エアコンのカビ悪影響と対策に関する記事

エアコンの臭い元!カビによる夏の咳/肺炎を防ぐお掃除術

エアコンの臭い元!カビによる夏の咳/肺炎を防ぐお掃除術

エアコンの臭いの主な原因はカビ。そのカビの原因や予防する方法などを詳しくご紹介しています。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  エアコンの臭い元!カビによる夏の咳/肺炎を防ぐお掃除術

エアコンのカビで肺炎に!?胞子を撃退するピカピカお掃除術

エアコンから噴出す冷風とカビ胞子

長雨が続いたと思ったら突然の夏日、久しぶりにエアコンを付けてみたら…なんだかとっても臭い!そんな経験、皆さんも一度や二度はありますよね。実はその臭いの大きな原因の1つがカビの胞子なのです!

エアコンのあのイヤ~な臭いの元となるカビは、一体なぜエアコン内に繁殖するのか、体に悪影響はないのか、エアコンのカビ退治はどのようにすればいいのかなど、その仕組みや対策を徹底解説します!

エアコンがとってもカビやすい理由

カビと聞くと、キッチンやバスルームなどの水回りによく出来るイメージがありますよね。実は、エアコン内部もカビにとってはとっても居心地の良い環境になっているんです。

酸素+ホコリや汚れ+水分が豊富

カビの繁殖には、酸素、栄養分となるほこりや汚れ、そして水分が必要です。エアコン内部はそれらが揃う、とってもカビやすい環境です。

冷房運転をするとエアコン内部に温度差が生じ、たくさんの結露でエアコン内部は水分が豊富な状態になります。そこに部屋中から空気を取り込むため、空気中に存在するカビの胞子と一緒に、ホコリや汚れがエアコン内に大量に入り込みます。こうして、カビの繁殖にピッタリの場所となってしまうのです。

カビやすいのはカーペットorフローリング

フローリングの床

カーペットを敷いている床はホコリが多そうに思われますが、実はフローリングの方が細かいホコリが舞い上がりやすいため、エアコンの内部にホコリが入りやすいそうです。

お子さんにアレルギーがある場合は、フローリングのご家庭が多いと思います。毎日に掃除機がけだけでなく、エアコンのカビ対策も忘れずに行いましょう。

カビがエアコン内部からイヤな臭いを発生!

エアコン内部はとってもカビやすい環境だ、ということがお分かりいただけたと思います。そうして繁殖したカビこそが、エアコンのあのイヤ~な臭いの正体です。タバコや油、汗などもエアコンの臭いの原因と言われていますが、主な臭いの原因はカビの胞子です。

上に挙げたような仕組みで繁殖したカビは、目に見えて分かるほどに黒くなり、カビ臭と言われるあの臭いを発生させるのです。

エアコンのカビによる悪影響

エアコン内部のカビを放置しておくことで、体調に悪影響が出ることがあります。夏になるとよく咳が出る、という人は要注意です。もしかすると、すでにエアコンのカビによる影響を受けてしまっているかもしれません。

夏型過敏性肺炎

看護師がパネルで解説

夏型過敏性肺炎(なつがたかびんせいはいえん)は、毎年夏になると発症し、咳と微熱の症状が続きます。夏が終わりに近付き、涼しくなる頃に治まっていくという特徴も持っています。この夏型過敏性肺炎の原因はトリコスポロンというカビなのですが、このトリコスポロンがエアコンによってまき散らされ、体内に吸い込むと発症してしまうのです。

ただし、吸い込んだ全員が発症するわけではありません。胞子を吸ったことで抗体免疫が出来た人のみが発症します。他に何かアレルギーを持っている人がなりやすいということもありません。
夏の咳や微熱の症状は、「夏風邪かな?」と思い込んで放置してしまいがちです。毎年夏に咳が続く風邪にかかるという人は、呼吸器科など専門医を受診してみましょう。

肺線維症(はいせんいしょう)

夏型過敏性肺炎を放置し続けて慢性化すると、肺線維症(はいせんいしょう)と言われ、肺胞が硬くなり縮んでしまう病気へと悪化してしまうことがあります。肺線維症へ近づくと、歩いたり階段を昇ったりするだけでも息苦しく感じるようになりますので、そうなる前に呼吸器科などの専門医を訪ねましょう。

コレで完璧!エアコンのカビ対策

エアコンのカバーを外してフィルターを取り出す

イヤな臭いだけでなく、自分や家族の健康にも悪影響のあるエアコンのカビ。これは徹底的に対策を取りたいですよね!
エアコンのカビ対策に最も効果的な方法は、フィルターやファンなどを定期的にお掃除することです。これだけでも、ある程度の臭いは防ぐことが出来ます。具体的な掃除方法をご紹介しましょう。

自動掃除機能が無いエアコンの場合

掃除機、洗剤、トレー

自動掃除機能が付いてないタイプのエアコンの場合は、まずはフィルターを徹底的にキレイにしましょう。

エアコン前面についているパネルを開け、フィルターを慎重に引き出します。見た目にも分かるほど大量のホコリがついている場合は、ホコリが下に落ちないように注意しましょう。取り出したフィルターを古新聞などの上に置き、掃除機でホコリを丁寧に吸い取ります。

汚れがひどい時は、さらに洗剤で洗います。液体の中性洗剤と水を入れたバケツを用意し、柔らかい布で優しくなでるように洗いましょう。よくすすいで軽く水を切ったら、陰干しでしっかりと乾かしてからセットし直しましょう。

お掃除の頻度は?


2週間に一度は、クリーニングするようにしましょう

エアコン本体外側の汚れが気になる時は、柔らかい布で乾拭きをするか、ひどい汚れの場合は中性洗剤を溶かした水で拭き取ると良いでしょう。

自動掃除機能の有るエアコンの場合

自動掃除機能が付いているエアコンの場合は、普段のお手入れはその機能に任せておけば安心なのでとっても便利です。エアコン本体の汚れが気になる時は、上の「自動掃除機能の無いエアコンの場合」と同様に拭き掃除を行いましょう。

自動掃除機能の有無にかかわらず、エアコンの掃除を行う時は40度以上のお湯やクレンザー、シンナーやタワシなどは使わないようにしましょう。これらを使うと変形や変色の原因となってしまいます。また、熱交換器などの内部の清掃に関しては、専門業者に任せることをおすすめします。

カビを予防するエアコン使用後の注意

冷房を使ったあとは毎度送風にしてエアコン内部の湿度を下げることにより、カビが生えにくくなります!スイッチを切る30分~1時間前を目安に、送風に切り替えるようにしましょう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。

この記事に関連した特集ページ