トランス脂肪酸とマーガリンに関する記事

トランス脂肪酸とは…マーガリンが嫌われる理由&食の安全

トランス脂肪酸とは…マーガリンが嫌われる理由&食の安全

トランス脂肪酸はマーガリン等の食品に多く含まれる油脂の成分。海外で厳しく規制されるトランス脂肪酸についてわかりやすくご紹介

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  トランス脂肪酸とは…マーガリンが嫌われる理由&食の安全

【トランス脂肪酸とマーガリン】何故マーガリンは嫌われる?

最近よく耳にするトランス脂肪酸。特に子供を持つママにとっては気になってしまうワードです。トランス脂肪酸は、私たちがよく使うマーガリンにも多く含まれていますが、トランス脂肪酸を多く食べることでどのような影響があるのでしょうか。?

アメリカ食品医薬品局では2018年以内に食品への添加を廃止すると発表したトランス脂肪酸。このようなニュースを見ると、否が応でも「体に悪いんだろう」というイメージが定着してしまいますが…。ここでは「トランス脂肪酸」についての説明や体に与える影響とマーガリンをはじめとするトランス脂肪酸が多く含まれている食品についてご紹介します。

トランス脂肪酸とは…ざっくりいうと「油脂」の成分

トランス脂肪酸とは、トランス型不和脂肪酸とも呼ばれ油脂を形成する分子の一種の形態を指します。油脂は「グリセリン」と「脂肪酸」という分子から形成されるのですが、そのうちの脂肪酸はさらに飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。そして、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いは分子を形成する炭素の繋がり方の違い。もう既にややこしいですが、これで精一杯分かりやすく説明しております。

シス型不和脂肪酸のひとつオレイン酸が豊富なオリーブオイル

さらにトランス脂肪酸とはその不飽和脂肪酸のうちの分子の「形」の違いを指す言葉。天然の不飽和脂肪酸には、「オメガ3」に分類され青魚に多く含まれる「ドコサヘキサエン酸」や「オメガ9」に分類されるオリーブオイルなどに多く含まれる「オレイン酸」などがあります。どれも聞いたことがある、体に良いとされる油分ですよね。

しかし、天然の不飽和脂肪酸の多くはとても不安定な物質。酸化や加熱等の影響ですぐ、より安定した形の別の物質(より安定したトランス型不飽和脂肪酸)に変わってしまうのです。
つまり、シス型不飽和脂肪酸(多くの天然の不飽和脂肪酸)にはその数と繋がり方に応じて、多くの種類の「トランス型不飽和脂肪酸」も存在してしまいます。

また、常温で液体の油を常温で固体の状態のショートニングやマーガリン等にするには、水素添加という人工的な工程が必要です。この水素添加により、トランス脂肪酸が多く形成されてしまうのです。さらに植物油を高温・高圧で処理するのも、トランス脂肪酸を多く作り出してしまいます。
天然にも牛や羊の胃の中の微生物の働きで微量のトランス脂肪酸は存在するのですが、ざっくりいうとその多くは人工的に植物油を加工したときに出来る物質、というわけです。

かわいいうしですが胃の微生物が天然のトランス脂肪酸である共益リノール酸を作る

人工的な油脂の成分トランス脂肪酸の問題点

トランス脂肪酸などの多いマーガリン等の食品が問題視されているのは、トランス型の不和脂肪酸を多量に摂取することで悪玉コレステロールが増えることが報告されています。そのため動脈硬化による心疾患など様々な病気のリスクが高まるとされているからです。

トランス脂肪酸による健康への悪影響

具体的にはどのような病気にかかってしまうのでしょうか。トランス脂肪酸の取りすぎで引き起こされる主な健康被害は4つあります。

  • 肥満の原因になる
  • 心筋梗塞や狭心症など心臓の病気を引き起こす
  • 子宮内膜症や不妊の原因となる
  • 子供のアレルギーやアトピー

トランス脂肪酸のリスク

トランス脂肪酸をめぐる動き

肥満や心疾患が深刻なアメリカでは、食品に含まれるトランス脂肪酸の含有量の表示が義務付けられており摂取量もだいぶ減ってきました。2018年にはトランス脂肪酸を発生させる油脂を食品に使うことは原則禁止となります。

しかし、日本においては全体のトランス脂肪酸の摂取量がWHOの定めた基準より少ないこともあり、規制や表示の義務化などは現在のところ行われていません。ただし、体に悪いという認識が広がってきたため自主的にトランス脂肪酸の少ない油へ切り替える飲食店産業等もあります。
日本人の摂取量が少ないとはいえ、食生活によっては多く摂取してしまっているケースも多くあるトランス脂肪酸。トランス脂肪酸についての知識を身につけ自分で確認するのは大事なことなのです。

トランス脂肪酸が多く含まれる主な食品

食べる時に注意したいトランス脂肪酸が多く含まれる食品をまとめました。

お菓子やケーキに使われるショートニング

ショートニングとは主に植物油脂を原料とするラードの代用品。ショートニング自体は無味ですが、食べ物のサクサク感を出したり、食感を良くするために様々な料理やクッキー、ケーキといったお菓子に使われています。ショートニングに含まれるトランス脂肪酸はかなり多く、加工品のお菓子が好きな人はトランス脂肪酸摂取量に気を配る必要がありそうです。

マーガリンやファットスプレッド

トランス脂肪酸の代名詞のように言われることも多いマーガリンですが、マーガリンやファットスプレッドに含まれるトランス脂肪酸はバターと比較してもやはり多めです。

ファットスプレッドとはマーガリンの一種でパンに塗るチョコレートクリームなどに使われています。マーガリンもファットスプレッドもパンに直接塗って食べるのでトランス脂肪酸摂取量も多くなりがちと考えられるため、パンにマーガリンやクリームを塗って食べる人は食品表示をチェックしてみましょう。

外食での揚げ物

植物性油を高温で処理することによっても発生するトランス脂肪酸。外食で食べる油で揚げた商品にもトランス脂肪酸が含まれています。例えば大量の油で揚げて作るてんぷらやフライドポテトやドーナツのトランス脂肪酸量も注意したいところ。最近ではトランス脂肪酸が発生しにくい油を使用している外食産業もありますが、食感や保存性を良くするために揚げ油にショートニングを混ぜて使う店もあるようです。

油を使った冷凍食品

お弁当などに手軽に使える冷凍食品にもトランス脂肪酸が含まれています。例えばレンジでチンするだけのから揚げやコロッケなど植物性油を使った商品には多く含まれています。子供も大好きな冷凍ピザにもトランス脂肪酸が含まれているので要注意です。

人気のポップコーンも含有率は高い!

トランス脂肪酸はマーガリンやポップコーンなどに多く含まれる

原料がトウモロコシのポップコーン、これも意外とトランス脂肪酸含有量は多く要注意の食べ物です。ポップコーンを作るときや味付けするときに多量の植物油が使われているためですが、特に自宅で作るタイプのポップコーンはトランス脂肪酸含有量が高いとされています。

食の安全のためトランス脂肪酸の摂取量を減らすには

健康の為になるべく摂取量を減らしたいトランス脂肪酸。しかし、家庭でも外食産業でも食品加工にも広く使われる植物性油脂を完全に避ける訳にはいきません。少しでもトランス脂肪酸の摂取量を減らすためには、どんなことに気を付けたらよいのでしょうか。簡単にできる方法をご紹介します。

ショートニングやマーガリンの摂取量を減らす

高い直接パンに塗ったりして使うため、どうしてもトランス脂肪酸摂取量が多くなりがちなマーガリンの摂取量を減らすのが手っ取り早い方法です。食パンを食べる時に塗るマーガリンをバターに代える、また、トランス脂肪酸含有量はマーガリンに並んで多いショートニングも、多く使われているクッキーやパイ、ケーキを控えるなど食生活を見直してみましょう。

これらの油脂類は、子供が好きな加工のお菓子にも意外と使われていることが多いので食品表示を確認してみることをおすすめします。

食品表示の見方

材料に「ショートニング」「マーガリン」「植物油」と書いてあったらトランス脂肪酸が含まれる可能性大です。

外食での揚げ物を控える

熱した植物油を大量に使用するドーナツなど揚げ物はトランス脂肪酸が多い

とんかつやフライドポテト、ドーナツといった揚げ物を控えるのもトランス脂肪酸の摂取量を減らすのに効果的です。揚げ物はサクサクしておいしいですが、トランス脂肪酸も多くカロリーが高いので肥満の元。時々楽しむ位にしておきましょう。

植物油の種類に気を配る

植物性の油にもさまざまな原料、種類があります。流通している製品でもトランス脂肪酸量を削減した油を使っている場合も多くあります。植物油を生成する過程の高圧処理もトランス脂肪酸を作ってしまうとされているので、そういった高圧搾取していないか、酸化しにくい油、加熱処理に強い油など、特に普段の過熱調理に使う油も見直すと安心ですね。

この機会に食品表示を見直してみよう

トランス脂肪酸に限らず、食べているものに興味を持つことは健康を守ることにもつながります。家族を肥満や病気から守るためにも食品表示を見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク