スマホ老眼チェックと改善策に関する記事

スマホ老眼チェック!治るの?20代に急増する症状と改善策6

スマホ老眼チェック!治るの?20代に急増する症状と改善策6

スマホ老眼を改選する7つの対策!原因や発症のメカニズム、目に良いサプリや眼筋を鍛えるアプリなどについて解説しています。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  スマホ老眼チェック!治るの?20代に急増する症状と改善策6

スマホ老眼の症状!?あなたはいくつ当てはまる?危険信号と改善策

あっという間に普及したスマートフォンは、便利で楽しく朝から晩まで手放せない人も多いですよね。なかにはスマホ無しではいられないほどの人もいて、スマホ中毒、ゲーム中毒、スマホ離婚、スマホ首などの弊害も指摘されていますが、スマホが私たちにもたらす悪影響の中に、「スマホ老眼」と呼ばれるものがあることをご存知でしょうか?

誰でも年をとれば老眼になりますが、今、若い人の間でもスマホが原因で老眼と同じような視力の異常を抱え込んでしまう症状が急増しています。今回は、このスマホ老眼について解説しながら、自分でできる簡単なチェック方法、日常生活での改善対策などについてもご紹介していきます。

スマホ老眼チェック!YESの症状はいくつ?

スマホ老眼でメガネを外すとぼやけて見える人の視界

「最近なんだか目の調子がおかしい…」と感じたあなた。もしあなたが10代~30代でスマホを手放せない生活をしているのであれば、その視力の不調はスマホ老眼かもしれませんよ。視力は、私たちが生きるためにできるだけ維持していきたい大切な身体機能です。視力の異常を改善するためにも、早めに状況をチェックして必要な対策をたてていきましょう

簡単!スマホ老眼セルフチェックリスト

スマホの使用時間が長く、スマホ老眼という言葉にピンッときた人は、まず次の10の項目にいくつ当てはまるか、スマホ老眼チェックをしてみましょう。

  • 最近遠くは見えるのに、近くの物がぼやけて見えるようになった
  • スマートフォンを一日に3時間以上使っている
  • 遠くから近くへ視線を動かしたときに、目のピントがあいづらい
  • 最近目がかすんで、視界がぼやけて見える
  • 目がいつも疲れている感じがする
  • 目の奥や鼻の付け根、目頭がズキズキと痛む
  • 頭痛や肩こり、首の痛みがひどい
  • 眉間に違和感があり、しわがよるようになった
  • メガネをしていると、手元や近くの細かい字が見えにくい
  • お店で買い物をするときに、値段の表示が見にくいと感じるようになった

1つでも該当すればスマホ老眼の可能性アリ

チェックリストにもあるように、スマホ老眼はただ単に視力に不調が出るだけでなく、身体の痛みを伴うなど全身に影響が及びます。これまでは視力や体に何の問題もなかった人が、チェック項目に1つでも該当する場合はスマホ老眼の可能性があると考えられます。

これらの症状の中には、眼球や視神経にかかわる重大な病気が隠れている可能性も否定できません。もともと近視や乱視が強くメガネを使用している人の場合は、セルフチェックだけでは症状を把握できないケースも多いので、3つ以上チェック項目が当てはまる場合には早めに眼科を受診して、医師に相談をすることをおすすめします。

スマホ老眼の原因や老眼との違いは何?

「スマホ老眼」とは、スマートフォンを日常的に長時間使うことによって引き起こされる視力の不調です。と言われても、まだまだ認知度の低い言葉ですから、どんな症状が起きるのかピンとこない人も多いかもしれませんね。スマホ老眼が起きる原因や特徴などを、詳しく見ていきましょう。

スマホ老眼が起きる原因は?

ソファーに座ってスマホを見る女性

スマホ老眼が起きる原因は、ズバリ、その名の通りスマートフォンの使いすぎです。スマホに熱中していると自覚することが難しいのですが、スマホのように小さな点滅する光学的な画面を注視することは、私たちの眼球や視神経に多大な負担をかけて、老眼と同じようなと視力障害を引き起こします。そのためスマートフォンの普及が進んで以降、眼科を受診する人が急増しているのです。

実は、スマホと同じ電子画面を使っているパソコン画面を長時間注視している場合にも、同様の視力の不調が起こります。ですがスマホは携帯しやすく、いつでもどこでも使えるという手軽さから、パソコンなどと比べて圧倒的に使用時間が長く、スマホ老眼を発症しやすいという傾向があります。スマホ老眼はゲーム機器を頻繁に使うことでもおきますので、子供にも注意をしてくださいね。

また、スマホ老眼はスマホの使いすぎだけでなく、スマホを使う時の次のような要因や生活習慣などの影響が複雑に絡み合って、引き起こされると考えられています。

使い過ぎ以外にスマホ老眼を引き起こす要因

  • ブルーライトの明るさ
  • 画面を注視してなりがちなドライアイ症状
  • 姿勢
  • 画面をのぞき込むストレス
  • 食生活の乱れからくる、目に必要な栄養不足

スマホ老眼が発症するメカニズム

一般的な老眼は、加齢によって物をうつすレンズの役目を果たしている目の水晶体が弾力を失い、水晶体を支えている毛様体筋という筋肉が衰えてしまうため、水晶体の伸縮をスムーズにおこないピントを調節することができなくなって発症します。

それに対してスマホ老眼は、レンズの機能は衰えていないものの疲労によって、水晶体の厚みを調整している毛様体筋の機能が一時的に衰え、ピンと調節しにくくなることで起こります。

ただし、スマホ老眼を直接引き起こしているのは毛様体筋ですが、毛様体筋が機能しないまま放っておくと水晶体の機能も同時に衰えてしまいます。そのため、スマホ老眼は一般的な老眼よりも症状が進行するスピードが速く、白内障へ進展するなどの重症化リスクが高いので、早期に発見して治療するように心掛けましょう。

スマホ老眼と一般的な老眼の違いって?

スマホ老眼の症状は一般的な老眼の症状とほぼ同じですが、スマホ老眼と一般的な老眼の違いは発症する年齢です。加齢が原因の老眼は主に40代以降に発症します。
一方、スマホ老眼は年齢を問わず発症し、特にスマホに夢中になりやすい10~30代の老眼とは無縁の若年層での発症者が多いといった特徴があります。

また、スマホ老眼は一般的な老眼と違い、もともと眼球や視神経自体には衰えがないことから、症状の改善が期待できます。スマホとの付き合い方や生活習慣を変えることを意識するだけで、毛様体の衰えは充分に回復させることができますので、もしスマホ老眼になってしまってもあきらめずに改善対策を実践していきましょう。

スマホ老眼を生活習慣で改善!6つの対策

スマホのイラスト

電話やLINE、インターネット、ゲーム、音楽…とさまざまな使い方ができるスマートフォン。視力に良くないと警告されても、一度持ってしまったら「もう手放せない」と思う人は多いですよね。

スマホ老眼の改善に一番良いのは、思い切ってスマホを捨ててしまうことなのですが、それが出来ればそもそもスマホ老眼になんてなっていませんよね!スマホを便利に使いながら、スマホ老眼のリスクをできるだけ減らしていく方法を考えていきましょう。

スマホの使用時間をセーブする

完全にスマホを使わないことはできなくても、少し我慢をすれば、スマホの画面を見る時間を減らすことができるはず。意識してスマホを使用する時間をセーブしましょう。食事をとりながら、電車に乗りながらなど、「〇〇しながら」のスマホの使用をやめるだけでも、かなりセーブできますよ。ズルズルとスマホを使わないように、まずは何かをしながらスマホを手に持つことをやめましょう

調べものや仕事で使うなど使用時間をセーブできない場合には、せめて定期的に目を休めて休憩を入れましょう。1時間スマホに熱中したら、10~15分視線を画面から外して遠くを見るだけで目の疲れをリセットできます。意識して休憩を入れる習慣を身につけましょう。

スマホの明るさを抑える

スマホやパソコンの画面に使われているバックライトからは、常にブルーライトが放射されて目にダメージを与えています。ブルーライトは紫外線の次に強い光です。明るすぎる光を長時間浴びていると、目の疲れや体調不良を引き起こしてしまいますので、スマホの設定やアプリで明るさ70%くらいまで下げて、目への負担を軽くしましょう。

明るさの目安としては、背景が白いページで次のように判断することができます。

  • 白い部分が光って見える
  • ⇒明るすぎで負担になる

  • 白い部分がくすんで見える
  • ⇒暗すぎで逆に負担になる

画面に貼るブルーライト除去シートやメガネなどで、スマホ以外にパソコンやゲーム機でもブルーライトをカットできる商品がありますので、活用してみて下さいね。

スマホの文字のサイズを大きくする

スマホの画面はとても小さく、チラつく細かい文字を追いかけて目を凝らすと目にとても負担がかかります。文字の表示サイズを大きくして、少しでも読みやすいものに変えましょう

また、画面の壁紙を上手に選ぶことも大事です。目に一番負担をかけないのは、白の背景に黒の文字のように、スッキリとしたコントラストが出やすい組み合わせですから、薄い背景色に濃い文字色を組み合わせて、少しでもスマホを見やすい環境に整えましょう。

スマホから目を離し、まばたきする

スマホに熱中している男性

スマホに熱中するとついついうつむいて画面と目が近くなりがちですが、この姿勢も目にダメージを与える一因です。画面と目の距離は40㎝以上離すのが理想!また、姿勢の悪さはスマホ首を引き起こす要因にもなりますので、意識して背筋を伸ばし画面の見方を変えましょう。

さらに、目を画面に近付けて熱中し始めるとまばたき忘れてドライアイになる傾向もあります。これもスマホ老眼を引き起こす原因の一つですので、スマホを使う時は努めてまばたきをすることを心掛け、既にドライアイになっている心配がある人は、ドライアイ用の目薬をさすなどしてドライアイのリスクを減らしましょうね。

目の体操で毛様体筋を鍛える

スマホを使うと毛様体筋は急激に疲労していきますので、普段から目の体操で筋肉を鍛えておきましょう。目の体操を行うと、毛様体筋を柔軟な状態で維持することができて眼精疲労を防ぐことができます。一日数回の芽の体操を繰り返して、日頃から疲労に強い筋肉に鍛えましょう。

スマホ老眼を防ぐ目の体操

  • 目の前に人差し指を立て、指にピントを合わせて3秒キープする。
  • 次に2~3m離れたものにピントを立て、3秒キープする。
  • 1、2を10回繰り返す。

目の周りを温める

スマホを使うことで目に負担がかかると、目の周りの筋肉は緊張して血行が悪くなります。そのままだと眼精疲労がたまってしまいますので、蒸しタオルで目の周りを温めて血流を改善しましょう。
眼筋のリラックスにもつながるので、一日の最後の眠る前に蒸しタオルで目の周りを温め、一日の疲労をリセットして視力の低下を防ぎましょう。

スマホ老眼の食事での対処法

緑黄色野菜

スマホの使い方や目の体操だけでなく、視力をアップさせる効果のある栄養をたくさん摂ることにより、疲労回復効果をあげることも大事です。「過ぎたるは及ばざるがごとし」で栄養が偏らないように、多くの食材からバランスよく栄養をとることで、視力だけでなく体全体のスマホの疲れを癒していきましょう。

ビタミンAやβカロテン

網膜の栄養素でもあり、眼の粘膜を保護する効果があります。ビタミンAは過剰摂取による悪影響のしんぱいがありますので、体内で不足するとビタミンAに変換されるβカロテンの豊富な緑黄色野菜を積極的にとりましょう。

  • レバー
  • うなぎ
  • チーズ
  • 緑黄色野菜

ビタミンB1

豚肉とチーズ

神経伝達に関係するビタミンで、疲労回復効果があります。

  • 豚肉
  • レバー
  • 豆類
  • 胚芽米

ビタミンB2

角膜炎を予防する効果があります。

  • レバー
  • 焼きのり
  • アーモンド
  • 干椎茸

ビタミンB6

水晶体や毛様体筋の代謝を促す効果があります。

  • バナナ
  • にんにく
  • 酒粕
  • 鶏肉
  • きな粉
  • 焼きのり
  • ピスタチオ

ビタミンE

かぼちゃ

強い抗酸化作用があり、目の老化防止や白内障予防の効果があります

  • 魚卵
  • モロヘイヤ
  • 植物油
  • かぼちゃ
  • ナッツ類

DHA・EPA

網膜の働きを高め、視力を回復する効果があります。

  • えごま油や亜麻仁油
  • ツナ缶や魚の水煮缶

アントシアニンやルテイン

網膜の働きを活性化させて、視力を回復する効果があります。

  • ブルーベリー
  • ブロッコリー
  • カシス

スマホ老眼を治す目薬やサプリ

眼精疲労を手っ取り早く癒すのであれば、目薬やサプリメントも効果的です。特に目薬には速効性があり、気分もリフレッシュされるので、スマホから気持ちを離す良いきっかけにもなりますよ。

スマホ老眼に効果的な目薬は?

目薬は眼科を受診して医師の処方を受けたものが一番安心なのですが、スマホ老眼以外の病気の可能性がないのであれば、市販の目薬を使っても良い効果が得られます。

疲労回復に効果的な目薬の多くにはビタミンB6やビタミンEなどの目に良い成分が含まれていますが、スマホ老眼の場合は目のピント機能をコントロールする毛様体筋がダメージを受けていますので、目のピント調節機能を改善する効果のあるネオスチグミン硫酸塩が含まれている目薬を選ぶのがおススメです。

サンテメディカル10
サンテメディカル10

参天製薬

サンテメディカル10は、眼疲労改善に効くビタミン類やピント調節に利くネオスチグミンメチル硫酸塩を配合したデジタル疲れに効く目薬です。眼筋と副交感神経に直接作用するので速効性がありますし、目に栄養を補給して組織代謝機能を促すので、スマホなどで目を酷使しための疲れに効果がありますよ。

http://www.santen.co.jp/ja/

スマホ老眼に効果的なサプリは?

目の疲れを癒し、目に栄養を補給して視力を活性化させるサプリとしては、アントシアニンが含まれたものが多いのですが、強い抗酸化力のあるルテインなどの成分が一緒に含まれたものであればより効果的です。サプリは目薬ほどの即効性はありませんが、毎日習慣的にとることで良い効果が期待できます。

えんきん
えんきん

ファンケル

えんきんは目のサプリメントとして初めて消費者庁が公開した機能性表示食品で、アントシアンやルテインなどの目に良い成分を幾つも配合した、スマホ老眼の改善に人気のあるサプリです。一日中スマホを手放せず、近くのものを見るときにピントが合いにくいと言う人におススメですよ。

http://www.fancl.co.jp/

スマホ老眼に効く目の体操アプリ

スマホ老眼は一般的な老眼と違って改善できますが、放っておいても改善しません。私たちが手足の筋肉が衰えた時にリハビリを受けるように、スマホ老眼で衰えた毛様体筋は鍛えていくことで改善効果が得られます。どうせだったら問題となっているスマホを使って、目の体操をしてみませんか?

スマホ老眼対策のトレーニングは毎日続ける必要がありますが、アプリなら手軽に、ゲーム感覚で毎日続けることができるので、良い効果が得られますよ。

視力ケア アイトレ3D android

視力ケア アイトレ3D(アプリ画面キャプチャ)

視力ケア アイトレ3Dは、3D立体視でゲームをしながら楽しく視力回復トレーニングをするアプリです。面白画像がそろっていますので、飽きずに毎日トレーニングに取り組めます。視力を確認できる視力検査モードなどのサポート機能もありますので、自分の視力の変化を参考にすることでやる気がアップします。

視力がみるみる上がる3D視力回復アプリ iphone

視力がみるみる上がる3D視力回復アプリ(アプリ画面キャプチャ)

一日5分、画面から40cm離してこのアプリを行うことで、軽度スマホ老眼を回復す効果あり!スマホ老眼だけでなく、仮性近視の人や遠視で目が疲れやすい人のもおすすめですよ。

早めの対策でスマホ老眼を改善しましょう

いま外出して周りを見渡すと、歩きながら、友達とおしゃべりをしながらスマホを手放せない人が多いということを実感します。スマホはそれだけ魅力的な機器ですが、便利なものにはデメリットもあって当然ですので、スマホ老眼やスマホ首などの身体へのリスクを熟知して、自分で悪影響を防いでいきましょう。

スマホ老眼などの眼精疲労は、年をとってからの老眼の発症を早めるリスクもありますので、目の疲れがひどくならないうちにケアをしておくのがベターです。「ちょっと目が疲れているかな?」と感じたら、今回ご紹介した対策を参考に、スマホ老眼を予防してみて下さいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ