美肌の秘訣!に関する記事

美肌の秘訣20!芸能人・モデル・韓国人の憧れ女性の美容法

美肌の秘訣20!芸能人・モデル・韓国人の憧れ女性の美容法

美肌の秘訣はコレ!芸能人や韓国人の女性の美肌法20を学んで、真似すれば子育て中のママにももう一度若々しい肌が戻ってきます。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  美肌の秘訣20!芸能人・モデル・韓国人の憧れ女性の美容法

美肌の秘訣を芸能人・モデル・韓国に学ぼう!ママにおすすめ20選

芸能人の透き通るような美肌、憧れますね。今回は、美肌自慢の芸能人やモデル・韓国の方が実践している美肌の秘訣の中から、子育てで忙しいママにもできるお手ごろな美肌法を中心にご紹介します。その中には「初めて聞いた!ありがとう」というような美肌の秘訣があり、美容の勉強にもなりますよ♪

芸能人に学ぶママにおすすめの美肌の秘訣5

芸能人が美肌を維持するためにしている美容法をご紹介します。どれも気軽に始められるものばかりですので、早速試してみましょう!

1 コットンパック

コットンで顔パックしてる女性

芸能人の中でも美肌クィーンとの呼び声が高い、綾瀬はるかさんの美肌の秘訣を紹介します。綾瀬さんの美肌にはコットンパックのやり方も関わっていて、その方法を真似てみてあの美肌に近づきましょう。

コトンパックを簡単に清潔にやるために便利なのが、水分量たっぷりの「水だけぬれコットン」です。敏感肌であっても、負担が少なくない商品なので是非使ってみましょう!「水だけぬれコットン」をお肌に張り付けて、5分ほど置いたらはがしましょう。肌の内側にコットンの有効成分が浸透していき、その潤いでモチモチ肌になります。化粧のノリが全然違いますし、毎日続けると開きがちだった毛穴も引き締まってきますよ。

ママとベビーの水だけぬれコットン40包入
ママとベビーの水だけぬれコットン

アメジスト

880円 + 税

こちらの水だけコットンは、滅菌精製水(パイロジェンフリー水)以外には余計なものが含まれていないので、敏感な顔に貼ってもお肌に負担をかけません。
個包装になっているので衛生的なのもうれしいですね。1枚あたり約24円という手ごろな値段もうれしいですね。

http://amethyst.b-smile.jp/products/detail.php?product_id=146

ストレスをストレスと認めない

齢を重ねても変わらぬ美しさを保ち、多くの女性の憧れの的である、天海祐希さんが実践している美肌法は、スキンケアだけではありません。美肌になるためには、その大敵であるストレスを出来るだけ溜めこまないことが大切でよすね。

天海さんは、ストレスがあったとしても、それをストレスと認めないようにしているそうです。ストレスがあると認めてしまうと、うまくいかないことの原因の全てを、ストレスのせいにしてしまい、うまくいかないことがあったら逆にストレスが大きくなってしまうと考えているのですね。

第一線で活躍されている天海さん。相当なストレスがあると思うのですが、そのストレス自体を認めないなんて、素晴らしいプラス思考ですね。

『スタンフォードの自分を変える教室』で一躍有名になった、心理学者ケリー・マクゴニガルさんも天海さんの考えかたと似たような事を考えていて「ストレスと友達になること」をおすすめしています。

ママさんも、子育てなどで思い通りにならなくて、ストレスがたまっていたら、天海さんやケリーさんのようなストレスに対する考え方を変えるだけで、ストレスから解放されることがありますよ。そういう、考え方が美肌にもつながっていきます。

水素サプリなどで水素を摂る

美意識が高いことで有名な女優の藤原紀香さんは、独自の「スキンケア法」や「アンチエイジング法」の数々を実践されています。その中から、某テレビ番組でも紹介された、水素サプリなどで「水素」を体の中に、とり入れる方法をご紹介します。

抗酸化力が強い水素は、美白効果も高い物質です。体を内側からきれいにし、気になるシワも予防・改善してくれる働きがあります。効果を上げるためにも毎日とり続けることが大切になります。

黒豆+ゴマが美肌の最強コンビ

3児の母とは思えない美貌と美肌の持ち主である女優の小雪さん。小雪さんの美肌の秘訣は、黒豆とゴマにあります。黒豆には皮膚のコラーゲンの働きを助ける、アントシアニンという物質が豊富に含まれているので、美肌効果が高い食べ物です。ゴマは、肌の老化を防ぐセサミンの含有量が豊富なことで有名な食べ物です。そんな美肌のために、欠かすことのできない成分が豊富に含まれている「黒豆」と「ゴマ」が、どちらも含まれている食べ物や飲み物は、これから小雪さんのような美肌を目指すなら、積極的に体にとり入れていきたいですよね!

小雪さんは、ミキサーにかけた黒豆とゴマを牛乳に混ぜて飲むことを習慣づけて、あの美貌と美肌を維持しています。

低速ジューサーで作るフレッシュジュース

低速ジューサーで作ったフレッシュジュース

出産後も変わらずに、スレンダーな体型と美肌を維持している女優の木村佳乃さん。木村さんがお肌のためにしている習慣は、手作りのフレッシュジュースを飲むことです。そして、木村さんがジュースを作る時に愛用しているジューサーは、酵素が壊れにくく音も静かな低速ジューサーです。

木村さんのような健康的な美肌に、憧れをもつママさんだったら、低速ジューサーに冷蔵庫の残り野菜や果物を入れて、栄養たっぷりのフレッシュジュースを飲むことを、毎朝の習慣にしてみてはいかがですか?そうしたら、憧れの木村さんのような、美肌になれる日が訪れますよ!ジュースなら野菜嫌いのお子さんも苦にならず、ママと一緒に飲んでくれます。

モデルさんに学ぶママにおすすめの美肌の秘訣5

着ている服をより美しく見せるため、自分の「体型維持」や「美肌」であることが求められる仕事でもあるモデル。そんな「美」のプロフェショナルともいうべき、彼女たちがお勧めする美肌になる方法を紹介します。意外と簡単なことが多いので、子育て中のママでも続けられるでしょう。

1 ひまわりの種

バラエティー番組を中心に、テレビでも活躍されているモデルのローラさんが、美肌のために食べているのがひまわりの種です。ひまわりの種には、ビタミンEやアミノ酸が豊富に含まれています。ビタミンEは美肌を作るためには欠かせない栄養素で、アミノ酸は、抗酸化作用が強くお肌を老化から守ってくれます。

美肌のために、ひまわりの種は、普段食べているスナック菓子などのおやつ代わりとして、小腹がすいた時に食べるとよいでしょう。ただ、他のナッツ類と同様にカロリーが高めなので、食べ過ぎないようにしてくださいね。

1日2Lの水

水を飲んでいる女性

そのライフスタイルにも憧れをもつ女性が多い、長谷川潤さんが実践している美肌法は、とってもシンプルなものばかりです。その方法は、毎日最低2Lは水を飲むということです。まずは、朝起きて常温の水を飲んで体を目覚めさせて、一気に大量の水を飲むのではなくて、何回かに小分けしていき無理のない量の水を飲んでいきます。

水は、他の飲み物と違い人間の体に吸収されやすく、全身にスムーズに水分をいき渡らせることができます。水中心で水分補給している人は、お茶やコーヒーを沢山飲む人に比べ、透明感のある明るい肌になる傾向にあります。

冷水洗顔

道端アンジェリカさんは、冷水洗顔で美肌をキープしています。冷水での洗顔は、肌を引き締めてハリを与える効果があります。毛穴が開いていると、その毛穴が黒ずんできたり・油の成分でテカテカ肌になったりしてしまうので、冷水洗顔で、開きがちな毛穴を閉じてあげて、ハリのあるお肌を手に入れたいですね。

道端アンジェリカさんは半身浴の後に氷水で顔を洗い流すことがお気に入りとのことです。

 白湯(さゆ)

ママさんがOL時代から憧れていたかもしれない、押切もえさんの美肌の秘訣は、とても簡単!白湯を飲むことです。この美肌法だったら、子育てに忙しいママにもできそうですね。

白湯を飲むと体が温まり血行がよくなります。それにより、新陳代謝が活発となり、肌のターンオーバーが盛んになります。また、腸内の調子も良くなるので、老廃物が排出されやすくなったり、冷え性も改善されたりする効果もあります。白湯を起床時と就寝時の1日2回飲んで、美しい肌を手に入れましょう。

白湯の詳しい効果や作り方については、こちらをご覧ください。

加湿器+バスタオルで保湿

保湿用の加湿器

ナチュラルメイクが美しいヨンアさんが、美肌を維持するために気を付けていることは、ズバリ保湿です!睡眠時は部屋を加湿器で加湿するだけでなく、更に濡れたバスタオルを部屋にかけて乾燥肌対策をしています。
肌が乾燥すると、肌の老化を早めてしまいます。肌の老化を遅らせて、乾燥を防ぎ、若々しい肌を保つためには、保湿がとても大切ですね。加湿器が無い方は、とりあえずバスタオルを部屋に掛けて寝てみましょう。

韓国に学ぶママにおすすめの美肌の秘訣5

韓流ドラマに出ている韓国の女優さんは、皆さんお肌が綺麗ですね。美容大国と言われる、韓国では女性の美容意識がアジアの中でも特に強いと言われております。最近では、韓国の女性に大人気のコスメが日本に輸入されて大人気。美容意識が日本よりも高いかもしれない、韓国の女性が実践している美肌の秘訣をご紹介します。

キムチパワーで美白

韓国の代表的な家庭料理と言えば、キムチ。発酵食品であるキムチには、乳酸菌など多くの菌が含まれ、肌荒れ・シミ・便秘を予防する効果があります。また、キムチの辛味のもとでもある唐辛子には、新陳代謝を活発にし、肌から水と皮脂をバランスよく排出されてくれます。

キムチは、生野菜としては、食べる量が限られてしまう白菜などを、発酵させた事によって沢山食べることもできます。キムチには美肌効果もあって、野菜不足も解消できるなんて一石二鳥ですね。

洗顔が大切!

洗顔している女性

美意識が高いことで、有名な韓国の女性が美容において特に大切にしていることは洗顔に時間をかけて丁寧におこなうことです。そんな韓国の国内においても、その美肌の秘訣を多くの女性が知りたいとの要望から本まで出版された、韓流女優コ・ヒョンジョンさんが実践している洗顔法をご紹介します。

アジア・トップレベルの美肌女優コ・ヒョンジョンさんは、毎日15分かけて洗顔をしているとのことですが、忙しいママは洗顔に15分もかけられないと思いますので、出来るだけ丁寧な洗顔を心がけましょう。

韓流女優コ・ヒョンジョンの美肌を作る洗顔法

  • 手を石鹸できれいに洗う
  • 温かいお湯をおでこから顎の順に優しく押すようにつけていく(毛穴を開かせるイメージで)
  • 洗顔フォームを十分に泡立たせて顔の内側から外側の順につけていく(産毛のキメに沿って)
  • 外側から順に泡を顔になじませる(手をくるくると回しながら)
  • 温かいお湯で丁寧に洗い流す
  • 冷水を顔に押し付けて最後は引き締める

韓国伝統の韓方茶

韓国の女性が、日常的に飲んでいる「伝統茶」にも美肌作りには欠かせない成分が含まれているようです。韓国には、肌や身体の調子を整える韓方茶が、家庭だけでなくカフェでも気軽に飲めます。韓国での研究では、肌の調子が少し落ち初めてきた時には、ビタミンCが豊富に含まれるオミジャ茶が良いとされています。

また、日本でも有名なゆず茶も「韓方茶」のひとつです。ゆず茶には、ビタミンC・コラーゲン・鉄分が豊富に含まれているので、美しくハリのある肌を作ってくれます。

牛乳パック

美容グッズにも関心が高い韓国では、色々な種類のパックが売られております。日本にある韓国コスメのお店にいくと、「カタツムリ」や「真珠エキス入り」など、日本ではなかなかお目にかかれない珍しいパックが、置いてあります。ただ、韓国の女性は市販のパックを買って利用するだけでなく、手作りの自家製のパックでもお肌のケアをしています。

美容に関心の高い韓国の女性たちが、特にお勧めしたいという牛乳を使った、自家製パックの方法を紹介します。

牛乳は、ビタミンやタンパク質が豊富に含まれている美白効果が高い飲み物です。また、ピーリング効果もあるので、古くなった角質を、押し出してくれて、お肌の汚れや黒ずみを落としてくれます。

titleti韓国流「牛乳パック」tletitle

  • 牛乳を化粧用コットンに染みこませる
  • 1を肌に乗せていく
  • そのまましばらく待つ(5~30分、お好みで)

※牛乳にはちみつを混ぜると更に潤いがアップしますよ♪

紅参水

日本に韓流ブームが、おこるきっかけを与えたあの有名な作品で主演を務めていた、韓国の国民的女優チェ・ジュウさん。その美しさには、母国・韓国のみならず、日本などのアジア各地も魅せられた人は多いはず。

そんな多くの女性の憧れの存在であるジウさんは、よく紅参水を飲まれています。「紅参」とは、高麗人参の皮をはがさずに煮て乾燥させたものです。皮のまわりには美肌効果のあるサポニンが豊富に含まれているため紅参は、高麗人参の中でも最も高級品になります。サポニンには、美肌効果のほか、血行をよくしたり・免疫力を高めてくれるという効果まであります。韓国では、古くから高麗人参が高級なものとされてきたことには、ちゃんとした理由があったのですね!

では、サポニンの美肌効果を見ていきましょう。

サポニンの美肌効果

  • 肝臓の代謝を高めるデトックス作用がありでシワやクスミの無い肌にしてくれる
  • 細胞を活性化し肌を若々しく保つ
  • 自律神経を整えストレスを軽減するので、ストレスによる大人のニキビを改善
  • タンパク質の合成を促し、肌のターンオーバーを促す

40代女優さんが実践するおすすめの美肌の秘訣5

年齢を感じさせない若々しい美肌をお持ちの40代の女優さん達は、どのようなお肌のケアをしているのでしょうか?
「お金をかけて高級なエステに通って、美容によい高級食品を食べて…」と、特別なことをしているイメージってありますよね。けれど、実はそんなに特別な美容・美肌法をされているわけではなくて、意外と基本的なことも多いです。

そんな40代を越えても、美しい女優さん達の輝くお姿を見ていると、美肌を維持していくためには、基本的な方法を忘れずに、守っていくことが大事なのではと、再認識させられますよね!

バランスのよい食事

宝塚出身の女優さんは美意識が非常に高く、肌が綺麗な人が多いですね。壇れいさんも、その一人。壇れいさんの美肌の秘訣は、「バランスの良い食事を心がけること」とても基本的なことですね…。でも、大事だとは思っていても、毎日続けていくことは、難しかったりします。

壇さんは、仕事で忙しくともできるだけ自分で料理を作り、野菜・肉・魚を上手く組み合わせることを心がけているとのことです。肌に大切な栄養素は、そのものだけで働くよりは他の栄養素との相乗効果で働くことが多いため、バランスの良い食事をすることは、肌の状態を良くするだけでなく、体の全体の調子を良くしてくれるのですね!

化粧水はたっぷりと

その変わらぬ美しさで、奇跡の40代と言われる石田ゆり子さんの美肌の秘訣は、意外とシンプル。洗顔後ていねいに化粧水をつけるということです。その「覚えて・試してみたい」やり方は、化粧用コットンは使わず、手で化粧水を肌に叩き込むような感じでたっぷりとつけていくそうです。年齢を重ねていくと、肌の乾燥が気になる人が多くなります。化粧水をたっぷりつけて保湿することで、石田さんのように年齢を重ねても若々しい肌を取り戻したいですね。

何もしない肌断食

いつもでも、変わらぬ気品と華がある女優・鶴田真由さんが実践している美容法が「肌断食法」です。肌断食法にも色々とやり方がありますが、鶴田さんは、ぬるま湯で洗顔した後に何もつけない方法を実践しています。

化粧水や洗顔などお手入れをし過ぎることがニキビや肌荒れの原因になってしまうこともあります。化粧品などを使わないことで、肌本来の力を引き出してあげようという狙いがあります。長年色々な化粧品を使っても肌荒れやニキビが治らない女性だったら一度は試してみてはいかがですか?

ビタミンC & ビタミンE

高岡早紀さんの透き通る肌の秘訣は、食生活にあります。彼女が意識して食べるようにしているのが「ビタミンC」や「ビタミンE」が豊富に含まれている食べ物です。特に、レモンやアボカドなどのビタミン類を多く含む食品は、肌荒れや乾燥から肌を守ってくれ、美白にも効果があります。
アボカドをサラダにしたり、レモンを焼き魚に垂らしたりと、工夫をしていくと日々の食生活の中でそれらの食品を多く取り入れることができて、みるみるうちに美肌効果が現れるでしょう。

日焼け止めは1年中使用

手のひらに出された日焼け止めクリーム

数々の大ヒットドラマに出演し、結婚~出産後にも変わらず、その美しさを保ち続けている松嶋菜々子さんが、その美肌をキープするために気を付けていることは、紫外線対策です。松嶋さんは、1年中ベースメイクには日焼け止めを使用して、紫外線対策をしています。

人が浴びてしまった紫外線は、細胞に刺激を与えてしまいます。けれど、その刺激をうけても細胞には自己修正能力が備わっていて、刺激をうけてもその影響がほとんど出てきません。けれど、その細胞の自己修正能力は、年齢を重ねるとともに低下してしまって、齢をとるとやがて、紫外線の影響でも顔にシワやシミが現れてしまいます。そのため、紫外線の量が少ない冬場であっても、紫外線をできるだけ、浴びないようにすることが、肌の細胞に紫外線の刺激を与えずに、シミやシワの原因をお肌に与えないことに結びついていきます。

日焼け止めは、春先からでいいと思っていた方は、昔から憧れの存在であった松島さんの美肌に近づくためには、彼女の日頃の努力を真似て、1年中日焼け止め効果があるベースメイクに切り替えてみるのも良いのかもしれませんね!

美肌の秘訣 ~ 毎日の努力の積み重ね・工夫・ストレスをためない

美肌で有名な、日本で活躍されている女優・モデルさんや、美容大国と言われる韓国の中でも、さらに美容意識の高い女優や一般女性が試している美肌法を紹介しました。何となく、そういう芸能界やモデルの世界のトップで活躍している方々には「産まれもった素材が違うんじゃない?」「お金をかけて、一般人からは程遠い、高級食材やエステに通っているからじゃない?」と考えていた、ママさんも多いはずです。

けれど、今回紹介した美肌の秘訣は、ほとんどが真似ようと思えばすぐにでも出来るものがほとんどです。

  • 美肌に悪い影響を与えてしまうストレスへの対処法を考える
  • 白湯を飲むことも心掛ける
  • 洗顔のやり方を工夫したり徹底したりする
  • バランスのよい食事を心掛ける

などです。芸能の世界やモデルの世界は、多くの人に「自分」を見られてしまう職業です。その世界で、トップレベルで活躍され続け、その美しさを保ち続けている女性たちは、実は今回紹介したように、美容・美肌法の基本を大事にし、日々それに取り組んでいるから、変わらぬ美しさを保ち続けることが出来ちゃうのです。

多くの人に、自分を見られるという意識がそういう日々の努力に繋がっているのかもしれませんよね!

今回、紹介した有名な女優さんやモデルさんの中には、ママも好感を持てて、実はファンであるという女性もその中にはいるかもしれません。そんな、憧れの存在の憧れの美肌に近づくためには、その女性が日々取り組んでいる「美肌の秘訣」をママさんも試してみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。