植物油脂とトランス脂肪酸に関する記事

植物油脂とトランス脂肪酸が発生?食用植物油との付き合い方

植物油脂とトランス脂肪酸が発生?食用植物油との付き合い方

植物油脂からトランス脂肪酸が発生する理由とトランス脂肪酸がもたらす弊害、体に良い植物油の選び方、使い方に迫ります。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  植物油脂とトランス脂肪酸が発生?食用植物油との付き合い方

植物油脂とトランス脂肪酸の関係/食用油との付き合い方

アメリカ食品医薬品局(FDA)は、2018年以降を目途にアメリカ国内のトランス脂肪酸が作られる主な原因である「水素添加」を利用した食品を全廃する方針を発表しました。これによって、マーガリンやショートニングなどの植物油脂に水素添加して作られていた加工品が、アメリカ全土から消えてしまうことになったのです。

この体に良くないと言われている成分「トランス脂肪酸」は、動植物を由来とする乳加工品に多く見られます。しかし、実際のところは乳加工品だけでなく植物油脂などにもトランス脂肪酸は含まれているのです。

少し難しいイメージのあるトランス脂肪酸ですが、家族の健康を担う主婦にとって見過ごせない、ぜひ知っておきたい問題。今回はトランス脂肪酸のメリットとデメリット、そして植物油脂とトランス脂肪酸の関係について探っていきましょう。

トランス脂肪酸って何?植物油脂からトランス脂肪酸が発生する理由

トランス脂肪酸が気になる主婦

トランス脂肪酸とは、ざっくりいうと油脂を形成する分子なのですが、本当なら自然界には存在しない形とされています。一部、牛や羊などの反芻する動物の胃に存在する微生物によって自然な脂肪酸(シス型脂肪酸)がトランス型に変化することもあるのですが、トランス脂肪酸の多くは植物油脂を加熱、加圧、水素添加するなどの人工的な加工工程で作られます

トランス脂肪酸が食品に含まれる理由

トランス脂肪酸が含まれる食品は、植物油脂を水素添加し加工されたマーガリンやショートニングが有名ですが、実は製品として店頭に並んでいる調理用の植物油も注意が必要です。

その理由として植物から油脂を生成すると、どうしても鼻につくにおいが生じてしまうことが挙げられます。植物油の製造過程では、その独特の臭いを消すために高温処理を行うのですが、ここでトランス脂肪酸が少量発生するのです。少しでもトランス脂肪酸を避けたいと考えるなら、精製過程で高温高圧処理を行っていないものを選ぶようにしましょう。

トランス脂肪酸のデメリット

植物油に含まれるトランス酸のデメリットに悩む女性

トランス脂肪酸はたくさん摂取すると、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールが増え、動脈硬化や動脈硬化による心筋梗塞・狭心症の原因となります。その他にも、認知症やパーキンソン病、アトピーやアレルギーの原因にもなりうると報告されている物質なのです。

また、悪玉コレステロールを減らす働きのある善玉コレステロールを減少させてしまうなど、健康面ではデメリットが非常に多いため摂取量には注意が必要です。

トランス脂肪酸にメリットは?

摂りすぎるとデメリットが多いトランス脂肪酸ですが、メリットは何かあるのでしょうか?
現在のところ、これらのデメリットを打ち消すほどのトランス脂肪酸のメリットは何ひとつ見つかっていません。食品から摂取するトランス脂肪酸を可能な限り減らすのが、健康に良い対策と言えるのです。

サラダ油vsオリーブオイル!植物油脂中のトランス脂肪酸量を比較

各植物油のトランス脂肪酸含有量の比較

では、食物油に含まれるトランス脂肪酸量を比較してみましょう。なお、商品によっては誤差がありますので、実際に商品を選ぶときは表示をよく見て、精製方法と原料名をしっかりチェックするようにしてください。

食用植物油(サラダ油)

一般的に「サラダ油」と呼ばれるもの100g当たりに、トランス脂肪酸は約1.5g前後含まれています(トランス脂肪酸量が0の製品もあります)。食物油を使用したドレッシングなどの製品にも、もちろん相応の量のトランス脂肪酸が含まれることになります。

農林水産省によりますと、トランス脂肪酸の摂取量は1日当たり2g未満が理想的ですので、食物油だけからトランス脂肪酸が摂取されると考えると、1日に100g以上摂り入れなければ安心と言うことができます。ですが、実際は多種多様な食品からトランス脂肪酸を摂取していますし、植物油脂も多様な食品に使用されているため、トランス脂肪酸摂取量はなるべく抑えるのが理想です。普段から使用する食用油もなるべくトランス脂肪酸が少ない油を選ぶようにしましょう。

オリーブオイル

角瓶にたっぷり詰まったオリーブオイル

健康なイメージがあるオリーブオイルですが、高温処理を行うとオリーブオイルからもトランス脂肪酸は生成されてしまいます。つまり、精製過程で高温処理をした「ピュアオリーブオイル」にもトランス脂肪酸は含まれているのです。

トランス脂肪酸を避けたい場合は、低温圧搾(コールドプレス)と表示してあるオリーブオイルが安心!「エクストラバージンオリーブオイル」と表記してあっても、高温処理を行ったオリーブオイルとブレンドした商品であることも多いのです。

また、基本的には植物油を150℃以上に加熱すると、トランス脂肪酸が発生してしまいます。オリーブオイルも例外ではありません。体に良いオリーブオイルですから、高温になりやすい揚げ物や炒め物などの調理法は避け、オリーブオイルの良さが活きる調理方法でいただきたいですね!

トランス脂肪酸が多く含まれる加工食品

トランス脂肪酸が含まれるクロワッサン

高温生成した食物油を使った食品や、水素添加した加工品はトランス脂肪酸の宝庫です。トランス脂肪酸が特に多いとされる食品をご紹介します。なお、こちらも商品によって含有量が異なりますので、目安として見て下さい。

パン類(クロワッサンなど)

パン自体にはトランス脂肪酸は特に多いわけではない(100g当たり0.03~0.32g)のですが、クロワッサンや菓子パンなど「乳加工品+油で高温調理」をした食品はトランス脂肪酸量が非常に多くなります。クロワッサン100gには0.29~3.0g、一般的な菓子パンには0.15g~0.34gのトランス脂肪酸が含有されます。

菓子類(揚げ物)

お菓子も「乳加工品+油で高温調理」したものが多いですので、トランス脂肪酸量が多いものにあふれています。パイは0.37g~7.3g、クッキーは0.21g~3.8gと、少し食べるだけで1日の摂取上限を軽く超えてしまいます。家庭で作るタイプのポップコーンも実はトランス脂肪酸量が多いとされています。その中でチョコレート(0.0g~0.71g)やコーンスナック(0.084g~0.22g)は意外と低めです。

植物油脂とトランス脂肪酸は切っても切れない関係

サラダ油などの植物油脂とトランス脂肪酸は切っても切れない関係であり、完全に避けることは難しいと言えます。だからこそ、体に害を与えるトランス脂肪酸量に気を配り、植物油脂に気を付けることは家族の健康を守るために重要であることには違いありません。

オリーブオイルなどの体に良い渡される種類の植物油脂は、商品をしっかり選び、加熱以外(ドレッシングなど)に利用するのがおすすめです。また、植物油を使用した加工食品や調理法も重視するべきポイントです。加工食品を選ぶ際にも、マーガリンやショートニングなどの乳加工品に注意するようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。