ベビーパウダーで顔ケアに関する記事

万能ベビーパウダー・家族みんなで顔&ボディのスキンケア

万能ベビーパウダー・家族みんなで顔&ボディのスキンケア

ベビーパウダーの顔やボディのスキンケアに活用して家族みんなでさらすべお肌に!肌荒れを防ぎ美肌へ導くおすすめ使い方。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  万能ベビーパウダー・家族みんなで顔&ボディのスキンケア

万能ベビーパウダーは顔のスキンケアにオススメ!

赤ちゃんの肌に使うベビーパウダーって、お肌にとってもやさしい商品という印象がありますよね。ママの顔のお手入れにも使うことができ、敏感肌の人から大人ニキビに悩む人までオールマイティーに使うことができる優秀コスメなんです!
赤ちゃんと一緒に使ってつるすべお肌を目指しましょう。はじめにベビーパウダーの効能や種類をご紹介します。

ベビーパウダーの成分

スケンケアをする仲良し親子

ベビーパウダーの主成分はトウモロコシのデンプンであるコーンスターチと鉱石を粉末状にしたタルクです。2つの成分の特徴をまとめました。

  • コーンスターチ…水分を吸ったり蒸発させたりする働きがあり、お肌の水分バランスを一定に保つ効果がある。
  • タルク…微粉末が汗を吸い出し蒸発させる。炎症を抑える効果がある。

成分の特徴から、暑さ寒さに合わせて肌の水分をコントロールし炎症を抑えてくれる効果が期待できることが分かります。

ベビーパウダーを使うメリット

ファンデーションより薄く付くので皮膚呼吸を妨げないのもメリットです。夏の暑い時は汗対策になり、冬は乾燥対策にも使えるなんて嬉しいですよね。
その他にはパウダーが肌のすべりを良くするので、衣服のこすれや肌と肌がくっついて刺激をうけるのを予防する効果もあります。

ベビーパウダーは固形タイプもある

「ベビーパウダーって書いてあるから粉でしょ」と思うかもしれませんが、口コミを見ると固形タイプが人気のようです。粉タイプよりも扱いやすく薄めにつけることができるので顔に直接つける場合にはオススメなんです。使い方や好みにもよると思うので、自分が使いやすい方を選んでみてはいかがでしょうか。

こむちゃん
25歳

A扱いやすいし白くならない

ベビーパウダーを大人のスキンケアに使うのがいいって聞いたけど、真っ白になっちゃいそうな気がして試せませんでした。
ネットでの口コミで固形のものがあると知ったので興味本位で購入。試しに塗ってみたら薄く付いて白くもならず、お肌がサラサラして気持ちいい♪これなら十分使えそうです。

ベビーパウダーを顔に使う時の使用法

ベビーパウダーをファンデーション代わりにする風景

顔に直接塗るだけでなく洗顔にも使えるのがベビーパウダーのすごいところ!スキンケアをする時のオススメ使用法を3つご紹介します。

洗顔する時に混ぜて使う

顔を洗う時いつもの洗顔料に混ぜて洗いましょう。毛穴に詰まった汚れがよく落ちてすっきりすると評判です。一日の汚れを落としたい夜に使うと肌がナチュラルな状態になるのでおすすめです。

ベビーパウダーを使った洗顔法

  • 洗顔料とティースプーン一杯分のベビーパウダーを手に取る
  • 混ぜ合わせながら泡立てる
  • いつものように洗顔する

ファンデーション代わりに塗る

「すっぴんでいたいけどベタつきや乾燥が気になる」「今日は化粧したくない」という時はベビーパウダーをファンデーションの代わりに使ってみましょう。バッチリメイクやすっぴんでいるよりお肌に優しいですし、赤ちゃんに頬ずりしてももちろんOK!子育て中のママさんには特におすすめです。

メイクする時にパウダーとして使う

ベビーパウダーとファンデーションを併用するとテカリを押さえて化粧崩れを防ぐことができます。メイク前に素肌に塗っても良いですし、メイク後のパウダーとして軽く押さえてもOKです。どちらがより効果的か自分のお肌で試してみるといいかも。

ベビーパウダーを家族で使ってみよう

元気よく学校にいく小学生

赤ちゃんやママの肌にも使えるベビーパウダーは、もちろんパパにも使うことができます。値段もそんなに高くないですし家族で使えるのは嬉しいですよね。

あせも対策の王道アイテム!衣服の擦れにも

ベビーパウダーは昔から赤ちゃんのあせも予防に使われてきました。細かい粉末が汗を吸い取り肌を刺激から守ってくれるので、汗かきな赤ちゃんのあせもを防ぐことができます。もしパパが下着のゴムでかゆみが出ていたり、あせもができていたりしたら使ってみては?ベビーパウダーを塗ることで肌と下着が直接くっつくことを防ぎ肌トラブルも防いでくれます。

パパの顔や背中ニキビにも

パパがニキビに悩んでいたらベビーパウダーの出番です。パウダーが余分や水分や皮脂を吸収してくれるし消炎効果もあります。塗る時のコツはとにかく薄く塗ること!先に紹介したように洗う時にもベビーパウダーを使うとさらに効果的です。

ベビーパウダーのNGな使い方

ツルツルお肌とおもちゃで機嫌が良い赤ちゃん

安全で使いやすいベビーパウダーですが、使い方を間違うと肌トラブルを引き起こす可能性があります。ベビーパウダーを使う時の注意点をご紹介します。

塗りすぎ注意!毛穴が詰まってしまうかも

ベビーパウダーをたくさん塗ってはいけません。皮膚呼吸の妨げになったり毛穴に入り込んで詰まってしまったりする可能性があるためです。厚く塗れば効果があるというものでもないので、あくまでも薄く塗るのを心がけましょう。塗る時はパタパタとたたくのではなく、軽く押さえるのが薄付きのコツです。

肌に合わない・症状がひどい場合は専門医へ

ベビーパウダーを付けて肌荒れがひどくなったら肌に合ってないのかもしれないので、使用を中止しましょう。また、ひどいニキビなど元々症状が重い場合は効果が感じられない場合も。炎症を起こしている場合は皮膚科を受診して薬を出してもらったほうが早く治ります。

ベビーパウダーで家族全員つるすべ肌に

昔から使われているベビーパウダーはスキンケア効果も実証済み。手に入りやすくてコスパもいいので、家族みんなで使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。