頭痛の元の肩こり解消法に関する記事

肩こりからくる頭痛の解消方法15体験談

肩こりからくる頭痛の解消方法15体験談

肩こりからくる頭痛を解消できた15人の体験談。マッサージやストレッチはもちろんツボを刺激することや軽いウォーキングも即効性があり効果的です。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  肩こりからくる頭痛の解消方法15体験談

肩こりからくる頭痛に効果的だった体験談

頭痛は頑固な肩こりから起こされることがあります。頭痛を解消するには肩こりを解消するのが効果的です。そのためには毎日肩を回すなどマッサージやストレッチで肩まわりの筋肉をほぐすことが大切になります。肩こりに効く体操や負担の少ない軽いウォーキングなども肩こりからくる頭痛には即効性があるようです。

細めのマッサージ機を使うことで肩甲骨のコリもほぐせ、ツボも刺激できるのでおすすめできます。特にデスクワークが多い方はパソコン作業の合間に小休止を挟むことで眼精疲労からくるコリ固まった肩周りの筋肉を和らげることができます。具体的なストレッチの方法やマッサージの方法など、肩こりからくる頭痛に悩まされた15人の体験談を紹介するので参考にして下さい。

Q肩こり頭痛に効果があった解消方法は?

肩こりで痛烈な表情を浮かべる女性

みーちゃん
29

Aストレートネックの改善が頭痛解消につながります

肩こりからくる頭痛は現代病になりつつある病気の一種です。1番の原因は長時間のパソコン作業による姿勢のくずれと、それに伴い首の自然な曲がりがなくなってしまうストレートネックという症状にあります。ストレートネックは前かがみの姿勢によって首の骨が真っすぐになってしまい、頭を支えるポイントがずれてしまい頭痛が起きてしまう現象です。それを改善するためには、バスタオルを丸めたものを仰向けに寝た状態のときに首の下に入れるという方法です。

これを1日15分くらい行うだけで少しずつ首の自然な曲がりを戻していくことができ、血行をよくし肩こりや首凝りの改善につながります。私はこの方法で長年悩んでいた凝りによる頭痛が改善されています。すぐにピタッと症状がなくなるわけではありませんが、続けていくことで効果が現われてくるので今度も続けていって解消につなげていきたいと思っています。

しょこら
30代前半

A肩こりと頭痛

私は家でパソコンを使った在宅ワークをしているのですが少し無理をすると目から疲れが溜まり、肩こりや頭痛、めまいなどという症状がよく出てきます。あまり続けてパソコンの画面を見たり、同じ姿勢で作業していると疲れが溜まってくるので適度に休息を取り、パソコンから目を離す時間を取ったり、自分で肩や腰などをマッサージしています。マッサージしたり目を休める時間を取ったりすることで症状が少し緩和されてきている気がします。

また、肩こり改善のために入浴の際はゆっくり湯船につかって肩をマッサージするというのも効果がありました。その他には磁器ネックレスが肩こり改善に効果があるのでデスクワークの際にはおすすめです。私も磁器ネックレスを使い始めてから肩こりが楽になったように感じます。肩こりは様々な症状を起こす原因になるので早めの対処が肝心です。

ベリー
30後半

A肩甲骨を動かしてリフレッシュ

デスクワークでパソコンを使うことが多く、気づいたら半日パソコンとにらめっこの日々が続いていました。肩がこるなぁとは思っていたのですが、そのまま放置していたら頭も痛くなるように。仕事や家事をするのが辛くなったので何とかしなくてはと思ったときに頭に浮かんだのが「カーヴィーダンス」です。

以前ダイエットのためにやっていたのですが、やった日は体が軽くなったのを思い出し、肩こりにも効くかもしれないと再び始めてみました。ダンスと言ってもストレッチのようなものなので、すぐに覚えることができDVDを観なくてもできるので、仕事の合間にもやってみました。何日かすると頭痛はなくなり肩こりもマシになりました。肩こり&頭痛予防(おまけにダイエットのためにも!)ずっと続けようと思っています。

毎日のパソコン作業で肩がこり固まった女性

楽灸
40代後半

A姿勢の悪さが肩こりから来る頭痛の一番の原因でした。

デスクワークでは1日中パソコンとにらめっこ。そしてプライベートでは常にスマホのメールでコンタクトを取っていたせいで、前かがみになる姿勢の状態が増えてきました。それとともに肩のハリがひどくなり、さらには肩だけでなく背中や首、そして慢性的な頭痛に悩まされるようになりました。しかし大したことはないと鎮痛剤で痛みを緩和させ放置していたのです。ところが頭痛が気になり出してから数か月後、突然ひどい片頭痛に襲われたのです。

怖くなって病院で診てもらった結果、肩こりが原因による頭痛と診断され、あまり姿勢の悪い状態で長時間いることを避けるように忠告されました。そこでデスクワークやスマホをいじる時は、なるべく前かがみにならずに気が付けば姿勢を正すようにし、作業の合間に肩を回すなどの簡単なストレッチをするようにしました。また入浴はシャワーで済まさずに湯船に肩まで最低でも5分位つかるようにした結果、肩こりから来る頭痛も完治しました。今では鎮痛剤も飲む必要がなくなり、体調も良くなりました。

markn
36歳

A血行を良くする体操

パソコンなどで検索しているとついつい時間の経つのも忘れてしまいます。細かい作業をした後も肩こりに悩まされることもたびたびあります。肩こりがひどいと頭痛にもなるので、肩こりがひどくなる前に体を動かすようにしています。片腕を折り曲げてもう片方の肘をつかんだり、肩甲骨周辺を回すようにしています。

本当は適度な運動が一番良いのでしょうが、なかなか続きません。天気にも左右されるので、自宅で簡単にできる体操をしています。主にしているのはお風呂上りです。私はマッサージ機を持っていませんが、ゲルマニウムのボールがついた簡易のマッサージ棒を使って首や肩周辺を撫でます。これだけでも効果はあり、頭にも使えるのでゴリゴリと回して血行を良くしています。

菜の花
40歳

A肩周りのコリほぐし

私自身、偏頭痛もちのうえに肩こりからくる頭痛もたまにあります。少しでも頭痛を起こさないよう、ほぼ毎日肩周りの筋肉をほぐす体操をしています。

具体的には両手を上に、少しでも高くぐーっと持ち上げて15秒程度維持する、肘を曲げて前に回して、リュックを背負う時の両肩のような動きを1分くらい続ける、手のひらを前にして肘を90度に曲げて、体はひねらずに腕を左右に振る動きを1分くらい続ける、両腕を高く上げて前後に振り回す、など肩から肩甲骨の周りのコリ固まった筋肉をほぐす運動をし始めてから全くなくなったわけではありませんが頭痛が起きる頻度がだいぶ下がったように感じています。それぞれの運動をするときはいつも肩周りの筋肉を意識して、少しでもコリがほぐれるように心がけています。

肩のストレッチを欠かさない健康的な女性

タピルス
37歳

A肩周りのストレッチとセルフお灸で頭痛が改善

広告デザインという仕事柄、眼精疲労と肩こりには慢性的悩まされていますが、NHKの情報番組「試してガッテン」で紹介されていた筋膜のシワを伸ばすストレッチを始め、日頃から意識して肩甲骨周りを動かすようにしてから、以前より肩こりの具合が緩和したのか頭痛の頻度が減ってきました。それでも仕事が忙しくなりデスクワークの時間が長くなれば、ストレッチだけでは追いつかず、そういった場合は「せんねん灸」でセルフお灸をしています。夫が家にいるときは、肩や肩甲骨の内側にお灸をしてもらうと血行がよくなりコリがほぐれるので頭痛も徐々に緩和していきます。

一人の時は主に足裏の「元気が出るツボ」として有名な湧泉のツボにお灸をします。直接肩こりに効くわけではありませんが、デスクワークにより下半身の血行不良の改善に役立つツボのため体の緊張を緩め、ストレッチの効果を上げるためにお灸をしています。また、お灸に使われるもぐさの香りはアロマのように気を鎮めてくれるため、頭痛によってイライラしがちな気分を和らげるという点でも、お灸する時間を持つことは頭痛緩和に一役買っているのではないかと感じています。

たまこ
30代前半

Aカッピング整体で治った!

もともと肩こり、頭痛、とは無縁の生活を送っていました。しかし妊娠、出産をした直後から自分の体が別人のように冷え、何をしても体が温まらずしまいには肩こり、肩こりからの頭痛、めまい、イライラ、自律神経もおかしくなってきてしまい、どうしようかと思っていたところ紹介されて行ったカッピング整体に行ってみました。

身体中の悪い血を外に出し、血流をよくしてくれるというものでした。肩だけでなく内臓なども全体的に吸ってもらいました。そしたら背術後に身体中がポカポカ、そして目がぱぁーっと視界が明るくなったような感覚で肝心の肩こりもなくなり、顔色も赤みがさし体全体がとても暖かく体も内臓も元気になれました。定期的に通って肩こりとは無縁の生活です。

勇気地方
36歳

A初めて体操が効いた!

もう20年以上肩こりに悩まされてきました。それと共に頭痛もひどくて、あまりにもつらい時に脳神経外科でMRIまで撮ったのですが、脳には異常がないと言われました。結局頭痛の一番の原因は、肩や首からくるコリだった模様…。それ以来たくさんの体操などを試しましたが、「やらないよりはマシ」という程度で明確な頭痛の改善は得られませんでした。ある時、腰痛がひどくなり整形外科に行ったついでに、肩こりも激しいと伝えたところ、肩こりに効く体操を教えて貰いました。

タオルなどを両手で持って、腰まで下ろすという作業を10回繰り返します。首に効くのは、顎と首を後ろに引くという体操です。文章では伝えづらいのですが、この体操をしてからびっくりするほど、肩も首も楽になりました。そして解消とまでは呼べませんが、頭痛も以前に比べるとかなり改善されました。病院に行ってみるのも良いものだぁと実感しました。

夫に肩をもんでもらうキャリアウーマン

mi10
30代前半

A首もとマッサージで頭痛改善

残業が多く、作業はほとんどデスクワーク。忙しい時は12時間以上パソコンとにらめっこになるときもあります。自然に肩に力が入ってしまい、ちょっと気を抜いたときに肩にコリを感じ、適度に体を動かしたり肩のマッサージを行いますが大した効果はありません。むしろ頭痛を引き起こします。肩が原因の頭痛というのは眼精疲労もすごく関係していると思い、私は痛みがひどい時はこめかみをマッサージすること、あと首もと(うなじ付近)を指圧するようにマッサージします。

状況によっては温かいタオルなどでうなじ付近を温めることもします。職場の冷暖房の影響で血流が悪くなっていることも原因のひとつだと思うので、まずは温めて血流をよくしてあげること、あと眼精疲労を和らげるために、1時間働いたら数分でもいいのでそっと目を閉じたりして目を休めます。そうすることで頭痛もだいぶ緩和します。また、足元を冷やさないことも、肩こりには重要だと思います。あとはパソコンとの距離。姿勢が悪かったり、パソコンとの距離が異様に近かったり、何気ないことで頭痛を引き起こしています。一度作業エリア(デスクなど)の見直しを行うのがいいのかもしれません。

えびふらい
40代

A簡単ストレッチで肩こり改善

体調がすぐれなかった時に、友人に誘われ整体に行きました。かなり肩が凝っているけれど頭痛などの症状は無いのかと聞かれ、よく吐き気や左側の首筋から頭にかけて痛みがあることを話すと、凝っているのが当たり前になってしまっていて肩こり自体に気付いていなかったんだろうと言われ、びっくりしました。肩こりを意識したことが全く無かったのでまさか頭痛と吐き気の原因になっていたとは・・・。

長時間同じ姿勢になってしまうデスクワークは、その姿勢自体が血行を阻害し、肩甲骨周辺の筋肉の動きまで悪くするので肩こりにつながるそうです。それからは血行と筋肉の動きを良くするために座ったままでも出来るストレッチを取り入れることにしました。ちょっとした時間に簡単なストレッチをするだけです。「痛気持ちいい~」と思える程度に肩甲骨周辺を伸ばしたり引き寄せたりするだけなので続けられますし、何より気持ちが良いので、リラックス効果も感じました。簡単なストレッチをすることで肩こりが改善され、頭痛や吐き気に悩まされることは無くなりました。

みんく
43歳

A私の肩こりとそれによる頭痛解消法

肩こりによる頭痛は、まず肩こりを治さなければと思いました。会社員時代は事務職で一日中下を向いたりすることが多く、それで30分から1時間に1回は立って肩をぐるぐる回したり、首を回したりしました。家に戻ってからは、ぬるめのお風呂にゆっくり入って、炭酸ガス入りの入浴剤を使用して肩を温めるようにしました。お風呂から上がってしばらくする冬は冷えてくるのでレンジで温める肩パッドを使いました。

主人に肩をマッサージしてもらったり、いない時は購入した電動マッサージ機を使用しました。頭痛は肩こりと、体の緊張状態が原因だと考えて、プライベートはなるべくリラックスするようにしました。好きな香りは癒し効果があると思いますので、柑橘系の香りをお部屋に焚くようにしました。あまりに頭痛がひどい時は薬に頼りましたが、DHCのサプリメントビタミンEを飲んだりしました。

軽いウォーキングをしている健康的な女性

ホワイト
40代前半

Aセオリー通り・・・かな

昔から頭痛持ちで、高校生の時は片頭痛に悩まされました。この時は、多分視力の低下が原因だったと思います。メガネを使い始めてからいつの間にか症状はなくなりました。その後、社会人になり、パソコンを使うようになってから、時々頭痛に悩まされることが出てきました。この頃からは、自分でこめかみや首のマッサージを行なう他に、肩甲骨の隙間にペンシル型のハンディーマッサージ器を押し当てるようにしてマッサージを行ない、肩こりをほぐして頭痛を解消しています。

このマッサージ器、1000円位する全長10cmくらいの小型のものなのですが、ツボに押し当てて使うととても心地よく、重宝しています。これを肩甲骨に押し当てる時は、床にこれを立てて、この上に肩甲骨の隙間を押し当てるようにして、マッサージをします。二人でやるなら、片方がうつ伏せになり、もう片方がマッサージ器を背中に押し当てるのも良いかもしれません。

りりか
30代

A軽いウォーキング

中学生ころから慢性的な肩こりに悩まされています。自分でもコリがひどいのがわかっていますし、美容室でマッサージを受ける際にも美容師さんから本当にびっくりされるほどこっています。頻繁に頭痛がおき、特に午後になると毎日と言っていいほど調子が悪かったです。しかし、薬ばかりに頼るのは良くないと思ったので毎日できるだけ10分程度腕を振ってウォーキングをしました。

雨の日などできないときは部屋の中ででも腕を歩いているときと同じように振るということをしました。肩の血行を良くしてコリをほぐそうとしました。結果、割と調子よい毎日が続いたりするので、やはり軽く運動をし体をほぐすことが大事ではないかと思います。腕を振るだけならどなたでもできますし、お手軽な方法です。

ピーチ姫
30代後半

A肩凝りからくる頭痛を改善するためにしたこと

私は、マッサージクッションを使って、ひどく凝っている部分を集中的にマッサージします。そして足裏のツボを押したり、こめかみを指圧して耳全体をマッサージすると、かなり楽になります。軽い頭痛だったら、ウォーキングなどの軽い運動で痛みが軽減されることもあります。あとは、カイロを低温やけどしないように、首筋にスカーフでまいてあてて、温めておくと血流がよくなるのか頭痛の回数も減りました。

サプリメントでは、ビタミンEには血流をよくする効果があるのぇ、サプリメントを時々飲んだり、ビタミンEが豊富に含まれているアーモンドも積極的にとるようにこころがけています。また、自分なりに頭痛のくるタイミングがわかってくると思うので、頭痛がきそうだなぁと思ったら、わざとゆっくり行動するようにすると、収まります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク