若年性更年期障害に関する記事

若年性更年期障害チェック!20代女性に増えている30の症状

若年性更年期障害チェック!20代女性に増えている30の症状

若年性更年期障害って一体何?更年期障害とどう違うの?若い女性に増えている原因などを詳しく解説しています。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  若年性更年期障害チェック!20代女性に増えている30の症状

若年性更年期障害が20代を襲う!セルフチェックと原因や対処法

最近、20~30代の若い女性の中で、原因不明のほてりや頭痛、生理が途切れるなどの不調を訴える人が増えています。このような若い女性にみられる体の不調は、症状が更年期障害によく似ていることから、若年性更年期障害と呼ばれています。

女性の更年期害は、加齢によって女性ホルモンの分泌が減少するために引き起こされる症状で、閉経時期と重なる50歳前後に起きるものですが、なぜホルモン分泌が盛んなはずの若い女性が、体調を悪くするのでしょうか?「プチ更年期」とも「プレ更年期」とも呼ばれて話題になっている、若年性更年期障害について詳しくご紹介していきます

若年性更年期障害の症状とセルフチェック

疲れた目をおさえてる女性

一般的に更年期とは、閉経年齢を挟んだ前後10年間のことを意味する言葉で、私たち日本人の場合は40代半ばから50代半ばの人に多いです。しかし、閉経年齢は個人差が大きく、体質や生活環境によっては若年性更年期障害のように20代から起こってもおかしくはないのです。「まだ若いから」なんて油断せずに、更年期障害は女性であえば誰にでも、いつでも起こり得る症状だということを理解しておきましょう。

40代を過ぎていれば体の不調が起きた時に更年期障害であることを疑って、適切に対処をしていくことができますが、若い女性だと年齢的に更年期障害だということを予想できず、対処が遅れて症状を悪化させるリスクがあります。一言に更年期障害といっても、さまざまな症状がありますので、自分でできる簡単なセルチェックで、当てはまる項目が無いか確認をしておきましょう。

あなたのYesの数は0個です。

該当項目が4つ以下…問題なし

該当する項目が4つ以下の場合は、いまのところ若年性更年期の心配はありません。かといって油断は禁物ですよ!若年性更年期障害は、ちょっとした生活の乱れからも引き起こされるため、誰にでも起こりえますので、これからも健康な体を維持することを心掛けましょう

5~9項目…若年性更年期障害の兆しあり

該当する項目が5~9つの場合は、若年性更年期の兆候が見えている状態です。まだ自覚症状が無い時期ではありますが、しっかりと予防して、これ以上症状を進行させないことが肝心です。若年性更年期障害について正しく理解し、症状の悪化を防いでいきましょう

10~19項目…若年性更年期障害になりかけ

該当する項目が10~19コである場合は、ちょっと心配な状態です。このまま何もしないで症状を放置していると、心身にさらに負担がかかってしまいますよ。早いうちに対策をたてて実践することで、心身を回復させることを考えていきましょう。

20項目以上…若年性更年期障害が疑われます

該当する項目が20コ以上の場合は、若年性更年期障害が疑われますので、早めに対処していきましょう。心配する必要はありません。一時的な女性ホルモンの分泌低下はありますが、身体が若いぶん回復も期待できるので、早めに対処していけば症状の改善は充分にみこめますよ。若年性更年期障害を正しく理解して、前向きに症状改善に取り組んできましょう。

若年性更年期障害と更年期障害の違い

20代女性とその母親

若年性更年期障害も更年期障害も、身体機能の司令塔となる脳の視床下部に、卵巣機能の低下やストレスなどが原因となって悪影響を与えることで、さまざまな体調不良を引き起こしています。発症のメカニズムが同じために、若年性更年期障害と更年期障害には同じ症状がみられますが、この2つの症状の違いは、脳の視床下部に悪影響を与える原因にあります

更年期障害は、加齢によって起こります。女性の子宮は30代から徐々に機能が低下し、45~55歳頃には卵胞の数が減少し、エストロゲンが急激に減少してホルモンバランスが乱れてしまいます。これは、本人の身体的要因によって起こるものです。

これに対し若年性更年期障害は、ストレスや冷え、不規則な生活習慣などにより起こります。心身のストレスによって卵巣機能が低下してエストロゲンの分泌が乱されホルモンバランスが崩れたり、自律神経が乱れることで、自律神経失調症や月経前症候群(PMS)になったりするのです。身体的要因ではなく、環境的な要因の影響ですね。

若年性更年期障害は治る?

若年性更年期障害はきちんと対処すれば治ります。更年期障害の場合、身体的な要因ですのでくつがえしようがなく、不調が現れた場合には対処療法で症状をやわらげていくことしかできませんが、若年性更年期障害の場合、卵巣そのものが老化していません

さまざまな環境的要因で、一時的に卵巣機能が低下しているだけですので、原因となっているものを取り除けば、エストロゲンの分泌が正常に戻り、症状を改善することは十分可能です。若年性更年期障害の症状が出ても、自分の身体を信じて前向きに治療に取り組んでいきましょう。

若年性更年期障害を放置するリスク

若年性更年期障害の場合は完全治癒の可能性がありますが、だからといって「いずれは治るから」と放置してはいけません。若年性更年期の症状を長期間放置していると、卵巣がその状態に慣れてしまい、本当に卵巣機能が低下してしまう可能性があるのです。

しばらく運動をしないと筋肉が衰えて筋肉痛を引き起こすように、卵巣も使わなければ使わないだけ機能が衰えてしまいます。若年性更年期障害は早めの治療が肝心ですので、気になる症状がある場合には積極的に婦人科を受診して、治療をすることを考えていきましょう。

早発閉経に注意!

若年性更年期障害の症状をそのまま放置してしまうことで一番危険なのが、脳の視床下部や自律神経が「もう必要ない」と勝手な判断をし、一般的な閉経年齢よりも明らかに若いうちに早期閉経を引き起こしてしまうことです。
40歳未満のおよそ100人に1人は早期閉経と言われています。「生理がなくなるなんて楽でいいな~」と思うかもしれませんが、早期閉経が起きると、ただ単に生理が止まるだけではないのです。

早期閉経により起こりやすいトラブル

  • 不妊症
  • 骨粗鬆症
  • 肥満症・高血圧症・高脂血症・糖尿病などのメタボリックシンドローム

一度低下してしまった機能を取り戻すのには、多くの時間と努力が必要!将来の展望をしっかりと考えて、早めに若年性更年期障害の治療を開始しましょう。

若年性更年期障害を引き起こす5つの原因

働き盛りで女性としても一番充実している時期に起こる若年性更年期障害。一番困った特徴的な症状は、「やる気が出ない」「疲れがとれない」などの精神的な症状でしょう。

これらの症状は、

  • 自律神経失調症
  • 抑うつ状態

などの症状とも一致しています。

ストレスでやる気がでない女性

私たちの身体には、交感神経と副交感神経のふたつの神経で構成される自律神経がありますが、自律神経は呼吸や代謝、血圧、発汗などのありとあらゆる生命活動のコントロールをしています。この自律神経やホルモンバランスが乱れることで、月経不順や月経前症候群(PMS)が引き起こされるのです。

若年性更年期障害の改善のためには、まず自律神経失調症を引き起こす次の5つの原因をよく理解し、症状の改善を図っていくことが大切です。

若年性更年期障害を引き起こす原因

  • 仕事や交友関係の強いストレス
  • 無理なダイエット
  • 不規則な生活
  • 栄養の偏り
  • 過度な運動不足・激しすぎる運動  など

若年性更年期障害の検査と診断/治療方法

若年性更年期障害や更年期障害を患うと、他人から「気の持ち方次第」なんて言われることもありますが、これらは立派な病気です!婦人科で血液中のホルモン量を検査すれば、病気かどうか、積極的な治療をすべきかどうかがわかります。自覚症状がある場合には、早めに婦人科を受診して検査を受けましょうね。

若年性更年期障害の診断目安

若年性更年期障害は下記の値で診断され、病院ではこれらの数値を正常範囲に戻すことを中心に治療をすすめていくことになります。

若年性更年期障害の目安となる血中のホルモン量

  • 黄体化ホルモン(LH)… 20~30以上
  • 卵胞刺激ホルモン(FSH)… 20~30以上
  • エストラジオール… 30未満

若年性更年期障害の治療法としては、体質改善や症状緩和目的の漢方薬治療とホルモンバランス調整を行うホルモン剤を使った治療の2つが主流なのですが、どちらの治療法を選択するのかは、一人ひとりの症状の程度や年齢などを勘案して医師が判断をしていきます。

どちらも本人の身体に影響を与えるものですから、最終的に選ぶのは若年性更年期障害に苦しむあなた本人です。どちらの治療法にもデメリットとデメリットがあることを承知した上で、医師の説明をよく聞いて、自分にとってあった治療方法を選択していきましょう。

漢方薬治療のメリット&デメリット

  • 副作用が少なく、身体への負担が軽い
  • 様々な症状に効果が期待できる
  • ホルモン剤での治療に影響を与えないので、ホルモン剤と併用して使用ができる
  • 効き目が緩やかで、効果が出るまでに時間がかかる

ホルモン剤治療のメリット&デメリット

  • 効果が現れるのが早い
  • 不正出血を起こすリスクがある
  • 5年以上使用していると乳がん発症リスクが高まる

若年性更年期障害の予防&改善方法

若年性更年期障害は治癒できる病気ですが、ただ放っておいても症状が改善されることはありませんし、症状の悪化を招いてしまいます。自律神経の働きを乱す原因をよく理解して、原因を取り除きながら、卵巣の機能を正常な状態に戻していきましょう。

若年性更年期障害は、それを引き起こす原因となる環境に置かれてすぐ発症する病気ではなく、長期間の積み重ねによって発症することが多い病気です。症状の改善にも長い時間がかかりますので、あきらめずに根気よく改善に努めながら、再発を防止していきましょう。

基礎体温の変化を把握しておきましょう

若年性更年期障害の改善や予防のためには、まず自分の身体のリズムを知っておくことが大切です。基礎体温は女性ホルモンの分泌と密接な関係がありますので、計測を毎朝の習慣にしましょう。月経開始から次の開始日までの体温の上がり下がりを記録しておけば、著しい違いが起きた時に異常を察知できますし、記録したデーターをお医者さんに見せることで、スムーズな治療を受けることができますよ。

ストレスを上手に発散しましょう

ヨガをしてる女性

若年性更年期障害にとって、ストレスは最大の敵です!現代の生活でストレスを受けることを避けることはできませんから、上手に発散をしていく方法を覚えることが大事です。読書などの趣味の時間を持つもの良いことですし、大きな声で歌を歌うカラオケで発散するのも良いですね。ヨガやストレッチなどの軽めの運動や半身浴なども、リラックスできてストレス解消の効果がありますので、自分にあったストレスの発散方法を見つけましょう。

生活のリズムを整えて充分な睡眠をとりましょう

夜遅くまで仕事をしていて朝が遅い、食事の時間が不規則などの生活の乱れは、女性の体内リズムを乱し、正常なホルモン分泌を妨げてしまいます。睡眠不足が続くと体の疲れを修復する成長ホルモンの分泌を妨げてしまいますので、早寝早起きを心掛けて、生活のリズムを整える努力をしましょう。

バランスの良い食事を心掛けましょう

無理なダイエットや油っこい料理、甘いデザートだけの偏った食事では、充分な栄養が補給できずに正常な身体活動が営めません。食材にはそれぞれ心身の健康を保つ薬となる効果がありますので、食事は3食きちんと食べて、たくさんの食材から多くの栄養をバランスよくとることを心掛けましょう。

おすすめの食材は、カルシウムビタミン類タンパク質などを豊富に含むチーズなどの乳製品や小魚、干ししいたけなどです。大豆イソフラボンは不足しがちなエストロゲンと同じ働きをする栄養なので、納豆や豆腐など大豆の加工食品を意識して摂りましょう。

適度な運動を習慣にしましょう

激しすぎる運動は体への悪影響もありますが、軽い運動は衰えがちな骨格や筋肉を鍛えて、病気などに強い体を作ってくれます。お散歩程度でも構いませんので軽めのウォーキングなどを、毎日の習慣にしましょう。

エストロゲンには内臓脂肪を減らす働きがあり、若年性更年期障害になると太りやすくなりますが、軽めの運動習慣は代謝をアップさせて減量効果もありますので、失いがちな女性としての自信を取り戻す良いきっかけにもなりますよ。

体を冷やさない生活を心掛けましょう

お風呂に入ってる女性

女性にとって冷えは大敵ですが、露出の多い服や冷たい食べ物などで体を慢性的に冷やしていると、全身の血行が悪くなり、内臓機能が衰え、ただでさえ乱れがちな女性ホルモンの分泌や自律神経を乱す原因となってしまいます。

体が冷えると卵巣機能も低下して更年期症状が進んでしまいますので、暖かい服装や温かい食事、ゆっくり湯船に浸かってお風呂にはいるなど、身体をできるだけ暖めることを意識しましょう。

頑張らない生活で若年性更年期障害を克服しましょう

若年性更年期症障害の原因は、女性が置かれている環境によるものが多く、生活習慣などを見直して症状を改善・予防することは決して難しいことではありません。体に不調が現れている時は、身体が「休みたい!」といっている証拠ですので、無理をせずに体を休めて労わってあげましょう。

更年期症状が強く出てしまう女性は、真面目な頑張り屋さんに多い傾向があります。「症状が辛くても、大丈夫!と我慢をしてしまうことが多い」「理想が高く自分に厳しいしっかり者」といったタイプの女性は、体に負担を強いてしまいがちなので、何事も理想や完璧を追い求めず、ほどほどの生活を心掛けて、身体と心の負担を軽くして若年性更年期鍾愛を克服しましょう。

また、子育て中はどうしても無理をしがちですが、出来る限り周囲に助けを求めて身体からのSOSサインを無視しないように心掛けましょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク