クーラー病の症状とはに関する記事

クーラー病の症状の吐き気・頭痛は夏バテ・冷え性と違う?

クーラー病の症状の吐き気・頭痛は夏バテ・冷え性と違う?

クーラー病の症状は、手足の冷えや頭痛など自律神経系の症状が主です。クーラー病の対処法と予防策を解説します。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  クーラー病の症状の吐き気・頭痛は夏バテ・冷え性と違う?

クーラー病の頭痛以外に症状って「めまい」や「吐き気」の他にはないの…?

近年、現代病のひとつとして、よく見聞きするのが「クーラー病」です。冷房病とも言われたりしています。

クーラーは、日本の夏の、暑くてジメジメした気候には、なくてはならないものですよね。ここ数年の夏は、35℃を超える猛暑日が連日のように、続いてしまう地域があったりします。熱中症にならないためにも、クーラーを適度に使うことが勧められています。

しかし、この便利なクーラーですか、使い方を間違えると、自律神経の乱れを起こす「クーラー病」の原因となってしまいます。体の体温調整機能が乱れてしまいやすかったりする女性は特に、このクーラー病には注意が必要です。一体、クーラー病とは、どんな症状をいうのでしょうか?

本格的な夏を目の前にして、今回は、クーラー病の症状や、夏バテとの症状の違い、クーラー病にならないための予防策など、盛りだくさんでお伝えします!

クーラー病の症状について

クーラー病の女性のイラスト

クーラー病とは、その名の通り、クーラーが原因で起こる体調不良のことを言います。
夏場、外は日差しがガンガン照り付け、とても蒸し暑い状態になっています。そんな夏を快適に過ごすため、室内はクーラーを利かせて、涼しくしますよね。暑い外から、クーラーの利いた室内に入ってきて、思わず「さむっ」と感じたことはありませんか?そうです、この寒暖差が、クーラー病の原因となってしまいます。

例えば、暑い日に、電車を使ってショッピングモールに行ったとします。自宅から電車に乗るまでは猛暑、電車に乗ると涼しい空間にホッとします。汗が引いてちょっと寒く感じ始めた頃に目的地の駅に到着、最寄駅からショッピングモールまでは、また灼熱の暑さの中を歩いていきます。そして、モールに着くと、数時間クーラーのよく効いた空間に身を置くわけです。往路だけでも、すでに何度も寒暖差に身をさらしていますよね。

このように、暑い場所とクーラーの利いた快適な空間を行き来すると、その極端な温度変化に、身体はついていくことができず、うまく体温調整ができなくなってしまいます。これが、クーラー病の原因です。

クーラー病になってしまうと、身体の体温調整機能を司る、自律神経に乱れが起こり、手足が冷えるなどの様々な症状が出てしまいます。

クーラー病の主な症状

手足の冷え、寒気

エアコンが利いた部屋にいると特に手足が冷たくなります。慢性化すると、手足だけではなく、足全体、腕、腰、首や背中と、冷えを感じる部分が広がっていき、エアコンをつけていなくても手足に冷えを感じるようになる。

めまい、頭痛

熱射病の症状でもある「めまい」が、エアコンが利いた部屋でも起こる場合があります。自律神経のバランスが崩れることで、交感神経優位な状態が続くと、血管収縮状態が続き、脳への血流量が減り、めまいを感じます。その後、極端な血管膨張作用により、脳の血管が膨らみ神経を圧迫して、頭痛を感じるようになり、めまいと頭痛を繰り返すようになる。

食欲不振、腹痛、吐き気

直接的な腹部の冷えと、だるさや身体の抵抗力の低下、また水分の摂り過ぎにより消化機能が低下することで、食欲不振になりやすい。慢性化すると胃の働きが弱り吐き気を覚え、さらに食欲不振になるという悪循環に陥りやすい。

体のだるさ

食欲不振や血行不良、汗をかかない・かけないことによる乳酸やアンモニアなどの疲労物質が体内にたまることで、体がだるいと感じるようになる。

冷たい汗がでる

自律神経失調症の特徴的な症状であり、エアコンが利いて暑いと感じていない状態で、特に緊張するような場面でもないのに、汗をかくようになる。

微熱が続く

自律神経が乱れ、交感神経優位な状態が続くと、白血球の中の顆粒球が増えると熱を発生することから、微熱が続く場合がある。

生理不順、月経不順

自律神経の乱れはホルモンバランスの乱れにも繋がり、また体の冷えにより、女性の場合は生理不順になる場合がある。

クーラー病と夏バテの違いって何だろう

食欲不振の女性のイラスト

夏場の体調不良としてもっとも代表的なのが、夏バテです。暑さのせいで、だるさや食欲不振などの症状が出ますよね。毎年夏場は、夏バテでしんどいという方も多いでしょう。

この夏バテと、クーラー病って、夏場の体調不良という点では、どちらも似ているのですが、一体どう違うのでしょうか?

両方とも、暑さのせいで、体温調整機能がうまく働かなくなっているという点では共通しています。
夏バテとは、気温や湿度が高いことが原因で、汗をかいても十分に熱を放出できなくなる状態を言います。熱の放出がうまくできないと、身体に熱がこもってしまって、そのせいで、だるさが出たり、やる気や食欲が失せたりということが起こったりします。程度の差こそあれ、暑い地域にお住まいになられている方は、経験された事があるのではないでしょうか?

それに対して、クーラー病は、冷やしすぎて体温調整がしにくくなっている状態とも言えます。暑いと汗をかいて熱を放出しなければならないのに、その汗自体をかけなくなっている状態にあります。完全に、自律神経が乱れてしまっている事を考えられますよね。人間は汗によって体温を調整しますが、常にエアコンが利いた部屋にいることで、汗腺の働きが弱ってしまい、汗が出にくい体質になってしまうこともあります。

冷やしすぎで引き起こされるので、クーラー病の初期には「手足が冷える」症状が出ます。夏バテはのぼせている状態と考えれば、違いがわかりやすくなるかもしれません。

クーラー病と冷え性の違いって何だろう

冷え性の女性のイラスト

クーラー病は、外の気温に逆行して、身体を冷やしすぎていることが原因で起こります。では、女性に多い「冷え性」との違いは、何なのでしょうか?

ものすごく極端に言えば、クーラー病が一時的なものであるとしたら、冷え性は慢性的に症状が続いてしまうとでも言えましょうか。クーラー病は、夏場特有の体調不良であり、クーラーで身体を冷やしすぎて、外の気温との差に身体がついていけなくなる状態のことを言います。

それに対して冷え性は、身体は寒さを感じていないのに、慢性的に手や足などの末端部分が冷えていることを言います。冷えの原因は様々ありますが、遺伝的に冷え性の気質があったり、筋肉量が少なために体内で熱が発生し難い、など体質的なものも関わったりしています。女性の方が子宮などの内蔵を守るために男性に比べて、皮下脂肪が多いというのも、身体が暖まりにくく冷えに繋がりやすいとされています。また、女性ホルモンの影響で冷えやすくなっている場合もあるので、女性は特に冷え性になりやすいと言われています。

クーラー病の発症に性差はそれほどありませんが、冷え性の場合には圧倒的に女性が多くなってしまいます。

クーラー病への対処法について

夏バテも、冷え性も、クーラー病も、身体の調整機能の問題ですから、予防や対処には、生活を見直し整えてあげる必要があります。
ここでは、クーラー病の対処法についてお伝えします!とはいえ、冷え性や夏バテ対策とも通じる部分もあるので、今年の夏を元気に過ごすため、気をつけるべきことを勉強しておきましょう。

乱れてしまった自律神経を整えよう!

日傘をさして室外にいる女性

クーラー病は、真夏の外気温が高いのにもかかわらず、室内をクーラーでガンガン冷やすことによって、その大きな温度差に身体がうまく適応できなくなる事によって起こります。蒸し暑い外と涼しい室内を頻繁に行き来すると、自律神経の働きが乱れ、体温調整がうまくできなくなってしまいます。

クーラー病の対処法も、予防策も、基本的に考え方は同じです。乱れた自律神経を整えてあげることで、クーラー病の症状の改善につながりますし、クーラー病になりにくい体質を作ることができます。

栄養のある食事を摂って、体に熱の素を取り入れる

暑いからといって、冷たいものを摂りすぎてはいませんか?氷の入った飲み物は、暑い夏にはお勧めしたい飲み物で、すぐに身体を冷やす効果はありますが、逆に冷やしすぎてしまう場合もあります

生姜と紅茶

身体を過度に冷やしてしまわないように、毎日の食事や飲み物にも気をつけておきましょう。
生野菜のサラダは、ヘルシーで女性が好む食べ物ですが、トマトやキュウリなどの夏野菜は、実は身体の熱を発散させる食べ物ですので、食べ過ぎはよくありません。南国の食べ物も、基本的には身体を冷やす食べ物ですので、パイナップルやマンゴーなども摂りすぎないようにしましょう。三食でバランスを考えて、体を冷やす食材と、体を暖める食材を食事に取り入れたり、一食の中で食材の組み合わせを考えたりすることで、食事による過剰な身体の冷えを防ぐことができます。

コーヒーよりも、身体を温める紅茶を選びましょう。生姜紅茶は冷え対策には最強の飲み物です。生姜チューブを使えば、すり下ろさずとも簡単に取り入れることができますね。夏場の水分補給は熱中症予防には欠かせませんが、常に氷でキンキンに冷えた飲み物を飲むのではなく、常温の飲み物を用意しておいて、意識して身体を中から冷やし過ぎないようにしましょう。

身体を温める食べ物

  • かぼちゃ・にんじん・ごぼう・たまねぎなどの根菜類
  • 紅茶・中国茶・ほうじ茶(茶色の葉のお茶)
  • 生姜・香辛料などの薬味
  • 全粒粉パン、玄米など精製前の食品
出来るだけ規則正しい生活を送ろう
寝ている女性

睡眠不足だと、自律神経も乱れやすくなってしまいます。ただでさえ、暑さで体力を消耗しがちな夏場です。イベントごとが多くて、気分も高まりがちですが、体調管理も含めて、睡眠時間はしっかりと確保するようにしましょう。深い眠りによって、身体はリラックスできる副交感神経が優位な状態になります。起きている時の覚醒した交感神経が優位な状態と、睡眠時の副交感神経が優位な状態が繰り返されることで、自律神経は正常なバランスで働き、寝ている時の体温調整も正常に行われます。自律神経が乱れることで、睡眠不足に陥るという、悪循環になってしまうので、質の高い睡眠がとても大切です。

毎日歩く時間を少しでも多くしよう

自律神経の働きをよくするには、運動が効果的だと言われています。真夏にランニングというのも初心者には、ハードルが高かったりしますので、ウォーキングで歩く時間を増やしてみましょう。しかし、日中歩く場合には、熱中症に十分注意をしましょう。できれば、朝方や夕方の涼しい時間がおすすめです。

暑い季節だけど、シャワーだけでなくて、お風呂に入る日も作ろう
半身浴をしている女性のイラスト

冷えた身体を温めてあげることは、とても有効です。暑いとどうしてもシャワーだけで入浴を済ませがちですが、定期的に湯船に浸かる日も作りましょう。時間のある休みの日でも良いですし、仕事中に冷えが気になる場合は、帰宅してから、湯船にゆっくり浸かる事をお勧めします。

38度くらいの少し低めの温度で、20〜40分ほど入浴、または半身浴をすると、身体の芯までよく温まると言われています。汗腺が弱っている人も、お風呂に入ることで、身体の中から温まり、汗をかきやすい身体になることができます。

クーラーをつける時には工夫しよう

クーラーが利いた室内空間は、涼しくて気持ちの良いものです。どんなに暑いところにいたとしても、中に入ると、さっと汗が引いていきますよね。でも、その涼しい空間が、誰にでも快適な温度なのでしょうか?

例えばオフィス。クーラーが常に利いている室内で仕事をしている場合、一日中その空間にいると、だんだん寒くなってきますよね。デスクの場所次第では、冷風が直接当たってしまって、体の熱はどんどん奪われてしまいます。

こんな風に、日常的にクーラーの利いた室内で過ごす人は、それだけクーラー病になりやすい環境にいると考えた方が良いでしょう!そんな方は、クーラー病にならないために、室内での過ごし方をうまく工夫することが大切です。

カーディガンなどを一枚羽織る
カーディガンを着ている女性のイラスト

オフィス内で長時間働いている女性は、クーラー病対策のためカーディガンを常備しておきましょう!室内がちょうど良い温度だと思っていても、真夏の外の気温を考慮すれば、やはりオフィスや仕事場などの公共の場所の気温はかなり低く設定されていたりします。外と中の体感気温の差を少しでも小さくするためには、体温を下げ過ぎないために一枚羽織っておくことをお勧めします。

スーパーやショッピングモールなども同じことが言えますね。外にいた時の汗が引いたら、何か一枚羽織っておきましょう。特にスーパーは、生鮮食品コーナーがあります。そこには、さらに冷たい冷蔵庫や冷凍庫がありますから、夏場のスーパーは、女性には寒すぎると思っておいたほうが良いでしょう。

その日の服装にあった、スカーフで首元を温める

真夏なのに、長袖や七分袖を着るのはなんだか暑苦しい!と思われるなら、首もとをスカーフで温めるだけでも効果があります。冷えには3つの首を温めると良いというように、首・足首・手首を温めると、効率よく全身を温めることができます。ファッションの一つとして、エレガントなスカーフを取り入れてみましょう。冷え対策とワンランク上のおしゃれが叶いますよ!

おしゃれな腹巻を身に着けて、冷えたお腹を温める
可愛い腹巻のイラスト

最近は「女性に冷えは大敵だ」ということがやっと認識されつつあり、おしゃれな下着屋さんにも、女性向けの可愛い色や柄の腹巻がよく見られるようになりました。冬場には、可愛い腹巻や毛糸のオーバパンツが並んでいますよね。それだけ、若い女性の意識も変わってきているのです。

夏場でも、クーラー対策グッズとして、薄めの腹巻が売られています。薄手のものなら、夏の薄着にもあまり響くことなく使えるでしょう。キャミやタンクの下に、こっそり忍ばせて身体を芯から温めましょう!普段、キャミやタンクを着る習慣がない女性は、まずこれらを着るようにしてみるだけでも、かなり違いを感じることができますよ。

お気に入りのひざかけで、足元を温める

可愛い色柄のひざ掛けは、冬の時期の寒さを乗り切るためのマストアイテムになりましたよね。OLさんはもちろん、流行に敏感な女子高生も学校用に可愛いひざ掛けを用意しています。

夏場のクーラーが利いたところでも、同じようにひざ掛けを用意してみましょう。夏場ならば、軽いタオルケットのようなものでも十分でしょう。常に持ち歩いていれば、ちょっとクーラーが効きすぎだなと感じる時に、サッと足元を温めることができます。このように、こまめに体温調整をしてあげることで、クーラー病から身を守ることができるのです!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ