子宮腺筋症~症状と治療法に関する記事

子宮腺筋症の症状や原因とピルなど治療法と手術のリスク

子宮腺筋症の症状や原因とピルなど治療法と手術のリスク

子宮腺筋症と診断された方に。子宮腺筋症とは何か、他の似ている病名や症状との違い、ピルを投与したり、ホルモン剤を投与する治療法、手術のリスクや費用、妊娠や出産は可能なのか、漢方薬とのかねあいについても紹介します。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  子宮腺筋症の症状や原因とピルなど治療法と手術のリスク

子宮腺筋症の症状や激痛の原因や病院での診断方法や手術の費用や妊娠などについて

月経痛の女性達

女性には切っても切れない悩みが月経痛ですが、毎月のように立っていられないほどの激痛に襲われてしまったり、経血の量が多すぎて貧血に困っている方はいませんか?そんなあなたはもしかしたら子宮腺筋症かもしれません。

ここでは子宮腺筋症とはどのような病気なのかを、症状や治療法、その費用などの面から詳しく説明していきます。読み進めていたら「もしかして、私も…」と、感じてしまった方は、是非婦人科を受診してみてくださいね。

病院を受診し、適切な治療を受けることで、これまで悩んでいた月経に対する不安までも解消できるかもしれませんよ。
毎月のように、痛い思いを経験していらっしゃる方は、悩みと痛みを解決するよい機会としてくださいね。

子宮腺筋症ってどういった特徴をもった病気なの?

子宮腺筋症以外にも、子宮に関わる病気には似たような名前の病気があって、やっぱり混同してしまいますよね。例えば、子宮筋腫や子宮内膜症などがあったりします。それらの子宮に関わる病気と比べると、子宮腺筋症はどういった特徴をもっているのかについて紹介します。

独立行政法人国立病院機構北海道医療センターによると、子宮腺筋症は大きく分類すれば、子宮内膜症の部類に含めることができるが、違いとしては子宮内膜症でみられる症状が子宮やお腹ではなくて、子宮腺筋症の場合には、子宮の筋肉に出来てしまうことです。患部は異なりますが、症状としては共通点も多く、子宮の肥大化・月経痛・回数の増加も見受けられます。

引用元:国立病院機構北海道医療センター

子宮腺筋症と子宮筋腫の違いって?

疑問を持つ女性のイラスト

子宮腺筋症と子宮筋腫とは、症状も患部についても重なる部分が多く、よく混同されてしまいます。お互いの違いは、子宮筋腫は、子宮の色々な部分に、こぶが出来た際に、膨らんでしまった部分と、ふくらんではいない部分との境い目がはっきりしているのに対し、子宮腺筋症は、病気の影響を受けている部分と、影響を受けていない子宮筋層との境い目をはっきり特定させることが難しいということです。

子宮腺筋症の症状

激痛をともなう月経

激しい生理痛を感じる女性のイラスト

子宮腺筋症は子宮内膜症や子宮筋腫と比べると、月経痛がとても激しくなってしまう傾向があります。
下腹部にズーンとした痛みが走ると表現される方がいたり、あまりの痛みに立って歩くことが出来ずに、一緒に暮らしている家族の所まで、はいつくばって助けを求めに行ったという経験をお持ちの女性もいらっしゃいます。歩く事も出来ないなんて…想像を絶する痛みですよね。

月経が長引いたり、出血量が多くなってしまう


また、子宮腺筋症は月経の時の出血量も多くなってしまうという特徴もあります。普通の形のナプキンでは到底追いつかず、夜用の大きいサイズでも1日に何回も替え、おむつ型のものを使って、その時期をしのいだという経験談を持っている私の知人もいるくらいです。

腰痛・排尿痛・頻尿・吐き気なども

腰痛の女性達

子宮腺筋症によって、子宮が大きくなり近くの臓器と癒着してしまうと、さまざまな影響が出てしまいます。例えば、胃腸系統と癒着してしまと、ひどい吐き気に悩まされることもあります。他には、腰痛が出る方もいたり、血流が悪くなり、貧血で困ったという方も少なくありません。膀胱が圧迫され、たびたび尿意を催してしまったり、痛みを感じてしまう女性もおります。

子宮腺筋症になってしまう原因って?

では子宮腺筋症になってしまう原因はあるのでしょうか。

独立行政法人国立病院機構霞ヶ浦医療センターによると、子宮腺筋症になる原因は、まだ特定されてはいないとのことです。けれど、いくつかの有力な説があり、その中で最も支持を集めているのが、健康な状態にある子宮内膜が、妊娠したこと主なきっかけとして、子宮の筋肉の中に入り込んでしまうということです。

引用元:国立病院機構霞ヶ浦医療センター

これだけ、医療技術が進化しているのに、病気の原因が特定されないなんて、何だか人の体って不思議だし、複雑ですよね!

病院の外来ではどのような検査などをして特定するの?


こちらの病院のように、病院に訪れた患者さんに対し、詳しい問診、血液検査、婦人科的な診察、及びMRIなどの精密検査を行いながらも、子宮腺筋腫かどうかを最終的に特定させるのは、病理組織検査のデータがそろってから行うのが、子宮腺筋症の一般的な検査方法のようです。

CT検査用の医療器械

超音波エコー、CT検査、MRIといった組み合わせによって、子宮の内部の状態をとらえながらも、問診・内診といった医師の経験も加わり、最終的には摘出標本の病理診断で確定させます。精密検査といわれる検査の中で、割合的に多いのが、超音波での検査法です。

特殊な周波数の音波をあて、その反射音のデータから、内側の状態を画像化し、子宮筋層の厚みを見たり、ひろがりを持っていないか、つながりあってはいないか、塊が見られるか、など子宮内部の状態を確認します。子宮腺筋症は何も問題のない筋層と、影響を受けている境界とが曖昧であることが特徴です。そのため、病理検査も重要となります。

自覚症状として、生理による腹痛や腰痛といった体調不良によって、産婦人科を訪れた際に、子宮内膜の異常が見つかるといったケースも多いそうです。ひどい生理痛や月経過多は放っておかず、少しでもおかしいと思ったら、早めに病院で受診されることをお勧めします。

病院での治療法って

では病院では子宮腺筋症の治療はどのように行っているのでしょうか。薬物療法と手術療法に分けて説明していきます。

低用量のピルを投与する薬物療法

薬を飲む女性

低容量のピルを服用されている方は、月経困難症の症状の軽減を目的にされている方が多いと思います。子宮腺筋症をかかえている方が、低用量ピルを使用すると、子宮内膜の増殖が抑えられ、子宮腺筋症の症状(生理痛や月経過多)も軽減できるというメリットがあります。しかし、このような使用法の低用量ピルは、保険適用がないのでどのくらいの費用がかかるかを事前に、確認しておくことが大切です。

ただ、ピルを用いた治療法は根本的な治療ではなくて、あくまで痛みを緩和させるために行われ方法です。また、副作用として血栓ができやすくなり、血栓ができたことで、より深刻な病気になってしまうリスクを高めてしまうため、定期的な検診が必須となります。

ピルの治療を希望していても、喫煙している方、高血圧の方などには処方されない場合もあります。

ホルモン剤の投与による薬物療法

Gn-RH療法(薬物療法)
点鼻薬をする女性

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を抑える療法には、筋肉注射と点鼻薬の2種類の方法があります。女性ホルモンの分泌量が多く、月経痛がひどい場合には、薬剤で更年期を迎えた女性に似たホルモン状態に作り上げ、月経を止めて子宮内を安静に保ちます。副作用は、閉経した後の更年期障害と同じ様な症状が出てしまうことです。この治療法の目的は、一時的に、子宮腺筋症の症状を軽くしようとするものです。

ダナゾール

ダナゾールには、男性ホルモンを分泌させる作用があって、比較的小さい腺筋症に対して、投与することで、効果があると言われています。男性ホルモンが体内で分泌されると、女性ホルモンは抑制されて、これまで女性ホルモンの量が多かったことで、影響を受けていた子宮が、閉経に近い状態にして、月経の痛みをなくそうとする目的をもって行われます。

副作用としては、男性ホルモンを入れるのですから、男性化(体重増加、肌荒れ、体毛が濃くなり増える)現象がおこります。

ディナゲスト(薬物療法)

ディナゲストは血栓症の副作用のリスクが低いと言われているため、喫煙者や年齢が高い方にも長い期間処方できる薬です。ただ、成分として多く含まれている黄体ホルモンの影響を受け、排卵がストップしてしまうため、妊娠したと勘違いしてしまう女性もいらっしゃるそうです。子宮内膜の炎症を抑える効果も期待されている薬剤です。

薬物療法で完治は出来るの?
笑顔の女性のイラスト

薬物療法では、一時的に症状は抑えられますが根本的な治療は出来ません。子宮腺筋腫の月経時に起こる激しい痛みは、閉経するにしたがって痛みも弱まっていくため、手術は選択せずに、閉経する時期をまって、自然に痛みもなくなる頃までは、薬物を利用して痛みと向き合っていくとう選択をされる女性もおります。

手術療法~子宮を全摘出 or 患部のみを摘出

今後、妊娠を希望されない方で、子宮腺筋症による痛みなどとサヨナラしたい女性は、子宮の全摘出手術を行います。妊娠を希望する女性の場合は、病変部のみを取り除く手術を望みます。全摘出が腹式、膣式で行われるのに対し、患部のみの摘出は、腹式,腟式、腹腔鏡下、子宮鏡下手術があります。

これらは子宮を全摘出しない為、将来的に妊娠はできる手術の方法になります。しかし、この術法は、患部のみを切除しようとはするものの、患部の取り残し、再発の可能性も高くなってしまいます。また、子宮の全摘出よりも手術自体が難しくなるので熟練した医師の技術が必要となります。

子宮腺筋症の手術などにかかる費用ってどのくらい?

医師と手術の相談をする女性のイラスト

薬物療法による治療法では、閉経するまでの投与が行われる事が多いため、その費用は個人差がともなってしまいます。参考までに低用量ピルは自費で数千円くらいです。手術を選択した場合には、入院期間は10日前後とされています。費用は子宮を全摘出する場合ですと、保険適用になりますので20万弱、それに食事代などが追加された分となります。
患部だけを除去するケースは保険適用外ですが、厚生労働省がみとめた術式は先進医療保険が適用されるため自費の併用となりますので費用が抑えられます。

妊娠可能な時期に子宮腺筋腫になってしまうと不妊の原因になってしまうの?

子宮腺筋腫を抱えながらも、妊娠されたご経験をお持ちのママさんはいらっしゃいますが、個人レベルの話ではなくて全体を眺めてみれば、妊娠できる可能性は低下してしまいます。子宮腺筋症になると、子宮内の筋肉が硬くなり卵子が着床しづらくなってしまいます。また、仮に着床したとしても、妊娠を継続しづらくなるとも傾向があってしまいます。

産婦人科で体外受精を希望しながらも、なかなか効果が実らなった女性の中には、子宮腺筋腫を抱えているという推測もされております。

妊娠を出来たとしても、無事に出産までにたどりつけない事も考えられるため、病状が進んでいる状態で妊娠を試みてもうまくいかない場合もあって、ホルモン剤の服用などで、子宮腺筋症の病変部位を小さくしてから、その部分だけを取り除く方法が選択されることもあります。

また、年齢が高齢出産に達していたりすれば、子宮腺筋腫を治療するだけで、妊娠が望めるという訳ではありません。

子宮腺筋腫の症状を弱めるためには、漢方薬って有効なの?

子宮腺筋腫のマイルドな治療法として漢方薬を利用するという選択肢もあります。漢方薬を体に取り入れることで、体質を変えながら、子宮腺筋症の症状を軽くしていこうという目的で行われます。

漢方薬用の薬草

他の婦人科系統の疾患でも漢方薬を利用するケースも少なくなくて、子宮腺筋症の症状にも効果があるようです。
東洋医学では、人間の体の中のバランスが崩れると病気になりやすい身体になってしまうと言われており、婦人科疾患は、身体のいくつかの要素のバランスが崩れることも原因の一つとされています。
漢方薬の効果で、子宮腺筋症の様々な症状を改善することが期待されています。生薬の作用で体質を改善していき子宮腺筋症の具体的な症状が次第に弱まったという方もいらっしゃいます。手術がどうしても嫌だという方は、漢方を使って症状を緩和させるのも良いかもしれません。

ではどのような漢方薬が効果があるのでしょうか。子宮腺筋症の症状や子宮内膜症や子宮筋腫に効果のある漢方薬はいくつかあります。当帰芍薬散、芍薬甘草、湯桃核、承気湯、温経湯、折衝飲、田七人参などが効くと言われています。

漢方薬の治療を始めたい時は、必ず担当医師や漢方を扱っている病院などに相談しましょう。薬局も漢方を扱う所が良いですね。「漢方医」という資格を持っている薬剤師もいますし相談に乗ってくれるでしょう。
漢方薬は病院やクリニックで処方されるのは、保険が利く顆粒(かりゅう)タイプの漢方薬が多く、経済的に負担を感じることなく処方してもらえるでしょう。しかし病院ではなく漢方薬局の場合は自費がほとんどですので注意しましょう。

ただ、漢方薬でも子宮腺筋症を根本的には治療できないという事は意識しておきましょう!痛みなどの症状が軽くなる程度の目安でみていきましょう。自分の症状に合った漢方薬の処方を続けてもらうことで、これまで感じていた痛みが弱まっていくことでも、だいぶ日常生活が楽になりますよね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ