重曹歯磨き/うがいの方法に関する記事

【重曹歯磨き/うがいの方法と効果】危険?歯は白くなる?

【重曹歯磨き/うがいの方法と効果】危険?歯は白くなる?

重曹歯磨きにはホワイトニング効果や口臭を防ぐ効果などがあります。正しいやり方で口内環境を綺麗に保ちましょう。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  【重曹歯磨き/うがいの方法と効果】危険?歯は白くなる?

重曹を歯磨きにも!お口の中をきれいに保とう

料理に掃除、洗濯、さらにはお風呂にまで、様々なシチュエーションで活用できる魔法の粉、重曹。最近ではこの重曹を歯磨きにも使用している人が多くいます。しかし、重曹歯磨きは、正しく行わないと悪影響を及ぼしてしまう可能性があるため、正しい方法で行うことが大切です。歯をキレイにするために行ったことが、反対に歯に悪影響となってしまうことがないように、正しく重曹を活用していきましょう。

重曹で歯を磨いて大丈夫??危険性はないの??

何故、重曹で歯を磨くのが良いのかというと、虫歯を防いでくれる効果があるからです。虫歯は、私たちが摂取した「糖」をもとに虫歯を作ります。糖を分解して酸を作り出し、歯を溶かしてしまうのです。
しかし、重曹はアルカリ性であるため、酸性に傾いた口の中を中和させてくれるため、酸によって歯が溶かされてしまう(虫歯になる)のを防ぐことができるのです。

また、重曹歯磨きには、歯を白くするホワイトニング効果があると言われています。重曹は掃除にも使用されていますが、研磨作用があります。重曹の種類によって粒子の粗さが異なりますが、キメの細かな食用の重曹を使用すれば、歯に負担をけずに歯の表面について汚れを除去することができるでしょう。
ホワイトニングは従来、自力で行うのは難しく、歯医者さんで行う人も多かったと思います。重曹ならば手軽に取り入れられますね!

重曹歯磨きで注意すべき主な2つのポイント

・強く磨き過ぎない
重曹は掃除でも活躍しているように非常に研磨力の強い粉末です。一般的に市販されている歯磨き粉の多くに、ごく少量ですが研磨剤が含まれています。重曹や研磨剤によって、歯面の汚れを除去する効果を高めること自体は悪くないと言えますが、さらに力を加えすぎてしまうと、歯の表面を傷つけてしまう恐れがあるでしょう。

重曹は歯磨き粉よりも強い研磨作用を持っています。強く磨かれることにより、歯のエナメル質が傷つき、冷たいものが歯に染みる「知覚過敏」という症状を引き起こしたり、エナメル質が剥がれることで象牙質という歯の組織が剥き出しになり、歯が黄ばんで見えるようになってしまったりします。エナメル質は一度傷ついてしまうと元には戻せないため、重曹など使用する研磨剤の量や種類を考慮することも大切ですが、磨く際の力加減にも注意してブラッシングを行うことが大切でしょう。

重曹を歯磨きに使うポイント

・毎日行わないこと
重曹の正式名称は「炭酸水素ナトリウム」(NaHCO3)といって、ナトリウムつまり塩です。重曹を舐めてみると少ししょっぱいと思います。塩ですから当然、毎日のように重曹歯磨きを行ってしまうと、塩分過多になってしまう可能性があるでしょう。

特に腎臓病の方など塩分摂取を制限されている方やご高齢の方、小さいお子さんは特に気をつけてください。
毎日ではなく週に1~2回、少量をつけて磨く程度が良いとされています。

重曹歯磨きのやり方

重曹歯磨きは正しいやり方で行う必要があります。重曹だけを使った方法と、重曹と植物性グリセリンを混ぜ合わせる方法の2種類をご紹介します。

重曹のみを使った歯磨きの方法

【材料】

重曹、水

【やり方】

  1. まず、歯磨き粉を作ります。重曹大さじ1杯を容器に入れ、水を数滴垂らしよくかき混ぜます。

市販の歯磨き粉くらいの粘り気になったらOKです。

  1. 歯磨き粉を指ですくって取り、歯に塗ってなじませます。
  2. そのまま10分ほど置きます。
  3. 力を入れずに、恐る恐る触れるぐらいに優しく磨きます。
  4. 最後に口をゆすぎます。重曹が残らないよう、丁寧にゆすぎましょう。

ブラッシングで使用する歯ブラシは、なるべく柔らかい毛のものを使うと良いでしょう。

重曹+植物性グリセリンで歯磨きする方法

【材料】

重曹、植物性グリセリン、ミントなどのエッセンス(お好みで)

【やり方】

  1. まず歯磨き粉を作ります。重曹と植物性グリセリンを2:1の割合でよく混ぜ合わせます。お好みでミントなどのエッセンスを加えることで市販の歯磨き粉のような味になります。
  2. 磨き方2から5までは重曹のみを使った歯磨きと同じ手順です。

植物性グリセリンとは?

「グリセリン」は保湿剤として広く活用されていますから、ご存知の方も多いかと思います。軟膏や基礎化粧品などに使われています。
植物性グリセリンとは、ヤシ油などにも含まれている成分なので、知らないうちに摂取している成分と言えるでしょう。アルコールの一種で毒性がほとんどないとされていますが、口に入れる場合には食用のものを必ず使用する必要があります。

植物性グリセリン

重曹歯磨きの効果とは?

正しく磨けば、重曹歯磨きには次のような効果が期待できます!

・虫歯予防
・茶渋やヤニといったステインが落ち、歯がツルツルになり白くなる。
・歯茎や舌の汚れが取れる。
・口臭予防。

歯磨きに使用する重曹の種類は?

重曹の種類は大きく分けて3つに分類されます。それぞれに特徴があります。

食用の重曹

粒子が細かく、主に生地を膨らませる膨らし粉(ベーキングパウダー)の原料として使われています。
ベーキングソーダやタンサンなどと呼ばれ、売られています。料理に使う一般的な重曹といえば、この重曹になります。

薬用の重曹

3種類の中でもっとも純度が高く、粒子が細かい重曹です。価格も高め。胃酸過多や胃潰瘍の酸が出過ぎている症状を中和するのに効果があり、主に胃腸薬として用いられています。

工業用の重曹

最も低コストで手に入る重曹で、粒子のキメは粗く、ダマになりやすい特徴を持っています。
主に掃除や洗濯に用いるのに適しています。

口の中に入れても安全な重曹の種類は??

口の中に入れても安全なのは食用と薬用になります。小さなお子さんや妊婦さんなどが口にしても安心安全です。工業用の重曹は口に入れるものとして適していませんので、重曹歯磨きを行う時には必ず、食用か薬用の重曹を使うようにしてくださいね。

改めて確認しよう!正しい歯の磨き方3つのポイント

歯ブラシの持ち方

歯ブラシはしっかり握ってしまう人も多いのですが、力を入れすぎてしまうことがないように、ペンを持つようにして持ちます(ペングリップ)。手のひら全体で歯ブラシを持つ(パームグリップ)という持ち方もありますが、力が入りやすいため、磨く時に力が入りすぎてしまう人はペンを持つような持ち方(ペングリップ)がおすすめです。

力いっぱい磨けば汚れが落ちるというわけではありません。ゴシゴシと力を入れて磨いてしまっている人は、持ち方を変えるだけでも大きく違ってくると言えるでしょう。

歯ブラシの当て方

歯ブラシの面を、歯に垂直に当てるようなイメージで、しっかりと毛先を歯に当てることが大切です。なんとなく磨いている人も多いですから、改めて歯ブラシをどのように当てているのかを確認してみてください。毛先が当たっていなければ、効果的に汚れを除去することができません。

歯磨きを正しくあてる

歯ブラシは細かく動かす

歯ブラシを動かす際は、細かくやさしく行うことが大切です。大きく動かしてしまうと、磨けている面にムラができてしまう可能性があるでしょう。磨き残しがないようにするためには、歯ブラシを細かく動かし、歯を1本1本磨き上げていくようなイメージで行うことが大切です。

重曹うがいも併用しよう!

重曹を使った歯磨きをしない日は、重曹うがいだけ行うというのもいいでしょう。重曹うがいとは重曹水でうがいをすることです。
重曹うがいは、特に口臭予防には効果絶大と言われています。飲食をすることで口腔内は酸性になります。重曹を使ってうがいをすることで、アルカリ性の性質を持つ重曹が、口の中を中性に近付けてくれるのです。重曹水で口の中を中性に保ち、歯垢がつきにくい口内環境を作っておくことで、虫歯予防・歯周病予防にも役立てることができるでしょう。

重曹うがいのやり方

重曹うがいの方法はとっても簡単なので、手軽に取り入れられますね!

重曹うがいの方法

【材料】
重曹 水

【やり方】

  1. 100CCの水に小さじ半分の重曹を入れ重曹水を作る
  2.   
  3. 30秒程度うがいをする

重曹うがいの注意点、危険性は?

口内環境を整えてくれるとはいえ、1日に何度も重曹うがいをするのはNGです。重曹はアルカリ性という性質ゆえ、たんぱく質を分解し、口の中の粘膜を溶かす作用があります。効果を高めるために重曹の量を多くして濃度を濃くしたり、1日に何度も連続してうがいを行えば、刺激が強すぎて口の中を傷つけてしまう可能性があります。

決められた分量を守り、1日に1回までと決めるなどして上手に口内環境を良くしていきましょう。

気になる症状がある場合は歯科の受診を。

歯が痛い、歯がしみるといった症状がある場合には、早めに歯医者さんを受診しましょう。虫歯や歯周病は進行すると、自然に治ることはありません。重曹でケアしても、進行した病気は治癒させることができないのです。妊婦さんは歯周病になりやすいので、特に注意が必要です。
症状が現れてからケアを頑張る人も少なくないようですが、症状が現れた段階ならば一度歯科を受診して、病気の有無や進行について確認することが必要でしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク