伴する場合もあります。子供だけが受ける療育の中にも、集団の中で行われるものや、個別に行われるものなど、さまざまです。
療育の内容は、子供の発達や療育施設によっても異なります。親子療育を一緒に受けるのは大変ですが、子供との関わり方を学ぶ良い機会です。専門のスタッフと話しをするだけでも気持ちが楽になります。

通園や頻度もそれぞれ

療育を行う頻度も、その子の状況や施設により異なりますが、週1回から3回ほどのペースが多いようです。中には保育園や幼稚園に通いながら、週に数回、療育センターに通うという子供もいます。いずれにしても、療育施設に通わせれば十分ということはありません。療育で得た知識を、親が家庭でも実践することが大切です。

療育手帳は必要ない

「療育を受ける=療育手帳が必要」と思うかもしれませんが、それは誤解です。また、療育を受けると、わが子が「障がい児」と決定づけられてしまうと躊躇する親御さんもいらっしゃいますが、療育を受けることで障害が認定されるわけではありません。療育を受けた結果、問題なく普通学級に進学・進級し、社会生活を送る子も大勢います。

療育で大切なのは親の関り方

繰り返しになりますが、療育センターに通わせているから大丈夫!というわけではありません。専門家から受けたフィードバックを、親が家庭でも生かすことが大切です。普段から子供と深く関わっている両親から受ける影響が子供には大きいのです。

療育は早いほど効果が期待できる?

新学期の一年生

療育を始める時期は、早ければ早いほど良いといわれています。その理由は、親子ともに精神的な負担を緩和し、子供の成長をスムーズに促すことができるというメリットがあるからです。

子供の発達障害、発達の遅れは、乳幼児の1歳6ヶ月検診や3歳半健診で指摘されることも多くあります。同年齢の子供と比べて、極端に言葉を話せなかったり、顕著に落ち着きのない場合には、療育を勧められることもあります。しかし、小学校に入学してから発達障害や学習障害を指摘されたという子供もおり、健診結果は絶対ではありません。

子供の性格の問題かもしれない…と放置するのは危険です。療育を受けた後、問題なく入園・入学をする子供もいます。子供の将来のためにも、早期療育はとても大切です。
また、発達障害を持つ子供の中には、生きづらさをストレスに感じ、二次障害を抱えてしまう子もいます。早い段階から療育を行うことで、子供の心のケアにもつながります。

また、「育児に手がかかり過ぎる」という理由から、発達障害を疑われるようなケースでは、親は子供から一時も目を離すことができません。育てる両親は気が休まらず、世間からの視線に心を痛めることもあるでしょう。
早期に療育を始めれば、子供とどのようにコミュニケーションを取れば良いかを知ることができます。子供の特性を理解することで、育児への不安を少しでも解消できるのです。

療育施設でどんなふうに過ごした?子供と療育に通ったママの体験談

あやひ
48歳

小学校の先生からの指摘

療育に通うきっかけになったのは、娘が小学2年生の頃です。当時の担任の先生からの指摘で小児科に行き、発達障害の疑いがあるということで、療育に通ってみることになりました。

最初は1週間に1度くらいの頻度で通っていました。担当の先生が、「最初はお母さんも一緒に同室しますか?」と言ってくださったのですが、娘に確認したところ、娘は私との同室はいらないということだったので、最初から娘と担当の先生との2人での療育になりました。その代わり通信ノートには、何をして過ごしたか、話をした内容などが事細かに書かれていて、療育で過ごしていた時間のことを知ることができ、とてもよかったです。

まだ低学年だったということもあり、娘のやりたいことを重点的に考えてくださり、その都度 その時間にやることを決めていたようです。私の娘はクラフト作りなどが大好きなので、粘土遊びや、簡単な編み物、折り紙などをすることが多かったようです。
担当の先生は、娘の様子を見ながら体を動かすことも勧めてくださり、体育館のようなところでトランポリンをしたり、自転車に乗ったりと、クラフト作りばかりでなく違うことにも目を向けられるようにしてくださっていました。

私は最初、この療育に通うことがとても不安で心配でしたが、試しにという気持ちで行かせてみたところ、案ずるより産むがやすしで とてもよかったと思っております。療育に通わせるかどうか、悩んでいるお母さん方がいらっしゃったら、1度 お試し感覚で行かれることをオススメします。

ニーア
30代前半

やっと通うことができました。

1歳半ごろから子供の発達が気になるようになり、色々な機関に相談していましたが受診にはつながらず、3歳児健診の時に、やっと医療機関への受診につながりました。病院での診断結果は「中等度の自閉症」。診断が出てからはスムーズに話が進み、3歳10か月の時に、やっと療育機関へ通い始めました。

療育は週1回、PECSという絵カードを用いた視覚からのアプローチをメインに、TEACCHやソーシャルスキルトレーニングをおこなっていました。やはり聞き取る力が弱かったので、目で見てわかるものの方が理解しやすかったようです。公立の幼稚園に通いながら療育施設にも通っていたので、幼稚園をお休みした時の子供への対応が大変でした。幼稚園の保護者の方は、自分のお子さんや親族に発達障害があるという方が多かったので、わが家の状況にも理解を示してくれ、とても気が楽でした。

療育に通い始めてからは、理解力や発言等、著しく成長してくれたので、公的な相談機関がもっと早く状況を理解してくれていたら、もっと早く療育に通わせてあげれたのにと思ってしまいます。小学校に入ってからでは、療育を受けられる時間も少なくなりますし、実施している施設も少なくなったり、幼児の頃からその施設で療育を受けていた子しか受け入れないという施設もあります。もし発達障害疑いで療育に通わせるべきか迷っておられるのでしたら、周りの目を気にせずに、少しでも早く通わせた方が良いと思います。

まさママ
35歳

療育に通った事で、親も子も成長しました。

公園で遊ぶ親子

3歳半の時、役所の保健師さんに言葉の遅れについて相談したことがきっかけです。療育センターの通園施設に、週に5回(月~金)通いました。1年目は泣くことも多かったですが、2年目になると慣れてきて、お友達もでき、毎日楽しく通えるようになりました。私も同じ境遇のママさんたちと、親子通園の日で仲良くなり、平日にお茶やランチをして、日々お互いの子どもの苦手なことや対処方法など相談しあえたので、気晴らしにもなりました。

療育では、「視覚支援」という写真や絵で、1日のスケジュールを提示して進めてくれて、視覚優位の息子にはとてもわかりやすかったようでしたし、褒めて伸ばす教育で、言葉も少しずつ増えていきました。
療育のやり方を家庭でも取り入れる事で、理由がわからず泣かれて困る事も減り、我が子への理解が深まりました。また、保育士の先生だけではなく、言語聴覚士や作業療法士、児童発達精神科の先生などの専門家の療育が受けられた事は、とてもかけがえのないものになりました。

1人で悩んでいる方がいらっしゃったら、ぜひ気軽に専門家に相談してみてほしいです。息子のお陰で知り合った支援者の方々には、暖かく、親身になって相談に乗っていただきました。療育に通って本当に良かったと思っています。

こぺ
30代後半

保育園の先生から言われたのがきっかけでした。

私の息子が、初めて学習障害と思われたのが、5歳のときでした。それまでは、健診でも他の子よりちょっと成長が遅い、泣かない、話さないくらいで、あまり気にもしていなかったのですが、保育園に入園して二年目くらいに先生と話す機会があり、園の活動をしている時に教室から出ていくことが度々あることと、注意すると怒ってカーテンの中に隠れることがある言われ、療育センターでお勉強してみませんかと勧められたのがきっかけです。

療育センターでは、週一回のペースで勉強することになりました。そこには色々な子がいて、息子のように黙って座ってられない子や、大声を出したりする子などがいました。就学するにあたって、授業中立っているのは他の子に迷惑かかるような気もしますし、私自身もこの先とても不安になったのが正直な気持ちでした。

息子は、保育園を卒園し、小学校にあがってもサポートをして頂き、また別の学校で指導をうけるようになりました。その時、初めてWISC-IV(ウィスク)という発達検査をしました。結果は、知覚推理は当時小学二年生でしたが、16歳レベルくらいだと言われたのに対して、言語理解が5歳くらいだと言われました。あまりにもその幅が広いので、言葉を自分で表現するには難しく、作文などは苦手分野になってくるでしょうと言われました。

療育で6年間勉強をしていき、先生と1対1で作文の基本的な書き方を覚えたり、文法を絵を使って勉強してみたりした結果、今では、完全ではないのですが、作文は書けるようになりました。授業中も立たなくなり、低学年の時の担任の先生にはビックリされます。療育を勧めてくれた保育園の先生には本当に感謝しております。

リョウ
30歳後半

指差しをしない事が発見への第一歩でした。

1歳半検診で、発語もなく指差しもなかったことから、保健士さんに療育の施設を紹介してもらいました。まだ月齢が低かったので、しばらく様子を見る事になり、2歳6カ月で診断がおりました。

週に一度、午前中の3時間グループ活動での療育に参加し、体操や絵本の時間、制作で季節の折り紙などをしました。毎回後半は母親だけで集まり、それぞれの悩みや気持ちを話し合う時間がありました。子供はたくさんおもちゃで遊べたり、家では出来ないようなダイナミックな遊びが出来るのでとても楽しんでいました。指示が聞けなかったり、テンションが上がってしまう事もありましたが、専門の先生方がついてくれているので安心して参加することが出来ました。
地域の児童館などでは、周りの目が気になって、パニックになったりしたら慌てて帰っていましたが、療育ではそんなことを気にする必要もなく、対処法なども教えてもらえるのとても勉強になりました。

検診で指摘されてからずっと不安で、信じたくない気持ちと、早めに療育を始めた方が良いのにという気持ちで揺れ動いていました。ネットで調べて、色々な情報に一喜一憂していましたが、はっきりと診断された時は、ショックというより、安心した方が大きかったです。どうすればいいか分からない状況から、進むべき道が見えてきた事で気持ちも前向きに頑張る事が出来ました。悩み続けるだけじゃなく、勇気を出して行動して良かったと思います。

一人で悩みすぎないで!周囲に相談しながら最良の方法を見つけましょう

育児中の親御さんに1番気を付けてほしいのが、一人で思い詰めることです。ママの精神状態が悪いと子供も不安になり、生活していくうえで、悪循環となる恐れがあります。
療育施設で、自分と同じ悩みを抱えるパパママと知り合い、相談することで気持ちが楽になることもあります。一人で悩まず周囲に相談しながら、子供にとって最善の方法を探してあげましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ