子宮筋腫の手術体験者の声に関する記事

子宮筋腫手術の費用や術後の生理・痛みの違い体験談

子宮筋腫手術の費用や術後の生理・痛みの違い体験談

子宮筋腫の手術を考えてる人へ、筋腫の大きさや位置、数によって決められる手術の方法と、大きさの目安を確認。手術の費用や時間、入院した期間、術後の生理の痛みや経血の量の変化、そして手術後に気をつけていたことを体験者から聞いてみましょう。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  子宮筋腫手術の費用や術後の生理・痛みの違い体験談

子宮筋腫の手術~方法や費用や入院期間などについて体験者がズバリ答えます

子宮筋腫は多くの女性が悩まされている病気の一つです。20代の女性の10人に1人は子宮筋腫があるとされ、30代、40代と年齢を重ねることに発症数も増え、50代では約3人に1人が、子宮筋腫の疑いがあるという調査結果もあります。
子宮筋腫はホルモンの影響により、大きさが変化し、出来た場所やサイズによって、生理痛が酷くなったり、妊娠に影響することもあるので注意が必要です。

ホルモンバランスの関係により、自然に子宮筋腫も無くなる人がいますが、殆どの人は手術により筋腫核を取り除く必要があります。女性なら誰しもなり得る、子宮筋腫の摘出手術をした人の体験談を見ていきましょう。

子宮筋腫の手術の方法って?

子宮筋腫の手術には、大きく分けて3つあります。筋腫の出来ている位置や、筋腫のサイズによって手術方法が選択されます。手術の内容としては、子宮筋腫のみを切除する方法と、子宮を全て取り除く子宮全摘出もあります。子宮全摘出手術は、筋腫の状態、年齢、術後の妊娠を希望するかなど、色々なことを考慮し行われます。

開腹手術

文字通り、お腹を切り開いて筋腫を取り除く手術です。筋腫のサイズが10cm程度を超える場合、また数が多い場合に用いられることが多くなります。

腹腔鏡手術(内視鏡手術)

おへその下と他お腹の数カ所に、1~2cm程度の小さな穴を開け、腹腔鏡と電気メスなどを入れて、筋腫を取り除くのが腹腔鏡手術です。傷口が小さく済むので、傷跡が目立たない、また術後の回復が早いというメリットがあります。病院によって筋腫核の大きさや数によって、腹腔鏡手術が行えない場合があります。それは、手術による患者への負担が大きくなるためで、開腹手術の方が負担が少なく済むためのようです。

子宮鏡下手術

子宮口から内視鏡や電気メスを入れて、筋腫核を取り除く手術が子宮鏡下手術です。お腹に傷が付かないことと、術後の痛みが殆ど無いこと、回復時間が早いというメリットがあります。子宮の内側にできる子宮粘膜下筋腫に多く用いられます。もちろん筋腫のサイズによっては、腹腔鏡手術や開腹手術しか行えない場合があります。手術可能な筋腫のサイズは5cm以下とする病院が多いようです。
子宮の大きさによっては、子宮鏡下手術では子宮全摘出手術を行えない場合があります。

手術の費用はどのくらい?

手術費用のイメージ

手術費用は、病院によって違いますし、手術の方法や筋腫の大きさ、数によっても変わってきます。開腹手術は費用が高くなる傾向にあり、次いで腹腔鏡手術、子宮鏡下手術の順に安くなるようです。
腹腔鏡手術や子宮鏡下手術の場合は、7万円から15万円程度が相場で、開腹手術の場合は20万円から40万円と、手術の内容により、金額に幅があると考えていたほうが良いようです。

入院期間ってどのくらい?

入院をしている女性のイラスト

入院期間も手術の種類、体力の回復度合いにより違います。腹腔鏡手術や子宮鏡下手術の場合は、短い人で2泊の入院で済んだという人がいます。開腹手術の場合は、最長で2週間という人もおりますので、医師とシッカリと相談し、手術のための入院時期を決める必要があります。

手術の時間はどれくらい?

子宮筋腫の手術の時間は、手術の方法にもよりますが、短い場合は1時間程度で済むことがあるようです。筋腫の大きさや数、できた場所によって手術時間が変わるので、人によっては大きさが小さいうちに、手術を受けたほうが良い場合もあるようです。
多くの人が、

手術した後に月経痛は軽くなくなるの?

腰痛の女性

手術を受けた多くの人が、月経痛が軽くなった、経血の量が減った、と仰っています。筋腫のできた位置にもより、子宮の外側にできる漿膜下筋腫や、筋層内筋腫が大きかった場合には、術後に下腹部がへこんだと感じたり、今まで筋腫によって圧迫されていたことによる、腰痛や頻尿が治るということも期待できます。

手術した後にはどんな事に気をつければいいのか、経験した女性に聞いてみよう

入院期間が短かったとしても、お腹に傷がある場合は、注意して生活したいですよね。かと言って、常に安静にして寝てなければいけないということでもないので、実際に術後の生活を体験した人の意見を参考にしましょう。

さくら
40代前半

腹腔鏡手術で月経痛が改善!

婦人科を受診している女性のイラスト

私は子宮筋腫の手術を腹腔鏡手術にて受けました。手術の費用は麻酔代も込みで10万円位かかりました。子宮筋腫と診断され薬では治せるレベルではなく、医師から手術を決定された時には正直落ち込みました。同時に「傷跡が残るんだろうな…」「どんな手術の方法なんだろう…」「入院期間はどのくらいかかってしまうんだろう…」と、沢山の不安が頭をよぎりました。

でも腹腔鏡手術で治す事が出来たのは幸いだったと思います。手術前日から入院して5泊6日で退院という早さ。手術後の食事が、まだ普通食にもなっていない状態での退院で驚きましたが、これが開腹手術だったらこうもいかなかったと思います。もちろんお腹と子宮を傷つけているわけですから、痛みはありましたが腹腔鏡手術だったおかげで回復が早く、手術後に痛みに苦しむ事はなかったです。

手術から数年経った今、傷跡もそれほど目立たなくなった事もありがたいです。そして何と言ってもあれほど苦しんできた月経痛が全くなくなったので、先伸ばしにせず手術をうけて良かったと思います。薬を飲まないと仕事も手につかないような酷かった月経痛がなくなるなんて驚きです。
手術後は再発しないか不安だったので、定期的に病院での検診は欠かしていません。また子宮を冷やさないよう、温かい物を口にするように気にしたり、体を冷やす食べ物は控えるようになりました。更に暴飲暴食も控えたりと、手術をした事がきっかけで食生活の面を見直すようになりましたね。

たゆ
40代前半

開腹手術を受けました

国立病院のビル

私は国立病院で開腹手術を受けました。費用はおよそ20万円でしたが、加入していた医療保険内で済ませることができました。手術前に月経痛や腰痛などの症状は全くなかったので手術後も何の変化もありませんでしたが、ベッドで仰向けなった時に「塊が無くなって下腹部がペタンコになったなぁ」と実感したのを覚えています。

入院期間は1週間で、手術日前日に入院、当日は9時からの手術でした。全身麻酔だったので、手術室に運ばれて「今から背中から麻酔入れますからねー」と言われた後は何の感覚もなく、「はい、終わりましたよー」で起こされました。「もう?」と思ったのですが、起こされた時点で一時間半は超えていました。3つの大きな腫瘍を取り除く予定でしたが、2つしか取れなかったと手術後に言われたので、本来はもう少し時間がかかる手術だったと思います。1つを残した理由は、子宮との距離が近すぎて、もし取り除く作業中に子宮を傷つけてしまうと出血が止まらず命にかかわる危険性があるため、との説明を受けました。

手術で筋腫核摘出か全摘出を選択する際に、私が子宮を残しておきたいと希望したことによる決断だったと思われます。12月中旬の手術だったので、退院後は傷口に刺激を与えないために、体温を適切に保つために下腹部を冷やさないように腹巻を使っていました。

まりこ
40才

二泊三日、実質48時間で退院しました

就職した頃からひどい生理痛に悩まされ、生理1日目は倒れる程の腹痛で、毎度仕事を休んでいました。社会人としてこれではいけないと、生理になったら鎮痛剤をガンガン飲み何とか仕事をこなしていました。職場のお客様に産婦人科医の方が来店。症状を話したところ是非一度検診にいらっしゃいとの事で伺いました。

病院での検査の結果ごくごく小さな筋腫が一つ二つ見つかりましたが、ひどい生理痛に直接結びつくとは考えられず、漢方による体質改善を勧められ薬を飲み始めました。けれども、なかなか症状は改善されませんでした。その後、経過観察のために病院を受診すると直径1cmにも満たない筋腫が新たに発見されました。精密検査の結果、新たに出来てしまった筋腫の場所がどうにも問題がある場所らしくて、手術しないと出血が増え続けると言われ手術を決意。

出来た場所がおへその入り口からすぐの場所だったため、腹腔鏡手術でしたが、手術時間はたったの1時間でした。入院期間は、当日に手術を行い、翌日退院したのでトータル48時間でした。取った筋腫は一粒だったので、快復がとても早かったです。手術費用は7万円くらいでした。

手術する前には、めまいと吐き気がする程のひどい生理痛を毎回繰り返しておりましたが、筋腫を取ってからは本当に改善されました!たった一粒の筋腫でこんなに違うとは。手術して本当に良かったです。

すもも
49歳

「子宮全摘手術」をして症状が治まりました!

痛みが治った女性のイラスト

行った手術は「開腹手術」で、年齢から考慮して「子宮全摘手術」を行いました。手術の費用は、およそ25万円くらいだったと記憶しています。若いころから、卵サイズの筋腫があって、特に症状がなかったから経過をみていたのですが、手術を行う2カ月くらい前から、子宮のあたりに猛烈な痛みが続くようになりました。原因を調べたところ、筋腫が原因だと言われ、手術することになりました。

手術後は痛みが嘘のように治まりました。入院期間は約2週間くらいでした。「子宮全摘手術」でしたので、手術後に特に気をつけたことはありませんが、この年齢ではあっても、やはり子宮をとるということは女性にとって、精神的に辛いことだと実感しました。そのため、親しい女性には、婦人科で定期的な検査をするように勧めています。

えだまあめ
40代前半

腹腔鏡手術をして、その後は体を冷やさないよう心がけています

34歳の時に腹腔鏡手術にて子宮筋腫の手術をしました。費用はおよそ15万円くらいだったと思います。もともと手術前から生理不順などの自覚症状はなく、筋腫も婦人科での検診で見つかりました。ただ、生理の時の出血の量が多く、生理痛は以前から酷いほうでした。

手術後は、生理痛が少し改善されたような気がします。約10日間ほど入院し、退院後の数ヶ月の間は手術で切った部分に、負担がかからないようにと重いものを運ぶのを避けていました。また、鞄も肩掛けショルダーではなく、リュックを持ち歩きました。また、なるべく体を冷やさないようにするために、自分は寒いと感じていなくても、腹巻や靴下をはくなどして、手術からもう何年も経過していますが、今でも実践しています。

ひまわり
40代後半

開腹手術で子宮筋腫を取り除きました。

生理痛がひどい女性のイラスト

30代半ば頃、開腹手術で子宮筋腫を取り除いてもらいました。2週間弱の入院で、費用は20万弱ぐらいでした。
重い月経痛に毎月悩まされ、相談した医者には「今後妊娠を望まないのなら子宮全摘出を」と勧められました。全摘出なら再発の心配もなく、また子宮がんを発症することもなくなるからというのがその理由でした。

しかし当時まだ30代だった私には全摘出の勇気がなく、筋腫核のみの摘出手術を選びました。開腹手術になったのは、筋腫が大きかったため腹腔鏡手術では摘出できないと言われたためです。

年齢的に閉経まではまだ長い時間があるので、筋腫を取り除いて一時的に月経痛が軽減しても、また徐々に重くなる可能性が高いという説明に納得した上で手術を受けました。
実際、手術を受けた後4年間ほどは毎月軽い月経で済みましたが、その後は少しずつ痛みを伴うものに戻っていきました。
それでも、育児や仕事で忙しい30代の数年間を、痛みの心配なく過ごせましたので後悔はしていません。開腹手術が予定より長引いたために、後遺症として術後貧血状態が続き、鉄分を多く摂るよう指導を受け食事には気をつけました。

みかん
40歳

人生初の手術が子宮筋腫!!

MRI検査を受ける女性のイラスト

市の健康診断を受け、お腹を触診してくださった医師の指摘により、子宮筋腫の疑いがあるとのアドバイスを受けて、産婦人科での受診をすすめられたのがきっかけで子宮筋腫が発覚しました。病院で受けたMRI検査の結果、既に握りこぶし位の10センチ程の筋腫があると言われました。

覚悟はしていましたが、筋腫のサイズが思っていたよりも大きくて、とてもショックでかなり落ち込みました。閉経すると、筋腫は小さくなっていくらしいのですが、閉経までにはまだ時間があること、私自身未婚で出産経験もなく年齢的にも39歳と微妙な段階で、今後結婚、出産を考えているのならこのままでは、妊娠した場合に筋腫で子宮が圧迫され、子供が育たない可能性などを指摘されました。

正直、その時点で結婚も出産予定も未定でしたが、子供は欲しいと願望があったので手術で筋腫をとる決断をしました。もう既に筋腫が大きく育ってしまったので、開腹手術になりました。その判断を下すまでに自分なりに色々と調べては、ため息混じりに何度も悩んでしまいました。やはりお腹を切って手術をすることの怖さは、手術当日まで拭えませんでした…。

手術は全身麻酔でしたので、2時間程寝て気づいたら終わっていました。術後の傷口の痛さもさほどなく9日間で退院もでき、傷痕もお腹の贅肉でさほど目立たなく、費用も高額医療を利用したので7万円程ですみました。手術後は生理痛も軽くなり1ヶ月間療養して特に問題なく回復しました!!

しょうが
30代後半

開腹手術をして、頻尿、月経痛がなくなりました。

お風呂に入っている女性のイラスト

20代前半に月経痛の通院で発見された子宮筋腫を手術せずに様子を見ていました。10年後に妊娠が発覚した際の検査の結果、以前よりも筋腫が大きく成長していると分かりました。筋腫の種類としては、筋層内筋腫でした。子宮筋腫のことが気になっていましたが、赤ちゃんは無事出産できました。婦人科の先生と話し合って、子宮筋腫核摘出術の開腹手術を受けることにしました。費用は40万ぐらいでした。手術後はとにかく、頻尿がなくなり、外出してもトイレを意識せずにすみ楽になりました。また、月経時には絶対に飲んでいた鎮痛剤も必要なくなりました。

量も1日目、2日目は大量で心配でしたが、術後は塊がドバっとでることはなくなりました。入院日数は10日でした。手術後には、後遺症みたいなのはなかった気がしますが、しばらく排便をする時にお腹が痛みましたが、次第に落ち着いてきました。子宮筋腫が最初にできた原因は不明でしたが、小さい頃から冷え性っぽかったから、それが原因だったのかなって今では思います。術後は筋腫が新たにできないように、エアコンの温度を調節したり、1枚羽織ったり、毎日お風呂に入るようにして、身体を冷やさないようにしています。また、毎晩ビールを飲むのをやめました!お金の節約になって、自分では健康的な気がしています。そして先生の指示通り、1年に1回子宮の様子を今も続けて診てもらっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク