酸化防止剤についてに関する記事

酸化防止剤は本当に必要?種類毎の食品への効果と安全性

酸化防止剤は本当に必要?種類毎の食品への効果と安全性

酸化防止剤の種類と特徴、そして酸化防止剤を使用する目的と安全性について紹介します。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  酸化防止剤は本当に必要?種類毎の食品への効果と安全性

酸化防止剤って何?食品に使用する目的と種類について

私たちの身の回りにある製品には、『酸化防止剤』が使用されています。食品や飲料、化粧品や洗剤など、適用される商品は非常に多岐にわたっています。酸化防止剤とは何なのか、またどのような種類があるのか、酸化剤の働きやメリット、そして危険性がないのか、探っていきましょう。

酸化防止剤とは健康を守る添加物

食品にも気を使うストレッチ中の健康的な女性

その名の通り『酸化』を『防止』する添加物が、『酸化防止剤』です。食品にとって『酸化』とは味やにおいの劣化を意味しますので、酸化防止剤を入れることで品質劣化を防ぎ、長時間おいしく食べられることになるのです。

また、油脂を使用した食品が酸化してしまうと、味が悪くなるだけでなく『過酸化物質』という消化器障害を引き起こす物質が発生してしまいます。ですが、酸化防止剤を予め食品に入れておくなら過酸化物質の発生を防ぐことができますので、結果的には健康を守ることにもなるのです。

酸化防止剤の種類

酸化防止剤の種類を勉強中の学生

酸化防止剤として食品に使用されているものは、次のものがあります。食品の種類や水分含有量などによって使い分けられています。

イソアスコルビン酸

強い還元力がありますので、少量で効果を発揮する酸化防止剤です。エリソルビン酸とも呼ばれ、果実を使った加工食品や農産物の缶詰・瓶詰、練りものなどの魚介加工品や漬物にも使用されています。

L-アスコルビン酸

ブドウ糖を発酵して作られる酸化防止剤です。合成ビタミンCとも呼ばれ、酸化防止剤としてだけではなくビタミンCを補給する目的でも使用されます

酸化防止剤として使用されているときは栄養成分表示への記載は必須となりますが、ビタミンCとして食品に使用されるときは記載を省略することもできます。主に、果実を使った加工食品や漬物、パンや総菜に使用されます。

トコフェロール

植物油脂内に存在する天然由来の酸化防止剤で、ビタミンEとも呼ばれます。一般的には植物油脂を精製することで抽出されますが、化学的な合成により作られることもあります。油脂類やバターなどの乳加工品、菓子や油脂を使用する加工食品に使用されることが多いです。

カテキン

茶の抽出成分やマメ科の植物の葉や茎・枝などを乾燥させ、エタノール抽出させた成分です。酸化防止剤として使用するときはカテキン単体で使用するのではなく、ビタミンCやビタミンE・クエン酸などと併用することが多いです。魚肉加工品や肉加工品、菓子や清涼飲料水に用いられます。

ジブチルヒドロキシトルエン

BHTと略されることもあります。化学的合成によって作られることと、他の酸化防止剤と比較すると安定性が高いために用途が広いことが特徴です。BHT単体で使用されることもありますが、アスコルビン酸やクエン酸と組み合わせて使用されることも多いです。主に、魚肉塩蔵品や魚肉冷凍品などの魚肉加工品、ガム、油脂類やバターなどの乳加工品に使用されます。

ブチルヒドロキシアニソール

BHAと略されることもあります。浸透性と安定性が高いので、使用範囲が広い酸化防止剤です。魚肉加工品やガム、油脂類やバターなどの乳加工品に使用されます。

亜硫酸塩

ぶどう果汁を樽詰めする際と瓶詰めする際に入れることで、ワインを腐らせずに熟成することができます。微量で高い効果を示しますので、ほとんど全てのワインに使用されています。

酸化を防止するメカニズム

酸化防止のメカニズムを解説する女性

大気中に酸素がある限り、酸化は防ぐことができません。ですが、酸化防止剤は自身が酸化されることで、結果的に食品の酸化を防ぐことができるのです。他の成分が酸素と結び付くのを妨げる力が強い成分、つまり強い還元力を持つ成分が酸化防止剤になりうるのです。

酸化防止剤は安全?危険性と見分け方

安全性と危険性を見分けるために学習中の女性

酸化防止剤は、ビタミンCやビタミンE・カテキンなどの天然由来の成分と、ジブチルヒドロキシトルエンやブチルヒドロキシアニソールなどの化学合成によってできる成分があります。それぞれの安全性と予想される害、見分ける方法について見ていきましょう。

天然由来の酸化防止剤の危険性

酸化防止剤が添加された赤ワイン

天然由来のビタミンC(アスコルビン酸と表記されることもある)は、強い還元力や免疫力向上も期待できますので積極的に摂取したい成分の1つでもあります。体内に取り込まれない分はそのまま排出されますので、過剰摂取にも敏感になる必要はありません。また、ビタミンE(トコフェロールと表記されることもある)やカテキンも人体に無害な成分ですので、摂取によって健康を損なう恐れはありません。

ですが、天然由来であっても亜硫酸塩(亜硫酸ナトリウムが一般的)は、気管支に影響を与えますので、喘息の方や喘息傾向にある方は摂取を避ける方が好ましいでしょう。

化学合成による酸化防止剤の危険性

ジブチルヒドロキシトルエンやブチルヒドロキシアニソールは、強い還元力がありますので少量で酸化防止効果を発揮し、生産効率的に優れた添加物として使用頻度が高い酸化防止剤となっています。人体における毒性は示されていませんが、動物実験においては発がん性が報告されていますので注意が必要と言えるでしょう。

また合成ビタミンC(アスコルビン酸ナトリウムやアスコルビン酸カルシウムなどのアスコルビン酸塩として表記されることが多い)も人体における毒性は報告されていませんが、厚生労働省では使用濃度を0.1%~0.5%未満に使用するように指導していますので、過剰な摂取は避ける方が賢明と言えます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。