子宮筋腫の検査の方法と費用に関する記事

子宮筋腫検査の種類と方法・費用と適した時期-内診は痛い?

子宮筋腫検査の種類と方法・費用と適した時期-内診は痛い?

子宮筋腫の検査は沢山あるので、検査の種類や方法、大凡の検査費用を、一般的な検査方法と精密検査に分けて説明します。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  子宮筋腫検査の種類と方法・費用と適した時期-内診は痛い?

子宮筋腫の検査の種類と「費用は?」「痛いの?」など気になる疑問を解説

子宮筋腫は、成人女性が生涯を通じて4~5人に1人がかかるとも言われているメジャー病気の一つです。筋腫の出来てしまった「場所」や「大きさ」、「種類」によっては、不妊の原因になってしまう事もあります。

子宮筋腫になって、腰痛や月経痛などの多くのが症状があらわれた場合、筋腫の形状などを特定させるために、これまで受けたことのない検査を受ける可能性があります。なんとなく、検査名は聞いたことはあるけど、検査内容などがわからないため、不安が募ってしまう方もいると思います。また、どのくらい検査費用がかかるのかが分からないために、検査をためらう人もいるでしょう。

そういった方々に、少しでも子宮筋腫の検査の内容や費用について知って頂きたいと思って、検査の種類やその内容、そして、大体の費用について紹介していきます。知らないということで、不安が募ってしまいますので、怖がらずに知ってくださいね!

自分の中で膨らんでしまっていた不安が、読み進めていくとスッキリと解消されていきますよ。

子宮筋腫の検査の種類とその方法

子宮筋腫が、子宮内のどんな場所に出来ているのか、「こぶ」が何ヶ所出来ているのかを特定するためには、多くの人が受けたことがある血液検査や、CT検査などの初めて経験するような精密検査を受けることもあります。

子宮筋腫を特定させるために、行われる検査の種類と、その方法を紹介します。

一般的に行われる検査

問診の際に行われる血圧測定など
血圧を測られている女性

問診の際には、医師が血圧測定などをすることが多くなります。また、子宮筋腫は症状の一つとして、月経が長引いてしまい、貧血の症状もおこりやすいため、「あっかんべー」をした時に見える眼球の下の粘膜の部分の色で、貧血の疑いがあるかどうかも検査します。健康ですと赤色ですが、貧血であると白っぽい色になります。

その他、医師の問診では自覚症状の有無、妊娠・出産経験があるかなどを、細かく質問されます。病院を受診する前にはあらかじめ、月経がはじまった時期や月経周期、最近月経がはじまった日にちなどメモしていくと、スムーズに医師の質問に答えることが出来ます。

内診
検査の結果表

内診の検査は、出産経験のある女性ならば、経験されたことがあると思いますが、医師が医療用の手袋をはめて、膣の中に指を入れて、子宮の状態を手の感覚で触診するという方法です。子宮の中とおへその上に手を置いて、腹部を挟む形で子宮の形状や位置、大きさや卵巣の腫れの有無などを確認するために行います。

妊婦さんの間では、内診グリグリと言われることがあったりして、検査の際にはどうしても少し痛いと感じる女性が多くいます。

超音波検査
エコー検査の画面

超音波を発する医療装置を用いて、音の反射具合などのデータから体の内側の状態を可視化する検査方法で、エコー検査とも言われます。
膣内から装置をいれ、子宮にできた筋腫の状態を超音波で確認(経膣超音波検査)します。一般的に検査による痛みは伴いませんが、違和感があったり、多少のもぞがゆいような痛みを感じてしまう女性もいらっしゃるようです。肥大化してしまった筋腫の特定には、体の中のデータを上手く取れないため不向きとされています。

血液検査
血液検査と結果

子宮に出来た筋腫の種類によっては、筋腫の膨らみによって子宮粘膜が伸びて広がってしまって、月経血が多くなったり、月経期間がだらだらと長く続いてしまうなど、筋腫が出来る以前と比べると、月経異常になることが多く、貧血の症状も抱えてしまう場合もあります。貧血の症状を特定させるためには、眼球の下の粘膜の部分の色を確認するだけではなくて、血液検査も行い、成分を分析し、総合的に判断します。

また、子宮に出来てしまった筋腫が、悪性のモノか良性のモノであるかは、血液中の乳酸脱水化酵素の数値を中心として、調べることである程度は判断ができるため、血液検査は必ずと言って良いほど行われます。筋腫が悪性かを調べる時には、腫瘍マーカーと言う項目の検査方法を用いますので、検査結果が出るのに一週間ほどかかってしまうこともあります。

子宮鏡検査

粘膜下筋腫のように子宮の外に出てしまっている筋腫の状態を調べる場合には子宮鏡を使った検査を行います。
検査の際には、直径5㎜ほどのファイバースコープを使って、子宮の状況を見ます。胃カメラのように細い管の先に、カメラが付いていて、それを少しずつ少しずつ動かしていって、確認したい子宮の場所まで近づけていきます。子宮筋腫や癒着の有無などを観察し、所要時間は5~15分程度で終わります。気になる費用は5000円ほどの病院が多いようです。

精密検査 ~ 筋腫の状態をより詳しくみるために行います

内診や超音波検査、子宮鏡だけでは、子宮の内か外に筋腫が出来ているのか、あるいはその大きさ、何ヶ所に出来ているのか、手術を必要とするのかまでを特定しきれないことがあります。そういったケースで行われるのが精密検査です。

精密検査を行う=症状が進行してしまっているという訳ではありません、精密検査を行うことで、その疑いが晴れることも多くあるので、安心してください!精密検査の結果で問題がないと判明したら、子宮筋腫の場合には、ほとんどのが定期的に検査を行っていく経過観察の治療法が選択されます。

MRI検査
MRI検査を受ける人

MRI検査のMとは、マグネティックという英語の頭文字です。MRI検査は、強い磁場を発生させた大型医療装置の中に体ごと入ることで、磁場に対し反応した体の内側から送られてくるデータを基にして、体の内側の状態を画像化する目的をもって行われる検査です。

コンピュータ技術の目まぐるしい進歩によって、検査の結果得られたデータを基に、立体画像を作成することができ、その立体画像をクルクル回転させ、色々な角度から検査対象部を確認することが出来るようになりました。その画像から子宮のどの場所にどのくらいの大きさのものが、何ヶ所できているなどを詳細に分析していきます。

検査は、MRI機器トンネルの中に、20分ほど身体を動かさないようにして入っているだけで終わります。長時間同じ姿勢でいなくてはならない事や、検査の時に音がしますので、それをあらかじめ知っておけば不安なく受けられると思います。磁気を発生させての検査ですので金属類は全て外しての検査になります。

CT検査
X線写真を見る女性

CT検査はX線と呼ばれる波長の短い電磁波の一種を体にあて、ミクロな意味で体を構成している原子の透過性を利用し、体の内側の状態を観察します。短時間とはいえども体に放射線をあてるために、お腹に赤ちゃんのいる妊婦さんはあらかじめ検査を受ける前に医師にその旨を報告しておきましょう。

X線の放射線量は宇宙から普段私たちに降り注いでいる量とさほど変わりはありません。そのため、よけいに心配する必要はありません。もしも妊娠を伝えてもCT検査をすると医師から言われた時には、放射線の危険性よりもCTが必要と判断したのであって、不安に思わずに医師の判断に従いましょう。

病理検査

子宮に出来た筋腫の一部をチューブを入れて摂取し、顕微鏡で観察したり、成分を分析したりして、悪性の腫瘍であるのかどうかを特定させるために行われるのが、病理検査です。主に手術で摘出した筋腫の一部に対して行われます。手術前に行う場合には、子宮にチューブを入れる際に痛みを感じる場合があります。痛みを和らげるためには、なるべく深呼吸をしながら全身の力を抜き、緊張しないようにしましょう。

子宮筋腫の検査にかかる費用は?

電卓とお金

子宮筋腫の検査を行う場合には、医療保険が適応されますので、「血液検査」などの簡易な検査の場合には数千円程度で済みます。ただ、妊娠の検診のために受診した場合であれば、保険適用外となり自費となってしまうため注意してください。またMRI検査やCT検査の精密検査の際には、1万円前後の費用がかかります。

他にも自治体などの子宮がん検診はとても安く受けられますし、無料の所もあります。お住まいの自治体(保健センターなど)に問い合わせると費用面も詳しく教えてもらえることもありますよ。

生理中であっても、子宮筋腫の検査は受けられるの?問題ないの?

悩む女性

検査する本人が気にならなかったら、生理中であっても検査を受けることは可能です。けれど、検査の種類によっては、例えば内診の検査であったら、生理後の方がお互いに気をつかわずに済みますので、より詳しい事については、担当されている医師や、病院側に確認をしておきましょう!
基本的には生理が終わって、血が治まってから1週間以内が検査に適したタイミングとされています。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ